1737件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗東市議会 2021-03-24 令和 3年 3月定例会(第5日 3月24日)

次に、議案第8号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計予算については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第9号 令和年度栗東水道事業会計予算については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  

栗東市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第1日 3月 1日)

次に、議案第8号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計予算につきましては、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ7,232万2,000円と定めるものであります。  歳出につきましては、土木費及び公債費であり、歳入につきましては、繰入金等を計上しております。  また、第2条では、一時借入金の借入れの最高額を1億円と定めるものであります。  

草津市議会 2021-02-26 令和 3年 2月定例会−02月26日-01号

また、JR南草津周辺における計画的な市街地の形成と地域の発展を図るため、南草津プリムタウン土地区画整理事業を引き続き支援してまいります。  さらに、草津版地域再生計画の推進につきましては、地域の皆様とともに作成いたしましたまちづくりプランに基づき、各学区の課題解決に向けた具体的な取組を実施し、推進してまいります。

甲賀市議会 2021-02-18 02月18日-01号

あわせまして、(仮称)甲賀北地区工業団地土地区画整理事業助成の債務負担行為を追加するとともに、年度内に事業完了が見込めない中山間地域再生プロジェクト事業など、25事業繰越明許費設定するものであります。 次に、議案第21号 令和年度甲賀国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について、その提案理由を申し上げます。 

栗東市議会 2020-12-22 令和 2年12月定例会(第5日12月22日)

次に、議案第103号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第104号 令和年度栗東水道事業会計補正予算(第2号)については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  

甲賀市議会 2020-12-11 12月11日-06号

貴生川周辺特区構想範囲といたしましては、甲賀市立地適正化計画誘導区域設定基準であります駅を中心とした半径800メートルを基本に全体の範囲としており、個別事業範囲につきましては、駅南口官民連携における複合施設整備区域のほか、虫生野地先における土地区画整理事業について現時点で検討を進めております。 

栗東市議会 2020-12-03 令和 2年12月定例会(第1日12月 3日)

次に、議案第103号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算総額から歳入歳出それぞれ12万円を減額し、歳入歳出予算総額歳入歳出それぞれ7,636万7,000円とするものであります。  歳出につきましては、職員給与費の減額であり、歳入につきましては、繰入金で調整しております。  

栗東市議会 2020-09-29 令和 2年 9月定例会(第4日 9月29日)

次に、議案第82号 令和年度大津湖南都市計画事業栗東都心土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定については、質疑討論もなく、採決の結果、全員一致で認定すべきものと決しました。  次に、議案第83号 令和年度栗東水道事業会計決算認定について。  委員から、建設改良事業で、十里水源地において新設工事を実施されたようだが、内容は。

米原市議会 2020-09-17 令和 2年決算特別委員会(1日目 9月17日)

委員北村喜代隆)  同じページですけども、米原駅東部土地区画整理事業これでその土地土地利用販売促進に向けてというふうに書かれてますし、販売状況についてはここに報告されておりますけども、かつて梅田代表監査委員の時代には、定期監査報告書の中にここのキャッシュフローについての説明がありました。

草津市議会 2020-03-25 令和 2年 3月25日予算審査特別委員会−03月25日-01号

2、変更の上から順に農業農村整備事業費限度額を9,870万円から1億2,870万円に、その下の道路新設改良事業費限度額を2億6,710万円から2億3,790万円に、その下の自転車駐車場整備事業費限度額を2,670万円から2,240万円に、その下の土地区画整理事業費、限度額を1億4,350万円から1億4,290万円に、その下の都市計画街路事業費限度額を2億5,690万円から2億1,670万円に