運営者 Bitlet 姉妹サービス
2384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) しかしながら、停電が広域で長期に及んだ場合は、上水道や下水道が使用できなくなり、市民生活などに大きな影響を与えることになりますことから、その対策として、まず関西電力とのホットラインなどを活用し、電力の早期復旧を要請するとともに、上水道については、備蓄飲料水や給水車による応急給水の他、災害協定に基づく飲料水の供給により、市民の皆様に配水することとしております。 もっと読む
2018-12-07 草津市議会 平成30年11月定例会−12月07日-04号 この要綱では、1番、応援要員の派遣、2番、物資及び資機材等の供給、3番、避難者及び傷病者の受け入れ等の応援、受援を行う際の標準的な体制や活動の内容、手順等が定められています。神戸市としては、被災住民に直接対応して業務を担う市町の立場で、応援を受ける側のより具体的な計画として受援計画を策定されています。   もっと読む
2018-10-02 栗東市議会 平成30年 9月定例会(第4日10月 2日) 本市においては、今後の高齢化社会、介護保険給付の増加に対応すべく、第6期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画が策定され、地域の実情に応じた事業、保険料及びサービスの供給量確保の方策や方向性を明確にして取り組まれてきました。 もっと読む
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 そんな中で、法改正は水道事業のうち、安全な水を安定的に供給する自治体が公共団体にと決められた部分を緩和するという改正だと私は理解しています。  その目的は、人口減少に伴い水の需要の減少、水道施設の老朽化に対して、対応、水道基盤の強化を図るため等と記載されています。  この改正は、人件費の削減だ、サービスの後退だと意見書にも指摘されています。 もっと読む
2018-09-28 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 4日 9月28日) 加えて、地方の急激な人口減少に伴い、50人以上の飲料水供給施設の要件に当てはまらない集落も増えており、補助要件の緩和が求められるところであります。  そこで政府におかれては、地方公共団体等とこれまで以上に連携を深めながら、国民の命を守るインフラである水道の戦略的な基盤強化に取り組むため、下記の事項に取り組むことを強く求めます。   もっと読む
2018-09-28 草津市議会 平成30年 9月28日決算審査特別委員会−09月28日-01号 本市の水道事業におきましては、安全で良質な水道水を安定的に供給するという基本使命を果たしているとともに、公営企業としてより効率的で透明性の高い事業実施に努めているとこでございます。この使命推進のために、昨年度に続きましてロクハ浄水場の耐震性向上や老朽化した管路の更新など、災害などの非常時にも安定して水を供給できるよう、施設整備を進めてまいりました。   もっと読む
2018-09-26 草津市議会 平成30年 9月26日決算審査特別委員会−09月26日-01号 もう一度施策を読み上げますが、市民の最低限度の生活を維持できない状況に対し、福祉施策や年金生活困窮者自立支援事業等による支援、生活保護制度の適用、また働く意欲と能力がある人への就労支援及び就労指導、住まいに困窮される人への市営住宅等の供給を行います。 もっと読む
2018-09-20 草津市議会 平成30年 9月20日産業建設常任委員会−09月20日-01号 平成27年度に水道事業経営計画の中間見直しを行いましたが、その結果といたしまして、給水開始から50年余り経過しております草津市の水道事業は、今後本格的な施設の更新時期を迎えることになりますことから、安定的に水道水を供給することに加え、災害に強い施設にするために、今後も継続的に浄水場の耐震補強工事や、管路更新事業などを進める必要がありまして、多額の建設改良費の財源確保が必要となってくる見込みであることを もっと読む
2018-09-13 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 3日 9月13日) 現在、市街化区域の9か所を含め、市内19か所の市民農園を登録いただいておりますものの、これに対する問い合わせや相談は、基本的には個々に利用契約等をされておりますことから、市民農園の需要と供給の状況などの情報を含めたニーズは把握できていないのが現状でございます。   もっと読む
2018-09-13 草津市議会 平成30年 9月定例会−09月13日-03号 ◆23番(奥村恭弘)  端的に内容を言っていただきましたので、それが原因なので、それを臭気が出ないとか電気代がかからないものをやっぱり供給していく必要性があるんかなということは、またちょっと別の意味で思いました。  そういった内容の中でも、次の7点目の質問としてさせていただきたいんですが、購入補助の実績が、いわゆる減少しています。 もっと読む
