1777件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2020-03-24 令和 2年 3月定例会(第 5号 3月24日)

また、本市の子どもたちも最新テクノロジーを活用した、いわゆる「Society5.0」時代を担う人材投資、子育てしやすい生活環境の整備として、「GIGAスクール構想」の実現のために小・中学校の校内通信ネットワーク整備を行うものであります。  その他、地域医療の体制整備に伴う退職金の増額や各種事業の精算返還金が計上されております。  

彦根市議会 2020-03-13 令和2年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2020-03-13

182 ◯委員(北川元気君)   この計画は、少子高齢化が問題だから、目標を持って施策を進めて、子どもを産み育てやすい環境をつくったり、出産、子育て、切れ目のない支援をしていこうということで目標を設定しているのに、1期目設定した目標が、ちょっと目標が高過ぎたから下げますと言って、1,000人を切るような目標にされてしまったりすると、そもそもの目的が弱くなっているような

東近江市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第 4号 3月 9日)

都会から子育て世代家族が「東近江市に転居したい」、そう選ばれるまちになるために、きょうは子育て施策について、幾つか質問をいたします。  大きく1点目、幼稚園認定こども園の1号認定の園児の預かり保育や長期休業中の保育についてです。  現在、東近江市内では、幼稚園などに通う子どもが激減しておりますが、保護者の意見として、「子どもとゆったり時間を過ごしたい。

東近江市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第 3号 3月 6日)

最初は、新築住宅であって、中古住宅であって、多世代であったものが、子育て応援、あるいは市民定住住宅の支援、住宅改修も含めた中でされたんですけれども、これ、順番に物すごく細かく分けられたことに関して、どういういきさつがあったか、答弁をいただけますか。 ○議長(西﨑 彰) 都市整備部次長

東近江市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第 2号 3月 5日)

子育て政策では、市が独自に取り組む「見守りおむつ宅配便」ばかりがPR材料となっていますが、すくすく東近江市事業や市内保育施設の先行整備により、国の保育無償化に即座に対応できているなど、子育て環境の整備に関しては、他市に先駆けていると評価するものです。  しかし、保育環境、特に社会の変化により核家族化・単身家庭がふえ、家庭保育に欠ける子どもたちが増加し、市が対応し切れていない現実もあります。

東近江市議会 2020-02-25 令和 2年 3月定例会(第 1号 2月25日)

今後におきましても、東近江市らしい暮らしの魅力を発信するとともに、国の制度有効に活用しながら、子育て世帯や新婚世帯住宅取得に対する支援や、昨年度開始しました移住就業支援補助制度などに取り組むことで、市民の定住と市外からの移住について、「住む」「働く」の視点からサポートし、新しい人の流れをつくってまいりたいと考えております。  

彦根市議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第7号) 本文

甲良町や多賀町では人口減少が続いているにもかかわらず、豊郷町では子育て世代の転入が年40件程度で増えています。地域経済に貢献するリフォーム事業も同じですが、大型事業ではなく、市民に寄り添った政策への転換が求められていると思います。予算反対の二つ目の理由です。  以上の理由で、議案第2号に反対します。  続いて、議案第3号です。  

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

一般質問や各常任委員会の審議におきましては、人口減少対策子育て支援施策、地域防災対策社会福祉地域医療の推進、インフラ整備など、多岐にわたり大変貴重な御意見を賜ったところでございます。  これらの御意見を真摯に受けとめ、今後の施策に生かしてまいりたいと考えておりますので、より一層の御支援をよろしくお願い申し上げる次第でございます。  

守山市議会 2019-12-19 令和元年12月定例月会議(第 4日12月19日)

~~~~~~~~ 〇 ~~~~~~~~   日程第6 特別委員長審査結果報告 ○議長(小西孝司) 日程第6、公共施設調査特別委員長、子育て支援対策特別委員長および議会改革・広報広聴特別委員長より審査報告の申し出がありますので、これを許します。  まず、公共施設調査特別委員長。            

米原市議会 2019-12-13 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号12月13日)

その中の上から三つ目、200万4,000円、子ども・子育て支援臨時交付金が入ってくるわけなんですが、こども未来部と教育部といろいろな差し引きがあるようです。結果的に、この金額が差し引き移動等も含めて行った結果、学校給食のほうでは国県支出金が2万9,000円になると。数字は違いますが、子ども・子育て支援臨時交付金が充当されているという解釈をとっていただきたいなと思います。  

東近江市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会(第 4号12月12日)

産み育てやすい環境づくりを進めていく中で、特に双子や三つ子といった多胎児子育てには、さまざまな困難が伴うため対策が必要であると考えます。  厚生労働省によると、2017年の出生数で見る多胎児の割合は約2%になっています。半世紀ほど前に比べると、ほぼ2倍に増加しているということです。  

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

平成29年度の吉身幼稚園でのモデル実施を皮切りに、現在、公立4園で実施されている預かり保育事業ですが、実施当初の目的の中で大きな役割を担う部分は子育て支援でございました。また、現在、配布されております「預かり保育利用のしおり」、これは2019年10月から3月版なんですけれども、冒頭、一番最初にも、「預かり保育事業については、幼稚園を利用される保護者子育て支援のため」と明記されております。  

東近江市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第 3号12月11日)

私ごとで恐縮なんですが、私が子育て世代やったころですね、それこそ二、三十年前なんですが、まだ世の中に専業主婦なるものがおられました。今は、ほぼほぼお見受けしません。子どもを育てる環境もどんどんどんどん変わってまいります。それがいいのかどうかわかりませんが、核家族化も進みます。現代家族は、みんな全てにおいて、もう笑えてくるぐらいに忙しくされておられます。  

守山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例月会議(第 2日12月11日)

次に、子育て支援の観点から、拡大をより一層図るべきではないかということでございますが、私どもは子育て支援をできる限りやっていきたいと思っておりますが、財政的にやるべき課題はまだまだたくさんあります。先ほどの待機児童の解消もそうでありますし、そして中学校給食は本当に1.2億円、単費でかかってまいります。そういったこともございます。  

東近江市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第 2号12月10日)

また、平成31年1月実施の東近江市子ども・子育て支援に関するニーズ調査の結果では、理想とする子どもの数より、現在の子どもの数が少ない理由として、「金銭的な面や仕事と子育ての両立」「年齢的・身体的に出産や子育てが不安」といったことが上位に挙げられており、これらも要因であると考えております。  

米原市議会 2019-12-10 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号12月10日)

それと今度特定財源で子ども・子育て支援臨時交付金というのが来ましたと。これが209万1,000円の特財が入ってくるわけですね。これは新たな制度のもとで免除制度が出てきたで、免除する分について国が補填しましょうということなんですね。それに対して、保護者負担金が下がるのはわかります。

東近江市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第 1号11月29日)

また、先月には、来年度の予算編成に向けて市議会議員の皆様と懇談を行わせていただき、各会派から子育て福祉農業、商工観光インフラ整備など、大変多岐にわたる分野について御意見を賜りました。  こういった御意見を参考として、引き続き施策の選択と集中の徹底を図り、市民の皆様、議員の皆様の御理解を得ながら予算編成を進めてまいりたいと考えております。  

守山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例月会議(第 1日11月29日)

また、子ども子育て会議において検討いただいております次期子ども子育て支援事業計画の策定につきましては、昨年度から5回の会議を開催する中、素案の取りまとめを行ってきたところでございます。  待機児童の解消に向けましては、施設整備による受け皿の確保に取り組んでおりまして、今年度、三宅町地先において、仮称でありますが「すみれ保育園」の整備を進めているところでございます。