運営者 Bitlet 姉妹サービス
4301件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 4日12月20日) 私も全国的に入札が不調になっている現状があるということは存じ上げておりまして、国土交通省が公共事業の円滑な施工確保対策ということで、概要版としてこういった資料が出ています。                     もっと読む
2018-12-13 草津市議会 平成30年12月13日予算審査特別委員会−12月13日-01号         税務課長          青木 敏高         まちづくり協働課長     角  一朗         生活安心課長        冨田 洋幸         農林水産課長        岡田 芳治         長寿いきがい課長      松永 祐子         介護保険課長        久泉 和久         保険年金課長        田中  歩         交通政策課長 もっと読む
2018-12-13 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 3日12月13日) また、多くの来場者に対する受入の整備について、特に交通アクセスの整備や宿泊施設の確保など今後、民間企業とどういった連携を図っていくのか、その計画などについて、お伺いをいたします。  次に、大会を運営するにあたって、今後の準備に備えての組織体制、特に職員の体制につきましてはどのような組織づくりをお考えなのか、また議会のかかわり方について、どうお考えなのか。 もっと読む
2018-12-12 草津市議会 平成30年12月12日都市再生特別委員会−12月12日-01号 ◎田中 草津川跡地整備課長  今、遠藤委員がおっしゃるように、国土交通省の道路構造令の部分で申しますと、一万台未満であれば、ラウンドアバウトでの構造という部分が示されてる部分でございます。  また、日1万台以上につきましても、時間当たりのピーク量等を判断した中での採用の部分に関しましても記載がございます。   もっと読む
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) 本市の公共交通は、市域の南側にJR守山駅があり、これを起点に二次交通としてのバス事業者・タクシー事業者それぞれ2社が営業されておりまして、ある一定の利便性は確保されていることから、既存バス路線の維持・充実を基本に、これを補完するデマンド乗合タクシーもーりーカーの運行によりまして、地域交通の充実に取り組んできたところでございます。   もっと読む
2018-12-10 草津市議会 平成30年12月10日総務常任委員会-12月10日-01号 屋根鉄骨材につきましては、施工計画に基づき、北海道にございます製作工場で加工に取りかかっていたものでございますが、製品の出荷直前である9月6日に北海道胆振東部地震が発生しまして、その影響で工場や工場周辺が停電、また、交通網の混乱によりまして運搬車両が減少したことなどから、製品の現場納入がおくれ、当初の計画工程におくれが生じたところでございます。   もっと読む
2018-12-07 草津市議会 平成30年11月定例会−12月07日-04号 そのためにもしっかりとまずは職員の研修が大事だと思うんですけども、過去にいわゆる滋賀県内にはJIAMと言われる研修センターが地の利があって便利なんですが、過去に多文化共生の研修で一人だけ職員さんがお受けになられましたが、聞いておりますと、やはり滋賀県は地の利があるので、地元にあって交通費もかからないので、多くの市の職員さんが参加していて、草津市がなかなか来ていないということですので、そういった職員の もっと読む
2018-12-06 草津市議会 平成30年11月定例会−12月06日-03号 このような社会情勢を踏まえまして、道路の将来交通量等を精査し、真に必要な道路を選択して整備する必要があると考えているところでございます。 ○議長(奥村次一)  山田議員。 ◆4番(山田智子)  では次に、市道の大型ダンプが1年ほど前からよく走っているのを見かけました。中には二、三台並んで隊列を組んだような感じで走行していました。   もっと読む
2018-12-05 草津市議会 平成30年11月定例会−12月05日-02号 本市におきましては、行政・経済・文化・交通等の都市機能が集中立地しております草津駅周辺におきまして、将来の人口減少、少子高齢化の背景のもと、コンパクトシティへの都市再構築を見据えた都市機能の新設や再配置とともに、商業を中心とした民間経済活動の活性化としております。   もっと読む
