177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第19号) 本文

以下、事務負担の軽減に有効な具体策と考えられる支援システムとスクールサポートスタッフについて質問いたします。  細項目1、支援システムについての見解は。  全国都道府県教育長議会研究報告書によると、日本学校は教職員の全業務のうち、授業以外の業務の割合が約6割を占めています。また、教職員総数に占める教員以外の専門スタッフの割合については、日本は17%です。

守山市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第 3日 6月18日)

確かにそれは大事なことだと思いますけれども、私も石田清造議員のパソコン支援加配というのは大事な視点かなと思っておりまして、各校に配置されている情報推進リーダーは、その専属で配置をされている訳ではなく、学級担任を持ち、日々の教員としての仕事をする中で、分掌として情報推進リーダーをしている訳で、自分の仕事を精いっぱいというか、超多忙な中で学校全体の仕事にも目配りをする立場にいると思うのです。  

守山市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第 2日 6月17日)

そんな中、支援システムの導入やタブレット導入が本当に現場の多忙感を軽減することになるのか、生徒の教育活動に資することになるのか、十分な検討がなされているのかどうか大変疑問です。かえって現場の負担が増大することになりはしないか心配しております。  まず、教育部長にお伺いいたします。  支援システムを導入する必要性は何でしょうか。

東近江市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第 4号 6月17日)

そういう部分で、できるだけ効率的に処理ができるような形をとりたいというようなことで、この4月から支援ソフトという、パソコン上の統一的な様式とか、そういったものを使うことによって、効率的に事務ができるような形を整えておるというようなことが、先ほど申し上げました以外には挙げられるかなというふうにも思っております。 ○議長(大橋保治) 戸嶋議員

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第13号) 本文

次に、教育活動の見直しでございますが、行事の見直しやの整理等で各校長がマネジメント力を発揮し、自校の教育活動を整理する必要があると思います。  さらに、教職員が負担と感じております事務の軽減に努める必要がございます。市教育委員会としまして、報告を簡略化したり会議を減らすなど、業務の見直し、精選に努めていきたいと考えているところでございます。  

米原市議会 2019-03-07 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号 3月 7日)

小学校管理運営事業、これにつきましては、小学校児童安全・安心で質の高い教育を受けられるよう、適切に学校管理を行うために各小学校の光熱水費、事務機器使用料、臨時学校賃金などを計上いたしました。また、児童がすこやかに学校生活を過ごせるように、児童、教職員健康診断事業を行います。  80ページをお願いします。小学校教育振興事業です。

米原市議会 2019-03-06 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 3月 6日)

職員も一緒ですが、学校ですと分掌、こっちですと事務分掌ということで、必要に応じて見直しを行うと。これはやはりきっちりしてもらわないと、比較的時間外勤務が少ないところと、職種によって代替性がない場合もありますので一概に言えませんけれども、そういうことはきっちりして、平均的に45時間、360時間というような目標を達成してもらいたいと。

栗東市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第1日 2月26日)

また、学習指導要領の改訂に伴い、あらゆる教科におけるICTを活用した学習活動の充実や教育の質の向上につながる情報化などICT環境の段階的整備を進めてまいります。  4つ目、生涯学習の充実。  生涯学習は、市民一人ひとりが主体的に学習し、それを活かした活動を地域づくりへと展開することにより、生涯学習のまちづくりへと繋がっていきます。

東近江市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第 4号12月12日)

市といたしましても、次年度から支援ソフトを導入するなど、効率よく仕事ができるよう推進しているところでございます。  部活動については、国の部活動についてのガイドラインを先取りする形で「東近江市立中学校における部活動の方針」を作成し、朝練習の全面禁止、練習時間の設定、1週間に2日の休養日の導入などに取り組んできたところでございます。  

守山市議会 2018-09-28 平成30年第4回定例会(第 4日 9月28日)

いじめ防止対策と同様、小中学校分掌に虐待対応を位置付け、対応する組織を明確化するとともに、スクールソーシャルワーカーを中心とした学校における虐待対応体制を整備すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。  平成30年9月28日  守山市議会議長 森貴尉  衆議院議長参議院議長内閣総理大臣総務大臣文部科学大臣厚生労働大臣国家公安委員長 宛。  

草津市議会 2018-09-28 平成30年 9月28日決算審査特別委員会−09月28日-01号

情報推進事業についてのコメントです。  働き方改革として支援システムの導入は有効であるが、整備には専門家の意見などを取り入れ、効果的に経費削減を図るとともに、業務改善や職員の負担軽減に取り組まれたい。  裏面です。施策評価へのコメントになります。  学校ICT推進事業学力向上重点事業など、質の高い授業効果のある取り組みが実施されており、高く評価する。

草津市議会 2018-09-27 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号

では、続きまして、6番、情報化推進費について評価対象事業の評価を行います。  事業の必要性や効果・成果等について質疑・意見がございましたら挙手を願います。  西垣委員。 ◆西垣和美 委員  これは、働き方改革にも通ずる、私としては、見た感じとしては、非常に期待をしていたものなんです。

草津市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会−09月14日-04号

教育部理事学校教育担当](中瀬悟嗣)  教育ビッグデータの活用に向けてでございますが、現在、児童生徒のテスト結果や成績情報、出席情報健康情報などを支援システムで管理したり、タブレットパソコンや協働学習ソフトの学習履歴を記録したりするなどして、得られたデータ有効な活用に努めているところでございます。

守山市議会 2018-09-13 平成30年第4回定例会(第 3日 9月13日)

平成28年6月に文科省の省内チームがまとめた業務の適正化に向けた報告書には、教員事務事業などを補助する業務アシスタント(仮称)の配置や、統合型支援システムの整備促進などが示されています。本市としても取り組んでみてはどうでしょうか。  2つ目の質問は、管理職の養成についてです。  児童急増期で教職員の採用が多かった時代の教職員が、今、退職する時期に来ています。

米原市議会 2018-09-13 平成30年決算特別委員会(2日目 9月13日)

小学校管理運営事業ですが、小学校施設設備の維持管理のための業務委託施設管理用備品や用パソコンの購入のほか、安全な通学環境の確保のために、バス等通学等の助成やスクールバスを運行しました。また、老朽化していた伊吹東部スクールバスを新たに購入しました。  170ページをお願いします。  

栗東市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第3日 9月11日)

栗東市においては、これまでにも多忙化解消、業務改善に向けての取り組みとして、各学校において、定時退勤日や文書の整理・統合、会議や打ち合わせの見直しなど、学校の実態に応じた具体的な取り組みを進められていますが、まだまだ超勤を解消するまでにはほど遠いものと思います。

栗東市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第2日 9月10日)

4点目、6月に補正予算を出された、支援アシスタントについて、その応募、採用状況と配置が決まっていれば、仕事内容を具体的にお教え願います。  5点目、各学校勤務時間外での電話対応はどうされているのか、また、退勤後の緊急対応はどうされているのかお伺いします。  6点目、その他、時間外勤務を減らすため独自の取り組みを行っているのか伺います。