2305件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2021-03-25 令和 3年 3月定例月会議(第 5日 3月25日)

東日本大震災から10年の節目となる現在においても、各地地震災害が起こる中、市民防災力利便性の向上とともに、職員が働きやすい庁舎となるよう、計画どおりの予算と期日での完成を目指し、確実に事業を進められていることを望むところです。現下の厳しい経済状況の中、本市が抱える様々な課題を解決するため、中長期を見据えた行財政運営が必須と考えます。  

東近江市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第 4号 3月15日)

また、南海トラフ震源とする大地震発生確率は高く、過去の被害から考えると、一たび大地震発生した場合には、本市への影響は避けられないものと想定されています。  これまで、東日本大震災をはじめとした想定外の大規模な自然災害において、その都度、多くの尊い人命を失い、莫大な経済的・社会的・文化的損失をかぶり、甚大な被害であったことから、長期間にわたる復旧・復興を繰り返してきました。  

東近江市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第 2号 3月10日)

次に、新型コロナウイルス感染症の蔓延や熊本での豪雨災害、先月、東北地方を中心に襲った地震のように、災害はいつどこで発生するか分かりません。そのためにも、日頃の心構えや備えは、し過ぎるにこしたことはありません。  本市では、平成28年度より防災情報告知放送システムの整備にかかり、全世帯に戸別受信機を配布し、全市民に緊急時の情報発信ができるよう事業を進めてこられました。  

近江八幡市議会 2021-03-10 03月10日-06号

新型コロナウイルス感染症を加味した防災計画は現状どうなっているのかの質問に対して、コロナ感染症に特化した避難所運営マニュアルを作成し各学校施設構造等に応じて見直していただくようにしている、避難スペースの確保については地震時のみの避難所として指定している施設を水害時でも活用したり、学校の教室その他の公共施設等の活用も考えているとのお答えでした。

守山市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例月会議(第 3日 3月10日)

そのため、地震等の自然災害においても給水を確保するため、洲本配水場耐震化をはじめ計画的に水道施設管路耐震化を進めていただいております。引き続き安全で安心な水道水の供給を図っていただきたいものであります。  そうした中、予算的には令和3年度は、収益的収支を対前年度比1.3%減の16億1,000万円、資本的支出を10億2,811万2,000円とされたところであります。

近江八幡市議会 2021-02-26 02月26日-03号

防災減災国土強靱化について、2月13日、福島県では、深夜に震度6強の地震発生しました。今なお避難されている方々がおられる状況で、昨日には、お一人の方がこの地震でお亡くなりになられたという報道がございました。 また、これは自然災害とは言えないかも分かりませんが、自然の脅威ということで、2月21日、栃木県足利市山火事発生し、本日で5日がたとうとしております。

近江八幡市議会 2021-02-25 02月25日-02号

創政会は、創設以来、全国で相次ぐ自然災害地震、台風等によるゲリラ豪雨堤防決壊、土砂崩れ、また現在関東で山火事が起きていますが、大火災等各地で起こる甚大な災害を見るにつれ、地方自治地方行政とは何かと考えてきたところです。その究極は、市民皆様の安全・安心を守る、命と財産を守ることが第一であり、安心して日々が暮らせるまちづくりが一番大事であるとの考えに至りました。

東近江市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会(第 4号12月11日)

財政基盤、あるいは地震とか風水害、あるいは危機管理、それがまず一番重要だろうということで、国土強靭化という国の施策が出てきたのもその後ですよ。  さらに、豊かというのは、何も経済的に金持ちになるということではなくて、精神構造を含めて、心の豊かさ、そういった豊かさを求めていかなければいけないだろうと。  

長浜市議会 2020-12-10 12月10日-03号

スマートフォンでは地震情報気象情報避難場所開設状況被害発生状況など、緊急情報を配信、また防災無線防災ラジオについては貸与を行いますが、スマートフォン等がない市民の方にとっては防災無線、特に防災ラジオが大きな役割を果たすのではないかと考えます。ちなみに、防災ラジオ貸与については、募集をかけられましたが、何と予想を超える申請がされたとお聞きしております。

湖南市議会 2020-12-10 12月10日-04号

平成30年度には、6月18日発生大阪北部地震においては、大阪府枚方市にブルーシートを160枚届けさせていただきました。また、同月29日に米原市で起こりました竜巻被害では、滋賀県の要請によりまして、家屋被害認定調査員として2名から4名の職員を4日間派遣いたしました。平成30年7月豪雨においては、全国市長会要請を受け、広島県竹原市に事務職1名を2週間ごとに計6名の派遣を行いました。

米原市議会 2020-12-10 令和 2年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号12月10日)

そこをしばらく使う予定だということなので、安全対策について、私はあの場所であの施設を使うのはいいことだと思うんですが、もし何か大きな地震でもあれば、ひょっとしたら市民皆さん方被害が出る可能性もあるということを踏まえて、その安全対策はどうされるのか、特に地震等はどのようなお考えがあるのかお聞かせいただきたいと思います。 ○委員長分科会長礒谷晃)  的場部長

近江八幡市議会 2020-12-09 12月09日-04号

昨今の気候変動災害状況、また南海トラフ地震など考える上で災害備えというものが行政の大きな役割を担っているのではないでしょうか。日本経済新聞の記事によると、液体ミルク国内発売から1年が経過し旅行や外出先で使用が広がっているようで、ある調査によると子どものいる女性のうち乳児用液体ミルクについてよく知っている、まあ知っているとの回答が9割、実際に使ったことのある割合が約4割に上るそうです。