運営者 Bitlet 姉妹サービス
2781件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 4日12月20日) 4番目、落札したとして人材不足等、鋼材などの不足についての対策はできているのかを質問いたします。 ○議長(藤木 猛) 市長。                 〔市長 宮本和宏 登壇〕 ○市長(宮本和宏) それでは、ただいまの山崎議員のご質問にお答え申し上げます。  まず、今日までの経過でありますが、10月31日に第1回目の公告を行いました。 もっと読む
2018-12-13 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 3日12月13日) 東京に行くのはいいんだけど帰ってこないというところで、若者の人材確保ができていないという県としての悩みがあったところで、静岡の魅力度をアップするために、こういったものを取り組んではどうかなということでの話と、もう一つは、総合計画と併せて総合戦略にもSDGsの視点を取り入れています。   もっと読む
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) 守山市育英奨学金は、昭和57年に笠原町出身の津田鶴治様により、故郷である守山市発展のためには優秀な人材を育成することが必要であるとの思いから、3,000万円のご寄附をいただき、その資金をもとに、市では守山市育英奨学条例により、経済的理由により修学することが困難な方に、学資を貸与し、もって有為な人材を育成することを目的に実施してきたところでございます。   もっと読む
2018-12-10 草津市議会 平成30年12月10日総務常任委員会-12月10日-01号 あと、⑤につきましては、健康あっての仕事でございますので、健幸宣言の取り組みということ、それから⑥につきましては、先ほども申しましたテレワークを初めとする柔軟な勤務時間の検討、それから⑦につきましては、適性な職員配置、⑧番につきましては、多様な採用の検討、⑨につきましては、人材育成の推進というもので、9項目を働き方改革プランという形で取り上げ、こちらに基づき改革を進めているところでございまして、こちらにつきましては もっと読む
2018-12-07 草津市議会 平成30年11月定例会−12月07日-04号 広報のみにとどまった、足を運んで、汗を流して、理解してもらう、そうした努力がなかったということから読み取れるのが一つは、今、草津市人材育成基本方針、これも10年以上前から策定しておられますよね。その中で、目指す職員像というものを示しておられます。 もっと読む
2018-12-05 草津市議会 平成30年11月定例会−12月05日-02号 人材育成や高齢者対応、政策力の向上に向けての研修、これを実施するなど、円滑に受託業務を推進できるよう、地域包括支援センター職員の能力の向上に向けて取り組むべきであると考えます。 もっと読む
2018-11-30 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 1日11月30日) また、人材バンクの登録者数も120名を超える状況でありまして、今後、実施する嘱託・臨時職員の募集や民間への処遇改善策等も併せまして、人材の確保と定着化を図ってまいる所存でございます。   もっと読む
2018-11-19 草津市議会 平成30年11月19日議会運営委員会−11月19日-01号 陳情要望第3号、平成30年10月18日受理「生涯現役社会」を実現するシルバー人材センターの決意と支援の要望で、陳情要望の団体名、代表者名については記載のとおりでございまして、その写しを別冊として配付させていただいております。  以上でございます。 ○棚橋幸男 委員長  ありがとうございます。  ただいま、説明のとおりでございます。この点、質疑等がございましたら。 もっと読む
2018-10-31 草津市議会 平成30年10月31日都市再生特別委員会−10月31日-01号 経験等も豊富な方というところでリクルートしていくという形で、いろんなところにお声かけをさせていただきながら人材を探すということも、あわせてしておるところでございまして、現在、新たな社員の採用というところに取り組んでいるところではございます。   もっと読む
2018-10-02 草津市議会 平成30年 9月定例会−10月02日-05号 最後に4点目は、次代を担う人材の確保についてであります。  平成30年7月から、地域ポイント制度事業のモデル事業が7学区で実施されていますが、当該制度は実験段階であることから、運用方法や活用方法を常に検証しながら、必要に応じて見直しをすることが必要であると考えます。 もっと読む
