908件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

議案第89号、東近江市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定について、議案第91号、東近江市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第96号、東近江市世界凧博物館東近江大凧会館の指定管理者の指定につき議決を求めることについて、議案第97号、東近江市能登川水車とカヌーランドの指定管理者の指定につき議決を求めることについて、以上4件につきましては

彦根市議会 2019-12-17 令和元年 市民産業建設常任委員会 本文 開催日: 2019-12-17

近江ツーリズムボードさんの方でいきますと、観光庁さんの補助金を使って、お城とか博物館の解説について外国人の方にわかるような解説をするという翻訳の作業を現在していただいております。それも年度末にデータとしてできるという予定でございます。また、外部人材、専門人材を活用するということで、4人の専門家の方々からアドバイスを受けるということもしていただいているという状況です。

米原市議会 2019-12-17 令和元年予算常任委員会(第2号12月17日)

教育部の審査では、イヌワシの剥製製作について、活用方法、製作費用が議論の争点となり、米原市の伊吹山で生息していたイヌワシの幼鳥であり、基本伊吹山文化資料館での展示、学校での実物教材、出前講座及び他の博物館・資料館でも展示できるようにもしたいと、費用につきまして、猛禽類という特殊性、数の少ない国の天然記念物ということもあり、猛禽類の剥製製作実績があるというところへ発注していく考えが示されました。

米原市議会 2019-12-10 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号12月10日)

歴史文化財保護課長(桂田峰男)  一応、常設展示という形なんですが、構造的に取り外しができますので、一応、羽を広げた状態で上からつるんですけども、それは取り外しをして移動ができる状態で製作を予定しますので、出前講座なりほかの資料館、博物館で展示というのは可能ですので、そういうことも考えていきたいと思います。  以上です。 ○委員長・分科会長(礒谷晃)  矢野委員。

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第26号) 本文

本市におきましては、今年度、彦根城博物館が作成をした「江戸時代の彦根を知ろう」を教材としまして、各小・中学校に配付をしたところでございます。  この本は、小学生にとっても親しみやすいように、イラストや写真を多く取り入れたり、どこからでも興味を持ったところから読み進められるように、見開きで一つのテーマにまとめたりした彦根市独自の教材と考えております。  

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第27号) 本文

そういう意味で、例えば会計年度職員の問題とか何とかとおっしゃるけれども、現に、もうこれ1年間以上、計画というか、精査してきて、彦根城も博物館も、ひこにゃんまで、みんな民間に委託するまでやっているんでしょう。そこまでやった上で来年度予算の編成をしているのに、何でそんなことぐらいは答えられないんですか。例えば「何億円を減らすつもりだ」ぐらいは市長が考えるべき問題ではないんですか。

東近江市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第 1号11月29日)

エコプラザ菜の花館の指定管理者の指定につ              き議決を求めることについて       議案第94号 東近江市蒲生医療センター等の指定管理者の指定につき議決を              求めることについて       議案第95号 東近江市福祉センターハートピアの指定管理者の指定につき議              決を求めることについて       議案第96号 東近江市世界凧博物館東近江大凧会館

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

消費生活の対策活動や国民健康保険への繰出金、学童保育所経営安定化支援、また生活道路環境整備事業が減らされておりますし、小学校図書購入や文化振興施設管理運営事業、博物館管理運営事業、スポレク推進事業など、文化スポーツに対する活動支援、これがどんどん減らされている状況でもあります。  

彦根市議会 2019-09-25 令和元年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-09-25

それともう1点、趣旨のところで「彦根城および彦根城博物館に関する人件費が増加するため」と書かれていると思うんです。今後、会計年度任用職員等を採用という流れかなとは思うんですけど、ここはたまたま観覧料が上げられてそこに宛てがえるかもしれないんですけど、今後、ほかの施設で採用する際に、そこのお金、観覧料等がなくて捻出できないときとかはどういうふうにしていったらいいのか。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第22号) 本文

彦根城博物館受付等委託業務について、委託と直営では200万円ぐらいしか変わらない。雇用をそのように考えていること自体考えられないこと。また、博物館は重要なものを預かっている施設であり、守秘義務が課せられている公務員が直接守ることを重視すべきである。以上のことから反対する。  議案第78号および議案第79号に反対の立場から、国の施策であり、右に倣えになって彦根市の独自性がなくなる。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第23号) 本文

歳出面からは、図書館、視聴覚ライブラリーの資料保存期間や管理体制、特別障害者手当等支給事業の受給者数とその周知方法、彦根城博物館学芸史料業務のうち特別展の概要や広報、宣伝手法、荒神山自然の家管理運営事業の詳細、老人クラブ創造推進員補助金および単位老人クラブ活動補助金の交付実績、子ども・若者支援事業の概要、民間保育所運営支援事業および民間保育所施設型給付費等支給事業の不用額の理由、保育所費等の臨時職員採用

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第21号) 本文

6 ◯総務部長(牧野 正君) 暫定予算により市民サービスや市が行う事業で支障があったものといたしましては、中学生の北米派遣事業や彦根城博物館の企画展・特別展の中止、暫定予算期間中における各種団体への補助金の削減のほか、ひこにゃん運営経費や子ども・若者総合相談センター事業、若者サロン運営事業などに対する委託が暫定期間中の4月から6月までの間、実施できませんでした