2514件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-10-04 平成30年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2019-10-04

本人さんが入浴をされるときに、その日の体調を確認していただいてから入浴をしていただくことになるんですけれども、利用者さんにつきましては、本人さんが上手に意思が伝えられないという方もおられますので、ご家族さんがその辺を仲介していただきまして、それを伝えていただくということでありまして、また、万が一入浴中に事故でもありますと大変ですので、いていただくようにお願いしているところでございます。

彦根市議会 2019-10-03 平成30年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2019-10-03

ただ、6月の定例会におきましてもお話しさせていただきましたように、この交差点は大変危ない交差点で、事故も多く発生しております。先ごろも本当に事故がもう少しで起こるような状況もございましたので、速やかに事業が進むように引き続きお願いいたしたいと思います。  以上です。

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

次に、議案第73号については、交通災害共済自転車事故にも対応し、わずかな掛金で安心の制度であり、なくなるのは残念である。共済事業を引き継ぐ構成市町はなかったのかとの質問があり、担当者から、既に2年前に新規受け付けはしないと規約変更をしており、共済事業を引き継いで行う市町はありませんでしたとの答弁がありました。  

東近江市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第 4号 9月13日)

○9番(吉坂 豊議員) じゃあ、事故のないように、くれぐれもよろしくお願いしたいと思います。  令和元年9月議会一般質問を締めくくる答弁を市長にお聞きしたいと思います。  先日、ある全国紙の朝刊コラムに、次のような趣旨のことが掲載されていました。豪雨対策は事前にしておく方がよい。後に復興する対策が軽くに済み、費用も安価だから。では、事故前に対策がなされないのは、なぜか。

東近江市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第 3号 9月12日)

今日までの経過は、県道の整備が完了し、長峰自治会内の通過交通量の増加による交通事故への不安や県道と市道の高低差が約20メートルあり、縦断勾配が課題となりましたが、詳細設計が完了し、現在は、宮川町と道路排水の関係を協議中、事業の補助メニューを検討中と聞いておりますが、事業の進捗状況、今後の進め方についてお伺いいたします。  

東近江市議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会(第 2号 9月11日)

2019年4月の池袋暴走事故など、高齢ドライバーによる痛ましい事故が相次ぎ、大きなニュースになっています。  人口の高齢化に伴い、運転免許証を保有する75歳以上の高齢者は今後も増加し続けます。  一方で、自動車優先のインフラ整備が行われ、鉄道バスタクシーなど地域公共交通は路線廃止や縮小が続き、衰退させられ、とりわけ人口減少が進む地方で顕著にあらわれています。  

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第20号) 本文

本市では、彦根市災害対策本部条例、また、彦根市災害対策本部規程および彦根市地域防災計画の定めによりまして、先ほど来おっしゃっていますように、自然災害事故災害、または原子力災害が発生した際には、段階的に災害警戒本部体制、災害対策本部体制をとるということとしておりまして、それぞれの段階で警戒1号体制、警戒2号体制、災対第1配備、災対第2配備、災対第3配備といった動員を行うこととしているところでございます

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第18号) 本文

公用車等による交通事故の状況について。  今期定例会の議案にも1件上がっておりますが、公用車による交通事故等の報告が定例会のたびにございます。再三にわたり議会から公用車の事故に対し指摘をさせていただきましたが、一向になくならない公用車の事故に関しまして、私ども公政会といたしましても大変遺憾に感じております。  

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

次に、議案第39号については、委員から、同様な事故が起こらないための対策はとの質問があり、担当者から、市といたしましては、計画的に公共汚水ますの点検を行っており、ふぐあいを発見した場合は、取りかえの対応を行うことにしております。しかしながら、下水道公共汚水ますは個人の敷地内にあることから、市で全ての状態を把握するのは極めて難しい状況にあります。

守山市議会 2019-06-25 令和元年第1回定例会(第 4日 6月25日)

しかし、例えば性能上の欠陥が指摘されて墜落事故を起こしているF−35ステルス戦闘機1機111億円を今後147機も購入しようとする安倍政権、その総額は何と1兆6,000億円です。アメリカから購入する時には全く財源不足を問題にしません。アメリカべったり国民には負担を強いる安倍政権の性格を如実にあらわしています。  

草津市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日文教厚生常任委員会−06月24日-01号

こういう事故が起こったときに、現場や役所が、お金で解決して責任をとるのか、やっぱりもっと謙虚に、誰も責任をとらないというのが大体、これまで見ててもそうなんやけど、事故が起こったら、賠償金を払ったらおしまいという。「誰が責任者やねん」という話で名前も何も出てきてない。

草津市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-04号

まず、子どもの交通事故ゼロ、死亡事故ゼロについてお尋ねいたします。  今回多くの議員交通事故対策についてお聞きされていますので、文面がいろいろ変わるかもしれませんが、そういう場面もあると思いますので、よろしくお願いいたします。  未就学児らが通園や散歩などで日常的に使う道の安全確保についてお聞きしていきたいと思います。  

草津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-03号

最近非常に交通事故が多いということで、今回議員からの質問交通事故関係が非常に多ございますが、重複していましたら聞いていただいて、またいろいろお考えいただけたらと思います。ことしに入りまして交通事故の死者数は6月13日時点で前年同期比18人ふえていると、合計が34人です。これは全国死者増加ワースト1がこの滋賀県やと、これは現状です。これは本当に深刻な状態かと思います。