3251件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2020-03-24 令和 2年 3月定例会(第 5号 3月24日)

また、委員から、この地区指定は、地元から要望があったから指定するのか、市が計画的に整備したいから指定するのか、地区指定をした経緯はとの質問があり、担当者から、まずは、近隣商業地域として指定されている土地であること、もう1点は、地元からも一定集客を望まれている地域で、地域特性から判断しましたとの答弁がありました。  

彦根市議会 2020-03-13 令和2年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2020-03-13

しかも芹川以北でも非常に限られた地域、バッファゾーン、緩衝地帯というんですか、バッファゾーンは限られた地域なんですよ。それなのに、従来の都市建設部の都市計画とか景観とか公園とか市街地整備、これはどちらかというと芹川以南に今後重要な問題なのに、何でこんなものを全部歴史というものに絡めてしまうんですか。

彦根市議会 2020-03-12 令和2年 市民産業建設常任委員会 本文 開催日: 2020-03-12

77 ◯委員(上杉正敏君)   その中でも、今、課長から出ました稲枝西地区開発の特に白地地域については、当然、市長からも進めるべきだということも言われていますし、青地については、いろんな遺跡公園等から、これはPFIとかいろんな話で、丸山顧問も入っていただいて今後進めていかなければならないというのは重々承知しております中で、やっぱり白地地域については、地権者

東近江市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会(第 4号 3月 9日)

いずれは、市民の多くが高齢者になり自家用車の運転ができなくなることを考えると、将来に向けて公共交通地域の移動手段として確保しておくことが重要であります。  また、市民等の交流促進など地域を活性化するための基盤として、公共交通地域内の住民の移動手段として、加えて観光客等来訪者の移動手段として、地域経済を支える基盤として重要です。  

東近江市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第 2号 3月 5日)

奥永源寺渓流の里は、買い物や医療福祉、交流の場など、地域住民の暮らしを守る場所、そこまで行けば最低限のサービスを享受できる、いわゆる小さな拠点としての機能強化が図れますことを切に願うものであります。  過疎高齢化がぬきんでて進む奥永源寺地域とは対照に、人口が今も増加している長峰地域においても、高齢者数は奥永源寺地域よりも多く、買い物など不便を感じておられる人も多いはずです。

米原市議会 2020-01-22 令和 2年市統合庁舎建設に関する特別委員会( 1月22日)

経過について御報告させていただきますと、昨年6月17日から27日にかけまして、4地域自治会連絡協議会で統合庁舎整備事業の概要と市民自治センターの再配置について、自治会長様に説明させていただきました。また、近江地域と伊吹地域につきましては、具体的に周辺公共施設を提示して市民自治センターの候補地についての御意見を伺っております。  

守山市議会 2019-12-19 令和元年12月定例月会議(第 4日12月19日)

日本では岐阜市がいち早くこの理念に基づいて、行政責任で各地域コミュニティバスネットワークを確立しています。ここ守山市行政にも、弱い立場の者を見捨てず切り捨てず、安い運賃でどこへでも行ける施策が求められます。  私たちは、何歳になっても、どの地域からも気軽に安価な均一料金で利用できる市内循環バス守山市行政サービスとして実施されることを求めます。

米原市議会 2019-12-17 令和元年予算常任委員会(第2号12月17日)

地域振興部所管の近江長岡駅前の整備について、今回の整備により、朝の通勤通学の時間単位における混雑は解消されるのか、重機除雪から消雪装置設置への変更、駐車場の問題が議論の争点となり、ロータリー整備により待機車両のための停車帯を設ける、消雪装置設置に伴い新規の井戸を掘る、民間駐輪場が廃業されると同時に、公設駐輪場を設置するとの答弁でございました。  

東近江市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会(第 4号12月12日)

人口減少による地域の疲弊が言われる中、地域の活性化のためにも、地域社会活動や地域文化地域スポーツの中心的役割を担っている公的施設の果たす役割が本当に大切になってきているというふうに思っています。  そこで、①公の施設の設置目的効果的に達成するため、市は指定管理者に対してどのような指示やチェックをされているのか、お聞きします。  

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

現在、国においては少子高齢化人口減少など社会構造の変化の中で、住み慣れた地域で自分らしく暮らしていけるよう、支え手、受け手という関係を超えて、地域と人と人がつながる支え合いの仕組みとして地域共生社会の実現を提唱しております。本市においても、庁内関係機関が連携し、地域共生社会「我が事・丸ごと」支え合いの推進に取り組んでおります。  

東近江市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第 3号12月11日)

建設業は、地域インフラ整備・維持の担い手であると同時に、地域社会安全・安心の確保を担う地域の守り手としてなくてはならない存在ですが、従事者は減少傾向で、担い手の確保と人材育成は全国的な問題となっています。  業界や各社が賃金アップや休日の確保といった労働環境の改善やイメージアップなどに取り組んでおられるものの効果は余り得られておらず、加えて本年4月から働き方改革関連法も施行されました。  

米原市議会 2019-12-11 令和元年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号12月11日)

歳出ですが、4款地域支援事業費、1項地域支援事業費、1目介護予防・日常生活支援総合事業費、3節職員手当等、4節共済費及び同項2目包括的支援事業・任意事業費、2節給料、3節職員手当等、4節共済費につきましては、それぞれ人事院勧告等に伴う人件費を増額するものです。  次に、7ページ、8ページにお戻りください。  

米原市議会 2019-12-10 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号12月10日)

            的場文男    地域振興部次長・米原近江地域協働課長                      西出始代    米原近江地域協働課長補佐      礒部修    建設課長              高橋淳一    市民部長              的場市樹    市民次長・税務課長        吉田裕明    税務課長補佐            飯村英章    税務課長補佐

米原市議会 2019-12-09 令和元年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第1号12月 9日)

4款衛生費、1項保健衛生費、6目環境衛生費、19節負担金補助及び交付金で、最終処分場周辺地域環境整備事業補助金として、補正額196万1,000円の増額でございます。一般廃棄物最終処分場であるウイングプラザ周辺の環境整備に伴う補助金です。  東番場自治会では、自治会館の建築及び旧会館の解体工事を実施されておりますが、その建築工事に伴う施工監理費について補正予算要求をお願いするものです。