232件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-08-07 令和 元年 8月 7日文教厚生常任委員会−08月07日-01号

タイトルの第1条関係、草津市幼稚園条例の一部改正でございますが、第2条の表中におきまして、来年4月からの幼稚園認定こども園として開園を予定しております常盤幼稚園、老上幼稚園及び玉川幼稚園につきまして、それぞれ常盤こども園、老上こども園及び玉川こども園に園名を変更するものでございます。  

草津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-03号

常盤学区においても、ラウンドテーブルとして、商業施設の誘致、地域文化歴史を生かしたまちづくり、烏丸半島周辺での地域振興の3点をベースに、地域から提案された33項目について市と検討をしているところと思っております。  当然、常盤学区につきましては、全て市街化調整区域であるということからも、一番に再生に向けて取り組みをしていただきたいと考えております。  

草津市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会-06月18日-02号

昨年度は草津駅と3カ所の観光地を往復するコースで、既存の交通機関との競合もございましたので、ことしはまちづくり協議会を初めとする地元の皆様に御協力をいただきまして、常盤まちづくりセンターをパーク&ライドの拠点といたしまして、三大神社や芦浦観音寺や各地のサンヤレ踊りのスポットなど10カ所の観光地を結びまして、多くの観光資源をPRすることができたと考えているところでございます。  

草津市議会 2019-06-13 令和 元年 6月13日議会改革推進特別委員会−06月13日-01号

全員協議会でのほかの議員の皆様の御意見の中に、5月の第3日曜日は市内の山田、常盤、笠縫、笠縫東、老上などの一部の学区は、学区の催しと日程が重なり、参加できない人がいる日程になっている。一人でも多くの方に来てもらえるように、市民の日程にあわせた開催日時について来期考えるべきとの御意見をいただきました。  続いて、開催場所についてでございます。  

草津市議会 2019-04-23 平成31年 4月23日産業建設常任委員会-04月23日-01号

まして、これから日本外国人登用せなあかんぐらい人手不足いうことで、どんな団体もうちの常盤でも、支部の老人クラブが脱会したと。何でかいうたら、もうついていけへんいうて、事業についていけへんって脱会しやったと。いうこともあり得るもので、減っていく中でこれを拡大しようかと思うと、そういった思い切ったこの提案をしていかないと、もう絵にかいたもちで終わってしまうのは、もう明白やからね。

草津市議会 2019-04-16 平成31年 4月16日文教厚生常任委員会-04月16日-01号

まず、その1点目がサンヤレ踊り、あるいは常盤地区での藤まつり、それと芦浦観音寺の特別公開が行われました。昨年の5月3日から6日まで、この4日間にわたり観光物産協会の主催で無料の臨時バスを運行していただきまして、多くの方に見学いただきました。  また、平成30年5月24日には、草津のサンヤレ踊りと芦浦観音寺日本遺産に認定されました。

草津市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算審査特別委員会−03月20日-01号

幼稚園建設事業費、次の幼稚園運営費では、多様化する保育ニーズへの対応、待機児童の解消を図りまして、質の高い幼児教育保育の一体的な提供を行うため、平成31年度に実施予定であります玉川幼稚園常盤幼稚園認定こども園化に向けました施設改修費、笠縫東こども園の老朽化対策工事費を計上するものでございます。  また、前ページに戻っていただきまして、恐れ入りますが、上から3段目から3つでございます。

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

◆7番(山元宏和)  おっしゃるとおり、こういう伝統文化、本当に大切ですし、常盤、下笠、あるいは草津市内のあちこちに、こうした文化財が、あるいは文化がたくさんあります。これを保存・継承していくというのは、本当にどれだけ大変なことなのかということをよく理解した中で、いろんな支援をしていただきたいというふうに思っております。  

草津市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-02号

学校教育においても、御指摘のとおり、渋川小学校での実践を初め、ほかにも企業大学知識学びながら社会の課題を解決する方法を考えている玉川中学校地域の人々とともに環境に配慮した暮らしや行動について体験を通して学んでいる笠縫東小学校、ふるさと常盤を合い言葉に地域の方を講師に招いて地域歴史産業を学んでいる常盤小学校など、それぞれの学校でSDGsの視点を取り入れた実践を積み重ねているところでございます

