351件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2022-03-07 令和 4年 3月定例月会議(第 2日 3月 7日)

不足する物資等につきましては、民間事業者との協定活用などにより充実に努めますとともに、現在は公共施設中心避難所の指定を行っておりますが、災害応援協定充実等によります民間事業所施設等活用についても検討いたしまして、確保に向けて取り組んでまいる所存でございます。  次に3点目、信頼される安全安心な都市インフラ整備についての1つ目浸水等被害の心配について、お答えいたします。  

湖南市議会 2021-12-08 12月08日-03号

その後、平成16年12月4日に本市市制誕生による再締結をさせていただき、平成23年10月20日には災害時の相互応援協定締結させていただいております。 新型コロナウイルス感染症が広がる以前は、本市下田商工夏まつりと比布町の七夕天国におきまして、市民と町民の方々が互いに行き来する相互交流が図られ、また互いの特産品を物品販売するなど、交流が図られてきたところです。 

彦根市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第10号) 本文

本市における取組として、例えばハード面では、要配慮者に対する支援充実させるため、福祉関係の法人と協定締結し、福祉避難所を開設できる体制を整えているほか、避難所等での生活環境の向上のため、プライバシーの確保感染症の防止に向けたパーティションの備蓄、あるいは、災害応援協定締結し、段ボールベッド等を提供いただける体制整備などに取り組んでいるところでございます。  

近江八幡市議会 2021-02-26 02月26日-03号

このことから、41の施策のうち、災害応援協定締結する団体等連携強化など、人のつながりやコミュニティー機能を向上するとともに、地域において強靱化を推進する担い手が適切に活動できる環境整備を課題とし、15の施策に重点を置き、自助、共助、公助を適切に組み合わせ、行政と市民連携役割分担をしながら、災害に強いまちづくりに取り組んでいくことが重要であると考えております。 

湖南市議会 2020-12-10 12月10日-04号

①ですが、災害時の応援協定締結状況について。 ②災害支援実績状況と今後の在り方についてを伺います。 大きな2番ですが、スポーツ振興在り方について伺います。 市民の健康と生きがいとして、スポーツ振興は大変有効と考えられ、そのために施設環境充実が必要となってまいります。市の「スポーツでつなぐ きらめき湖南」、このスポーツ推進計画にも、そういったことがうたわれていると思います。 

甲賀市議会 2020-12-09 12月09日-04号

その間、並行して優先給水施設である入院施設を有する病院等受水槽容量確認と、断水区域内にある五つの工業団地のうち、水需要の多い水口工業団地水口テクノパーク水口第2テクノパーク給水拠点となる小中学校等での給水のため、午後1時頃に給水応援協定に基づき、県生活衛生課を通じ、近隣の市町の12事業体給水車応援を午後4時参集にて要請いたしました。 

彦根市議会 2020-10-07 令和元年度決算特別委員会(第1日目) 本文 開催日: 2020-10-07

それと、3点目の昨年の台風19号の被災地支援事業内容ですけれども、これについては、昨年、東日本の方で大変大きな被害がありまして、佐野市と水戸市、これは災害応援協定を結んでいるところですけれども、そちらの方と、あと、宮城県の丸森町という、これは保健所の方に支援に行ったんですが、この三つの市町に行きまして、期間としては去年の10月15日から11月30日まで、全部でいうと38日間になります。

草津市議会 2020-09-14 令和 2年 9月定例会−09月14日-03号

環境経済部長藤田雅也)  CSR、いわゆる企業社会的責任について、各企業の調査や研究は現在行っておりませんが、包括連携協定災害応援協定またイベント等におけます参画や協賛、あと賛助会員としての協力でありますとか、環境保護取組など、多くの市内の企業CSRとして地域に根差した活動に取り組んでいただいているものと認識しております。 ○議長瀬川裕海)  杉江議員

近江八幡市議会 2020-09-09 09月09日-03号

この規定に基づき、滋賀県下において、県内の消防広域応援体制を確立し、大規模または特殊な災害に対処するため、消防本部等では滋賀広域消防相互応援協定を、消防団では滋賀下消防団広域相互応援協定締結し、単独の消防力では対処が困難な大規模災害等に備えております。 大規模災害発生時には、ライフラインの途絶や職員の負傷等により被災自治体災害対応能力は著しく低下することが見込まれております。 

近江八幡市議会 2020-09-08 09月08日-02号

規模災害等、長期の避難が必要となる場合を想定しての災害時の応援協定ということになるわけでございます。段ボール簡易ベッドあるいは段ボール間仕切り等段ボール製品供給に関しまして、ゴウダ株式会社様、それから近江製函株式会社様と協定締結いただいておりまして、有事の場合はこの協定に基づきまして手配をお願いすると、こういう形になります。 ○議長片岡信博君) 岡山かよ子君。

東近江市議会 2020-06-11 令和 2年 6月定例会(第 3号 6月11日)

2点目の段ボールなどでの間仕切り簡易ベッドなどの物資支援に特化した協定についての御質問ですが、段ボールに特化した協定を結んでいる企業はございませんが、本市では自治体企業などと物資や役務について53の災害応援協定締結しており、その中で必要な段ボール製品の調達も可能だと考えております。  

近江八幡市議会 2020-06-10 06月10日-03号

また、流通備蓄として物資供給等をうたった災害相互応援協定締結しており、有事の際には飲料水食料等供給もいただける内容となっております。 さらに、市民の皆様に対しても、災害発生後3日分、できれば1週間分の飲料水食料品等を各家庭で備蓄するよう啓発を行っておりますので、市における水、食料品備蓄計画量適正量であると判断しているところでございます。 ○議長片岡信博君) 質問はありませんか。