運営者 Bitlet 姉妹サービス
1166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月25日-05号 保育環境の充実にかかわる予算が計上されておりますけれども、保育所待機児童は解消できておりません。2年ほど前に、待機児童は一時的に解消できましたが、それでも保留児童は解消できていませんでした。それからさらに、待機児童数が大幅にふえています。今年度は4月の段階で、80名以上の待機児童が生まれると予想されております。 もっと読む
2019-03-11 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月11日-04号 ◎子ども家庭部長(田中祥温)  待機児童の見込みについてでございますが、現在、2月末の2次調整を終えまして、入所希望先変更等を踏まえた3次調整を行っているところでございますので、4月1日現在の待機児童の見込みは、現状では明確にお示しをできませんけれども、大変厳しい状況となっているところでございます。   もっと読む
2019-03-08 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月08日-03号 今議会では、議第2号、平成31年度草津市一般会計予算から、そして高齢者にやさしいまちづくりについて、待機児童についてという、こういう3つのことで質問をさせていただこうと思います。  2月定例会、今議会は平成30年度でいいますと最後の定例議会ということになります。 もっと読む
2019-03-06 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月06日-02号 しかし、待機児童の解消と多様な保育・幼児教育を実現しますということにつきましては、道半ばと言わざるを得ません。幼稚園・保育所の認定こども園化がほぼ計画的に進められており、多様な保育・幼児教育を実現し、定員増による待機児童の解消を図ろうとする姿勢は評価いたします。しかし、結果として、年間を通じて待機児童ゼロを実現することができていないのは非常に残念なところでございます。   もっと読む
2019-02-28 長浜市議会 平成31年 2月28日 議会運営委員会 それと、鬼頭議員の4の2の大項目3でございますが、保育における待機児童と保育士の確保についてということで、これも予算計上の中でうたわれているわけでございますが、質疑にならないのかという部分でございます。 皆さん方のご意見等、よろしくお願い申しあげます。 まず、藤井登議員の、4の1ページの(2)でございますが、いかが取扱いをさせていただきますか。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-01号 しかしながら、保育所や認定こども園、児童育成クラブにおける待機児童の解消など、子育て世代を中心とした人口増加による喫緊の課題への対応、並びに人口減少や高齢化が進む地域の活性化など、本市特有の政策課題にも向き合っていかなければなりません。   もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-目次 9)働き方改革の推進と組織機構について  …………… 42  (10)元号の変更とGWの10連休の対応について  …… 42  (11)橋川市政の総仕上げについて  ……………………… 43 土肥浩資議員  予算編成における優先順位について  ……………………… 70  (1)施策・事業の優先順位付けの観点について  ……… 71  (2)総合窓口事業の優先順位について  ………………… 72  待機児童問題 もっと読む
2018-12-21 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−05号 主だった施策は、認定こども園振興事業、これは待機児童解消へのつながる施策です。また、市道側溝補修工事や、三雲駅周辺整備と市民皆様の生活に身近な場所での事業の予算が計上されています。特に小学校の空調整備事業では、石部南、三雲東、下田、菩提寺北小学校のエアコン設置工事を早い段階での完成を目指して、今回12月の補正予算の計上になっています。 もっと読む
2018-12-20 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 4日12月20日) ところが今、県下で最も待機児童の多い守山市は、その対策として、家庭的保育や小規模保育所などの地域型保育と、保育園の民営化など公的保育を充実するのではなく、民間保育の増設で対応しようとしています。 もっと読む
2018-12-12 東近江市議会 平成30年12月定例会(第 4号12月12日) ○こども未来部長(北村定男) 予算要望の御質問中、子育て安心のまちづくりにつきましては、本市では、平成19年に「こども条例」を制定し、子どもの人権が尊重され、安全で安心して育つことができる環境づくりを目指し、待機児童解消に向けた施設整備や保育料の軽減対策など、さまざまな子育て支援に取り組んでおります。   もっと読む
