運営者 Bitlet 姉妹サービス
1041件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 草津市議会 平成30年11月定例会−12月05日-02号 火災や風水害、交通事故など、私たちの暮らし、安心を脅かすさまざまな現状があると、地域社会の安全・安心を確かなものとしていくため、市民一人一人が危機管理に対しての意識と知識を持って地域社会における人と人のつながりを強めていくことが大切であるというふうにこの総合計画、第5次のほうにも書いてございます。  その中で、関連もしながら一般質問に入らせていただきます。   もっと読む
2018-09-27 草津市議会 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号 ◆山元宏和 委員  検討していただけたら、ありがたいんですけれども、今聞いてますと高齢者の方々が交通事故等々で、判断ミスで事故が起こったり、全国であちこちとあるんですけど、中には免許証返納者には100円券かいただけて、それを財布の中に入れてたら期限が切れてて使えなかったということもおっしゃってまして、できたら、一生涯使えるようなパスだったらいいのになとかいうようなこともあります。 もっと読む
2018-09-12 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 2日 9月12日) まず初めに、今井議員をはじめ議員の皆様、また自治会や関係団体の皆様には、日頃より子どもや高齢者の見守り活動を通じて交通事故の抑制にご尽力を賜っておりますことに感謝を申し上げます。ありがとうございます。   もっと読む
2018-09-11 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−07号 先日、近隣にお住まいの方から、新学期の前後に3回続けて自転車の中学生が交通事故に遭ったと聞きました。  そこで、一つ目の質問でございます。  その事故の日時、あるいは事故に遭った生徒の学年、被害、けがの状況について確認をいたします。  二つ目は、それぞれの事故、細かな原因の違いはあるでしょうが、主たる事故要因をどのように認識しているか、見解をお尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-07 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月07日−05号 通学路の交通事故であれば、当然、警察の関係の人の事項であり、加害者の責任です。また、大きな穴があいとって、社会人が、我々一般の社会人が大きな穴があいとって、子どもたちがそこを通るのは危ないなあと思うとったら、何もしなかった社会人の責任です。 もっと読む
2018-08-27 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-08月27日−01号 また、4項 雑入は、1目 一般被保険者第三者納付金で、交通事故等に係る保険者負担からの納付金であります。  次に、歳出の御説明を申し上げます。  26ページ、27ページをごらんください。  1款 総務費5,317万8,957円のうち、1項 総務管理費、1目 一般管理費4,053万3,797円は、保険証の印刷・郵送、レセプト点検手数料などの経常経費であります。   もっと読む
2018-06-18 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−05号 6番目にお聞きいたしますのは、交通事故のことでございます。  甲賀市のコミバスの事故情報というのは、幸いなことに私は耳にしておりませんけれども、市内には毎日38台のコミバスが運行しておりまして、1日に200キロから250キロも走る、走行する車両もあると伺っております。 もっと読む
2018-06-15 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月15日−04号 3番目、最近、児童生徒を巻き込んだ交通事故が全国で多発していますが、教育現場での登校・下校時の安全対策はどのようにされていますか、お伺いします。  全国では、青信号で横断歩道を横断中の児童に信号無視の車がぶつかるという事故が発生しています。いずれも、子どもたちは交通ルールを守っている中での事故と聞いています。   もっと読む
2018-06-14 草津市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-03号 ◎教育部長(中瀬悟嗣)  一応学校管理下と申しますのは、基本的に学校敷地内で授業中に起こったというふうなことを指しておりますが、今御指摘いただきました登下校時につきましては、ちょっとなかなか境界が難しいところがございますが、いわゆる交通事故等に通学途上で合われた場合については、いわゆるスポーツ振興センター等の保険対象になってございます。 もっと読む
2018-06-14 守山市議会 平成30年第2回定例会(第 3日 6月14日) まず初めに、新野議員をはじめ議員の皆様、また自治会や関係団体の皆様には、日頃より子どもや高齢者の見守り活動を通じてまして、交通安全の推進、また交通事故の抑制につきまして、ご尽力を賜っておりますことを感謝申し上げる次第でございます。ありがとうございます。   もっと読む
