2637件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-18 彦根市議会 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-18 欠員分につきましては、シルバー人材センターの派遣で補っておりまして、勤務している指導員は少ないということがないんですけれども、賃金については執行残が残ったということでございます。  委託料につきましてですけれども、予算編成時には前年どおり13クラブを委託する予定で積算しておりました。 もっと読む
2019-03-13 彦根市議会 平成31年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2019-03-13 ただ、人材に関しまして、どなたが来られるかということに関しては、人事異動ということで、今ここで申し上げることはできませんし、私も知っておりませんけれども、4月からは新しい事務局長を迎えて、新体制でまた病院事業に取り組んでまいりたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2019-03-13 長浜市議会 平成31年 3月13日 予算常任委員会総務教育分科会 1段目の子ども子育て支援事業につきましては、地域の子育て支援事業及び保育士等の人材確保対策を進めるものです。子育て支援事業としましては、幼児保育を実施する施設、対象は1か所ですが、ここへの支援を行っております。また、人材確保対策事業としまして、奨学金返還支援事業と家賃宿舎費用を助成する居住支援事業を実施します。 続いて2段目、児童福祉施設整備支援事業費です。 もっと読む
2019-03-12 彦根市議会 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-12 また、来年度の予算額が減額になっている部分でございますけれども、平成30年度の予算につきましては、当初スタートをするということで、シルバー人材センターでマッチングにかかわる職員の人件費と広報のためのホームページの作成の委託料を上げさせていただいておりました。 もっと読む
2019-03-11 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月11日-04号 児童育成クラブでの現場の声で、支援員の人材不足が課題となっています。求人募集を現在もかけておられる児童育成クラブもあるのですが、新放課後子ども総合プランでは、量の拡充に加え、質の確保なども言われており、人材確保も重要であると考えますが、今後の効果的な人材確保策についてお伺いいたします。 ○議長(奥村次一)  田中子ども家庭部長。 もっと読む
2019-03-11 彦根市議会 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-11 イメージとしましては、市の課長あるいは課長補佐級の人材かと私はイメージしましたけれども、そうした人材をこれから探しにいきますと。公募なり何かをされると思います。その人選をされた上で補強していこうと、そういうスタイルになっているということでございます。 もっと読む
2019-03-08 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月08日-03号 また、確認を行う専門性の高い労働社会保険諸法令全般に精通した職員の人材育成や労務報酬の下限額の設定、条例の不遵守に対する対処など課題があるというふうに考えているところでございます。 ○議長(奥村次一)  奥村議員。 もっと読む
2019-03-06 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月06日-02号 次に、EBPMによるモデル的な取組についてのお尋ねでございますが、EBPMは多くの事業で有効な手法であると認識しており、今年度は総務省の課題解決型自治体データ庁内活用支援事業を利用したデータ活用人材育成研修を実施し、実際の課題を題材にデータを部局横断的に活用して、より建設的な政策立案のための人材育成に取り組んだところでございます。   もっと読む
2019-03-01 彦根市議会 平成31年3月臨時会(第9号) 本文 また、同じく反対の立場から、放課後児童クラブが来年度から全て委託となるが、暫定予算における運営に係る経費が今年度に比べて3,300万円以上上積みされている、予算を上積みするなら、その分を従来の市民団体に投入して、人材確保等を促すこともできたと考えるため反対するという討論がありましたので、申し添えます。   もっと読む
