1579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

一方で、本年は山形県沖や北海道宗谷地方震源とする地震や、関東東北地方を中心に相次ぐ台風による河川の氾濫、土砂災害など自然災害が頻発し、尊い人命が失われたほか、住宅農林水産業などに甚大な被害をもたらすなど、穏やかな時代の幕あけとは言いがたい一年であったと感じているところでもございます。  

米原市議会 2019-12-13 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号12月13日)

子供たちがいろんな学習をしていただいている場でもありますし、市外、あるいは県外から資料館に訪れる方も多いと思いますけれども、耐震化について、もし子供たちがいる中で大きな地震でも起きれば我々は心配しますんで、この方向性について、御見解があれば伺いたいと思います。 ○議会事務局長(木村浩樹)  今、議案は71号で、B&Gをやっているので。 ○委員長・分科会長(礒谷晃)  これは別件なんやろ。  

東近江市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会(第 4号12月12日)

基本的には、地震火災水害、これを主にやっております。  さらには、道徳や学活の授業におきまして、生命の尊さであるとか、防災意識指導しておるとともに、社会科の授業におきましては、災害についての勉強・学習をしている状況でございます。  以上です。 ○議長(西﨑 彰) 吉坂議員。 ○9番(吉坂 豊議員) ありがとうございます。  

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

4つ目のご質問、全面ガラス張りで大丈夫かということでございますが、現在、基本設計中でございまして、全面ガラス張りというご指摘の趣旨がよくわかりませんが、新庁舎におきましては、有事の際に災害対策本部を設置する計画としておりまして、また、大規模な地震や大型台風の発生の際には、多くの市民が一時的に避難する場としても想定してございますことから、ガラス面も含めまして市庁舎全体が災害に耐えられる耐震対策や強度等

草津市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-03号

◆23番(西村隆行)  老上小学校のところには、「耐震飲料水兼用防火水槽」ということで看板がございまして、これももう平成9年3月につくられたということで、相当傷んでおりましたが、ここには「地震などの災害に備え、皆さんの飲料水を確保するため、貯水槽が埋められています。この貯水槽には、1人1日3リッターとして6,600人の方が3日間使用できる飲料水が確保されています。

東近江市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第 2号12月10日)

(6)市が全戸配布した防災マップには、地震洪水ハザードマップなどさまざまな有用な情報が載っていますが、47ページもあります。今回の更新時に合わせ、家の冷蔵庫に張れる地域ごとの概要版を地域の手でつくってもらう考えはありますか。  (7)住民へのハザードマップの周知のために、どういった啓発等を行われていますか。特に、浸水の深い地域へは、どういった指導を行っていますか。  

草津市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-02号

しかしながら地震につきましては、突然発生するもので、その対応は大変困難であります。  草津市では、草津市地域防災計画に基づき、防災には大変熱心に取り組んでいただき、自助・共助・公助に基づくそれぞれの役割の中で推進されており、特に防災組織の整備は、防災意識の高揚及び災害時における人命の安全確保を図る上で重要事項とし、自主防災組織整備計画が作成され、各地域での自主防災組織の整備が図られています。

米原市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第2号12月 3日)

もう一つ、過日各市内のある団体さんと意見交換会をした折に、これは米原市の総合防災マップ、この中にいろんなところでイラスト入りで細かく描かれているのがわかるんですが、いわゆるこれは地震ハザードマップ、あるいはこっちは洪水ハザードマップ、ここがなかなかわかりにくいし見にくいんだという御意見がございましたので、これも市民部長さん、一つ所管の中でもう少し見やすい、わかりやすいこの防災マップをつくっていただきたいと

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第27号) 本文

岩手県北上市は、地震火災などの災害発生時の情報収集手段として、ドローンを活用した防災対策を進めています。  北上市は東北航空ドローンスクールと協定締結して行っていますが、このドローンは上空150メートルまでの飛行が可能で、小型カメラと赤外線カメラが登載されており、リアルタイムで映像配信もできます。  

草津市議会 2019-11-08 令和 元年11月 8日決算審査特別委員会-11月08日-01号

◎宮嶋 幼児施設課長  ことしのこの平成31年の4月に、本来ですと開園ができるということで施設整備を進めてきましたけれども、昨年の台風でありますとか地震でありますとか、鉄骨資材がなかなか入手できないということで、2年にわたって、今年度にわたっての事業になってきたということで、開園が4月に迎えられなかったと、こういうことでございます。 ○西垣和美 委員長  西川委員。

草津市議会 2019-11-05 令和 元年11月 5日都市再生特別委員会−11月05日-01号

◎島田 建設部副部長  都市公園につきましては、本来、屋外における休息、運動等のレクリエーション活動を行う場所であり、ヒートアイランド現象の緩和等、都市環境の改善、生物多様性の確保等、大きな効用を発揮する緑地を確保するとともに、地震等、災害時における避難地等としての機能を目的とする施設であることから、公共のオープンスペースとして機能できるように建蔽率が制限されておるものでございますので、今回、プール

草津市議会 2019-11-05 令和 元年11月 5日産業建設常任委員会−11月05日-01号

今までから、この時代、いつ災害が起こるかわからない、地震があって火災が起こるかもわからない、そのときに、できるだけ通過できるような道路を築造していこうという考え方があったように思うんやけれども、これ、どんつきで、どっかでこのおうち、こんなことを言うて悪いかもわからへんけども、火災があったときに、付近の住民がどのようにして避難ができるんでしょうか。

草津市議会 2019-10-30 令和 元年10月定例会−10月30日-04号

地震のとき洪水のときと、しっかり分けて、このハザードマップを利用される、そういったことを徹底、先ほど土肥議員のときにありましたが、徹底をしていただきたいなと思います。迷うのは市民の皆さんですので、その辺のサポートをしっかりしていただきたいなと思います。「大切な命を守り、寄せ合う心と健康な体を育む」というテーマで、選挙活動を進めてまいりました。

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

近年は、地震台風、あるいは予測せぬ豪雨による災害が各地で発生しておりますが、こうした訓練を積み重ねることによって被害を軽減するとともに、災害に対する日ごろの備えが何より重要であると認識しております。  不測の事態への備えと、自分たちの地域は自分たちで守るという防災意識の高揚とともに、社会的弱者の救助のために共助の力も高めていただくことを改めてお願いしたところでございます。  

米原市議会 2019-09-19 令和元年決算特別委員会(3日目 9月19日)

また、そのうち1戸で耐震改修工事を実施されましたので、これに係る経費に対して支援を行い、木造住宅地震に対する安全性の向上も図られました。  続いて、163ページをお願いします。  公園維持管理事業です。都市公園13施設の維持管理につきまして、地元自治会等が指定管理者となって管理運営を適正に行っていただき、美観の維持向上など、都市公園機能の増進が図れました。