2018-03-23 守山市議会 平成30年第1回定例会(第 4日 3月23日) 特に、本市および周辺の企業活動と市民の生活の安全性におきましては、周辺幹線道路や栗東インターからのアクセス道路の急激な交通量の増加による交通渋滞や交通事故が大いに懸念をされます。  こうした市民生活への影響、市民の不安を取り除くための第一歩として、栗東市からの十分な情報提供と課題の共有化が重要であります。 もっと読む
2018-03-20 長浜市議会 平成30年 3月20日 予算常任委員会健康福祉分科会 第三者納付金は、交通事故などで医療を受けることになって福祉医療金を使用した場合に、加害者から支払われた費用を福祉医療に返還してもらうものです。あと、福祉医療費の返還金は、福祉医療の資格を失ったにもかかわらず、受給権を使用して医療を受けたときに支払われた福祉医療費を返還してもらうものです。それぞれ前年度実績をもとに計上しており、昨年度と変わっておりません。 以上でございます。失礼いたしました。 もっと読む
2018-03-15 草津市議会 平成30年 3月15日産業建設常任委員会-03月15日-01号 やっぱり地域の声がある程度反映されて、ここまで道路整備を行政がやってくれたから、それなら我々もきばって、維持管理しながら気持ちようそのエリアで暮らしていこうかと、子どもや交通事故とか、道路に関しては、人間でいった血管みたいなもんやから、健康な状態を我々も維持していって、人間ってボランティアだけで動けない。 もっと読む
2018-03-09 甲賀市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月09日−06号 昨今、高齢者の交通事故が多発していることから、免許証を返納する高齢者がふえていることに伴い、通院、買い物など、高齢者の生活の足としてのコミュニティバスの役割は、ますます大きくなっています。昨年の10月からコミタクが走るようになるなど、市民にとって利用しやすくなっているものの、バスの利便性の向上を求める声は、常に市民から寄せられていることから、3点にわたってお伺いをいたします。   もっと読む
2018-03-09 草津市議会 平成30年 2月定例会−03月09日-03号 そこで、救急車の出動におきましても、いろんな事態があると思いますが、例えば交通事故、仕事上におけるけが、スポーツ等何らかの活動によるもの、そして最も多いのではないかと思います高齢化等に伴う病状悪化等が考えられますが、現実、市内においてどのような事態による出動があるのか、また、それぞれの件数について教えていただきたいと思います。 ○議長(瀬川裕海)  河邊危機管理監。 もっと読む
2018-03-08 甲賀市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月08日−05号 2020年までに交通事故の発生を減少させるとしていますが、具体的にどのように進めようとしているのか、甲賀市の認識についてお伺いします。  高齢者による自動車運転の事故の増加が問題になってきています。単独の事故や出会い頭の衝突が多く、事故の原因となるのがアクセルとブレーキの踏み間違いやハンドル操作の誤りなど、身体機能の低下があります。 もっと読む
2018-03-07 守山市議会 平成30年第1回定例会(第 3日 3月 7日) さらに中学校では、保健体育の授業においても、交通事故が発生する要因や危険を予測し、回避する方法などの学習を進めております。また、命の大切さとともに、交通事故による賠償問題の深刻化についても学習を進め、自転車損害賠償保険などへの加入の必要性についても理解を図っております。  しかしながら、中学校の自転車走行マナーは決して十分であるとは言えず、地域の皆様にもご迷惑をおかけする場面もございます。 もっと読む
2018-03-05 湖南市議会 平成30年  3月 定例会-03月05日−03号 先日、下田でも高齢者の方の交通事故がありました。小学生の通学の時間帯でしたが、通学路と川を隔てた道での単身事故でした。幸い、運転していた方も無事でしたが、一歩間違えれば大きな事故となっていました。私にも高齢の両親が健在で運転していますので、人ごとではなく、日々、無事故を祈るばかりです。  そういう点では、免許証返納を進める必要があります。 もっと読む
2018-03-01 甲賀市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−02号 警察庁の調査では、区域内の交通事故が整備前に比べて2割減少したという報告が出ています。  そもそも、このゾーン30は、2006年9月に、埼玉県川口市の生活道路で車が保育園児らの列に突っ込み、21人が死傷した事故をきっかけに導入されたものであります。  警察庁と国土交通省が連携して、2011年からゾーン30の整備を開始して以来、昨年の3月末時点で、全国3,105カ所に上っています。 もっと読む
2018-02-27 栗東市議会 平成30年 3月定例会(第1日 2月27日) 交通安全施策につきましては、悲惨な交通事故を未然に防ぐため、今後もあらゆる機会を通じて、市民の交通安全意識の高揚を図るとともに、関係機関、団体と連携しながら、交通マナーの向上につなげる効果的な交通安全教育を推進します。   もっと読む