50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長浜市議会 2020-09-12 09月12日-03号

政策医療をやっていく上でも大事な拠点でありますので、だから今少しこれから別の角度で考えていかなきゃいけないかなと考えています。 以上です。 ○議長(西邑定幸君) 千田議員。 ◆2番(千田貞之君) その出発がどういうとこら辺から来ているのかというのは僕の湖北ルネサンス構想という部分が十分理解できませんでしたので、これで分かりました。 

東近江市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会(第 4号12月12日)

○23番(田郷 正議員) そこでお聞きしますけれども、PET-CTリニアック、これはいわゆる政策的交付金に含まれないというような見解であろうと、建設費は市の負担という形になるんですけれども、仕様書を見たら、政策医療交付金は、市は政策的な医療機能低下の対価として、政策的医療交付金として、地域医療構想に基づく新たな医療に対する政策提案に係る経費を予算の範囲内で支払うというふうに書いてありますし、こういうふうな

長浜市議会 2018-12-05 12月05日-02号

公立病院は、地域医療の確保のため重要な役割を果たしており、いわゆる政策医療採算医療等を担っております。それらに対しまして、一般会計からの繰入が認められてるといったところでございます。 経常収支比率一般会計からの繰入を含めて算出いたしますが、全国の6割を超える公立病院で100%を切る、つまり赤字になってるといった現状でございます。 

守山市議会 2017-06-14 平成29年第4回定例会(第 2日 6月14日)

移行の形態は、協議の最中なので、対応は常日ごろ変わってくると思いますけれども、市民病院の建物、設備、土地の取扱い、また政策医療への支援、別館でありますD病棟取扱い等、病後児保育など財産、所有物などが多く課題が存在するところでもあります。  これまでの説明で、財政面におきまして、市民病院累積欠損金は積もり積もって約18億円とお聞きしております。

近江八幡市議会 2016-12-07 12月07日-03号

このお金は、政策医療の分野、すなわち非採算部門、例えば救急医療小児医療、周産期医療感染症対策、それから職員のための院内保育所事業僻地医療などに対して繰り入れをしていただいているものです。しかし、公立病院といえども原則は独立採算であり、この努力を怠ると、病院経営だけでなく、これを支える市自身経営にも大きな影響を与えることも重々承知しております。 

大津市議会 2016-10-04 平成28年10月 4日決算常任委員会総務分科会-10月04日-01号

地方公営企業法のほうでは、繰り出しの基準という形で毎年国のほうから示されます項目がございます、不採算部門とか項目がございますけれども、独立行政法人についてはそういう項目がございませんが、他の独法さんのほうの事例からも、公営企業のそういう不採算部門政策医療的な部分について繰り入れをいただいているというようなことで運営をされております。

大津市議会 2016-03-17 平成28年 3月17日総務常任委員会-03月17日-01号

八田憲児 委員  1番のベッド数の減少の中で、いわゆる政策医療を行うベッドとして20ベッド減るんだなという認識なんですが、神経難病、それから結核病床なんかがそれに値するのかなと思うんですが、市民病院政策医療を行うベッド数としては全体でどれぐらいのベッド数があるわけでしょうか。445床に対して。お教えいただけますか。

大津市議会 2014-12-12 平成26年12月12日予算決算常任委員会総務分科会−12月12日-01号

それともう一つは、政策医療採算部門、そういったものを市民患者さんのサービスを低下させないということで民営化してしまうとそういったことも保証もできないし、独立行政法人であれば、そういったことは一定行政のほうからもできるということで、地方独立行政法人を選択させていただいているものでございますので、そこら辺につきましては今と変わらない、もしくは不安の部分は今と変わらない、それよりも効率がよくなるということで

大津市議会 2014-12-09 平成26年11月通常会議-12月09日-18号

現場を預かる人間といたしましては、一部適用で突き進めていって、その先に何があるかと言えれば、国の医療費が湯水のように増える状況ではございませんので、より迅速に市民の皆さんに病院としての医療の中で特に今機能分化が進んでおりますので、地域の中での病院の、特に医療機能分化の中で市民病院立ち位置を考えた上で、急性期含めて救急政策医療を重点的にやっていくという中で話を進めています。

東近江市議会 2014-09-12 平成26年 9月定例会(第15号 9月12日)

指定管理者制度には、地域住民が要望する医療政策医療指定管理者により提供されるとは限らないところが、公設民営の難点であるとも指摘をされています。  また、地域ニーズを充足する医療提供体制を実現するためには、地域住民ニーズを踏まえて、公立病院の位置づけを検討し、必要とする医療サービス内容を取捨選択し、ビジョンを自治体が明確に提示すること、これが大前提であるとも指摘をされています。  

大津市議会 2014-09-08 平成26年 9月通常会議-09月08日-08号

また、市民病院あり方検討委員会を5回にわたり開催し議論を重ね、年度末には一定方針決定があるものと聞いておりますが、私は民間病院での勤務をした経験から、急性期医療のほか結核病棟感染症病棟、そして小児医療などを運営し、緩和ケア病棟などの不採算部門であると言われる政策医療を行って公的使命を果たしている大津市民病院は、運営に必要な繰入金を投入してでも公設公営であり続けてほしいと思う市民の一人です。