654件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-03号

建設部長(寺田哲康)  地域から要望に対する改善対策が進まない理由としましては、対策を進める上で、交付金等の財源を十分に確保できないこと、また具体的な対策を行う際に、現場の制約や必要となる用地確保等の合意形成に時間を要することなどが挙げられます。 ○副議長(西村隆行)  奥村議員

東近江市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第 4号 6月17日)

そうした地元の合意形成が必要になってくると考えております。 ○議長(大橋保治) 鈴木議員。 ○4番(鈴木則彦議員) ありがとうございます。  まずは、社会実験です。そこから見えてくることに対応する。これで、また一つまちが輝きます。  天気のいい日にオープンカフェに集う市民、ちょっと想像してみてください。とてもいいと思いませんか。  

草津市議会 2019-06-13 令和 元年 6月13日議会改革推進特別委員会−06月13日-01号

今後の課題につきましては、議員間討議の充実を図るため、議案の十分な熟知を前提に論点を明確にした委員会運営に努め、議会としての合意形成に努める必要あります。委員長の議員間討議の認識をさらに深めていく必要があります、ということでまとめております。  第9条の政策立案及び政策提言につきましては、残念ながら、これまで取り組んだことはございませんので、取り組み状況は記載すべき内容がないとなっております。  

草津市議会 2019-05-29 令和 元年 5月29日総務常任委員会-05月29日-01号

また、各課内で積極的にみずからの働き方改革について話し合う場を設け、合意形成をしながら周囲と一緒に実践していくことでモチベーションがあがることから、自分たちの働き方改革は自分たちで決めて確立していくことが重要であることなどをまとめております。  また、働き方改革は自分のためにもなるという実感のためには、評価に反映させることも必要であり、限られた時間の中で行われたその業務はQCDですね。

草津市議会 2019-04-24 平成31年 4月24日総務常任委員会-04月24日-01号

めてはいけないと思うんですけれども、各所属ごとぐらいに自分たちの働き方改革ってどうしていこう、それは市民サービスの向上と必ず絡めないとだめなので、その辺が職員課で標準化した働き方改革をベースとしながら、各所属で話し合って、自分たちは、この時期はどうしても市民サービスのためにはやむを得ないときもあるけれども、ここではしっかりと効率化していこうねとか、何か自主的なやり方について、しっかりと話し合う場面というのを合意形成

草津市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

◆西垣和美 委員  計画相談支援部会に諮られるということですので、各事業所さんが安心してそういったコーディネーターに頼めるようなことをきちんと合意形成をされた上でしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○遠藤覚 委員長  ほかございますでしょうか。  伊吹委員。

東近江市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 2号 3月 7日)

おっしゃるとおり、住民・市民の皆様に対しまして、私ども行政側といたしましても、できるだけの情報提供をさせていただきながら、御意見もお伺いをして、その合意形成のもとで、こういった事業につきましても進めていきたいと、これはもう基本中の基本であろうというふうに私も考えているところでございます。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月臨時会(第1号) 本文

248 ◯総務部長(犬井義夫君) 工事請負契約の解約やそれに伴う出来高精算につきましては、契約の当事者である市と工事請負業者の2者の間で合意形成を図るという形もとれるわけでございますが、裁判所という最も中立的かつ公平な専門機関による民事調停を活用することによりまして、裁判官や専門知識を有する調停委員という第三者のご見解も踏まえた上で、適切な方法で契約解除

守山市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日)

国の補助金獲得、有利な起債発行のためとはいえ、これまでの政策合意形成のプロセスを翻し、市長の一言で計画が変更されるようなことは現に慎むべきです。市長の見解を求めます。  5点目、新庁舎建設計画をめぐる問題も同様の指摘が言えるのではないでしようか。庁舎建設も含めて公共施設整備のあり方について、市長のご所見をお伺いいたします。 ○議長(藤木 猛) 市長。                 

米原市議会 2018-12-12 平成30年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第1号 12月12日)

魅力づくり、高齢者の生きがいづくり支援ということで、今日まで当市との交流拠点施設として、さらには道の駅として整備がされて、指定管理者制度に17年から今の旬彩さんが指定管理者として今日まで来た中で、ようやく当初の目的どおり経営も安定した、それらを踏まえて、今回、冒頭にまた戻るんですが、米原市の公共施設の再編計画で25年度から貸し付けに移すべきということの方向が示され、相手方と協議を重ねてきて、ようやく合意形成

東近江市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第 2号12月10日)

伊庭内湖の関係につきまして、以前質問がされていたわけでございますけれども、地域の皆さんとの合意形成を図って制度有効活用で資源を磨き上げるとともに、暮らしやすさも維持し、そして地元の組織づくりは、単にボランティアでの受け入れ体制ではなく、その受け入れの資金が資源の保存と活用に生かせるような体制が構築できるよう、行政指導助言を要望されておりましたが、そのような体制はできているのかどうかをお伺いいたします

草津市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会−12月06日-03号

支援体制につきましては、マンション管理組合に対し、滋賀県及び大津市とともに開催しておりますマンション管理基礎セミナー等の機会を通し、サポートしているところでございますが、住民の皆様が顔の見える関係づくり等を土台とし、合意形成を図りながら取り組んでいただく必要があると考えておりまして、マンション住民の高齢化や防犯防災等の課題解決に向けて積極的に取り組んでおられるマンションコミュニティーの事例紹介等も

草津市議会 2018-10-02 平成30年 9月定例会−10月02日-05号

読売新聞世論調査でも、万博会場の予定地の近くにカジノを含む統合型リゾートを誘致することに対して賛否を問うと、52%の人が反対と主張しており、府民の合意形成も図られていません。  よって、大阪に国際博覧会を誘致する決議には、反対をするものです。 ○議長(瀬川裕海)  以上で、通告による討論は終わりました。  ほかに討論はございませんか。