3616件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会−06月28日-05号

また、本市の文化財は各地に点在していることから、少し離れた文化財にも行ってみたいと思えるような文化財の魅力向上や交通アクセスの工夫等が必要であると考えます。  従来のヘルスツーリズム等を参考に、企業や学校、地域と連携しながらアイデアに富んだ文化財に親しむツアーの企画等を検討する必要があると考えます。  

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

議会運営委員会の閉会中の継続調査の件 本日の会議に付した事件  1   諸般の報告  1   会議録署名議員の指名  1   委員長報告(質疑・討論・採決)       議案第33号から議案第39号及び議案第43号並びに意見書案第2号及び意       見書案第3号  1   意見書案第4号 提案説明 (総務常任委員会委員長提出)(質疑・討論・採      決)       意見書案第4号 園児の交通安全確保

草津市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日総務常任委員会−06月21日-01号

また、工事車両の進入時に交通誘導員を配置し、安全管理に努めます。  次に、工事期間でございますけれども、騒音や振動を伴う工事につきましては、夏休み期間を中心とした工事を進め、武道館の大規模改造工事、外壁の改修工事につきましては、本年12月の完成を目指し、配膳室の増築工事につきましては、令和2年1月上旬まで工期を見込んでおります。  

草津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-03号

◎建設部技監(東隆司)  交通環境の充実につきましては、昨年10月に策定いたしました草津市地域公共交通網形成計画に基づき、都市機能誘導区域と市内の生活・交通拠点を持続可能な公共交通網で結ぶとともに、各集落から生活拠点までの移動手段を支線交通・補完交通として確保することで、公共交通ネットワークの形成を推進してまいりたいと考えております。  

草津市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会-06月18日-02号

◎建設部技監(東隆司)  市道草津川跡地下笠線における大型車両の交通規制につきましては、滋賀県公安委員会が所管されており、その窓口は草津警察署交通課となっておりますことから、規制について要望しましたところ、「大型車両の通行禁止規制を設けることにより、周辺地域の生活道路を大型車両が通行する可能性が考えられ、地域住民の交通環境が脅かされる懸念があるますことから、大型車両の通行禁止規制を設けることは困難であります

東近江市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第 4号 6月17日)

八日市駅前にある未利用地に物産販売、観光案内、情報発信機能等の拠点施設を八日市駅前広場と一体的に整備し、商業・交通結節点として来街者の利便性向上を図るための事業、過去、私が勝手に「ここひが」と命名いたしましたが、あれから実施主体は東近江市(まちづくり公社)と民間事業者となっていますが、以前の私の質問以降の進展をお教えください。  民間事業者は決まりましたか。アンテナショップの予定は。

東近江市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第 3号 6月14日)

また、7月の七夕啓発をはじめまして、夏、秋、年末等の交通安全運動での街頭啓発におきまして、ドライバーに横断歩道利用者ファーストを呼びかけるとともに、高齢者・学校等での交通安全教室にても趣旨の啓発を行う予定をしております。  また、警察においても、交通取り締まりの強化をされているところでございます。 ○議長(大橋保治) 答弁は終わりました。  西村純次議員。

東近江市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第 2日 6月13日)

○23番(田郷 正議員) 公共交通会議でも、そういう意見がたくさん出ていますよね。交通空白地をなくすこととか、やっぱりフルデマンドで、利用者の大半が高齢者であり、そういう部分への手当てが必要やというふうな意見も出ているんですけれども、公共交通会議に、ほんまにふだん利用している人の声が反映できる体制になっていないと思うんですよ。  

草津市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会−06月07日-目次

について      …………………………………………………………… 20  (2)地域包括ケアシステムの深化、推進のための体制の見直しについて      …………………………………………………………… 21  (3)高齢者虐待や権利擁護のケース対応について  …… 22  (4)医療福祉を考える会議における市の姿勢、スタンスについて      …………………………………………………………… 24  交通事故

東近江市議会 2019-05-31 令和元年 6月定例会(第 1号 5月31日)