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 観光DMOについては、最終日の総括質疑で、再度、平成29年8月に専門人材派遣に関する協定書締結以降、この間の取り組みを時系列にし、30年度に日本版DMOを立ち上げるとしていたことについて、基本的方向は変わらないものの、地域の特性や甲賀市に特化した事情により、日本版DMOとは違う甲賀市独自の取り組み、まずは、市内二つの観光協会の機能強化を図ることを第一に地盤固めを行うことになった経緯が報告されました。 もっと読む
2018-09-28 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 4日 9月28日) 限られた人材の有効かつ業務偏重のない働き方という視点からも、創設された地域振興課のあり方は問われると思います。本来、観光振興は商工観光課が所管すべき事業です。また、市民協働課には「わ」で輝く自治会応援報償事業、70自治会に1,687万5,000円を支出していますが、地域振興課のまるごと活性化推進事業として各学区に1,024万9,757円の補助金が創設されました。 もっと読む
2018-09-27 草津市議会 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号 ◆伊吹達郎 委員  人材確保というか、新しいことはやってはるんでね。それは、また別問題と思うんですけど、ただ、やる人が少なくなってきてるという。 ◆中嶋昭雄 委員  構成員が高齢化に。 ◆伊吹達郎 委員  これはもう、同じ人がずっとやってはるんでね。 ○八木良人 委員長  ここは、決して市民会議に向けて、何か、こちらからコメントではないんですね。こうしなさいとかでは、市に対してですよ、ここは。 もっと読む
2018-09-26 草津市議会 平成30年 9月26日決算審査特別委員会−09月26日-01号 また、中間支援組織のさらなる活用により、人材育成の支援に取り組まれたい。  まちづくりセンター管理運営事業につきましてのコメントです。当該施設が従前からボランティア等の活動の場となってきたことは評価すべきであるが、現況の課題に対する把握が不十分である。今後、(仮称)市民総合交流センターへ移設するに当たり、これまで以上に協働のまちづくりの拠点として活用できるよう検討されたい。   もっと読む
2018-09-25 草津市議会 平成30年 9月25日決算審査特別委員会-09月25日-01号 ◆伊吹達郎 委員  道半ばという感じですよね、あとこの三つ目のところで、今後の将来展望というところの中で、人材確保はもちろんなんですけれども、この自立に向けたコミュニティビジネス等の自主財源の確保、これお金もうけを、やっぱりしていくっていうことが条件つきになっていくんでしょうか、その辺、将来の展望ということなんですけれども、これまちづくりで税金でやってますよね。 もっと読む
2018-09-14 草津市議会 平成30年 9月定例会−09月14日-04号 次に、人材育成についてお尋ねをさせていただきます。  女性議員をふやす運動においては、いろんな経緯がございます。 もっと読む
2018-09-13 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 3日 9月13日) 施設整備による受入枠の拡大とともに、保育人材の確保と定着化を図る取組は、とりあえず今後3年間の待機児童対策であり、守山市の就学前幼児に対しての10年後、20年後を見据えた将来ビジョンとは言えないのではないでしょうか。今後は今以上に保育ニーズがどう高まるのかを、その確たる根拠を示すことも必要ではないでしょうか。   もっと読む
2018-09-12 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 2日 9月12日) その中で質の担保が大変重要であるという観点で、先ほど申し上げました人材育成の機能を、今度新設する園のところでお願いできないかと思っているところでございます。   もっと読む
2018-09-12 草津市議会 平成30年 9月定例会-09月12日-02号 振興計画にも高齢化に対応するために、「多様な人材の育成」が上げられていますが、その成果は出ているのか、お聞きします。 ○議長(瀬川裕海)  松下環境経済部長。 ◎環境経済部長(松下正寿)  農業振興計画に掲げております「多様な人材の育成」につきましては、新規就農者と農業後継者の支援を大きな柱としております。   もっと読む
2018-09-11 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−07号 人材バンクの設置や就職フェアへの参加、施設見学ツアーの実施や保育士等の養成大学への訪問のほか、私立園に就労する保育士等に対する就職一時金の給付や家賃補助、さらには保育士の業務負担の軽減のための保育支援員の配置やインターンシップ生の受け入れ等を行っているところではありますが、依然として保育人材の確保は厳しい状況であります。  次に、無償化実施に向けての課題と取り組みについてであります。   もっと読む