6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長浜市議会 2017-06-16 06月16日-04号

あの有名な中曽根康弘さんでも、こういうことはしませんでした。 戦後の民主主義の終えんになりかねないと、非常に重大問題ということでありまして、ぼやぼやしていては大変なことにつながると、こういうふうに言われてます。特に、河野洋平衆議院議長現実にあわせて憲法を変えるのではなく、現実憲法に合わせる努力をまずしてみることが先だと、こう語っておられます。 

草津市議会 2013-03-26 平成25年 2月定例会−03月26日-05号

2年前の2011年11月1日の新聞報道で、中曽根康弘首相が旧海軍主計中尉のころ、ボルネオのバリクパパンという現在のインドネシアで慰安所の設置に関与したことを示す旧海軍資料を高知市の市民団体が入手し、発表したとあります。  資料によると、部隊はダバオに上陸した翌1942年に、「バリクパパンで飛行場の整備などに従事。

大津市議会 2008-06-18 平成20年 6月定例会−06月18日-11号

この制度について、中曽根康弘首相も、至急これはもとに戻して、新しくもう一度考え直す、そういう姿勢をはっきり早くとる必要がありますと撤廃を求め、野中広務官房長官は、銭勘定だけで人間としての尊厳を認めていないと述べました。自民党堀内光雄総務会長や、古賀 誠選対委員長らも凍結を公言するなど、党派を超えての世論が広がっています。  

甲賀市議会 2008-06-11 06月11日-02号

中曽根康弘首相は、至急もとに戻して、新しくもう一回考え直すときと主張され、また堀内光雄総務会長は、一たん凍結して、ゼロベースで国民的議論をすべき、このように表明されています。与党内で大きな変化が生まれつつあります。 山口県の補選でも、沖縄県議選でも、国民の怒りが政治を動かすところまできています。既に、全国580を超える地方議会見直しを求める意見書が可決をされています。

彦根市議会 2008-06-01 平成20年6月定例会(第11号) 本文

また、中曽根康弘首相は、至急これはもとに戻して新しくもう一度考え直す、そういう姿勢をはっきり早くとる必要がある、このように明言をしています。  与党の小手先の見直しでは、お年寄りの苦しみは決してなくなりません。一時的に一部の保険料が下がったとしても、後期高齢者医療制度は2年ごとに保険料を自動的に値上げする仕組みとなっています。

近江八幡市議会 1997-03-13 03月13日-03号

4月には日本国有鉄道の分割・民営化で、JR11法人と国鉄清算事業団発足、10月には中曽根康弘総理大臣自民党次期総裁竹下登幹事長を指名。11月に竹下内閣発足、その他いろいろ重大事件重大事故が続きまして、世間を震撼させる大きな事件がありました。私がファンでありました石原裕次郎さんが亡くなられたのもこの年であります。 さて、本題に戻りまして、蛇砂川

  • 1