1695件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2020-03-16 令和 2年 3月定例会-03月16日-04号

建設部長寺田哲康)  大江霊仙寺線南笠工区)の、その1区間の事業概要供用開始につきましては、旧十禅寺川から土地区画整理事業区域内の約388メートル、片側1車線の車道と両側歩道による道路幅員16メートルの事業計画令和年度の完了を目指しているところであります。 ○議長瀬川裕海)  川瀬議員。 ◆7番(川瀬善行)  よろしくお願いします。  

草津市議会 2020-03-13 令和 2年 3月定例会−03月13日-03号

また、将来に向けて安定的な税収確保という観点からは、南草津プリムタウン土地区画整理事業北中西・栄町地区市街地開発事業への支援など、市の活性化あるいは増収に伴います事業にも取り組んでいるところでございます。 ○議長瀬川裕海)  中島議員。 ◆8番(中島美徳)  将来を見据えて頑張っていただいているということで、大変安心しております。  

草津市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会−03月03日-01号

また、JR南草津周辺における計画的な市街地の形成と地域の発展を図るまちづくりを進めるため、南草津プリムタウン土地区画整理事業に引き続き支援するとともに、現在課題となっておりますJR南草津周辺交通混雑を緩和し、公共交通利用環境を改善するために、駅前ロータリー機能性効率性の向上に向けた社会実験を春と秋に実施する予定でございます。  

草津市議会 2019-12-10 令和 元年11月定例会−12月10日-03号

これは都市計画事業、または土地区画整理事業に要する費用に充当することを目的とし、市町村が協議し得る目的税です。私は積極的に要望じゃなくて、草津市がその地域をどうしていくかということも含まれているというふうに思うんですけれども、この都市計画税に対して、これは草津市は積極的な計画ということについてはいかがなんでしょうか、お願いいたします。 ○副議長永井信雄)  田中総務部長

栗東市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第1日12月 4日)

次に、議案第80号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算総額から歳入歳出それぞれ61万5,000円を減額し、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ8,072万5,000円とするものであります。  歳出につきましては、職員給与費の減額であり、歳入につきましては、繰入金で調整しております。  

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第24号) 本文

議案第116号は、彦根駅東土地区画整理事業換地処分に伴いまして、新たに駅東町ができましたことから、給水区域駅東町を加えるとともに、水道法の一部を改正する法律の施行等に伴いまして、指定給水装置工事事業者指定に係る更新制が導入されることによる規定の改正など、彦根水道事業給水条例の一部を改正するものでございます。  

甲賀市議会 2019-11-28 11月28日-01号

議案は、貴生川西内貴土地区画整理事業施工地区の字の区域及び名称変更に伴い、甲賀市貴生川地域市民センター所管区域に「水口貴生川3丁目」及び「水口貴生川4丁目」を加えるものであります。 また、甲南中部地域市民センター甲南第一地域市民センターの建物内へ移転することに伴い、位置を変更するものであります。 なお、この条例は、規則で定める日から施行することといたします。

草津市議会 2019-10-28 令和 元年10月定例会−10月28日-02号

建設部技監東隆司)  通勤車両等交通量につきましては、南草津プリムタウン土地区画整理事業実施に先立ち、土地区画整理組合において、南田山交差点及び狼川交差点で24時間の交通量調査を行っております。調査の結果、プリムタウンからの発生集中交通量を加味いたしましても、交差点処理能力の範囲内であることを確認しております。

栗東市議会 2019-10-02 令和元年 9月定例会(第5日10月 2日)

次に、議案第55号 平成30年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について。  質疑討論はなく、採決の結果、全員一致認定すべきものと決しました。  次に、議案第56号 平成30年度栗東水道事業会計決算認定について。  鉛管改修調査箇所が648カ所あるが、1年間にどれだけ調査改修工事実施し、何年後に全て終わる見込みか。

米原市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会(1日目 9月17日)

なお、市債年度残高は、(3)の一番右ですけども、約237億5,800万円で、平成30年度は前年度より借り入れ額は減少したものの、表の下に書いておりますとおり、平成29年度末に廃止をしました農業集落排水事業特別会計コンポスト事業ですが、及び米原駅東土地区画整理事業特別会計市債一般会計で引き継いだことによりまして、前年度と比較して年度残高は約11億8,300万円増加しました。  

甲賀市議会 2019-09-13 09月13日-05号

現在の貴生川自由通路は、昭和61年に、駅前土地区画整理事業に合わせ、いち早く橋上駅として改築され、今となれば市内で一番古い駅舎となっております。 この自由通路につきましては、南北の階段、エレベーター、連絡橋の全幅員であり、市道貴生川駅・虫生野2号線として管理を行っておりますが、改札口の入り口、新聞と飲料自販機設置場所につきましては鉄道会社管理となっております。 以上、答弁といたします。

甲賀市議会 2019-09-10 09月10日-02号

税収確保につきましては、地場産業の振興や、また土地区画整理事業推進、新たな工業団地整備による企業誘致など、税収がふえるような基盤づくりに努めております。 企業誘致につきましては、景気動向に左右されない財源として、固定資産税、加えて法人市民税雇用増に伴う個人市民税増収が期待されますことから、今後も地理的優位性をしっかりと生かしながら、企業誘致を積極的に進めてまいります。 

甲賀市議会 2019-09-02 09月02日-01号

議案は、平成26年から貴生川西内貴土地区画整理事業として、組合が行っている施行地区の面積約5.1ヘクタールの区域を本年度換地処分をすることに伴い、同組合からの申し出により、字の区域及び名称変更を行うものであります。 施行する地区区域は、水口貴生川字野田字中通字中川原字森立字宮ノ下字西邨の各一部となります。