1469件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月06日-02号 また、アメリカ北部から飛んでくる水鳥たちもいるそうです。  コハクチョウの飛来地として、琵琶湖の草津は日本で最南端だと言われています。今回のことで、いろいろな水鳥たちが、今後、琵琶湖に来なくなる可能性もあるかもしれません。自然とは、それほどデリケートなものだと思います。信頼関係だと思います。草津だけの問題ではなく、国際的な地球規模の問題であり、大きく地図が変わる可能性もあるかもしれません。 もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第3号) 本文 また、観光案内所を利用される海外の方の動向を見てみますと、平成29年度で申し上げますと、1番多いのが台湾で、その次が香港、フランス、アメリカという順になってございます。若干順位のずれはありますけれども、平成30年度の1月末現在、台湾が1位、2位が香港、3位に中国が入り、フランス、アメリカ、オーストラリアの順になってございます。   もっと読む
2018-12-17 近江八幡市議会 平成30年12月17日 総務常任委員会 朝鮮半島では南北首脳会談が行われ、アメリカと北朝鮮の史上初のトップ会談も実現しました。今、日本がしなければならないのは、この平和の流れを後押しすることです。憲法9条に基づく平和外交を推し進めることです。緊張を高める新基地建設や軍事演習など、もってのほかと言わなければなりません。 もっと読む
2018-12-12 東近江市議会 平成30年12月定例会(第 4号12月12日) これに対して、世界でさまざまな取り組みが広がり、アメリカのスターバックス社が2020年までに全店舗でのプラスチック製の使い捨てストロー廃止を発表したことなどが話題を呼びました。  今までごみを大量生産、大量消費、大量廃棄、大量焼却してきた社会に対する警告ではないでしょうか。  この機会に、ごみの資源化、再利用など、リデュース・リユース・リサイクルを進める必要があると考えます。   もっと読む
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) アメリカのトランプ大統領の中間選挙も波乱の中で維持が決定し、中国も一強体制でさらに権力集中の加速が図られています。我が国においても安倍総理大臣の続投も決まりました。また、将来計画として、東京オリンピック、びわ湖国体も控えており、さらに2025年には大阪万博も決まりました。  こういった背景のもとに、来年は年号も変わります。 もっと読む
2018-12-11 米原市議会 平成30年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号 12月11日) アメリカの寄附社会の中では、そういうことが存在できるんだけど、日本の寄附社会の慣習がまだそこまで成熟してないですね、アメリカほど、だから会費を取るということなんですね。 もっと読む
2018-12-10 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 アメリカでは毒物という表示もされてると聞いていますが、日本でもフッ化物洗口による吐き気や嘔吐、頭痛、そして気分不良などの症状も起きています。  フッ化物洗口によるそういったアレルギーが疑われているということですけども、その点についての見解をお聞きしたいと思います。 ○議長(松原栄樹君)   健康福祉部長、答弁。 ◎健康福祉部長(芦田伝男君)   再質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 防衛省によれば、アメリカのロッキードマーチン社製の最新鋭レーダーLMSRを含む本体だけで約1,340億円、計上可能な範囲だけでも導入経費が約4,664億円に達すると、このように言われています。これら費用に含まれない施設整備費や燃料費などのほかに、1発数十億円とされる新型迎撃ミサイルの調達費を含めれば、総額は6,000億円を超えると試算をされています。   もっと読む
2018-09-21 彦根市議会 平成30年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2018-09-21 これは笑い話として聞いておいてほしいんですが、アメリカだったら泥棒が地震にたまたま遭って立入禁止で死んだら、これ、絶対に損害賠償されるんです。ご存じでしょう。何か泥棒がプールに入って溺れたと、これだけでもやられちゃうんです。そんないいかげんなことで行政が考えてもらったら困るんです。  どうですか。 もっと読む
2018-09-19 近江八幡市議会 平成30年 9月19日 総務常任委員会 しかし、核保有国であるアメリカとか、そういう大国は加わっていないんですわ。だから、そうでない国、小さい国々が、この核兵器をなくそうという世論を盛り上げるということで今やっているんです。 そういう中で、唯一被爆国である日本がこれに参加していないのはおかしいやないかと、こういう声もあるんです。いや、これは参加すべきじゃないという論調も、一方ではあります。 もっと読む
