885件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

幸いにも何事も起こらず、ほっと胸をなでおろしたところではございますが、国内では、連日のように、歩行者を巻き込む交通事故や一般住民が巻き添えとなる傷害・殺人事件等の発生が報じられており、改めて市民の安全・安心を確保することの重要性と難しさを痛感したところでございます。  また、同日、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市では最大震度6強を記録しました。  

東近江市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第 3号 6月14日)

交通事故で亡くなられた方、無差別殺人の犠牲になられた方々にお悔やみを申し上げます。  さて、今回取り上げたのは、大津市での保育園児死傷事故であります。事故概要は、御承知のとおりです。  当市においても、小・中学生の通学路については、「通学路合同点検」として、市長・教育長・警察署長・土木事務所長・関係職員等で5月16日に実施されました。そのときの小椋市長のコメントを紹介いたします。  

東近江市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第 2日 6月13日)

愛東地区では、17年前に小学1年生の児童が2人、通学途中に交通事故で亡くなるということがあり、「二度と犠牲者を出さない」「子どもたちを地域で守ろう」と、見守り隊などの取り組みがされてきました。  そして、大津市で事故があり、今回の出来事になりました。  

東近江市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第 1号 5月31日)

この協定は、近江鉄道八日市駅前交差点から東近江警察署交差点までの県道約1.3キロを「横断歩道利用者ファースト運動」のモデル路線に指定する県下初の取り組みでありまして、今後、横断歩道における歩行者の安全確保と交通事故防止を図る事業を連携して実施していく予定をいたしております。  

守山市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第 3日 3月13日)

併せて、過去3年間の交通量と野洲川橋を挟んだ両側の交差点の交通事故件数についてもお伺いをいたします。よろしくお願いします。 ○議長(藤木 猛) 副市長。                〔副市長 川那辺守雄 登壇〕 ○副市長(川那辺守雄) 筈井議員のご質問にお答えさせていただきたいと思います。  

草津市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-04号

だから、この交通渋滞をまずは何とか解決したら、バス利用の促進が考えられて、いわゆる交通事故も減りますし、自転車盗も減っていくというふうにプラスに転じるん違いますかという立命の学生たちの発表でございました。ちょっと参考に御紹介させていただきました。  あと、南草津の開設時及び新快速停車開始時と現在の利用客数、人口の変化などについてお聞かせをください。お願いします。

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

高齢者を支えるのに、例えば、今、交通事故でお年寄りが亡くなられることが多いと。高速道路を逆走したりとか、いろんな問題が起こっていく中で免許証の返納ということもあります。  免許証を返納すると、じゃあどうやって移動したらいいのやということになってきますので、こうなると公共交通機関を充実させてあげなければならない。その一つとして、まめバスがあります。

米原市議会 2019-03-07 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号 3月 7日)

○学校教育課長(一ノ宮賢了)  通学路のマップにつきましては、交通事故、それから不審者もあわせて、やはり非常に有効であると考えています。作成に当たっても子供たち、それからスクールガードの視点とかいうふうなことも必要かと思いますので、年々更新をしていく。そして、掲示するなり、みんながいつも目の届くところで確認ができるようにということで、指示をしていきたいと思っております。

栗東市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

全国各地で児童生徒が登下校中に死傷するという、いたたまれない交通事故が跡を絶ちません。そんなことを受けて、本市では、幼児、児童、生徒、高齢者等交通弱者の安全確保の中で、とりわけ栗東市通学路等交通安全プログラムに基づいた中で、子どもたちの通学路の安全確保にもご尽力をいただいています。その中で、毎年、学校(PTA)、自治会等が主体となり、通学路の安全点検を実施していただいています。

米原市議会 2019-03-06 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 3月 6日)

当事業では、市内での交通事故の減少を目指して、交通安全関係団体と連携して、高齢者訪問、交通安全教室や街頭啓発等による交通安全運動を実施します。主な経費としましては、交通指導員の報酬、交通安全関係団体への補助金や負担金を計上しております。  続きまして、下段をごらんください。  防犯対策事業、予算額1,120万9,000円です。

栗東市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第1日 2月26日)

交通安全施策については、本市の交通事故の平成29年から30年の比較では、人身事故の発生件数や負傷者数は着実に減少していますが、今後ともあらゆる機会を通じて市民の交通安全意識の高揚を図るとともに、関係機関、団体と連携しながら交通マナーの向上につながる効果的な交通安全教育を推進します。

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第5号) 本文

「警察などと普段から情報を共有し、能動的に交通事故に関する情報を把握し、積極的に交通安全対策・交通事故防止への取り組みを行っていくべき」との私の質問に対しまして、「今後は交通事故の発生状況や事故原因に関する詳細な情報について、警察と情報共有するなど、さらに緊密な連携を図り、積極的な対策に努める」とご答弁をいただいております。

彦根市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第28号) 本文

757 ◯都市建設部長(藤原 弘君) 議員ご指摘のとおり、高齢者人口の増大や交通事故件数における高齢者の関係する事故割合の増加などを背景に、近年、市民の皆さんの公共交通に対する関心が高まっており、本市としましても、公共交通網のさらなる充実に向け、湖東圏域地域公共交通網形成計画の中で機能強化を図るものとしたところです。  

彦根市議会 2018-11-01 平成30年11月臨時会(第25号) 本文

例えば、誰かが交通事故を起こし、被害者に重傷を負わせ、刑事事件になったとします。過去の一つの事案に対して、こういう事故が起きて、どういう処分をするか、どういう損害を賠償させるかというのが重要であるのに、「二度とこういう交通事故は起こしません。今後は十分注意いたします」と言っても、既に起きた事故が消えてなくなるわけではありません。

草津市議会 2018-09-27 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号

◆山元宏和 委員  検討していただけたら、ありがたいんですけれども、今聞いてますと高齢者の方々が交通事故等々で、判断ミスで事故が起こったり、全国であちこちとあるんですけど、中には免許証返納者には100円券かいただけて、それを財布の中に入れてたら期限が切れてて使えなかったということもおっしゃってまして、できたら、一生涯使えるようなパスだったらいいのになとかいうようなこともあります。

東近江市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例会(第 4号 9月13日)

自転車利用者の交通ルール無視やマナーの悪さから、歩行者にけがを負わせる交通事故が後を絶ちません。  自転車が関係する事故は、全国的には、この10年で半減していますが、歩行者との接触事故は1割程度の減少にとどまっています。  東近江市内での自転車が事故の主な原因(加害者)として発生した件数は、昨年は8件ですが、本年8月末現在で、既に昨年を上回る10件の事故が発生しています。  

米原市議会 2018-09-13 平成30年決算特別委員会(2日目 9月13日)

○総務課長補佐(森川誠)  交通安全の交通事故を防いで、安全意識を高めるための対策ということについてなんですけれども、職員に対しての交通安全研修ということをさせていただいてます。  また事故のあった職員については、そういった研修には必ず参加していただくということを義務づけてますし、また事故があったときには各所属長から会員に対しての注意喚起等もしていただくようなことで進めている状況です。