運営者 Bitlet 姉妹サービス
5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-06-16 彦根市議会 2014.06.16 平成26年6月定例会(第9号) 本文 司馬遼太郎の小説「」から雲をイメージした松山市のナンバープレートがあります。この前、信号待ちしていたときに、もみじの絵があるのにびっくりしたのです。信号で待つと、よく見えます。京都や岐阜とかだと、学生は彦根から家へバイクで帰られるかもしれません。そうすると、動く広告塔として、ひこにゃんが生きてきます。   もっと読む
2009-12-18 守山市議会 平成21年第7回定例会(第 3日12月18日) 歴史人物などの資料をテーマにする場合、四国松山市の最近の例で見ますと、「」に登場する明治の偉人の生家の再生保全の事業は、多くの市民の熱い思い入れによって、行政主導を排して、事業費の1億円はすべて市民の寄附によって賄われ、管理運営は愛好家の集まりによってボランティア的になされておると聞き及んでおります。 もっと読む
2009-12-11 近江八幡市議会 平成21年第4回12月定例会-12月11日−04号 さて、NHKで待望の「」が始まりました。「」は、国民一人一人が少年のような希望を持って国の近代化に取り組み、日本の存亡をかけて大国ロシアと戦った壮大な物語であります。そこには、今の日本と同じように、新たな価値観の創造に苦悩して奮闘した明治という時代の精神が生き生きと描かれています。 もっと読む
2009-12-10 守山市議会 平成21年第7回定例会(第 2日12月10日) 最近始まった司馬遼太郎原作のNHKのドラマ「」の主人公である秋山好古・真之兄弟の生家が最近松山市で再現、公開されました。その際に費やした改装費1億円は、すべて市民の寄附によって賄われたと聞きました。  このように、市民が率先して参画し、心からのコンセンサスが得られない限り、今回の行政主導とも思える「守山を知ろう館」も困難に直面することは明らかです。   もっと読む
1997-03-13 近江八幡市議会 平成 9年第1回 3月定例会-03月13日−03号 それが司馬遼太郎さんの書「」であります。  しかし、今日の日本人は、「」はなくなったのです。消えてしまったのです。21世紀に向けてここでもう一回新しい「」をつくらねばならないわけです。司馬さんの最後の言葉が、「もっと空気が欲しい」だったと言われています。窓を開けなければ空気は入ってこないのです。「窓を開けよ」、このことは開国をしろということなのです。   もっと読む
  • 1