2528件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2021-06-28 令和3年 予算常任委員会 本文 開催日: 2021-06-28

ただ、その後、全国自治体に向けてのQ&Aの方で、例えば土曜日の午後からとか、木曜日の午後からの場合でも休日加算にできるというような説明に変わってまいりましたので、個別接種で協力をいただいている診療所機関においても、その時間外であるとか、休日に接種していただいている医療機関への委託料を今回、改めて計上させていただいたものでございます。

東近江市議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会(第 4号 6月15日)

高齢者施設医療機関などに対する社会的検査を抜本的に拡充するとともに、無症状者に焦点を当てた大規模検査感染を封じ込めることが必要です。  高齢者施設医療機関などに対する頻回・定期的な社会的検査とともに、無症状感染者初期症状感染者を見つけ出し保護することは、感染力が強い変異株の拡大によって、いよいよ重要になっています。  

東近江市議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会(第 2号 6月11日)

地域包括医療としての役割も大きく、今後訪れる超高齢化社会には必要な医療機関として期待される施設となっています。  施設としては、昭和60年に開業され建物としては古くはなってきてはいますが、診療棟に隣接された2階建ての湖東リハビリステーションがあり、地域診療所としては大きな施設となっています。  開業してから現在までに7名の医師が入れ替わり従事され、地域医療に御尽力いただいております。  

彦根市議会 2021-05-01 令和3年5月臨時会(第7号) 本文

132 ◯福祉保健部参事速田智之君) 新型コロナワクチン接種につきましては、集団接種会場での接種のほか、医療機関での個別接種との併用で実施するものでございます。個別接種医療機関へのワクチン配分につきましては、基本型医療機関にマイナス75度対応の超低温冷凍庫を設置し、国からのワクチンを管理していただきます。  

甲賀市議会 2021-03-26 03月26日-07号

医師看護師の不足を見据え、市立の医療機関の今後の在り方を長期的視野で審議していきたいとの答弁でした。 次に、議案第10号 令和3年度甲賀市介護老人保健施設事業会計予算における主な質疑として、リフトを導入した抱えない介護推進効果については、今まで複数人でしていた介助を1人でできるようになり、腰痛も軽減できた。

東近江市議会 2021-03-25 令和 3年 3月定例会(第 5号 3月25日)

このような中で、今国会に、「現役世代負担軽減のため」を理由に、75歳以上で年収200万円以上(対象者数約370万人)の高齢者医療機関で支払う窓口負担割合を1割から2割に引き上げる案が提案されています。  これは、公的年金が抑制される中で、収入が増えない高齢者にとって大きな打撃になっています。  

草津市議会 2021-03-25 令和 3年 2月定例会−03月25日-05号

2022年後半から実施される計画ですが、このコロナ禍で市民はなるべく医療機関への負担をかけないよう自粛し、受診抑制も強いられる中、さらに高齢者の皆さんには、それでなくても持病を抱え、複数診療科にかかるケースが高い、その中で後期高齢者と年齢で差別され、消費税増税年金支給額の減収、本当に大変な中で暮らしておられます。

草津市議会 2021-03-25 令和 3年 3月25日予算審査特別委員会−03月25日-01号

あと、個別接種については、現在、70医療機関のほうに意向のほうを上げていただいてますので、そちらについてもこれから医師会と併せて詰めさせていただいて、かかりつけ医でも接種ができるような体制に進めていきたいと考えております。  以上でございます。 ○瀬川裕海 委員長  藤井委員

守山市議会 2021-03-25 令和 3年 3月定例月会議(第 5日 3月25日)

そのような中、被保険者医療機関等における窓口負担割合につきましては、今後、一定の所得を有する方に対しまして1割から2割への引上げが予定されております。このことは、現役世代負担軽減と被保険者自身の応分の負担という観点から、やむを得ないものと認識しておりますが、丁寧な説明と十分なる周知をお願いしたいと思っています。  

東近江市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第 4号 3月15日)

特別定額給付金事業者への支援学校現場への感染症対策などは、国から支援策として交付されたものですが、市独自の政策として、新生児特別定額給付金全国でもいち早く企画されたこと、市内事業者売上回復支援事業として「ももクロクーポン」を発行し、その換金率全国平均をはるかに超える実績であったこと、市内介護サービス事業所障害福祉事業所、そして医療機関への支援給付金など、市の独自政策として特筆すべきで、

守山市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例月会議(第 4日 3月11日)

また、産科等医療機関との情報共有保健師助産師によります新生児全戸訪問、4か月を初回といたします乳幼児健診などを通じて、産後の心身の不調や育児不安などにより支援を必要とされる母親を早期に把握するとともに、母親家庭状況などに応じまして、個別の相談、産後ケア事業サービスの利用、子育てサービスに関する情報提供、また母親の交流の場でもあります子育てサロンの紹介などにより、母親心身の安定と負担軽減

彦根市議会 2021-03-11 令和3年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2021-03-11

その中で4か月児健康診査につきましては、運動発達を確認し、必要時、医療機関を紹介して適切な治療につなげる必要があるため、市内の小児科医療機関に委託をし、5月末から再開いたしました。6月には適正な時期に受けていただけるようになったところでございます。  そのほかの健康診査につきましては、母子保健法で定められております、1歳6か月児健康診査と3歳6か月児健康診査を6月から再開いたしました。