2146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2020-03-24 令和 2年 3月定例会(第 5号 3月24日)

まず、議案審査の結果でありますが、議案第1号、専決処分事項の承認を求めることについて(令和元年度東近江市一般会計補正予算(第5号))、議案第3号、令和元年度東近江市国民健康保険(事業勘定)特別会計補正予算(第2号)、議案第4号、令和元年度東近江市国民健康保険施設勘定)特別会計補正予算(第1号)、議案第7号、令和2年度東近江市国民健康保険施設勘定)特別会計予算、議案第10号、令和2年度東近江市農業集落排水事業特別会計予算

東近江市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第 3号 3月 6日)

令和2年度介護保険特別会計は、86億6,100万円の予算であります。包括的支援事業の2,524万9,000円のうち、生活支援体制整備事業が1,281万2,000円であり、第2層協議体の生活支援体制普及啓発委託料400万円が計上されています。  そこで、第2層協議体運営の市内での取り組み状況について、お聞かせください。  次に、高齢者の買い物支援について、お伺いいたします。  

東近江市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第 2号 3月 5日)

一般会計予算は昨年と同額の498億円で、平成28年度に次ぐ過去2番目の規模。もちろん、この中には、国から一方的に押しつけられた制度、「幼児教育保育の無償化」「会計年度任用職員」や「GIGAスクール」などの制度の影響があり、増額の要因があるとはいえ、小椋市政2期目は、10年、20年先を見据えた基盤固めの積極型予算が続いていると言えます。  

東近江市議会 2020-02-25 令和 2年 3月定例会(第 1号 2月25日)

(第5号))       議案第 2号 令和元年度東近江市一般会計補正予算(第6号)       議案第 3号 令和元年度東近江市国民健康保険(事業勘定)特別会計補正予              算(第2号)       議案第 4号 令和元年度東近江市国民健康保険施設勘定)特別会計補正予              算(第1号)       議案第 5号 令和2年度東近江市一般会計予算       

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

議案審査の結果でありますが、議案第82号、令和元年度東近江市一般会計補正予算(第4号)は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。  また、議案第83号、令和元年度東近江市介護保険特別会計補正予算(第2号)並びに議案第84号、令和元年度東近江市下水道事業会計補正予算(第1号)の2件は、全委員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。  

守山市議会 2019-12-19 令和元年12月定例月会議(第 4日12月19日)

委員会に付託を受けました案件は、議第67号令和元年度守山市一般会計補正予算(第6号)(分割審議)第1条歳入歳出予算の補正のうち歳入全部、歳出款2総務費、項1のうち目2、目9および目10、款9消防費、第2条債務負担行為の補正、第3条地方債の補正、議第70号守山市事務分掌条例の一部を改正する条例案、議第74号成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴

米原市議会 2019-12-17 令和元年予算常任委員会(第2号12月17日)

(第4号) 議案第61号 令和元年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号) 議案第62号 令和元年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号) 議案第63号 令和元年度米原市水道事業会計補正予算(第3号) 議案第64号 令和元年度米原市下水道事業会計補正予算(第2号)               午前9時26分 開会 ○委員長(今中力松)  先日まで本当に伊吹山にも冠雪があり、冬らしい

米原市議会 2019-12-13 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号12月13日)

事務局参事 池田昌司  事務局書記 川口沙織 9.会議に付した事件 (1)付託案件の審査  ・総務教育常任委員会付託案件 議案第71号 公の施設における指定管理者の指定について(米原市伊吹B&G海洋セン        ター、米原市伊吹第1グラウンド、米原市伊吹第2グラウンドおよび米原        市伊吹テニスコート)  ・予算常任委員会総務教育分科会付託案件 議案第60号 令和元年度米原市一般会計補正予算

東近江市議会 2019-12-12 令和元年12月定例会(第 4号12月12日)

大きく3点目、会計年度任用職員についてお伺いいたします。  平成29年、地方公務員法地方自治法が改定され、令和2年4月から自治体の非正規職に「会計年度任用職員」が導入されることとなり、市ホームページにも令和2年度、会計年度任用職員の募集が出されております。  (1)雇用形態の区分ごとの人員数は。  

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

なお、職員の採用にあたっては、次年度から導入いたします会計年度任用職員や再任用職員、任期付職員などの多様な働き方、任用形態の活用も含めまして、総合的に検討してまいりたいと考えております。また、人づくりを通じた一層の職員の働き方改革を進め、さらなる業務の効率化、スクラップ、そしてICT化の推進によりまして、職場環境を改善し、職員の負担軽減とワーク・ライフ・バランスの実現を図ってまいります。  

東近江市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第 3号12月11日)

健康福祉部長横川雅生) 先ほど議員御指摘のとおり、介護保険会計につきましては、今後の高齢化の中で非常に大きく伸びていくというように思っています。  そうなってきますと、やはりそれまでに病気の重症化の予防、またフレイルの予防、また介護予防等、連携して一体的に対応していくことによりまして、全体的な支出が減らさせていただけると思います。

米原市議会 2019-12-11 令和元年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号12月11日)

(第4号)中、市民部、健康福祉部お        よびこども未来部の所管に属する事項 議案第61号 令和元年度米原市介護保険事業事業特別会計補正予算(第2号) 議案第62号 令和元年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)              午前9時30分 開会 ○分科会長(鹿取和幸)  ただいまの出席委員は全員であります。

米原市議会 2019-12-10 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号12月10日)

この給料表につきましては、令和元年第3回定例会議決をいただきました、会計年度任用職員制度導入に伴う関係条例の整備に関する条例第3条の規定により、館長や参与級の職員に従事している嘱託員は、会計年度任用職員ではなく、特定業務等従事任期付職員へ移行することから、必要となります職務の級及び給料月額を設けるため、給料表を1級から8級までに改正し、各給料月額を定め施行日を令和2年4月1日とさせていただきました

米原市議会 2019-12-09 令和元年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第1号12月 9日)

(第4号)中、経済環境部および土木        部の所管に属する事項 議案第63号 令和元年度米原市水道事業会計補正予算(第3号) 議案第64号 令和元年度米原市下水道事業会計補正予算(第2号)              午前9時29分 開会 ○委員長・分科会長(細野正行)  委員長に就任させていただいて本格的審査は本日からとなります。

東近江市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第 1号11月29日)

市長提出)  第5  議案第103号 質疑  追加日程      議案第103号 委員長報告 (質疑・討論・採決) ----------------------------------- 本日の会議に付した事件  1   諸般の報告  1   会議録署名議員の指名  1   会期の決定  1   議案第82号から議案第104号まで 提案説明 (市長提出)       議案第82号 令和元年度東近江市一般会計補正予算

守山市議会 2019-11-29 令和元年12月定例月会議(第 1日11月29日)

議第63号令和元年度守山市一般会計補正予算(第5号)、議第64号令和元年度守山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議第65号令和元年度守山市介護保険特別会計補正予算(第2号)、議第66号令和元年度守山市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)、議第67号令和元年度守山市一般会計補正予算(第6号)、議第68号令和元年度守山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議第69号令和元年度守山市介護保険特別会計補正予算

米原市議会 2019-11-28 令和元年予算常任委員会(第1号11月28日)

(第4号) 議案第61号 令和元年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第3号) 議案第62号 令和元年度米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号) 議案第63号 令和元年度米原市水道事業会計補正予算(第3号) 議案第64号 令和元年度米原市下水道事業会計補正予算(第2号)               午前10時29分 開会 ○委員長(今中力松)  それでは、ただいまより、予算常任委員会