2018-09-13 東近江市議会 平成30年 9月定例会(第 4号 9月13日) だけれども、いつもこれ、私は申し上げておりますように、国家の安定というのは、国がきちっと平和が具体的な方策によって国際関係論の中で、きちっとした独立国家として守られて、初めて平和というのは実現するわけでございまして、その戦術として、先ほども答弁申し上げましたように、今、米朝関係が非常に誘導的な、ましてやロシア、中国、そしてアメリカのトランプ政権が今のような状況の中で、その理念として、平和を実現するために もっと読む
2018-09-12 東近江市議会 平成30年 9月定例会(第 3号 9月12日) 今や、どの家庭にでもあるアメリカのC社製のサンダルは、当初、ボート遊びやアウトドア用として売り出されましたが、軽くて履き心地がいいので、ふだん履きとして定着し、その後、スニーカーやブーツも人気商品になっています。   もっと読む
2018-09-11 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−07号 防衛相によれば、アメリカロッキード・マーティン社製の最新鋭レーダーLMSSRを含む本体だけで約1,340億円、計上可能な範囲だけで導入経費が約4,664億円に達すると言われています。  しかし、御承知のように、北朝鮮情勢は、4月の南北首脳会議や6月の米朝首脳会議を機に、朝鮮半島の平和構築体制と非核化に向けた動きが劇的に展開されています。 もっと読む
2018-09-01 彦根市議会 平成30年9月定例会(第21号) 本文 受診率が高い欧米、特にアメリカですけれども、何年からかは忘れましたけれども、死亡率が低下してきているんですよね。だから、受診率が高いので死亡率も低下してきているので、受診率を上げるということについては、すごく重要なことだと思っております。   もっと読む
2018-09-01 彦根市議会 平成30年9月定例会(第24号) 本文 これは刑法が禁じてきた民営賭博を、アメリカのカジノ大手業者の言うままに解禁する点でも、震災、豪雨災害への救援対策は二の次に、カジノ最優先で国会審議を強行した点でも、二重、三重に国民利益と世論に背くものです。法案を強行した自民、公明、維新各党に、厳しい批判が寄せられています。カジノ実施法は、国会審議を通じて、中身はぼろぼろになりました。  そもそも日本の動機は不純です。 もっと読む
2018-09-01 彦根市議会 平成30年9月定例会(第19号) 本文 9月10日に提案しなかったのは、結局、市長がアメリカのミシガン州を訪問しておられたからではないのでしょうか。その点、明確にしておいてください。 もっと読む
2018-07-19 近江八幡市議会 平成30年 7月19日 産業建設常任委員会 ◆委員(田中好君) これは、川崎委員、やはり今までアメリカが入って、それでここに書いてある、おっしゃったとおり、もうその当時は賛否両論で農業なんかはもうばんばん言うてましたけども、何かそれが下火になってトランプさんが就任して抜けた。そして、11カ国でこういうふうにやってきて、一応規定はなされて、これ何年かかってましたんですかね。 もっと読む
2018-06-28 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月28日−07号 重要5品目の米では、アメリカが離脱しており、豪州からの8,400トンのみ、小麦におきましても、アメリカが離脱した関係で、カナダ・豪州からの7万8,000トン、牛肉は関税率38.5%から27.5%となり、16年間段階的に引き下げられますが、肉用牛・肉豚の経営安定対策の補填金割合が9割に引き上げられ、また、加糖調整品を国の調整金徴収の対象に加える措置など、必要な調整法が現在検討をされております。   もっと読む
2018-06-19 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−06号 もともと、TPPは、2年前の国会で圧倒的な国民の厳しい批判にさらされ、国会審議のさなかにアメリカが離脱したにもかかわらず、与党が採決を強行したものであり、TPPを丸ごと組み込むものとしているTPP11は、国会決議に真っ向から反するものです。  そもそも、国会決議は、米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、砂糖の重要5項目を関税撤廃の交渉から除外することを明確にしてきました。 もっと読む
2018-06-18 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−05号 このマーケティング4.0を提唱していますのは、アメリカの経営学者でありますフィリップ・コトラー教授であります。  マーケティング4.0とは、顧客自己実現欲に訴えかける指標であります。  自己実現欲とは、顧客自身が持つ本来的な自我を実現しようとする欲求のことでありまして、企業の製品、サービスの提供により顧客に自分の理想像をイメージさせる手法と、このようになっていると言われております。   もっと読む