運営者 Bitlet 姉妹サービス
191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−06号 また、行方不明時に関係機関が迅速に対応できるよう、情報を事前に登録していただく徘回高齢者事前登録事業を実施するとともに、その登録をいただいた方に対しまして、御本人や御家族が希望された場合につきましては、昨年度から徘回高齢者みまもり事業として、QRコードシールを配布をしております。   もっと読む
2018-09-10 栗東市議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月10日) それから、例えば、今、泉佐野市と特産品相互応援協定というものを結ばせていただいて、泉佐野市のほうでQRコードをかざせば栗東の観光案内ができるとか、いろんなものが設えをいろいろさせていただいています。幾つもの取り組みが、今おっしゃるような方向にしていく。 もっと読む
2018-06-25 栗東市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月25日) 専決処分第1号 平成29年度栗東市一般会計補正予算(第7号)において、歳出、款10教育費、項05社会教育費、目02文化振興費、節19負担金,補助及び交付金、細節、02補助金、事業コード(1664)文化活動推進事業の、地域の芸術環境づくり助成事業補助金として480万円を新規計上するとともに、これの財源として、同額を自治総合センターの平成29年度コミュニティ助成金、いわゆる宝くじ助成を、雑収入として歳入 もっと読む
2018-03-26 甲賀市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月26日−07号 徘回高齢者事前登録は、現在42名が登録をされ、うち20名にQRコードシールを配布しているとのことでした。  福祉バスについても、現在4台運行されていますが、老朽で更新が必要なバスもあり、利用実態を踏まえて今後検討していく必要があることが指摘をされました。   もっと読む
2017-12-11 彦根市議会 2017.12.11 平成29年12月定例会(第24号) 本文 コードブルー」というドラマで、ドクターヘリが活躍しているという場面も目にしました。何秒を争うというときには役立ってくれているのだということを、改めて認識した次第です。受け入れられる体制である市立病院ということも必要だと思っております。  それでは、細項目5、退院に際する心配の軽減について伺います。  急性期病院であるため、回復期には追い出されるというような感覚をお持ちの方が多いようです。 もっと読む
2017-12-06 守山市議会 平成29年第7回定例会(第 2日12月 6日) 主なチェック項目は、文字化けの有無、桁落ち等の確認、計算結果等の確認、コード等のデータ変換が正しく行われているか等です。また、システム検証の主な内容は、システム機能が正常に動作するかであり、例えば住基システムを例にすると、転入や転出、住所異動等の処理が仕様どおりに行えるか等を検証することが必要ですが、このような検証や確認作業は完了されたのか。また、結果はどうだったのでしょうかお聞きします。   もっと読む
2017-09-12 草津市議会 平成29年 9月定例会−09月12日-02号 十数分で、通知書のQRコードさえあれば、十数分で申請ができるという、写真を持ってちょっと格好悪いですけど。これがですね、市役所のホームページには、これが2017年5月10日現在ですけども、初めて市役所に提出しましたということを書いていただいているわけですが、この会社のホームページへ入っていきますと、この草津市内に数カ所あるんですね。 もっと読む
2017-06-19 近江八幡市議会 平成29年 6月19日 予算常任委員会-06月19日−01号 上から2つ目の事業コード153、消費生活相談等推進事業でございます。 もっと読む
2017-03-24 甲賀市議会 平成29年  3月 定例会(第2回)-03月24日−08号 徘回高齢者見守り事業とは、具体的にどのようなものかに対しては、「どこ知る伝言板」は、QRコードシールにより伝言板へアクセスするシステムで、県下では実施されているところはないが、他県での導入はある。   もっと読む
2017-03-16 近江八幡市議会 平成29年 3月16日 教育厚生常任委員会-03月16日−01号 それから、事業コード913要介護認定調査事業につきましては、嘱託職員、臨時職員の賃金といたしまして時間外手当等が、この先不用であるというようなことから減額をさせていただいておりまして、トータルで103万7,000円の減額させていただくものでございます。  続きまして、事業コード915総合介護計画策定事業でございます。 もっと読む
