503件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

近江八幡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

信長時代外交として、この常の浜の往時を顧みるとき、整備はなくてはならないものと思っています。 また、地域のよりどころとしての常の浜水辺公園は、いにしえのかなたから先人が我々現代人に贈ってくれた大事な遺産であります。くれぐれも常の浜水辺公園改修整備をよろしくお願いを申し上げまして、私の質問を終わりたいと思います。どうもありがとうございました。

東近江市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第 3号 3月 6日)

トップの一つの決断が、今後の外交安全保障だけでなく、現実に個々の国民にまで、国内にいては感染の危険にさらされ、海外に出れば入国制限が及ぶというリスクを考えると、地方自治体においても他山の石として判断基準を見直す必要があります。  また、つい先日までは、滋賀県下においては感染者が確認されておらず、このままで終息を祈るばかりだと考えていましたが、昨日、ついに県内にも感染者が出たようです。  

甲賀市議会 2020-03-05 03月05日-05号

外交、国際情勢という言葉をしたならばですね、よくそれは国政の専権事項だと、よく言われます。しかしですね、昨今、いろんなことを見聞きする中で、実は国際情勢地方行政に与える影響というのは、非常に大きいということを痛感するところであります。また、地方自治体外交の一部を担っているんだなという認識を昨今強くしているところであります。

彦根市議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第4号) 本文

ここに、2014年に一般社団法人日本外交協会に寄贈した図書館の「たちばな号」が、出航前、船に乗り込むときの様子が写真に写っています。これは日外交協会から写真を入手いたしました。  このように、役目を終えた「たちばな号」は、南アフリカの子どもたちに本を配るという、そのような重要な役目を今も担っております。

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

また、反対意見として、運営について、問題を感じる部分もあるが、外交内政において、他の重要案件が山積する中、本件に国会審議の大きな時間を割くべきではなく、国民生活に直結した緊急課題の議論をすべきであるとの意見や、当該地方公共団体の公益に該当しないのではないかとの意見がありました。  以上で、総務常任委員会の審査結果の報告を終わります。 ○議長(西﨑 彰) 委員長報告は終わりました。  

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

意見書案第6号、我が国国家主権断固として守るため毅然とした外交姿勢を示すことを求める意見書については、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。  意見書案第6号について、委員から、意見書の中に「毅然とした外交姿勢を示す」とあるが、最悪の事態になったときには、やはり冷静な外交交渉による解決の場が必要であるということで、賛成できないとの反対意見がありました。  

米原市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第4号 9月27日)

3点目、個別型ではその都度外すことができますが、外交や防衛の問題であっても、市の意思を明確にする必要があるものについては、最終的に市長判断することができる、こう書いております。常設型は、一部外国人が投票できる制度です。幾ら参政権が別とは言っても、そして、市長も大切と言っていた沖縄県民投票でも、個別型で外国人の方は投票できませんでした。あくまでも参政権は別物だという判断は苦しくないですか。

東近江市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第 4号 9月13日)

本日の会議に付した事件  1   諸般の報告  1   会議録署名議員の指名  1   議案第44号から議案第75号に対する質疑並びに一般質問  1   会議案第2号 提案説明議員提出)(質疑)       会議案第2号 東近江市制記念日を定める条例の制定について  1   意見書案第6号 提案説明議員提出)(質疑)       意見書案第6号 我が国国家主権断固として守るため毅然とした外交姿勢

東近江市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第 3号 9月12日)

つまり、姉妹都市は、国家間の外交とは無関係でなければならないのと同時に、お互いが尊敬の念を持って交流することだと思いますが、市の見解をお聞きします。  当市の姉妹都市は、中国・常徳市、アメリカ合衆国・マーケット市、スウェーデンのレトビック市、カナダのテーバー町、そして韓国の場岩面と、5つあります。  

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

沖縄には、戦後74年が経過しても、なお国土の0.6%に70%の米軍施設があること、復帰してからでも米軍基地に起因する悲しく痛ましい事件・事故が相次ぎ、絶えず命の不安を強いられていること、沖縄の基地問題は沖縄だけの問題ではなく、外交安全保障など国民全体が負うべき問題であることを考えるべきです。  

東近江市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第 4号 6月17日)

国連の各委員会に「沖縄県民先住民族である」と働きかけたのは、国連NGO民間団体である「反差別国際運動」と「市民外交センター」と言われている。その団体名代表者の名前をほとんどの沖縄県民が知らないという実態である。  沖縄県民の知らないところで沖縄県民先住民族にされ、このような勧告が出されているのは甚だしく遺憾である。

守山市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第 2日 3月11日)

さて、我が国の景気は、個人消費輸出関連による企業収益や雇用・所得環境の改善など、緩やかに回復しているとしながらも、米中貿易摩擦影響中国アジア新興国等経済先行きや、政策に関する不確実性による金融資本市場影響、さらには、連日注目されている米朝外交問題、また、日中・日露日韓それぞれの外交問題などの影響が懸念されており、今後の経済見通しは依然として厳しい状況が続くものと思われます。

守山市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第 1日 3月 1日)

平成元年のベルリンの壁の崩壊に象徴されますように、国際的には、この平成時代は、東西冷戦が終結し、ソ連の崩壊東欧諸国民主化EUの発足、グローバリゼーションの進展等国際協調基調とし、外交安全保障貿易経済等国際関係が展開されてきましたが、今般は自国第一主義の顕在化、イギリスのEU離脱米中貿易摩擦等、その基調が変質しつつあるように感じ、危惧しているところでございます。  

近江八幡市議会 2018-12-21 12月21日-05号

憲法9条に基づく平和外交を進めることです。緊張を高める新基地建設軍事演習などもってのほかと言わなければなりません。 こんなときに9条を変えて戦争する国へ突き進む安倍政権、こんなアメリカ言いなりの政治は一日も早く終わらせることを呼びかけて会第10号への賛成討論といたします。 ご賛同をよろしくお願いいたします。