423件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第 3号 9月12日)

まず、愛知川の瀬切れの原因についてでございますけれども、愛知川の特徴として、湖東平野という扇状地を流れる河川でございまして、川の全長に比べ流域面積が非常に狭いことが挙げられます。  つまり、降った雨を集め、蓄える場所が狭いということで、古くから平野部は水不足地帯となっておりました。  

草津市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-04号

草津パーキングエリアと連携した道の駅の実現に向けては、関連する事業として平野南笠線の整備も不可欠ではないかと考えております。  また、逆に草津パーキングエリアと連携した道の駅の実現が平野南笠線の整備のストック効果を高めていけるものと考えております。  現在、県と市の勉強会を立ち上げ、整備の必要性や事業主体を検討していると聞いております。  

草津市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算審査特別委員会−03月19日-01号

また、東西の部分の道路につきましては、県としても平野南笠線というのがこの大江霊仙寺線にタッチしてくるわけですけれども、そちらのほうも事業を実施の実現に向けまして、滋賀県さんのほうにも御要望をさせていただいているところでございます。  以上です。 ○遠藤覚 委員長  中島副委員長。

栗東市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第5日12月14日)

答弁にありました、栗東市環境基本計画の中で、ため池は市の北部などの丘陵部が平野部へ変わる付近には、上鈎池、目川池、平八池などの池が存在し、農業用水に利用されています。近年、都市部における憩いの空間として見直され、ため池の美化活動が行われていますと位置付けされていますが、どのため池も今後は農業用水としての割合が減っていく傾向にあり、それ以外の活用を推進していく必要があると考えております。  

東近江市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第 2号12月10日)

東近江市は、愛知川や日野川の肥沃で広大な扇状地である湖東平野の形成によりまして、8,470ヘクタールという近畿最大の農地面積と県下最大の農業生産額を誇っております。その基幹産業である農業と、その基盤である農村を、良好な姿で次世代に引き継いでいくための振興策として、平成28年7月に東近江市農村振興基本計画、いわゆるアグリプランが策定されました。

守山市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(第 2日 9月12日)

地形的には琵琶湖に面し、県のほぼ中央であり、野洲川の沖積平野に位置し、その野洲川の恵みを多く受け発展しています。また、古くは中山道の守山宿として栄え、近年では琵琶湖大橋など県内の交通の要衝で発展を遂げてきました。さらに、ほたるが飛び交うまちとして水や緑などの自然と共生しながら発展していくことを市の基本としています。  

東近江市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第 3号 9月12日)

伊庭地区は、湖東平野の中央部西寄りに位置し、県内でも有数の戸数が多い大集落で、かつては繖山の一つの峰である伊庭山を水源として、伊庭川や水路が縦横に発達した集落内と周辺の水田により構成され、その水は琵琶湖最大の内湖であった大中の湖に注いでおりました。  近世まで、その付近の伊庭内湖に位置した伊庭港や能登川港は、湖東の湖上交通において重要な拠点の一つでありました。  

草津市議会 2018-06-15 平成30年 6月定例会−06月15日-04号

本市では市域にある東西の軸として都市計画道路8路線のうち、完了していない路線は4路線、このところの路線から整備していく、どのところから整備していくのか都市計画マスタープランなどで示せるよう検討を行っていくとしていますが、市の整備については、しっかりと定めていただくことはもちろんのことですけども、平野南笠線もしっかりと整備していかなければならないと思ってます。

東近江市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会(第 3号 6月13日)

東近江市は、愛知川や日野川の肥沃で広大な扇状地である湖東平野を形成しておりますことから、8,470ヘクタールという近畿最大の農地面積と県下最大の農業生産額を誇っております。  その基幹産業である農業と、その基盤である農村、それを良好な姿で次世代に引き継いでいくための振興策として、平成28年7月に「東近江市農村振興基本計画」、いわゆる「アグリプラン」が策定されました。

草津市議会 2018-06-04 平成30年 6月定例会−06月04日-目次

棚橋幸男議員  県事業の推進と市南部エリアの将来動向について  ………234  (1)昨年度の要望の結果について  ………………………235  (2)要望が実現に繋がらなかった原因について  ………236  (3)理論立てて要望する意義について  …………………237  (4)重点的に整備を要望する事業について  ……………237  (5)河川整備の要望について  ……………………………238  (6)平野南笠線

草津市議会 2018-05-24 平成30年 5月24日産業建設常任委員会−05月24日-01号

意見1、平野南笠線などの東西に走る道路の整備は補助金が交付されにくい状況なので、必要な道路は市費での整備も検討する必要があるという意見でございます。  平野南笠線については、県外との交流を促進する広域アクセス道路として位置づけるとともに、滋賀県道路整備アクションプログラムの見直しに掲載していただけるよう、県へ要望を行っております。  

東近江市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第19号12月12日)

それゆえに、肥沃で広大な扇状地である湖東平野が形成され、我々に大きな恵みを与えてくれています。  同様なことが日野川付近にも言え、東近江市は8,490ヘクタールという近畿最大の農地と県下最大の農業生産額を誇っております。  一方、その氾濫の歴史は、中流と下流地域住民のトラウマにもなっております。

草津市議会 2017-09-13 平成29年 9月定例会−09月13日-03号

しかしながら、特に市の南部においては東西道路が整備できていないことから、都市計画道路平野南笠線の整備が大変重要と考えているところでございまして、こちらにつきまして県のほうへ要望しているところでございます。 ○議長(中嶋昭雄)  山元議員。 ◆7番(山元宏和)  わかりました。それはそれで結構なんですけども、東草津山田線、きのう・おとといも朝、雨が降ってましたけど、ちょっと現場を見に行きました。

東近江市議会 2017-09-11 平成29年 9月定例会(第12号 9月11日)

湖東平野事業も進んでいることと思いますが、今後の農業用水不足についてどのように考えているのか、お尋ねいたします。  3.空家対策についてお尋ねいたします。  少子高齢化時代に突入し、農家の高齢化が進む農村集落もたくさんの空家が目立ちます。先般、空家調査をされましたが、調査結果はどのようであったのか、その調査の結果、農村集落の現状にはどのような対策を考えているのか、お聞かせください。  

米原市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第3号 9月 7日)

○7番(中川松雄議員)  ちょっとそこで液状化のことで、防災マップに米原市全体を見て平野部においてはほとんどが液状化になるという図になっております。避難所への、道路への確保が困難になるのでは、そういうことが心配されます。全国で今までに発生した災害のほとんどが想定外と言われ、住民生活に大きな影響とか障害になっております。  想定外を予想した対策とか対応、準備など考えておられるか、お伺いいたします。