2017-03-14 近江八幡市議会 平成29年 3月14日 予算常任委員会-03月14日−01号 事業コード44番、子ども医療費助成事業でございますが、これにつきましては、これも決算見込みで836万3,000円の減ということでございます。  続きまして、83ページ、事業コード5番、後期高齢医療広域連合負担金としまして、事務負担金がマイナス189万9,000円計上しております。 もっと読む
2017-03-13 近江八幡市議会 平成29年 3月13日 予算常任委員会-03月13日−01号 事業コード№037老人保護措置事業でございます。こちらは利用者措置費の減額によります不用額を減額したものでございまして、666万8,000円の減額となっております。  以上でございます。 ◎介護保険課長(久郷浩之君) それでは、私から81ページの事業コード236からご説明をさせていただきます。  事業コード236介護保険利用者負担軽減事業でございます。 もっと読む
2017-03-10 近江八幡市議会 平成29年 3月10日 予算常任委員会-03月10日−01号 ○委員長(田中好君) 今補正のそれぞれコードでご説明をいただきましたので、これから1コードずつ質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。  ページ65ページから入ります。  705について質疑のある方、おられますか。 もっと読む
2017-03-08 近江八幡市議会 平成29年第1回 3月定例会-03月08日−06号 また、今後、地域におきましてますますの増加が予測されます外国人観光客の受け入れを見据え、パンフレットのQRコードの多言語化を初め、ICT──情報通信技術でございますが──などの一層の活用によります利便性の向上を図ってまいってきたところでございます。 もっと読む
2017-03-07 守山市議会 平成29年第2回定例会(第 2日 3月 7日) 各家庭では、具体的に気をつける点として、常に機会あるごとに、高齢者御家族には、電気コードを束ねたまま使用しない、コンセントに差しっ放しの電源プラグは小まめに抜いたり、掃除して、埃や水けを取り除くこと、鍋を火にかけたままその場を離れないこと、コンセントや延長コードに電流限度を超えるたこ足配線をしない等々、また洗濯物をストーブ周辺に干さないなど、ついうっかり不注意で起こしてしまうことが多いので、心を引き もっと読む
2016-12-13 近江八幡市議会 平成28年12月13日 予算常任委員会-12月13日−01号 それでは、補正予算に移りますけども、ページ数とコードナンバーを申し上げていただいてから、説明のほどお願いいたしたいと思います。 ◎人権・市民生活課長(伊藤清治君) それでは、補正予算説明書の27ページをごらんいただきたいと思います。  事業コード141、住民防犯活動事業でございますが、防犯灯の修繕料16万6,000円と工事請負費として防犯灯設置工事2カ所分22万8,000円でございます。   もっと読む
2016-12-12 近江八幡市議会 平成28年12月12日 予算常任委員会-12月12日−01号 ○委員長(田中好君) それでは、ただいまから事業コード順に追って進めさせていただきます。  これも今までどおりでございますけども、1コードにつきましては再問までということをお守りをいただきたいと存じますので。  それでは参ります。   もっと読む
2016-12-12 彦根市議会 2016.12.12 平成28年12月定例会(第23号) 本文 このほか、QRコードなどでURLに飛ばすという方法もあり、この方法を使えば2カ月ぐらい開始時期が早くなりますが、QRコードを使いますと、本市博物館のようにネットワークに接続できない場所がありますので、やはりダウンロード起動型にした方がいいのではないかと考えております。   もっと読む
2016-12-08 甲賀市議会 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月08日−05号 通電火災は、地震による停電が復旧して再び電気が通じた際に、地震で倒れていた電気ストーブなどの電気機器や断線した電気コードなどが火元となって起こる火災であります。電気器具のスイッチが入ったまま住人が避難してしまうケースが多いためで、阪神・淡路大震災や東日本大震災でも出火原因の少なくとも6割が通電火災であったと言われています。  ことし4月の熊本地震では、幸いにも通電火災はゼロ件であったとのことです。 もっと読む
2016-12-07 守山市議会 平成28年第4回定例会(第 2日12月 7日) 申請に必要な証明写真の撮影と同時に、交付申請までを簡単にできるもので、郵送で届いた個人番号交付申請書にあるQRコードを所定のスキャナにかざして読み込ませ、音声案内に沿って操作・撮影を行えば、申請まで全ての手続が完了することができるものです。高齢者にとっても申請が簡単になります。   もっと読む