2018-11-29 草津市議会 平成30年11月29日都市再生特別委員会−11月29日-01号 県道六地蔵草津線との交差点につきましては、滋賀県と公安委員会との協議の結果、重大事故の発生が抑制でき、かつ災害等による長期の停電でも安全に交通処理が可能となるラウンドアバウト方式の交差点として計画いたしました。   もっと読む
2018-10-02 草津市議会 平成30年 9月定例会−10月02日-05号 2点目として、施策評価7番、公共交通ネットワークの充実において、自転車駐輪場整備においては、市民が利用しやすい環境整備を進められたい。  また、まめバスなどの生活交通の確保においては、持続可能な地域公共交通ネットワークを実現するためのマネジメントを行っていくべきであるという意見をまとめました。   もっと読む
2018-10-02 栗東市議会 平成30年 9月定例会(第4日10月 2日) また、交通安全啓発事業について、委員より、価格上昇により補正を組んだという説明だが、看板1枚の単価は。また、看板も消耗品として計上すべきものなのか。との質疑に対し、当局より、交付枚数については、平成27年度が54枚、平成28年度が68枚、平成29年度が69枚と徐々に増えている状況である。 もっと読む
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 建設部所管では、市道の維持管理補修が地域の要望に応えられているか、消えた白線など交通安全対策としても拡充を求める意見が相次ぎました。また、公園管理、コミュニティバスやコミタクの実績を踏まえて改善要望が多く出されました。  道路占用料や市営住宅使用料の滞納、民間賃貸住宅補助、ICOCAカードの活用、信楽高原鐵道、JRの手数料収入についても質疑がありました。   もっと読む
2018-09-28 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 4日 9月28日) 市民が望む税金の使い方という点では、公共交通の充実、コミュニティバスの導入、ここにこそ、もっと力を入れて推進していただきたい。多くの市民の願いです。 もっと読む
2018-09-28 草津市議会 平成30年 9月28日決算審査特別委員会−09月28日-01号 公共交通ネットワークの充実について。  公共交通対策事業についてのコメントです。まめバス運行については今後も利用者数の増加が続くよう、路線の乗り継ぎサービスなど、利用者ニーズに合わせた取り組みをさらに進められたい。また、高齢者の運転免許証の自主返納への支援となるようなまめバスの利用を検討されたい。  草津駅西口第二自転車駐車場運営事業です。   もっと読む
2018-09-27 草津市議会 平成30年 9月27日決算審査特別委員会-09月27日-01号 ◎高岡 交通政策課長  大津湖南エリアのバスの社会実験の負担金でございますけれども、県と大津市、草津市のほうでそれぞれ負担をして、バスの社会実験を行われたものでございます。主体は大津湖南エリアの地域公共交通活性化協議会という大津湖南エリアの副委員長御指摘の計画を定めているところで、事務局は滋賀県交通政策課がもっております。   もっと読む
2018-09-25 草津市議会 平成30年 9月25日決算審査特別委員会-09月25日-01号 ◎奥谷 広報課長  やはりどうしても、こちらからお願いした分につきましては交通費等、お支払いをさせていただいたりとか、音響の施設、整備が必要な場合には音響の費用等を持たせていただいております。 ○八木良人 委員長  西田委員。 ◆西田剛 委員  今、御答弁でも言われたように、平生からいかに、その人たちが、その意識を持って草津を発信してもらえるか。 もっと読む
2018-09-21 草津市議会 平成30年 9月21日予算審査特別委員会−09月21日-01号         障害福祉課長        黒川 克彦         地域保健課長        太田 一郎         長寿いきがい課長      松永 祐子         介護保険課長        久泉 和久         保険年金課長        田中  歩         幼児課長          岸本  久         幼児施設課長        宮嶋 茂生         交通政策課長 もっと読む
2018-09-14 草津市議会 平成30年 9月定例会−09月14日-04号 ◎教育部長(竹村徹)  当該地につきましては、給食センター整備用地としての法令等の制限、周辺の交通利便性、インフラの整備状況、近隣環境への影響の度合いなどを総合的に勘案いたしまして選定したところでございます。   もっと読む
2018-09-13 守山市議会 平成30年第4回定例会(第 3日 9月13日) 国でも、国土交通省でタイムライン策定・活用指針を示しており、早急に検討すべきであるとの質問でありました。 もっと読む