草津市議会 2019-02-13 平成31年 2月13日文教厚生常任委員会-02月13日-01号

また、まちづくりの関係では、人と地域が輝く常盤議会、下物町史作成の協力とか、常盤学区のふれあいまつりの展示の協力をさせていただいております。  また、志津学区におきましては、志津ふるさとづくりマップの作成の協力とか、歴史講座の講師派遣などをやらせていただいております。  また、山田学区、老上学区につきましても、歴史講座の講師派遣をさせていただいております。  

草津市議会 2018-12-21 平成30年12月21日議会改革推進特別委員会-12月21日-01号

Yahooとか、Googleにつなげば、他市の情報もすぐに見られて比較検討ができるのと、あと、会派でいろいろ話をしているときに、例えば、常盤のどこどこと言うたときに、Googleアースを入れておいたら、すぐにわかるのが、現場にさも行ったような感じで臨場感で会議ができるのがすごいありがたいなと思いますね。 ○西垣和美 委員長  ありがとうございます。  永井委員。

草津市議会 2018-12-11 平成30年12月11日文教厚生常任委員会-12月11日-01号

やはり、常盤はすばらしい財産はたくさんありますし、その隣にある下笠町にもたくさんそういう文化財が、市内にも点々とあるんですけれども、これを生かさずして、何を生かすんやということを思ってますので、私もあっちこっちで言うてますけど、そんなに金はかからない。昔からあるこういう施設を利用して、あるいは、こういう文化というものを利用していったら、これは草津市がすばらしいまちになっていくのかなと。

草津市議会 2018-12-10 平成30年12月10日総務常任委員会-12月10日-01号

◆西垣和美 委員  それは、西一会館とか、常盤とか、そこら辺も同じ形でつなぎの方を配置されて、現在もされてらっしゃるんでしょうか。 ○中島美徳 委員長  畑副部長。 ◎畑 教育部部長  はい。現在もこの業務として配置しています。 ○中島美徳 委員長  西垣委員。 ◆西垣和美 委員  そういったことで、地元の方もそれで今回については納得されてるということでよろしいですね。

草津市議会 2018-12-05 平成30年11月定例会−12月05日-02号

しかしながら、湖岸の農村地域の高齢化率は常盤学区では30.92%、笠縫学区では30.07%、山田学区では30.03%と30%を超えてまいりました、この区域が増加しています。この3つの区域以外には、4つ目には笠縫東学区、それから草津学区と続くわけなんですが、20%台であると。いかに湖岸の区域の高齢化が進んでいるということがわかっていただけると思います。  

草津市議会 2018-11-29 平成30年11月29日議会改革推進特別委員会-11月29日-01号

山田、常盤、笠縫の人というのは、ほとんど見ませんね。1,500万円の金を出してんのかな。老上も見ないでしょ。ほんま、自分の地元の人が目に入らへんのやから、大変ですよね。 ○西垣和美 委員長  ブースを設けるまでもなく、口上とか、チラシをまくという手法も、ちょっとあるということで、皆さん、いかがですか。ちょっと、宿場まつりで何かするということは、それはよろしいでしょうか。

草津市議会 2018-11-26 平成30年11月26日総合計画特別委員会−11月26日-01号

それともう1点、地域によっては、既に人口が減少しているということで、常盤、山田学区につきましては、現在も連続して減少しているというような状況でございます。  これらの本市が抱えるさまざまな課題を乗り越えて、長期的なまちづくりの指針として、本市が目指すべき将来像を定めた市の最上位計画として、今回、第6次の総合計画を約2年間かけて策定したいということでございます。  

草津市議会 2018-09-27 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号

ただ、本年度につきましては、常盤小学校のほうで6年生が39名でございますが、これにつきましては、昨年度、少し県のほうの決まりというか、変わりまして、県が一人配置している少人数指導加配を使うことが去年からできるようになりまして、ことしに入ってはそれを使っておりますので、39人の学年が今ないと申しましたけれども、今年度についてはあるというところです。  

草津市議会 2018-09-26 平成30年 9月26日決算審査特別委員会−09月26日-01号

この辺、私も今の地域再生計画の関係で山田の横江議員常盤の木村議員、中嶋昭雄議員、老上西の中島美徳議員らと一緒にこの農業者、若手の方々と話をしているんですが、本当に今、農業がしんどいということで、下笠あたりをほとんど離れていってきておられます。先般も台風21号が来て、勉強会の予定をしていたんですけども、それどころではないと。