87件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米原市議会 2019-03-08 平成31年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号 3月 8日)

また、産後の母親の心身の安定と、育児不安の解消のためのデイケア、ショートステイの産後ケアサービスを継続して提供していきます。さらに、子育てしやすい環境整備のための、市内小児科医療事業運営に対し、補助金を交付していきます。  以上で、健康づくり課所管の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。 ○委員長・分科会長(中川松雄)  御苦労さまでした。  本案について質疑を求めます。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

また、保健師や民生委員児童委員によります乳児家庭の全戸訪問の実施に加えまして、家庭から十分な育児支援を受けられない産後6カ月未満の母親や乳児に対しまして、産後ショートステイやデイケアを行います彦根市産後ママほっと(産後ケア)事業を引き続き実施いたしまして、対象者の心身の安定と育児不安を解消し、安心して子育てができる支援体制を整えてまいります。  

彦根市議会 2018-10-05 平成29年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2018-10-05

一番上に産後ママほっと事業というのがあるんですが、利用者が2人、あるいは延べ人数が3件、宿泊が4泊、デイケアが1日と、こういう資料をいただいているんですけれども、昨年、その前の年からだったと思うんですが、つまり出産を終えた後のお母様が肉体的にも精神的にも大変疲労が大きくて、赤ちゃんを育てていくことに自らの気持ちが行かないとか、出産は個人によってそれぞれに違いますので、非常に重い出産の場合だったら、立

草津市議会 2018-09-21 平成30年 9月21日予算審査特別委員会−09月21日-01号

◎黒川 障害福祉課長  この事業につきましては、24時間対応型利用制度でございまして、介護者の緊急時に障害のある方を急遽受け入れていただいたり、ナイトケア、デイケアをする事業でございまして、利用者といたしましては、昨年度実績ですと5人の方が利用されているという形になっております。 ○横江政則 委員長  久保委員。 ◆久保秋雄 委員  その利用状況というのはふえている傾向なんでしょうかね。

米原市議会 2018-03-07 平成30年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号 3月 7日)

また、産後の母親の心身の安定と、育児不安の解消のためのデイケア、ショートステイの産後ケアサービスを継続して提供していきます。さらに子育てしやすい環境整備のため、市内小児科医療事業の運営に対し補助金を交付していきます。  以上で健康づくり課所管の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。

彦根市議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第2号) 本文

また、保健師や民生委員児童委員による乳児家庭の全戸訪問の実施に加え、家族から十分な育児支援を受けられない産後6カ月未満の母親や乳児に対して、産後のショートステイやデイケアを行う彦根市産後ママほっと(産後ケア)事業を引き続き実施し、対象者の心身の安定と育児不安を解消し、安心して子育てができる支援体制を整えます。  

彦根市議会 2017-03-14 平成29年 予算常任委員会 本文 開催日: 2017-03-14

下の方に産後ショートステイと産後デイケアと書いていまして、延べ日数が書いているんですけれども、それは延べ日数ですので、お一人はどれぐらい、ショートステイで1週間ぐらい、赤ちゃんだけを預かってもらえるのか、一緒に預かってもらえるのか、そういう詳細についてこれがどういう事業なのかをお聞かせいただきたいと思います。  

栗東市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第2日12月12日)

長男は休職してデイケアを利用したが、介護負担が軽減せず、9月に退職し社会福祉事務所を3度も訪れ、生活保護の相談をした。しかし、失業給付などを理由に、「頑張ってください」などと門前払いをされた。この対応に、「被告が死ねということかと受け取ったのが、本件の一因とも言える」と裁判官は指摘した。  

彦根市議会 2016-02-01 平成28年2月定例会(第4号) 本文

総合戦略に主な取り組みとして挙げられている身体的負担・精神的負担の軽減策につきましては、まち・ひと・しごと妊娠出産包括支援センターにおける産後のショートステイ、産後デイケア等による出産直後の母子の心身のケアや育児サポート、地域子育て支援センターの3カ所目の新たな整備、公立幼稚園での預かり広場の拡大などがあります。現状としましても、さまざまな取り組みを実施しているところです。  

彦根市議会 2016-02-01 平成28年2月定例会(第2号) 本文

さらに、家族から十分な育児支援を受けられない産後6カ月未満の母親や乳児に対して、ショートステイやデイケアを行う(仮称)彦根市産後ママほっと事業を実施し、対象者の心身の安定と育児不安を解消し、安心して子育てができる支援体制を整えてまいります。  国民健康保険事業については、平成27年度に策定しましたデータヘルス計画に基づき、PDCAサイクルに沿った効率的かつ効果的な保健事業を実施してまいります。

大津市議会 2015-10-05 平成27年10月 5日決算常任委員会総務分科会-10月05日-01号

大津市がやってるので安心やということをおっしゃる利用者様、あるいは御家族様もいらっしゃいますけれども、一方でデイケアなんかを言いますと、今民間がやっておられますと土日でもやりますよ、あるいは年末年始でも、やっぱりデイケアは御高齢者の方については土日はなくて、毎日利用したいというところがあるんですけれども、うちの施設はシフト上、勤務上の関係でちゃんと月曜日から金曜日というような形になっております。

大津市議会 2014-03-03 平成26年 3月 3日予算決算常任委員会総務分科会-03月03日-01号

第2条の業務の予定量でありますが、ケアセンターおおつの定員は、入所、すなわち長期入所と短期入所を合わせまして100人、通所、すなわちデイケアが20人で、前年と変更はございません。年間利用者数は、入所延べ3万4,310人、1日当たり平均94人、また通所延べ3,660人、1日当たり平均15人を予定しているところでございます。  

大津市議会 2013-09-30 平成25年 9月30日予算決算常任委員会総務分科会-09月30日-01号

◎坂川 介護老人保健施設ケアセンターおおつ副所長  その辺の外部要因につきまして詳しくは現在経営計画を策定する中で見極めたいと思っておりますんですが、確かにケアセンターおおつの目の前にデイケアセンターができたりとかというふうな、そういったこともありますし、一つにデイケアではございませんが、デイサービスの事業所が非常に多いというふうなこともございますので、一回その辺は先ほど申しましたように、きっちりと

米原市議会 2013-03-13 平成25年第1回定例会(第2号 3月13日)

その特徴は、同じ建物の中に診療所を初めといたしまして、リハビリ施設デイケア施設、あるいは老健施設やショートステイ施設がありまして、医療福祉保健の各部門が連携協力し、高齢者のニーズに応じたサービスを提供しておられます。  また、在宅療養診療所としての往診や訪問看護、あるいは在宅みとりが展開されております。その先進的な取り組みで、地域の皆さんは安心して地域で生活しておられます。