2019-02-28 長浜市議会 平成31年 2月28日 議会運営委員会 それから、鬼頭議員の保育士の確保状況というのも、主要事業の保育士人材確保対策事業のところですけども、これが質疑になるのか、ちょっと気になるところでございます。 ○草野委員長 今、副委員長のほうからは、2点について予算の中に上がっているけれども、一般質問で述べられていることが質疑にならないかということでございますが。  もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-01号 あわせて、保育士の確保が喫緊の課題となっておりますことから、引き続き保育士等の処遇改善を行うとともに、民間保育所等が保育補助者を雇用する経費の一部を負担することにより、保育士の業務負担を軽減し、働きやすい環境整備と保育人材の確保を図ってまいります。   もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-目次 …………………………… 90  (1)SDGsへの取り組みについて  …………………… 90  (2)未来研究所・UDCBK・大学の活用について  … 90  (3)草津川跡地整備について  …………………………… 90 西垣和美議員  地方自治と市民自治について  ………………………………101  (1)分権改革以降の本市の地方自治について  …………101  (2)新しい都市価値の創造のための人材育成 もっと読む
2019-02-22 長浜市議会 平成31年 2月22日 議会活性化検討委員会 ただ、私もこの活性化というのは、今までこういう成果物というか、議長へ報告するという、そういうことが新聞に載ったりということがありますし、当然例えばプレスすると、その内容まで細かくされたときに、そういう形でここから上げたのに、いわゆる議長のほうで、やっぱり当局としゃべると予算のことや人材のことやということで、そのままはちょっと無理やなという形のところと、その逆の問題もちょっとこの委員会では私は考えておかないといかんのかなと もっと読む
2019-02-15 米原市議会 平成31年市統合庁舎建設に関する特別委員会( 2月15日) 現時点で入居の意向を示されている公共的団体としましては、山東の地域福祉センターやシルバー人材センターなどの七つの団体がございます。  次に、スケジュールでございますが、資料2のほうをごらんください。  上段のほうに、統合庁舎の関係を記載させてもらっております。統合庁舎のほうは実施設計を8月をめどに完成する予定で、その後建築工事に着手して、2021年3月の完成を目指しております。 もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第2号) 本文 さらに、人材不足が深刻化してございます介護職につきまして、介護福祉士等の資格取得に向けて研修の受講費用の一部を助成することで市内の介護施設等の介護サービス従事者の人材確保・定着を図ってまいります。  また、老人福祉月間における長寿者のお祝いにつきましては、新たに100歳の方を対象として記念品をお贈りしたいと存じます。   もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第3号) 本文 まず、外部人材活用の考えについてお答えいたします。  2020年度から小学校でも必修化されますプログラミング教育につきましては、具体的な教育活動の計画とともに、指導に当たる教員の知識や技術・技能の向上が求められております。本市におきましても、滋賀県総合教育センター等の研修の活用を図るとともに、議員ご指摘のように、専門的知識や技術を有する外部人材の活用も検討してまいりたいと考えております。   もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第8号) 本文 彦根市の将来を考えたとき、すばらしい人材を育てることこそが彦根市をよくするための遠回りではあるものの確実な手法だと思います。育てる努力を放棄することは、全く論外であると言わざるを得ません。  その上、学校図書費や図書館の蔵書購入費までも削っております。大久保市長に学ぼうとする気持ちへの思いが全くありません。   もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第5号) 本文 ただ、多様な言語を支援していくために適切な人材を確保することは大変厳しいのが現状でございます。 325 ◯議長(安藤 博君) 上杉君。    もっと読む
2019-01-28 長浜市議会 平成31年 1月28日 議会活性化検討委員会 例えば人の人材でできないというんやったら、先ほどもっと後で出てきますけど、議会事務局の機能のとこで議論していただけるように持っていってくれはるとありがたいなと思います。 以上です。 ○伊藤委員長 今、中嶌議員から貴重なご意見頂きましたので、その辺につきましても、今度、今後の議運の中でも一遍議論しながら決めていくような形になろうかと思います。ご意見として賜っていくというふうなことでございます。  もっと読む
2018-12-21 米原市議会 平成30年第4回定例会(第4号 12月21日) この大きな目的は、学びをまちづくりに生かす、地域で活躍するまちづくりリーダーの人材育成です。開校後、現在に至っています。現在の学長は平尾市長、副学長は山本教育長と聞き及んでいます。  このルッチ大学の卒業生たちが集まり、市の主導で山東生涯学習センターの指定管理を受託、放課後児童クラブ管理運営も行ってきた歴史があります。 もっと読む