90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第 2日 6月17日)

次に、ご質問2点目の子どもを虐待する親、ネグレクト育児放棄の発見方法、対応についてお答えいたします。  札幌市の女児が両親からの虐待により衰弱死したことなど、児童虐待による不幸な事件報道されており、私といたしましても本来ある幼い命が失われた事案が後を絶たず、胸を痛めているところでございます。

草津市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

◆八木良人 委員  乳幼児健診であるとか、新生児訪問、養育支援訪問というのがありますけれども、このあたりにつきまして、最近そういった訪問の中で、例えば虐待であるとか、ネグレクトであるとか、そういったものをやっぱり発見するという観点も持っていかれるように取り組んでおられるかどうかだけお伺いいたします。 ○遠藤覚 委員長  答弁求めます。  田中所長。

守山市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第 2日 6月13日)

非常に深刻な虐待、ネグレクトのケースの場合ですが、虐待の事例においては様々なケースもあるかと思いますが、「子どもの最善の利益のために」を念頭に置き、そして保護者の意に反する介入の必要性が現在問われていると思っております。  保護者は虐待の事実を認めなかったり、否定したり、気付いていなかったりすることも多く、相談や子どもへの支援も実施しにくい特質もあります。

東近江市議会 2018-06-12 平成30年 6月定例会(第 2号 6月12日)

学校問題対策支援室では、このようなインパクトの強い学校でのいじめ・不登校だけではなく、学業不振や進路不安、非行暴力行為、虐待やネグレクト体罰やハラスメントなど多くの問題に対応していただいていると思いますが、突発的な事故事件などに伴うマスコミ対応や調査委員会設置などのマニュアルを整備されているのか、お伺いいたします。  

草津市議会 2018-03-09 平成30年 2月定例会−03月09日-03号

施設では一時預かりできる人数に制限があるため、また、ネグレクト対策のためにも、一定の条件を設けて実施しているところでございます。  引き続き、保育の多様なニーズに応えるため、事業を実施する事業者に対して、施設整備等のタイミングにおいて一時預かり事業を実施するようお願いするとともに、草津市私立認可保育所等運営補助等によって、実施園の拡大推進を図ってまいります。  

東近江市議会 2017-09-13 平成29年 9月定例会(第14号 9月13日)

4点目、生活能力意欲の低下により、身の回りの整理に無頓着になったり、必要な医療福祉サービスを拒んでしまう「セルフネグレクト」の高齢者への支援が課題となっています。  セルフネグレクトは、認知症や心の病による判断能力の低下などから、支援を拒否したり、地域から孤立してしまったりし、そのため孤独死やごみ屋敷のトラブルを引き起こしたりするケースもあります。

湖南市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会-06月20日−04号

けれど、年々ふえている子どもへの虐待、中でもネグレクト等の虐待事例と経済的な困窮は高い比率で重なっており、複合的な要因から、給食が唯一の栄養価が保障された食事というケースが見られます。サポート的な取り組みに比して、学校給食の無料化は全員対象となれば周りからの貧困イメージのレッテル貼りは避けられますし、一番気になるボーダーライン家庭の支援取りこぼしを避けられるのではないでしょうか。  

栗東市議会 2017-06-20 平成29年 6月定例会(第3日 6月20日)

5点目、貧困状況にある子どもにあわせてある状況は、親からのネグレクトされている状況があわせてあることが多いと言われていますが、本市のネグレクト・虐待について把握されている範囲でお示しください。  以上、ご答弁よろしくお願いいたします。 ○議長(小竹庸介君)  順次、答弁を求めます。  福祉部長。 ○福祉部長(太田 功君)登壇  おはようございます。

彦根市議会 2017-02-01 平成29年2月定例会(第4号) 本文

また、ネグレクト等で家庭支援を行っているひとり親家庭において、家計の支援の中で生活のためではなく遊興などに使われている場合や、著しく子の監護を怠っている保護者につきましては、ひとり親家庭の支援を行う母子父子自立支援員や家庭相談員などが保護者に対して助言等を行うなどして、子どもの養育に効果的に手当が使われるよう支援を行っているところでございます。

草津市議会 2016-12-07 平成28年11月定例会−12月07日-03号

虐待の相談の内容も心理的なもの、性的なもの、ネグレクト育児放棄、身体的な虐待となっております。  虐待死の事例は年間50件を超え、一週間に一人の子どもさんが命を落としていることになりますけれども、奪われた子のお一人お一人のお子さんの命の重さを考えるときに、非常に重い気持ちになります。  それでは、草津市における児童虐待についての取り組みについて質問をさせていただきます。  

栗東市議会 2016-06-20 平成28年 6月定例会(第4日 6月20日)

そのあたりも含めながらやっていただきたいのと、スクールソーシャルワーカーの相談内容、これ、聞くところによると、その多くは不登校で、その背景にネグレクトを有するケースが多いと聞いているわけでございます。そしてですね、家庭環境に就学援助や生活保護等の経済的問題を抱えているというようなところも言われているのですけれども、栗東市では、相談内容について差異はございませんか。

草津市議会 2016-06-14 平成28年 6月定例会-06月14日-02号

子どもの虐待とは、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト心理的虐待などがあり、保護者が日常的に子どもに加えている行為とされています。私たちの世代から考えますと、なかなか信じられないことではありますが、現実問題として捉えていかなければならないと思っております。  児童相談所における児童虐待対応件数は、1999年と2014年と比較し、この15年間で7.6倍に伸びているとしています。  

大津市議会 2016-06-14 平成28年 6月通常会議−06月14日-04号

本市においても、ネグレクトなど育児に悩む親が増加する現状を考える中で、子育ては親育てとも言われる現代において親と子ともどもに育む絵本の効用をいま一度再認識していただきたいと考えております。  まず1点目として、本市の親子への絵本活用の現状はいかがなのでしょうか。絵本の読み聞かせなども含めて取り組みをお伺いいたします。  

大津市議会 2016-03-11 平成28年 3月11日予算常任委員会教育厚生分科会−03月11日-01号

◆川口正徳 委員  杉浦委員の関連なんですが、児童虐待の観点からマニュアルを見直されるということなんですけれども、実はもうちょっと近々なんですが、保護者の方から保育士に対して児童虐待ネグレクトと思われるとこら辺の知り合いがおってどうしたもんかなという相談を保育士が受けとるんですけれども、でもその保育士も一応園長には報告はしてるんですけれども、その相談された保護者さんがそれは自分から出たということは