153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

近江八幡市議会 2023-12-11 12月11日-04号

まず初めに、ロタウイルスワクチンについては、国の厚生科学審議会予防接種ワクチン分科会において、定期接種化の方針が了承されたことを受けて、予防接種施行令の一部を改正する政令が来年1月ごろに公布される見込みであり、対象者令和2年8月生まれ以降の者、開始時期は令和2年10月1日として実施される予定となっております。 

近江八幡市議会 2023-06-27 06月27日-04号

国が予防接種に基づき実施している定期予防接種については、A類疾病B類疾病と2つに分類されております。A類疾病は、主に集団予防、重篤な疾患の予防重点を置き、本人努力義務があり、国が接種を積極的に勧奨するものと位置づけられております。一方で、B類疾病は主に個人防衛重点を置き、本人努力義務はなく、国も積極的な接種勧奨はしていない位置づけとなっております。 

長浜市議会 2020-09-12 09月12日-03号

健康福祉部長且本安彦君) インフルエンザ予防接種につきましては、過去学校集団接種ということで行ってまいりましたが、平成6年、子どもさんのインフルエンザについては予防接種から完全に外れたということがございました。また、学校での集団接種につきましては、予防接種後の副反応に対応できる医療体制が整わないということによりまして行っておりません。 

近江八幡市議会 2020-03-09 03月09日-06号

まず、1点目の市の見解ですが、予防接種の一部を改正する法律が施行され、議員ご指摘のとおり、平成25年4月からHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン定期接種が開始されました。12歳から16歳の女子が公費助成を受けられるようになりました。その後、疼痛または運動障がいを中心とした多様な症状が報告され、マスコミ等で多く報道されました。 

甲賀市議会 2020-02-27 02月27日-02号

子どもインフルエンザ予防接種については、予防接種において任意予防接種に該当しており、国では、副反応の検証、効果性安全性の評価が必要とされており、定期予防接種に向けて厚生科学審議会予防接種ワクチン分科会にて検討をされています。今後の審議の結果を踏まえ、検討してまいりたいと考えています。 次に、加齢に伴う難聴のための補聴器購入補助についてでございます。 

彦根市議会 2020-02-01 令和2年2月定例会(第1号) 本文

また、健康診査では、肝炎ウイルス検査について、40歳から60歳までの5歳刻み節目年齢の方に全額公費負担による検診を引き続き実施いたしますほか、予防接種における各ワクチン接種について、予防接種に基づき、乳幼児対象にした定期接種に10月からロタウイルスワクチン接種を加え、引き続き全額公費負担で実施をいたします。

米原市議会 2019-06-17 令和元年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号 6月17日)

款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費、13節委託料電算システム改修委託料59万7,000円の増額につきましては、風疹追加対策として抗体保有率の低い世代、40歳から57歳までの男性に対し、抗体検査を実施した上で検査結果が陰性であった方に対し、予防接種第5条第1項の規定に基づく、風疹第5期の定期接種が実施されることとなりました。

湖南市議会 2018-09-07 09月07日-02号

次に4点目の、今年度に限っての未接種者救済措置につきましては、肺炎球菌感染症予防接種におけるB類疾病に分類され、A類疾病とは異なり、個人の発病や重症化の防止のために予防接種を行うことが認められている疾病です。接種を受ける法律上の義務はなく、行政からの勧奨はなく、希望する者のみがワクチン接種を受けるものでございます。 

守山市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第 3日 3月 7日)

これらのことから、予防接種においては、インフルエンザ予防接種について、65歳以上の方や60歳から64歳の方で、心臓などの機能障害のある方、免疫の機能障害がある方などを定期予防接種対象としており、その接種費用については、予防接種に基づき行うインフルエンザ予防接種実費徴収規則などの法令によって調整が図られています。

米原市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会(4日目 3月15日)

乳幼児等対象予防接種に基づく表に示しております11種類の予防接種を実施するための経費を計上しております。  また、高齢者肺炎球菌感染症予防接種は、生活保護世帯に属する者は無料高齢者インフルエンザ予防接種は、費用の半額を公費負担とし、さらに低所得者の方に対しては自己負担分助成してまいります。  次に、42ページの健康診断事業です。  

栗東市議会 2017-03-06 平成29年 3月定例会(第2日 3月 6日)

七点目につきましては、予防接種に基づき、定期予防接種に位置付けられたものを公費助成対象と考えます。ロタウイルス・おたふくかぜなど任意接種については、ワクチン安全性有効性費用効果などを考慮しつつ、定期接種化が検討されていますので、引き続き国の動向を注視してまいります。  次に、5番目の、暮らしに安心をについてのご質問にお答えします。  

彦根市議会 2017-02-01 平成29年2月定例会(第2号) 本文

予防接種における各ワクチン接種について、予防接種に基づく乳児等対象とした定期接種を、引き続き、全額公費負担で実施します。さらに、先天性風しん症候群予防するため、県が実施する風しん抗体検査を受け、予防接種が必要と判断された妊娠を希望する女性やその配偶者などを対象に、引き続き、予防接種費用に対する助成を行います。  

米原市議会 2016-09-20 平成28年健康福祉常任委員会(第1号 9月20日)

4款・1項・2目の追加補正についてですが、予防接種施行令の一部を改正する政令平成28年6月22日に公布されたことに伴い、B型肝炎ウイルス感染から肝硬変及び肝がんの進展を予防するために、平成28年10月1日から定期予防接種として実施するための必要な経費追加をお願いするものです。