22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栗東市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第1日 2月26日)

また、名神高速道路との接続のランプがあり、第2インターに向けての橋梁工事や、大橋隧道のボックスなど、現道を含めた改良工事が今後出てくるため、極力影響の出ない方法を取っていただくようお願いしている。今後の影響については、慎重に見極めながら地元への説明も丁寧に行いたいと考えている。との答弁がありました。  また、委員から、国道号バイパス関係で、現在調査中である出庭林線工事の見通しは。

栗東市議会 2017-12-04 平成29年12月定例会(第1日12月 4日)

との質疑に対し、当局より、大橋ランプを追加する関係から、幅員は広がるが、地元の理解により、当初整備予定であった農道をなくすよう変更し追加買収を避けた。との答弁がありました。また、委員より、野洲市域では、工事が見える形で進められている。栗東市域で早くに用地を提供された方は、どこかから工事を始めていただきたいという思いがあると考えるが、工事の見込みは。

栗東市議会 2016-09-27 平成28年 9月定例会(第4日 9月27日)

との質疑に対し、当局から、事業所大橋にあり、予定どおりプラントを稼動し、現在、生産をされていることを確認している。ただし、事業者の話では、原料が予定どおり確保できず、生産量自体予定に達していないが、順次、今後、増やしていくとのことである。との答弁がありました。  その他、多くの質疑の後、討論もなく、採決の結果、全員一致で認定すべきものと決しました。

栗東市議会 2016-06-09 平成28年 6月定例会(第1日 6月 9日)

委員より、大橋にある現国道号下隧道整備についての質疑に対し、当局から、国道号バイパス整備に合わせて車道を新たに整備し、現在の隧道は自転車、歩行者の通路として活用する計画である。との答弁がありました。  用地取得後、農地残地や三角地などの対応についての質疑に対し、当局から、国道1号・国道号とも農地残地が三角地になるなど課題がある。

栗東市議会 2013-03-11 平成25年 3月定例会(第3日 3月11日)

暫定工事ということで、その内容についてということでございますので、中ノ井ショートカットにつきましては、大橋まで完成するまでに、県はどれだけかかるかというのが、現在、公表されてございませんので、そこで蜂屋地先洪水対策ということで、先ほど答弁された、現在、新幹線より上流部詳細設計をされているというようなことでございますので、中ノ井ショートカット事業の河川の計画区域内ですね、その中に大雨がきた場合

栗東市議会 2013-03-08 平成25年 3月定例会(第2日 3月 8日)

加えて、国道号バイパスについては、計画の立ち上がりから30年余り中断していだ協議が、昨年ようやく一歩進み、大橋における幅杭の設置がなされたところですが、これらの事業推進にあたり、栗東市の今後の取り組みについてお伺いいたします。  また、前述しました、国道1号線、8号線の混雑度が高い状況において、そこを横断する市内全ての道路で渋滞が発生しています。

栗東市議会 2007-03-08 平成19年 3月定例会(第2日 3月 8日)

更に、上流部につきましては、当面の対応として、平成17年度から平成18年度にかけて、蜂屋地先現川狭隘部拡張工事大橋護岸改修工事等を実施しております。また、懸案となっている上流部ショートカットルートについて、大橋ルートがほぼ確定したことから、野尻から蜂屋間のルート確定に向けて調整しています。  

栗東市議会 2004-09-15 平成16年 9月定例会(第4日 9月15日)

中ノ井川につきましては、現在、県において住宅市街地基盤整備事業として、栗東駅前土地区画整理区域手前までの980メートル区間を、平成19年の完成を目標に取り組んでいただいておりますが、さらに、上流区間、特に新幹線より上流部蜂屋大橋につきまして、毎年、道路冠水状況を呈しております。  そうした中で、地元地域の皆様のご協力により、本年7月に済生会南側暫定調整池の供用ができました。

栗東市議会 2001-12-12 平成13年12月定例会(第3日12月12日)

一方、上流部大橋国道8号を越えたところまでのルート計画につきましては、現在、中ノ井川ショートカット事業促進協議会において協議検討いただいており、今後、早期ルート決定に向け地元調整等に努めるとともに、早期事業化を県に要望して参りたいと考えておりますのでよろしくお願い致します。  次に、北浦団地地先の市道湖南平団地幹線のご質問にお答え致します。  

栗東市議会 2001-09-20 平成13年 9月定例会(第6日 9月20日)

また、大橋綣線物件補償の中で、昨年道路用地として購入された蜂屋大橋での浸水対策や保育園拡張問題で用地はほったらかしである、どうなっているのかとの大変厳しい指摘がありました。  当局からの答弁といたしましては、用地補償算定をしている状況で、浸水対策を県にお願いしているところである。平成14年度に工事に入るべく県と調整中である。

栗東市議会 2000-06-12 平成12年 6月定例会(第4日 6月12日)

そういう意味からしまして、この流域が、今日、中ノ井川への支線として流入いたしておりますのが、中ノ井川の本線は高野とか伊勢落地先からできておりますが、さらに大橋におきましては、済生会病院の南の角へ六地蔵、あるいは林も含めて、面的な市街化促進によっての排水が出てきていると、こういう状況でございます。  

  • 1
  • 2