1363件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長浜市議会 2025-12-04 12月04日-02号

最近の行政の姿勢は、自助、共助を進め、公助にしかできない防災インフラの整備を予算不足を理由に対策していないように思われるが、どのように考えておられますか。 ○議長(西邑定幸君) 防災危機管理局長。 ◎防災危機管理局長(山田昌宏君) 市の地域防災計画の中でも、自助、共助、公助の役割分担の中で防災対策を推進していくというビジョンを掲げております。

近江八幡市議会 2023-06-27 06月27日-04号

滋賀県では、道路インフラの整備がおくれていると巷間言われているところでありまして、特に本市におきましても道幅の狭さと交通量の多さが相まって、各所で渋滞が発生していることは皆様ご承知のとおりです。この道路状況の悪さをこのまま放置いたしておくことは、人をいらいらさせますし、精神衛生上もよくありません。そして、皆様の時間を奪うという点で莫大な経済的損失を生じさせております。

湖南市議会 2022-12-09 12月09日-02号

そのためにも、子育て教育介護生活保護などの社会保障や、各種インフラ整備と老朽化対策災害対策など、住民サービスのあらゆる分野で公的業務を担う自治体職員の増員と、そして人材育成公務員労働者としての権利保障と処遇改善は喫緊の課題だというふうに思います。 最初に、人口に対する職員数についてですが、近隣の他市と比較した場合、湖南市がどのような位置にあるのか伺いたいと思います。 

長浜市議会 2022-06-13 06月13日-03号

市としましては、これらに加えまして、地元の方の調整、インフラ整備、水源の確保など、企業がいざ進出したときに十分な対応ができるような環境整備を進めておるということでございますし、先ほどのご質問にございました、このエリアへの企業を呼び込むためのツールといたしまして、立地助成金を創設させていただいたものでございます。 

長浜市議会 2022-06-12 06月12日-02号

なぜ、そういうことを聞くかといいますと、公共事業におきましては、インフラ整備の中で下水道の整備、水道の整備、それから長寿命化における橋の整備、さまざまな事業がまだまだ残っております。そういったところの意見をしっかり集約して、この基金を決められたのかということを私は先ほどから聞いているわけです。

近江八幡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

1つ目は、若者を吸収しながら老いていく東京圏と、支え手を失う地方圏、2つ目は、標準的な人生設計の消滅による雇用教育機能不全、3つ目は、スポンジ化する都市と朽ち果てるインフラであります。そして、その危機を乗り越えるため、全ての府省庁政策資源を最大限投入するに当たって、自治体においては、持続可能な形で住民サービスを提供し続けられるようなプラットホームであり続けねばならないと思います。 

長浜市議会 2020-12-05 12月05日-03号

本市においても特に人口減少、少子高齢化が激しい中山間地域の衰退が深刻化しており、このままでいくと中山間地域の価値や森林地域を守り育てる基盤が失われまして、住民の居住低密度化による公共サービスの提供のコスト増が起こり、十分な公共サービスインフラの提供が困難となってきます。 そのため、今後本市の都市力維持のためにも中山間地域のコミュニティ維持や集落活性化が大きな課題と思われます。 

長浜市議会 2020-09-12 09月12日-03号

人口減少、少子高齢化、って当たり前のように叫ばれる昨今、そして老朽化する公共施設、更に住みよい環境づくりのためのインフラ整備と、どんどん厳しい財政事情に拍車がかかってきました。そして、高齢化の延長として人生100年時代という超高齢化社会を迎え、市財政と担当課においても状況の変化に対応することの厳しさがあることと思います。 

近江八幡市議会 2020-09-12 09月12日-04号

近江八幡市としても、このような知識を持つ職員の確保は、老朽化する道路や橋などのインフラ整備にも大規模災害への対応にも必要なことであります。 質問いたします。 当市における建設土木技術を持つ職員の充足率はどのような状況にあるのか、お聞きいたします。 次に、土地改良事業におけるガイドライン施設の維持管理についてであります。 さきの6月議会でも取り上げ、ご回答いただきました。

長浜市議会 2020-09-11 09月11日-02号

これらに加えまして、更に橋りょうや道路などのインフラ及び公共施設の維持管理や再編、長寿命化対策、老朽化した施設等の解体経費の増加も避けられない状況にあると思っておりまして、こうしたものも財政計画上でも一定は見込んでおりますが、これらに対しましてはしっかりとファシリティマネジメントを行っていく必要があると思っております。 

近江八幡市議会 2020-09-11 09月11日-03号

大きく2つ目は、老朽化が進むインフラ対策についてでございます。 高度成長期に建設された橋や道路などのインフラが、今一斉に更新の時期を迎えており、その対策が喫緊の課題となっております。かかる費用が膨大である、土木建築関係の人材の不足、資材の高騰、また資材の不足などさまざまな問題がこれに関してはございまして、ニュースなどでもよく取り上げられているところです。

近江八幡市議会 2020-06-25 06月25日-02号

個々の取り組みも大切ですが、推進のためのインフラとなる仕組み、体制の整備をより具体的に進めていく必要があるかと考えますが、その基本的なお考えをお聞きいたします。 次に、中間支援機能の充実について。 昨今、NPOやそれを支える中間支援組織、さらには組織形態である市民コミュニティー財団という言葉をよく聞きます。

東近江市議会 2020-03-24 令和 2年 3月定例会(第 5号 3月24日)

これらの整備により、観光による経済効果雇用の促進、インフラ整備による地域の活性化などの大きなメリットがあると言われています。  反対に、ギャンブル依存症の増加、治安の悪化、マネーロンダリングなどの問題点が指摘されているのも事実であります。  ギャンブル依存症については、「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立したことで、パチンコなど既存の依存症対策にも対応されるものと思います。  

長浜市議会 2020-03-13 03月13日-04号

人口の推移を考える上では、市街地や中山間地域等の地理的要因、また駅、インターチェンジなどの交通インフラをはじめとする都市基盤の整備状況、更には地域コミュニティの特性、宅地開発などの居住空間の開発余地等、人口の動向に影響を及ぼす要因は多岐にわたっており、一概に特定の地域のみに起因するものとは言いがたいものでございます。