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) このことにつきましては、平成24年の社会保障と税の一体改革の議論の中で、幼児教育・保育の無償化についての付帯決議が行われましたことをきっかけに、平成26年度の幼稚園におけます第2子半額・第3子以降の無償化の実施から段階的に進められてきたところでございますが、現在、全国的に待機児童の解消が急務となっております中、無償化を先行して進めることで保育ニーズに拍車がかかることや、年度の途中から始まることによる もっと読む
2018-12-11 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 また、子育ての側面としては、先ほどからご議論がありましたけれども、子どもの医療費の公費助成ができてこなかったこと、また、さらには保育施設の待機児童を生じていたことでありまして、これらがあるがために、湖南市に若い人、どんどん来てくださいということが言えなかったところがございます。   もっと読む
2018-12-10 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 2点目、今年度も石部南学童保育所は1支援から2支援、菩提寺学童保育所は2支援単位から3支援と支援単位をふやされ、待機児童を出さないよう努力をされてきたところであります。来年度の学童保育所の入所申し込みが行われましたが、各学童保育所の申し込み状況と来年度の支援単位を伺います。   もっと読む
2018-12-06 草津市議会 平成30年11月定例会−12月06日-03号 ロードマップの事業2番、待機児童の解消について、a評価となっており、待機児童解消に向けて積極的に取り組んでおられるところです。  去る10月29日に平成31年4月の開園に向けて進めておられた、(仮称)レイモンド東矢倉保育園について、4月開園の見通しが立たない状況であることの報告がありました。   もっと読む
2018-11-30 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 1日11月30日) 次に、待機児童対策についてでございます。  本年度当初におけます待機児童数は84名であり、昨年度より減少したものの、依然として多数の待機児童が生じていることから、本年度を含めました3年間を「待機児童対策強化期間」と定めまして、様々な施策を組み合わせ、待機児童の解消に向け、鋭意、取組を進めているところでございます。   もっと読む
2018-10-02 草津市議会 平成30年 9月定例会−10月02日-05号 まず、「就学前の教育・保育環境の整備」について、待機児童の年度途中の発生や保留児童の増加という課題に対して、今後も保育需要の推移を見ながら計画的な施設整備が必要ではないかと考えます。  また、定員に空きがある施設に関して、各施設の特徴やよさを伝える保育コンシェルジュの質の向上や各種啓発事業の実施が今後も重要であると考えます。   もっと読む
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 こども政策部では、保育園の広域入所の実態と待機児童対策、子育てコンシェルジュの役割、療育指導・こじか教室の実態、放課後児童クラブ、児童虐待の実態、保育士確保、29年度で整備された子育て世代包括支援センターの実績と事業委託のあり方について質疑がありました。保育料の滞納問題については、冒頭報告しましたが、後刻、より詳細な資料が提出されました。   もっと読む
2018-09-28 東近江市議会 平成30年 9月定例会(第 5号 9月28日) ②保育園待機児童が解消されておらず、子ども施策を充実すること。  ③まちづくりや福祉施策は市の責任で実施するものであり、SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)を、こうした面に持ち込まないこと。  ④戸別所得補償がなくなる農業の担い手への支援策を強めること。  ⑤予算が大型化し過ぎて、市債残高がふえ、基金の減少で市民1人当たりの借金がふえ続けている。  以上のことを指摘をしてきました。   もっと読む
2018-09-28 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 4日 9月28日) このような人口増によって、待機児童は県内で最も多く、守山小学校、守山南中学校は超過大規模校となっていますが、その対策は追いつかず、通学区域の変更などという実際の子どもの心情に寄り添えない場当たり的な対策でしのごうとしていることは大変問題です。  市民の命と健康・福祉を守り、災害に強い安全・安心のまちづくりを進めていくことが、今、改めて求められています。 もっと読む
2018-09-21 草津市議会 平成30年 9月21日予算審査特別委員会−09月21日-01号 ◆西村隆行 委員  今お聞きしていますと、待機児童ゼロに向けて本当に草津市のお子さんにとって影響はプラスだということの認識でよろしいでしょうか、もう一度お伺いいたします。 ○横江政則 委員長  答弁を求めます。  岸本幼児課長。 ◎岸本 幼児課長  今回の取り組みにつきましては、今年度実証実験段階ではございますけれども、入所調整のスピード自体が上がります。 もっと読む