3130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-10-03 平成30年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2019-10-03

また、アンケートの結果を見ていますと、来たことがある方のうち、和歌山とか富山の方は泊まっていただいているんですけれども、やっぱり日帰り客の方が7割ほどを占めているであったり、歴史文化を見て回る旅行がしたいという方は男性の方が3割、女性の方はどちらかというとおいしいものを食べる旅行がしたいというご回答。年齢が高い方ほど歴史文化を見て回りたいし、若い方はやっぱりおいしいものを食べたいという傾向がある。

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

消費生活の対策活動や国民健康保険への繰出金、学童保育所経営安定化支援、また生活道路環境整備事業が減らされておりますし、小学校図書購入や文化振興施設管理運営事業、博物館管理運営事業、スポレク推進事業など、文化スポーツに対する活動支援、これがどんどん減らされている状況でもあります。  

彦根市議会 2019-09-18 令和元年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-09-18

一番最後の方で、第13項ですが、推薦に向けた今後の準備スケジュールというところで「平成30年度推薦書原案(骨子)を文化庁へ提出」と書いてあるわけですけど、これが平成30年度にこの推薦書原案(骨子)をもう文化庁に提出されたのかどうかが、私も記憶が明らかでないので、いろいろ調べたんですが、どうもわからないんです。

東近江市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第 4号 9月13日)

まず1点目、市民の郷土愛の向上に向けた取り組みとしては、広く東近江市の魅力を市民の皆さんに知っていただくため、「広報ひがしおうみ」や市ホームページの特設サイトを使い、活躍されている市民の皆さんや市内のすばらしい景色・文化などを年間を通して紹介しています。  昨年は、全コミュニティセンターで巡回写真展を開催することにより、市内の風景を身近に感じていただけるよう取り組みました。  

東近江市議会 2019-09-02 令和元年 9月定例会(第 1号 9月 2日)

もう一つの最重点課題として、今年度から県が事業を開始しました「やまの健康推進プロジェクト」による支援につきまして、本市では、森里川湖のつながりの保全と創造、森林文化の継承と発信、新たな木の産業創出などを県に先駆けて取り組んでいることを踏まえ、森林資源を持続的に活用することや多様な自然環境によって育まれた森林文化を、自然とともに共生するという新しい豊かさとして滋賀県から発信するとともに、林業が国の基幹産業

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第22号) 本文

彦根ではこれまでも、ひこね市文化プラザの指定管理から始まって、民間のノウハウを生かして次々地域住民の雇用を不安定にさせ、外部の企業市民の税金を持っていかせるなど、地方自治の役割を投げ捨てる方向にどんどん今進んでいます。  地域で働く労働者は、雇用条件企業任せで、いつ解雇されるのかと大変な不安を抱いています。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第18号) 本文

まして欧米文化日本の歴史文化建築構造を含め相反する中、当市の世界遺産登録推進室の担当者も原案作成作業に当たる中、登録を含め、まちづくりのどこを参考に助言をしてもらいたいのか、担当者に答弁を求めたぐらいであります。彦根城が世界遺産登録されているならば、まだ説明はつきますが、担当職員の仕事量を増やすだけではないかと懸念しております。

草津市議会 2019-08-07 令和 元年 8月 7日総合計画特別委員会−08月07日-01号

そして7ページが地域の特性ということで、1つ目は湖面と稜線、田園風景から成る景観豊かなまち、2つ目としましては、水陸交通の要衝の歴史がつくる街道文化のまちということで、こちらも第5次総計の書きぶりとは変わっていないんですが、7ページの最後の行ぐらいになるんですが、芦浦観音寺、そして草津のサンヤレ踊りについては日本遺産に認定されていますということで、最新の情報を少し記載をさせていただいているところでございます

草津市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日文教厚生常任委員会−06月24日-01号

○久保秋雄 副委員長  運営経費が上昇するかということで、それはわからんこともないんですけれども、アミカホールにしろ、クレアホールにしろ、市民文化活動、音楽活動、演劇活動、そういったものへの支援という、そういう側面もあると思うんですけれども、そこら辺はどう勘案されたんですか。 ○伊吹達郎 委員長  答弁を求めます。