233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-12-16 令和元年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2019-12-16

学校図書館というのは、本が好きな子は行きますけれども、行かない子は本当に行かないというふうになっておりまして、ただ、朝読書がある今、学級文庫、各クラス、教育委員会が把握されていないのを何となくそうかなとは現場を見て思っていたんですけれども、もう少し、これから関心を持って学級文庫の充実というものも、資産管理をしろというわけではないですけれども、どういう本があって、子どもが手にとりたくなるような本がどのくらいあるかというものを

草津市議会 2019-11-11 令和 元年11月11日決算審査特別委員会-11月11日-01号

◎江竜 教育部部長学校教育担当]  いま御質問ありました学校図書館での貸し出し冊数でございますけれども、毎年年間の貸し出し冊数を出しております。平成30年度の貸し出し冊数は児童生徒1人当たり27.4冊というふうになっております。推移を見てみますと、5年ほど前ですと、16冊程度であったものが現在27冊というふうに順調に年々伸びてきてはおります。

彦根市議会 2019-09-19 令和元年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2019-09-19

ただ、日常的に細かな連携というところではまだまだだと思っておりますが、県の事業でもございますけれども、いわゆる学校図書館のリニューアルでありますとか整備というところに関しまして、県のアドバイザー、司書であったりとか、私ども市立図書館司書の方が今年度も2校、3校を回らせていただいて、学校の先生方と一緒に学校図書館環境整備に取り組んでいるところがございます。

米原市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会(1日目 9月17日)

○山東図書館長・はにわ館長(今川明美)  参考書の古いというとこら辺なんですけれども、今後、学校図書館との連携とかも深めていく中で、いま少しずつ蔵書の更新に努めておりますので、そのあたり学校と調べ学習に対応できるような資料も整えていきたいと考えております。 ○委員長(吉田周一郎)  澤井委員。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第18号) 本文

学校図書館の本でもいい。そのために、何冊読んだかがわかるように、たまっていくカードを子どもたちに持たせるとか、いっぱい本を読んだ子どもたちを校長室に呼んで表彰するとか、そのような取り組みをさらに広げていきたい」とご答弁いただいております。その後の進捗状況をお聞かせください。  以上で夢みらいの質問を終わらせていただきます。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第21号) 本文

217 ◯教育部長(岸田道幸君) まず、県立盲学校では学校図書館を設置されていますが、一般には図書の貸し出しはされていないとお聞きしております。  今後、市立図書館としては、視覚障害のある方などへのサービスの向上に向けて、県立盲学校とその連携のあり方についても情報交換を行っていくなどの取り組みが必要であると考えております。  

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第14号) 本文

教育委員会内の協議の中で意見を申し上げ、特に、採点集計に教員の負担がなく、詳細な分析ができ、その結果の活用に重点を置くことができ、さらに、指導改善の充実を図ることができる彦根市学力テストの実施費用や用務員のフルタイム化など教員の働き方改革に関する予算、そして、指導力向上専門指導員の配置に係る費用や学校図書館の図書購入費の増額など学力向上に関する予算を中心に再度予算計上させていただいたところでございまして

守山市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第 3日 3月13日)

また、切り口を変えて公共施設を見ますと、小中学校図書館環境施設の更新、市民病院等も含めまして新築・更新済みや計画決定済みですが、新庁舎や中学給食については推進すべく検討中であります。また、既設の公共施設の維持管理、修理も随時増大いたします。さらには、経済界の生産活動層の人口も激減、外国人の急増となり、守山市税収面で大きく変化してくるものと考えます。

米原市議会 2019-03-07 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号 3月 7日)

さらに学校司書の配置により、学校図書館学習センターとしての機能を強化し、子供の読書活動の充実とともに、問題解決的な学習、探求的な学習を支援するため250万円を計上いたしました。  教職員の働き方改革のため、担任の事務的な作業を支援するスクールサポートスタッフ3人の配置経費を計上しております。  下段です。

米原市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号 2月26日)

一つ目、学校図書館機能を最大限に発揮させるため、小中学校11校に学校司書を配置、これは子供主体性に学ぶ姿勢が芽生えるといった効果が期待されると。しかし、小中学校全校で15校あり、11校での配置、残り4校はどのような状況か、扱いか伺います。  二つ目、小学校3年生を対象とした放課後補充教室学びっこ事業の継続に関してですが、放課後補充教室の実施で学力等、いろんな面において成果はあったと伺いました。

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第5号) 本文

小・中学校の図書整備につきましては、公立義務教育学校学校図書館に整備すべき蔵書の標準として、平成5年3月に定められた学校図書館図書標準を基準に整備を進めておりまして、達成率は各学校とも年を追うごとに順調に推移し、ほぼ標準冊数に達しましたことから、事業見直しを行ったところでございます。  

栗東市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会(第4日12月13日)

また、今年度、栗東市では、新たに3校の学校図書館リニューアル事業を行っています。週4日の勤務のうち1日は、市立図書館司書とともにリニューアルにかかわる作業を行っております。  4点目の、学校図書の購入につきましては、平成27年度の標準図書冊数を基準に、平成28年度から15年間で、各校の充足率が100%になるよう計画をしております。