254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

近江八幡市議会 2023-12-11 12月11日-04号

日野川の水防、また河川改修におかれましては、当市としても最大の課題の一つでございますので、近隣市町あわせまして、県を初め近畿地方整備そして国土交通省に毎年必ず、非常に強い形で要望を続けておるとこでございます。それもありまして、桐原のJR橋対策事業についても緊急対策事業ということで取り上げていただくことができました。 

湖南市議会 2022-12-09 12月09日-02号

とりわけ、台風19号も含めまして、河川氾濫においては、国土交通省地方整備TEC-FORCEによる排水ポンプ車をはじめとする資機材が広域的に統合運用されて応急復旧に対応いただいておりますが、本来は平時からの河川整備堤防強化ダムを含めた治水管理など、川の中の防災河川管理者がしっかりと行ったうえで、我々水防管理者が川の外の防災減災に取り組む流域治水の発想が大切になってまいります。

長浜市議会 2022-06-13 06月13日-03号

本年度も令和元年5月版の実施計画のとおり地域整備事業、また地域振興について地元の思いもございますので、皆さんにしっかりと寄り添って、より一層スピード感を持って、何かの目に見える形となるよう、引き続いて近畿地方整備そして滋賀県、水機構、そして長浜市、この4者が最大限の努力を行ってまいりたいと思っております。どうぞ議員地元議員として、ご支援やらご助言を賜りますようにお願いいたします。

長浜市議会 2020-09-12 09月12日-03号

余呉川を管理します滋賀県に確認いたしましたところ、国道号賤ヶ岳橋の架替工事近畿地方整備滋賀国道事務所に施工委託されまして、河川事業として橋りょう工事実施されておりまして、国道号賤ヶ岳橋架け替えが終わりますと、引き続き上流の橋りょう工事ですとか河川改修工事が進められる予定ということになってございます。 

近江八幡市議会 2020-09-11 09月11日-03号

次に、国や県との連携についてですが、滋賀県内道路管理を効果的に行うため、高速道路国道、県道、市町道の各道路管理者が相互に連絡調整を行うことにより、円滑な道路管理促進を図ることを目的として、国土交通省近畿地方整備滋賀国道事務所長を会長とし、滋賀国道事務所及び滋賀土木交通部道路課事務局とした滋賀道路メンテナンス会議が年3回開催をされております。 

湖南市議会 2020-09-04 09月04日-01号

19日には、野洲川改修促進協議会要望滋賀県庁に、国道号早期車線化野洲川直轄延伸に関する湖南単独要望国土交通省近畿地方整備に、26日には大津湖南地域幹線道路整備促進協議会要望滋賀県庁近畿地方整備に、それぞれ行いました。29日には、第1回湖南道路整備計画策定委員会を開催いたしました。翌30日には、主要地方道草津伊賀線整備促進期成同盟会要望滋賀県庁に行いました。 

湖南市議会 2020-06-20 06月20日-04号

(1)の国道1号の暫定2車線区間供用区間の4車線化につきましては、地域高規格道路甲賀湖南道路整備促進期成同盟会など、近隣や関係市町と共同して、国土交通省出先機関である近畿地方整備そして国土交通省本省要望活動実施いたしております。今年度も7月に出先機関、8月に本省と、それぞれの要望活動実施する予定です。

草津市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会-03月12日-02号

次に、ハイウェイオアシス構想についてのお尋ねでございますが、研究会につきましては、本市滋賀県が中心となり、また、ネクスコ西日本国土交通省近畿地方整備オブザーバーとしてお迎えした中で、今年度は2回開催し、草津パーキングエリア周辺における現状課題を共有した上で、それぞれの視点から御意見をいただき、検討いたしました。  

甲賀市議会 2020-03-06 03月06日-06号

現在、国土交通省近畿地方整備中心となって設置された淀川水系既存ダム洪水調節機能強化に向けた協議の場において、実施に向けた検討をされているところであります。 以上、答弁といたします。 ○議長谷永兼二) 山中議員。 ◆5番(山中修平) 青土ダムも5月・6月に向けて、実施に向けた検討方向性を定める検討をしていただいているというふうに思います。 

甲賀市議会 2020-02-27 02月27日-02号

まず、重要物流道路の指定につきましては、国において22年ぶりに見直しをされる新たな広域道路交通計画の中から、事業中、計画中を含めて指定されることとなり、この計画のもととなる都道府県が策定する「広域道路交通ビジョン計画」を地方整備単位で調整された後に国土交通省で取りまとめられることになっております。 

彦根市議会 2019-12-13 令和元年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-12-13

この補助につきましては、社会資本整備総合交付金の方で既に採択をいただいておりますし、こういった施設の解体等につきましても、県を通じまして近畿地方整備、国になるんですけれども、そちらの方とも協議を行った上で承認をいただいて、既に補助をいただいているというところでございます。

草津市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-02号

次に、どのようにしてリーダーシップを発揮して具現化を図るかにつきましては、今年度立ち上げました研究会におきまして、構成員である国土交通省近畿地方整備、滋賀県、ネクスコ西日本といった関係機関必要性をしっかり共有しながら、構想の実現に向けて一層の連携を図ることはもとより、本市といたしましても、現在策定中である第6次草津総合計画や、次期都市計画マスタープランの中で、当該エリアまちづくり上での位置づけを

草津市議会 2019-10-28 令和 元年10月定例会−10月28日-02号

また、関係省庁行政職員への周知につきましては、研究会での議論を通じて、構成員である滋賀県、本市関係部局ネクスコ西日本、そして、オブザーバーとして参加いただいている国土交通省近畿地方整備の間で、構想の内容や検討状況をしっかり共有しながら、今後も、構想具現化に向けた取組を推進するため、関係機関と密に連携してまいりたいと考えてございます。 ○議長瀬川裕海)  川瀬議員

甲賀市議会 2019-10-03 10月03日-07号

その後、2016年に、国土交通省近畿地方整備事業評価監視委員会が、現在凍結されている大戸川ダムの再評価で、意見書案にあるように近畿地方整備事業継続とする対応方針の原案を正当と判断をしました。先ほどの説明にもあったとおりです。 しかし、ダム本体工事を再開するには、河川整備計画の変更が必要で、この河川整備計画は、通常20年から30年間を対象とされています。

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

しかしながら、全国で多発している集中豪雨による被害を鑑みると、通水能力の低い蛇砂川本川は、絶えず越水の危険にさらされていることから、市民安心・安全のため、蛇砂川本川八日市新川整備を求めるため、7月から8月にかけて、蛇砂川改修促進協議会要望活動に同行し、県知事や国土交通省近畿地方整備早期整備要望いたしました。  

甲賀市議会 2019-09-02 09月02日-01号

7月26日に、滋賀県庁及び大阪の近畿地方整備で、8月9日には東京の国土交通省財務省及び首相官邸関係団体所属の首長及び議長等要望活動を行いました。特に、財務省では上野財務副大臣と、首相官邸では菅 義偉官房長官と面談し、土山バイパス区間早期事業化について要望してまいりました。 次に、野洲川改修促進協議会について報告いたします。