94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米原市議会 2019-11-07 令和元年第1回臨時会(第1号 11月 7日)

また、常設型の住民投票条例成立もいたしました。議会におきましては、こども議会の開催により、議会がより一層市民の皆さんの身近なものとなり、開かれた議会として一歩前進したのではないかと思います。  今後は、この貴重な経験を生かし、一議員として議会としての議会のテーマである議会改革に取り組んでまいりたいと思います。  本日、無事重責を果たし退任することができました。まことにありがとうございました。

米原市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第4号 9月27日)

次に、議案第48号 米原市住民投票条例の制定についてに対する討論を行います。  討論の通告がありますので、発言を許します。  16番 吉田周一郎議員。 ○16番(吉田周一郎議員)  16番議員の吉田周一郎です。私は、議案第48号 米原市住民投票条例の制定について、賛成の立場で討論します。  この条例案は、昨年から幾度となく議会が説明を受け、議会として質問や意見を述べてきたところであります。

米原市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会(1日目 9月17日)

事業実績の主なものとして、自治基本条例推進委員会を1回開催し、第6期推進委員会で行う具体的な検証、評価のテーマの検討と今議会に提出させていただいている住民投票条例の制定に向けた取り組み経過等について説明させていただきました。  事業の成果としては、第6期推進委員会において、検証、評価すべき取り組みと方向性を定められたこと及び常設型の住民投票制度の整備について理解をいただきました。  

米原市議会 2019-08-30 令和元年第3回定例会(第1号 8月30日)

さて、令和元年第3回定例会に提案させていただきます案件は、平成30年度各会計の歳入歳出決算認定を初め、令和元年度各会計の補正予算案及び米原市住民投票条例の制定についてなど、報告2件、諮問1件、認定5件、議案17件であります。  以上の案件につきまして、慎重なる御審議賜りますようお願いを申し上げ、まことに簡単ですが、開会に当たっての挨拶とさせていただきます。  どうぞ、よろしくお願いをいたします。

米原市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号 12月 6日)

政策推進部長(田中祐行)  3番 後藤英樹議員の米原市住民投票条例制定に向けた論点整理の御質問のうち、通告1点目の住民投票条例制定への要望についてお答えをします。  平成17年4月以降、新米原市まちづくり基本条例をつくる会が中心となって、自治基本条例フォーラムやまちづくり懇談会での議論を踏まえて、まちづくりの最高規範として、米原市自治基本条例平成18年7月に公布されました。

米原市議会 2018-09-13 平成30年決算特別委員会(2日目 9月13日)

前回、私も一般質問で、住民投票条例の件で質問させていただきましたけれども、その過去の情報公開していただくのは非常にありがたいんですけれども、学識経験者の出している資料なりですね、事務局が出している資料というのがもう、それに結論が見えて、結論をそれに導くための資料のように思えたんですけれども、いかがでございますでしょうか。 ○委員長(中川松雄)  宮川次長

米原市議会 2017-09-13 平成29年決算特別委員会(4日目 9月13日)

○委員(藤田正雄)  特に自治基本条例のその中身の中で、ああいう住民投票条例のことなんかも一応自治基本条例の中ではうたっているわけですので、ある程度その方向性なり、一応推進委員会での考え方とか、そういうのもぜひ提言をしていただく必要があるんではないかなということで思うわけですけれども、その点について、今後の検討状況とかについてちょっと教えてください。 ○委員長(前川明)  宮川次長

米原市議会 2016-06-02 平成28年第2回定例会(第2号 6月 2日)

せっかく住民投票条例を制定するのであれば、それを活用するのも一つでしょうし、いずれ何らかの形で確認できることを期待し、今回の質問を終わりにします。  ありがとうございました。 ○議長(北村喜代信)  これをもって、松﨑淳議員の一般質問を終わります。  暫時休憩します。  再開は11時20分とします。               

米原市議会 2016-03-07 平成28年予算特別委員会(1日目 3月 7日)

○委員(藤田正雄)  1点目は2ページの自治基本条例推進事業なんですけれども、今年、市長の答弁の中にもあったんですけれども、住民投票条例を制定するということで、市長の答弁があったように理解するんですけれども、かなり半減されていると、現実的にはそういう会議等ですね、今後、そういう予定を減らしてしまわれるのか、そこら辺について、今年中にそういう住民投票条例は策定される意思があるのかどうかお聞きしたいのが

東近江市議会 2013-06-19 平成25年 6月定例会(第11号 6月19日)

この間、栗東市を中心に、「新駅計画の凍結を求める請願署名住民投票条例を求める直接請求など住民運動が盛り上がり、県民の世論調査では「中止を求める」が63%、「凍結」は25%、「推進」は12%で、県民の9割近くが新駅を不要としたのです。さらに、これが争点となった大津市選挙や県知事選挙で、中止を掲げる候補者が勝利をしました。  

守山市議会 2012-03-08 平成24年第1回定例会(第 3日 3月 8日)

ただ、普通に考えれば、新しい条例ということであれば、一方現行の条例があって新しい条例ということになれば、これはもう最高法規制、あるいは住民投票条項、これはもう当然、議論の対象になるわけで、そうなると御承知いただいているように、こんなんわかってるんですが、住民投票条例は大なる最高の形なんです。

彦根市議会 2012-02-01 平成24年2月定例会(第5号) 本文

委員会に付託されました議案は、議案第11号平成24年度における彦根市長等の給与の特例に関する条例案、議案第13号彦根市、豊郷町、甲良町および多賀町合併について市民意思を問う住民投票条例の一部を改正する条例案、議案第15号美しいひこね創造条例の一部を改正する条例案、議案第16号彦根市犯罪被害者等支援条例の一部を改正する条例案、議案第20号彦根市防災会議条例等の一部を改正する条例案、議案第21号彦根市職員

彦根市議会 2011-09-01 平成23年9月定例会(第13号) 本文

従来、市長は、住民投票条例を求める、直接投票条例の制定を求める署名なども口にされていたかと思いますけれども、その節には市民の皆さんの力に依拠しながら白紙撤回を勝ち取っていく。そのような姿勢をぜひ貫いていただきたいと思います。  細項目3に移ります。高校を守るために彦根市民集会の具体化を図り、市民意思を市内外に知らせる企画をすべきでは。  

栗東市議会 2010-03-11 平成22年 3月定例会(第3日 3月11日)

常設の住民投票条例を設置する自治体も生まれているというのは、本当に市民一人一人が直接いつでも携われる、かかわれる、そういうことを保障する民主主義ですね。  それと、代議制民主主義、いわゆる議会審議会やそういうものの答申、議会での議決。これは私は、どちらも大事だというふうに思うんですね。

彦根市議会 2010-03-01 平成22年3月定例会(第3号) 本文

本市には、合併についての市民意思を問う住民投票条例がございます。本素案の考えの中では、基本条例には非常ベルとしての市民投票制度の規定を設けることが必要で、個別に定める方法や常設の方法もあるが、具体的な内容については定めないとして、「市は市政の重要な課題に関する市民意思を直接確認するために、市民投票の制度を設けることができる」とあります。少しあいまいな表現だと思っているわけです。