294件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第18号) 本文

次に、彦根市子ども・若者総合相談センターの利用状況と広報活動についてですが、平成30年度は延べで995人、実人数で70人の方に総合相談やカウンセリング、サロン活動のご利用をいただきました。  過去の利用者は、途中開所となりました平成28年度は延べ156人、実人数27人、平成29年度は延べ584人、実人数69人で、年々利用者は増加しております。  

守山市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第 3日 6月18日)

今年1月に「SNSカウンセリングシンポジウムin関西」が開催され、私も参加させていただきました。2018年には文部科学省によるSNSいじめ相談事業は30自治体が実施、厚生労働省によるSNSいじめ相談窓口の常時開設や東京都による児童虐待防止対策としての役割、LINE相談窓口など様々なニーズに合わせ全国でSNS相談事業が展開されました。  

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第13号) 本文

また、ケースによってですが、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの活用を図りながら、学校での相談だけではなくて、時には家庭訪問による保護者の相談やカウンセリングも行っておりまして、保護者の戸惑いや困り感を受けとめる役割を担っていただいております。  さらに、市内には9名の訪問教育相談員も配置をしておりまして、養育相談や子育て相談を定期的に実施しております。  

彦根市議会 2019-03-12 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-12

スクールカウンセラーは、学校に配置いただいて、そこで子どもやご家庭保護者の方々とカウンセリングをするというスタンスのものでございますが、スクールソーシャルワーカーの方におかれましては、社会福祉士免許もお持ちというようなことで、ケースによっては家庭まで入り込んでいただいております。

米原市議会 2019-03-06 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 3月 6日)

今年度の4月からさせていただいているのですけれども、相談内容としまして、DVであったりとか、会社によるいじめ、パワハラであったり、御本人さんの体調の問題とか、そういうような相談をされる中で、精神的な支援が必要と判断された場合につきましては、診療心理士のカウンセリングによる相談もつなげて支援をさせていただいている状況です。

守山市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日)

知識を伝授をしていくのであって、アカデミックスキルや指導、目標達成するのティーチング(教員)であるということで、アドバイス、リード、過去・現在・未来、指導者、教育者であって、カウンセリングをするというのは相談員であって、心理的安寧、癒し、回復、指導、アドバイス、リード、主に過去、支える人の役割があるということで、その三者が一体となることによって、成長に大きな開きがあると述べておられました。  

守山市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第 2日 6月13日)

最初に、メンタルヘルス相談についてのお尋ねでございますが、本市におきましては、メンタル不調に陥る職員が増加していることを受けまして、その対策として、平成21年度から臨床心理士を市役所に招いての出張メンタルヘルス相談を実施し、メンタル不調の初期段階における未然防止や軽減等を目的に、仕事や家庭で悩みや不安を抱える職員が職場で気軽に心の健康に関するカウンセリングを受けることができる環境を整備しております。

守山市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第 3日 3月 7日)

現在、相談に当たっている関西カウンセリングセンターの古今堂理事長は、電話や対面による相談では、相手から「つらいのです」と言われると「つらいのですね」と返す感情反射の傾聴技法が有効だが、LINEのやりとりでは逆効果で、相手から、くどいと思われてしまうと指摘。表情やしぐさが見えないSNS相談では対話をリードする質問共感的ではっきりした言葉のイメージが有用とアドバイスをしています。  

米原市議会 2018-03-06 平成30年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号 3月 6日)

特に精神的な疾患、鬱ですとか、それからPTSDですとか、そういったような疾患を持っておられる方もいらっしゃるというようなことで、ちょっとまた条例の改正でも御説明はさせていただくんですけれども、今、お風呂を解体しまして、2部屋を多目的と相談室というのをつくりまして、特に女性に対する相談についてのカウンセリング的なものもやっていきたいというふうに思っております。  

守山市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会(第 1日 2月22日)

当該校においては、県教育委員会よりスクールカウンセラーの緊急配置を受け、生徒、保護者、教職員カウンセリングを実施し、また、教育委員会では、専用の相談窓口の設置および相談員の配置を行いますとともに、市内中学校生徒へのストレスチェックを実施するなどして、メンタルヘルスケアおよび再発防止に取り組んでおります。  

彦根市議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第2号) 本文

また、安心して学校生活が送れるよう支援するふれあい相談員の配置やともづなカウンセリング事業等の教育相談活動の実施、適応指導教室「オアシス」の運営を行います。  さらに、不登校や集団不適応など、さまざまな問題を抱える児童・生徒や保護者に対しての早期対応と解決に向けて、訪問教育相談員を学校に派遣する事業に引き続き取り組みます。  

彦根市議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第3号) 本文

子ども・若者総合相談センターでは、子ども・若者が社会生活を円滑に営んでいけるよう相談に応じ、関係機関紹介、そのほかの必要な情報の提供および助言を行う拠点として、子ども・若者育成支援推進法の規定に基づき、平成28年10月に開設しており、日々の相談業務に加えて、臨床心理士によるカウンセリングやサロン活動などを行っております。

栗東市議会 2017-12-22 平成29年12月定例会(第4日12月22日)

国連のガイドラインでは、人口20万人規模に1か所のセンターが必要であり、根拠法を制定し、被害者が公的な予算治療カウンセリングを受けられるように求めています。また、日弁連も証拠採取・保管までカバーできる病院拠点型の支援センターの設置を整備するよう国に提言しています。このように、男女年齢を問わず日々発生している性暴力被害者を守る法律制定と予算措置が急務とされています。