2018-09-11 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−07号 水道法は、安全な水を安定的に全ての国民に供給することを理念にしており、生存権の保障と公衆衛生の向上についての国の責任を定めた憲法25条に基づいたものです。利益優先の民間企業に国民の命の水を委ねるコンセッション方式は、本来の水道事業と矛盾してくるおそれがあります。   もっと読む
2018-09-10 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−06号 我が甲賀市においては、自治会が売電目的で発電事業をされていたり、集会所の電力供給目的で余剰電力を売電されているところがあるとお聞きしておりますが、いわゆる市民発電所はまだないと認識をしております。県内では、東近江市、湖南市など積極に取り組まれているところであります。   もっと読む
2018-09-06 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−04号 ◆2番(堀郁子) 西部給食センターは、防災計画上、食料供給拠点というふうになっておりますが、水や食料などの備蓄計画はどのくらいを予定されているのでしょうか、また東部給食センターはどのくらいなのでしょうか。 ○議長(林田久充) 教育部長。 ◎教育部長(玉木正生) 御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-09-03 栗東市議会 平成30年 9月定例会(第1日 9月 3日) また、供給単価と給水原価を比べますと、給水原価が供給単価を0.42円上回っており、経営の効率化や経費の削減等により、経営の安定化に取り組まれたいと考えます。  決算額においては、事業収益12億3,429万1,000円に対し、事業費用12億543万9,000円で、当年度純利益は2,885万2,000円と黒字になっております。   もっと読む
2018-08-31 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 1日 8月31日) 水道事業を取り巻く環境は、引き続き厳しい状況が見込まれますが、今後におきましても施設の老朽化の改善を図り、安全で安心な水を安定的に供給するとともに、長期的なビジョンを持って経営改善に努め、さらなる市民サービスの向上を図ってまいります。   もっと読む
2018-08-27 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-08月27日−01号 続きまして、上下水道部所管事項では、昨年に引き続き、上水道事業では、漏水事故等の緊急時でも安全で安定的に水道水を供給できるように、信楽町西から中野地先の地域間を結ぶ連絡管を整備しており、本年度の工事を発注したところであります。  また、下水道事業においても、引き続き、未整備地区である信楽町長野地区の汚水管路整備を進めております。   もっと読む
2018-07-17 草津市議会 平成30年 7月17日予算審査特別委員会−07月17日-01号 一方、本資材が加工・製造できる会社は全国で4社しかなく、そのうち1社におきまして、本年度に工場の改修を実施されていることから、供給量が減少しております。  なお、本資材は国土交通省認定品であり、海外の資材確保は規格外となり不可能であります。  以上の理由によりまして、全体工程に変更が生じ、竣工、施設購入時期におくれが生じたものでございます。   もっと読む
2018-07-06 草津市議会 平成30年 7月 6日都市再生特別委員会−07月06日-01号 しかしながら、課題となっている鉄骨資材の供給不足については、建設会社自体の事情ではなく、また、現時点では、市と正式な事業契約を締結していないため、鉄骨資材メーカーに対して強く要望できない状況であることから、BCP鋼材を用いて、当初の工程どおり建設することができないとのことでありました。   もっと読む
2018-06-28 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月28日−07号 コストと安全性と、エコと安定供給という四つの視点を全てに満たしてくれる夢の発電方法は現在のところ存在しません。そのため、エネルギーの組み合わせで、どのようにその時々で最適な答えを見つけ出していくしかないのではないかと思います。  よって、速やかに原発廃止の非現実的な意見書には反対の立場で討論いたします。 ○議長(林田久充) 次に、原案に賛成者の発言を許します。  17番、山岡議員。 もっと読む
2018-06-19 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−06号 いわゆる、市内企業への電力供給によるエネルギーの地産地消であったり、災害時には地域住民へ供給をするというところも含めた複合的な提案をいただかないと、なかなか太陽光発電による売電だけで、そうした事業が進むものではないというふうに考えております。  以上、答弁といたします。 ○議長(林田久充) 山中議員。 ◆15番(山中善治) ありがとうございました。   もっと読む