444件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

守山は、古くからゲンジボタルの群生地として知られ、明治35年から天皇陛下への献上が始まり、大正13年には第1号の国の天然記念物の指定になるなどゲンジボタルが飛び交っていましたが、戦後、工場排水や家庭排水、農薬などによる河川の水質悪化や水源の減少などが原因となり、ゲンジボタルはほぼ全滅し、昭和35年には天然記念物の指定解除となりました。  

米原市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第2号12月 3日)

我が国の人口の推移といいますと、例えば明治元年ですと、3,330万人と言われておりまして、それが2019年には1億2,600万、つまり130年間で3.8倍の人口増があったということでありますが、今度は逆に2100年には中位計画でいきますと、人口が4,770万人まで減ってしまうという、いわゆる130年間で3.8倍にふえたものが、約これから80年間で37.8%ぐらい減少してしまうという。

草津市議会 2019-10-28 令和 元年10月定例会−10月28日-02号

しばらく続きを読む中で、選挙権は今でこそ18歳になれば男女とも平等に手にすることができますが、昔はごく限られた人にしか与えられていなく、日本国政選挙が行われたのは明治23年、1890年で、そのときに選挙権を持っていたのは25歳以上の男性で、しかも高額の国税を納めていた者に限られており、全人口の1.13%にすぎませんでしたとありました。

東近江市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第 3号 9月12日)

それから、明治時代の浪曲、浪花節です。各地の民謡、現代の演歌の節回しに至ります。  そこで、今の前出の祭文が江州音頭の源流になります。  祭文とは、本来は祝詞のように、神仏を祭る際に告げ戻す神聖な文章のことです。平安期には、既にこれをもじった娯楽的な祭文が生じて、室町時代には、歌祭文となり、山伏ら修験道の人らが芸能化して、大道芸の一種となっていきます。ここで、宗教色がどんどん薄まってまいります。

栗東市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会(第5日 7月 2日)

これは明治時代に制定をされた所得税法に遡り、家父長に絶対的な権力を持たせた家制度に基づいております。戦後税制の民主化が進められて、1949年、シャウプ勧告家族の働き分の合算課税制度を廃止をして、個人別に課税するように指摘をしてまいりました。ところが個人事業者については、民主的家族制度が十分に定着していないことを理由に所得税法第56条の規定は残され、今に至っています。  

守山市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第 2日 3月11日)

確かに明治27年に日清戦争、同37年に日露戦争大正3年に第一次世界大戦昭和16年に太平洋戦争がそれぞれ勃発しており、平成以外で戦争がなかった時代は、ペリーが黒船で来航した幕末以前まで遡ります。江戸時代の270年間、戦争のない時代を我が国は経験しているから、新たな時代も戦争がない時代になるとは、このグローバリゼーション現代に誰も言いきれないと思います。  

東近江市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 2号 3月 7日)

かつては、御代がわり以外にもさまざまな機会に改元が行われましたが、明治以降、皇位継承に限り行われるようになりました。  私たちは、この「御代がわり」に対し、御即位以来30年にわたり、この日本国の中心としてのお務めをお果たしになられた天皇陛下に、深甚なる感謝の思いをささげるとともに、新たに皇位におつきいただく皇太子殿下に、国民こぞって心からお祝いを申し上げたく思います。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第3号) 本文

また、明治2年から2年間でありますが、択捉島の一部が彦根藩の領地であり、彦根市としても関係が深い北方領土であります。昨年の視察では、天候にも恵まれ、波も穏やかであり、洋上から国後島が肉眼で確認でき、改めて近くて遠い北方領土であることを再認識しました。  竹島や北方領土尖閣諸島の問題は国家間の問題であり、地方自治体で解決できる問題ではないことは十二分に承知しています。

栗東市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会(第4日12月13日)

教育第一主義を唱え、その米百俵の売却益を元手に、学校に必要な書籍や器械の経費に充て、明治3年に国漢学校の新校舎を開校しました。  国漢学校では、漢字を主に教えていましたが、それだけではなく、日本の歴史国学、さらに洋学、地理や物理、医学までも質問形式の授業で学ぶことができました。また、身分にとらわれず誰もが入学できました。

守山市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日)

大和朝廷の時代から奈良、平安、鎌倉、室町、江戸、明治昭和そして現在に至るまで、農業はその時々の国、いわゆる支配権力のありさまの反映でありました。農地に関しては、歴史教科書でも習いますけれども、三世一身の法とか、墾田永年私財法とか、荘園とか、太閤検地とか、農地改革などという言葉を習いますし、庄屋とか水飲み百姓、寄合、そしてまた百姓一揆などということも農業にかかわっての言葉です。  

東近江市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第 2号12月10日)

JR能登川駅は、明治22年7月1日に開業し、平成31年度で130周年を迎えることは、同会派議員が9月議会の一般質問でも述べられたとおりであります。  駅舎は現在2代目で、平成15年春に竣工した水車をモチーフにした半円形の橋上駅舎で、自由通路により駅東側と駅西側を結んでおります。  昔、駅西側は大半が農地で、駅へのアクセスもできませんでした。

草津市議会 2018-12-05 平成30年11月定例会−12月05日-02号

めることができるのではないかなと思いますので、平成32年と書かれたものもありましたので、やはりこうして天皇陛下が御退位されて後の平成32年ですので、そこら辺がこれからまたそれを書きかえするのには大変だろうと思いますから、考え方を統一していただくのはいいのか、それはまた庁内で検討いただくものだと思いますけれども、通算しやすいのは、計算しやすいのは、3つも重なると、終わりの年が元年になっていますので、母たちが明治

草津市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会-09月12日-02号

近ごろ、明治150年を迎える事業が多々ございます。そこのふれ込みですけれども、政府では、平成28年秋より「明治150年」関連施策各府省庁連絡会議、官房長官議長ですが、これを立ち上げて、自治体や民間とも連携しながら、さまざまな施策を推進してきました。  また、官房長官は、毎日いろんな出来事の総括を日本国政府として、プレスリリースをされています。