14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

守山市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例月会議(第 3日 3月 5日)

本市は、最も近い原子力施設である大飯発電から約55㎞離れており、UPZ圏外にありますが、平成23年に滋賀県において、放射線物質拡散予測大気シミュレーションモデルが公表され、美浜原子力発電所事故想定の60ケース中、2ケース、大飯原子力発電所事故想定36ケース中、1ケースにおいて、気象条件によっては、屋内退避安定ヨウ素剤の服用などが必要となる可能性があるとされたことを受け、平成23年度から安定

長浜市議会 2013-12-09 12月09日-02号

この14施設の中に若狭湾がありまして、また大飯発電の3、4号基と高浜の3,4号基が含まれております。 再稼働には新安全基準の適合が前提条件となるわけでございますが、ご指摘のあったように福島原発事故の検証結果から、得られた最新の知見をもとに、常に見直しをしていただいて、極めて慎重かつ厳格に審査が行われることを望んでおります。 ○議長土田良夫君) 杉本議員

長浜市議会 2012-09-13 09月13日-04号

原子力施設に隣接します本市としましては、原子力災害に対する不安がいまだ拭い去れておらず、今般の大飯発電3、4号機の再稼働に当たりましては絶対的な安全対策取り組みについて強く改めて求めたところでございます。同時に、国や事業者現状エネルギー事情市民生活の動態についてあらゆる角度から分析、調査を行って、適切な判断がなされるよう強く求めるところでございます。 

大津市議会 2012-09-10 平成24年 9月定例会-09月10日-16号

私は当初から大飯発電の再稼働については、原子力規制庁が設置されていない状況や、政府等調査委員会において最終報告書がまとまっておらず、福島原子力発電所での事故原因が究明されてない時点においては、慎重にならざるを得ないと考えておりました。現在でもこの考えは変わっておりません。  以上でございます。 ○青山三四郎 議長  佐々木松一議員

守山市議会 2012-06-28 平成24年第2回定例会(第 4日 6月28日)

原子力発電所稼働に関して国の慎重な対応を求める意見書   政府は、今般、本市の80キロ圏内に位置する福井県に所在する関西電力大飯発電三号機および四号機について、現状のままでは、今夏、電力不足に陥る可能性があるとの判断から、急遽定めた安全基準により安全性を確認したとし、再稼働を決定した。またその他の停止中の原子力発電所についても再稼働ありきの発言が相次いでいる。  

守山市議会 2012-06-20 平成24年第2回定例会(第 2日 6月20日)

大飯発電がフル稼働いたしましても、必要予備電力を3%見込む必要があり、電力需給逼迫状況は変わらないことから、本市として5月18日に第1回目の節電対策会議を開催し、今日まで3回の対策会議を重ね、市役所としての節電・省エネの取り組みや、市民事業所皆様に向けての啓発方法等について決定をいたしてまいりました。  

東近江市議会 2012-06-14 平成24年 6月定例会(第8号 6月14日)

関電大飯発電3号・4号機が再稼働できた場合は、関電管内電力不足はほぼ解消されるようであります。  県は、5月29日に緊急節電対策本部が設けられ、県内で取り組む節電行動計画等について立案されました。県議会でも、温暖化エネルギー対策特別委員会で、「夏の節電 クールアクション2012」の骨子が示されました。  今後、節電講座も開催されるようであります。

湖南市議会 2012-02-29 02月29日-01号

2月14日から15日にかけましては、区長会県外研修を実施いたしまして、彦根市を流れる芹川清掃活動をきっかけにまちづくりを進めているNPO芹川の事例を研修いたしますとともに、福井県おおい町において現在再稼動で注目をされております原子力発電所3号機、4号機を抱える関西電力株式会社大飯発電を視察いたしました。 

  • 1