2294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日予算審査特別委員会−12月17日-01号

        議  長  瀬川 裕海 〇欠席委員   な  し 〇傍聴議員   な  し 〇出席説明員  副市長           山本 芳一         副市長           北中 建道         教育長           川那邊 正         総合政策部長        岡野 則男         総合政策理事(公社担当) 松下 正寿         総合政策部専門理事人権政策担当

草津市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-04号

人権に関する基本問題について、改定作業が行われておりますもとで、次の諸点について質問をさせていただきます。  まず、核兵器の廃絶に関してであります。  戦争のない社会大量破壊兵器核兵器をなくしていくことは、人類の悲願であり、人権擁護からも基本的な問題と捉えて質問を行います。  11月24日、ローマカトリック教会フランシスコ教皇は、非核へのメッセージを長崎市の爆心地公園から発しました。  

草津市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-02号

◎子ども未来部長(田中祥温)  児童育成クラブの運営や支援員のガイドラインの必要性についてでございますが、国が示しております放課後児童育成クラブ運営指針やその解説書が、運営や保育ガイドラインの役割を果たしており、子どもや保護者人権への配慮、個人情報守秘義務の遵守など、事業内容の向上に関することが、事業者が留意すべき事項が定められております。  

草津市議会 2019-11-28 令和 元年11月定例会-11月28日-目次

 乳幼児健診の改善について  …………………………………246  (1)ネット予約の導入について  …………………………246  (2)現状の課題について  …………………………………248  (3)専門職のスキルアップについて  ……………………248  行政組織の見直しについて  …………………………………250  (1)組織の見直しについて  ………………………………250 西川 仁議員  人権問題

草津市議会 2019-11-12 令和 元年11月12日決算審査特別委員会-11月12日-01号

           山本 芳一         副市長           北中 建道         教育長           川那邊 正         監査委員          平井 文雄         総合政策部長        岡野 則男         総合政策理事(公社担当)兼危機管理監                       松下 正寿         総合政策部専門理事(人権政策担当

草津市議会 2019-11-05 令和 元年11月 5日産業建設常任委員会−11月05日-01号

今回の草津市企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正につきましては、成年後見制度の利用の促進に関する法律に基づく措置として、成年被後見人及び被補佐人の人権が尊重され、不当差別されないよう成年被後見人等に係る適格条項の適正化等を図るため、関係法律が整備され、令和元年6月14日に交付されました。  

草津市議会 2019-11-01 令和 元年11月 1日文教厚生常任委員会−11月01日-01号

今回の条例の一部改正につきましては、成年後見制度の利用の促進に関する法律に基づく措置として、成年被後見人及び被保佐人人権が尊重され、不当差別されないよう、成年被後見人等に係る欠格条項の適正化等を図るため、関係法律が整備をされ、令和元年6月の14日に公布をされたところでございます。  

草津市議会 2019-10-16 令和 元年10月定例会−10月16日-目次

76  YMITアリーナの駐車場について  ……………………… 77  (1)駐車場整備について  ………………………………… 77  浜街道沿線の湖岸の自然や文化財を生かしたまちづくりの展開について      …………………………………………………………… 78  (1)文化財景観整備の推進とそれらを生かしたまちづくりについて      …………………………………………………………… 78  人権啓発

彦根市議会 2019-10-04 平成30年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2019-10-04

これまで自治会活動でかかわった人権推進費の中のヒューマンアクター制度という市独自の予算のあり方に疑問がありました。自治会の研修ということで自主的に企画をする内容に市に一つ一つ伺いを立てること、これの相談のためならば直接、市の担当の方に聞けばいいと思っていました。改めてそこにヒューマンアクターという項目で予算をつけること、これは既に終わった同和対策事業を継続させるためではないでしょうか。

彦根市議会 2019-10-03 平成30年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2019-10-03

もう一つは、ページ数125の人権推進費です。この中で、先ほどお聞きした人権推進経費の中でヒューマンアクターというのがあるんですけれども、人数は4人と聞いています。お一人当たりのお渡ししている報酬費とヒューマンアクターさんが行っている仕事の内容などをお聞きしたいと思います。

彦根市議会 2019-10-02 平成30年度決算特別委員会(第1日目) 本文 開催日: 2019-10-02

人権福祉安全の分野におきましては、子どもの医療費助成制度において、市独自の取り組みとしまして、中学校就学前までの入院医療費助成に加えまして、平成30年4月からは、小学校1年生から3年生までの通院医療費を助成対象とすることで、子育て環境の充実を図ったところでございます。  

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

財源不足を補うため、保険料に際限なく転嫁を行うことは、国民健康保険の根幹を自治体みずから放棄するもので、国保、その制度が、国民の生活苦に追い打ちをかけ、人権や人命を脅かすことになってはならないことを申し述べ、決算の認定に反対を表明し、討論を終わります。  以上です。 ○議長(大橋保治) 1番、山本議員

米原市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第4号 9月27日)

教育費の教育センター事業での県人権教育米原研究会補助金がその1つです。令和元年度当初予算では、もともとの20万が18万円に削減されている、これは大いに歓迎すべきだと思うんですが、同会の活動が簡素化されてきたので18万円も実際要らないというのが実際です。しっかりとこれ精査してほしいと思います。もはや10万円程度の補助で十分だと思われます。このように適当と言いづらい、不当とは言いません。

米原市議会 2019-09-17 令和元年決算特別委員会(1日目 9月17日)

人権政策課長(西澤温子)  それでは、人権政策課関係について御説明申し上げます。  主要施策の成果説明書、47ページをお開きください。  男女共同参画事業でございます。事業の実績としましては、(1)女性活躍推進フォーラムを人権教育推進協議会との共催により開催しました。講師に立命館大学の大西祥世先生をお迎えし、御講演をいただきました。