この協定は、近江鉄道八日市駅前交差点から東近江警察署交差点までの県道約1.3キロを「横断歩道利用者ファースト運動」のモデル路線に指定する県下初の取り組みでありまして、今後、横断歩道における歩行者の安全確保と交通事故防止を図る事業を連携して実施していく予定をいたしております。  

草津市議会 2019-04-23 平成31年 4月23日産業建設常任委員会-04月23日-01号

交通安全施設整備工事。こちらにつきましては、主にカーブミラーでありますとか、その他付帯工事、こちらを新設及び補修等実施しておるものでございまして、そちらの件数、予算等を記載しております。  ⑤番でございます。道路パトロール業務でございますが、毎日1班、それと週3日は2班体制ということで実施をしております。こちらの費用と対応件数、パトロール日当たりの距離でございます。

守山市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第 4日 3月26日)

本来、子育て支援策や高齢者施策、公共交通施策など、暮らしにかかわる施策が充実していることが住みやすい町の条件です。その魅力を実感して、子育て世代が移り住み、子どもを数多く産み育て、人口が増加する。このような形が本来の健全なまちづくりの姿ではないでしょうか。  しかし、守山市の場合、マンションや戸建て住宅の建設を誘導することによる人口の増加。

東近江市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第 5号 3月25日)

市民環境部に関しまして、生活交通路線維持費補助金について、毎年約300万円程度の増加をしているのはなぜかとの質問があり、担当者から、近畿運輸局の指導により、平成28年度以降補助対象経費の算出方法が変更されたためです。激変緩和のため、5年間で本来の補助金額約7,000万円まで段階的に引き上げられますとの答弁がありました。  

栗東市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5日 3月25日)

との質疑に対し、当局より、北中小路地先、十里地先における開発に伴う交通影響調査及び効果額を算出し、所管課において、地元、周辺自治会、近隣市との調整をさせていただいている。現在の規模でいくのか、縮小または拡大するのかという点については、未定なところが多々あり、構想(素案)においてはそこまで明確に記載するべきではないと考えている。

草津市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算審査特別委員会−03月20日-01号

高岡交通政策課長。 ◎高岡 交通政策課長  コミュニティバス運行費の減額につきましては、今年度より予定しておりました草津駅医大線の増便の関係の減額でございます。予定といたしましては、2便の増便をできるだけ速やかにということでございましたが、事業者と調整の結果、下半期に1便だけの増便ということになりましたので、この額を減額させていただいたということになっております。 ○遠藤覚 委員長  西垣委員。

草津市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算審査特別委員会−03月19日-01号

◎高岡 交通政策課長  名称といたしましては、南草津駅周辺交通対策ワーキング部会ということで、これは滋賀県の交通戦略課と、私どもの政策課のほうで検討を進めているものでございまして、具体的には今想定しておりますのは、滋賀県の道路課とか、都市計画課、あるいは草津市の道路課や都市再生課、あるいは南部土木事務所、草津警察署、国道事務所、あるいはバス等の交通関係者、それから大学や企業の皆様や地元というようなメンバー

草津市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

そして、事業としましては、あと、それに伴う消耗品とか通信費を見ておりまして、あと、行旅人と一般的に言われてるんですけども、そういう方に対して、京都方面あるいは米原方面とかに行かれる方につきまして、交通費等も対応しているところでございます。 ○遠藤覚 委員長  行旅人っていうのは何かっていうことを、ちょっと御説明いただいたほうがわかりやすいかなと思います。  答弁求めます。  井上課長。

彦根市議会 2019-03-15 平成31年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-03-15

その中では、豊かな自然がある、交通環境がいい、買い物にいい、また、受け継がれてきた歴史がある、三つの大学がある、働く場所がある、そうしたいいところがあるという話もありました。また、市民アンケートの調査では、順番にいきますと、災害の少なさが一番です。あと、次に居心地のよさ、3番目に歴史が挙がってきます。4番目が自然ということで、市民アンケートの中でもいろいろな魅力というのが出てきました。