ツイート シェア
  1. 米原市議会 2019-08-30
    令和元年第3回定例会(第1号 8月30日)


    取得元: 米原市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-19
    令和元年第3回定例会(第1号 8月30日)          令和元年米原市議会第3回定例会会議録(第1号)   1.招集年月日    令和元年8月30日 1.招集の場所    米原市議会議場 1.開会開議     令和元年8月30日   午前10時00分 1.応召議員        1番  礒 谷   晃    2番  鹿 取 和 幸               3番  後 藤 英 樹    4番  田 中 眞 示               5番  鍔 田   明    6番  西 堀   幸               7番  細 野 正 行    8番  矢 野 邦 昭               9番  山 脇 正 孝   10番  今 中 力 松              11番  澤 井 明 美   12番  中 川 雅 史              13番  中 川 松 雄   14番  堀 江 一 三              15番  山 本 克 巳   16番  吉 田 周一郎              17番  北 村 喜代隆   18番  松 宮 信 幸 1.不応召議員    なし
    1.出席議員    18名 1.欠席議員     なし 1.会議録署名議員    16番  吉 田 周一郎   17番  北 村 喜代隆 1.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名    市長        平 尾 道 雄   副市長      岡 田 英 基    教育長       山 本 太 一   政策推進部長   宮 川   巖    総務部長      山 田 英 喜   地域振興部長   的 場 文 男    市民部長      的 場 市 樹   健康福祉部長   堤   基久男    教育部長      上 村   浩   こども未来部長  田 中 博 之    経済環境部長    鍔 田 正 広   土木部長     鹿 取 輝 之    会計管理者     大 橋  守 1.職務のため議場に出席した者の職氏名    事務局長      木 村 浩 樹   事務局書記    池 田 昌 司 1.議事日程       別紙のとおり 1.会議に付した事件   別紙のとおり  令和元年米原市議会第3回定例会 議事日程 (第1号)                 令和元年8月30日 午前10時00分開議                      場所  米原市議場 ┌───┬────────┬───────────────────────────────┐ │ 日程│議案番号    │件        名                     │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 1 │        │会議録署名議員の指名                     │ │   │        │ 〔16番 吉田周一郎議員、17番 北村喜代隆議員〕     │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 2 │        │会期決定について                       │ │   │        │ 〔自 令和元年8月30日 至 令和元年9月27日〕     │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 3 │報告第7号   │平成30年度健全化判断比率について              │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 4 │報告第8号   │平成30年度資金不足比率について               │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 5 │諮問第1号   │市長提案理由の説明                     │ │   │〜       │                               │ │   │議案第58号  │                               │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 6 │諮問第1号   │人権擁護委員候補者の推薦について               │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 7 │認定第1号   │総括質疑                           │ │   │〜       │                               │ │   │議案第58号  │                               │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 8 │        │決算特別委員会の設置および委員の選任について         │ ├───┼────────┼───────────────────────────────┤ │ 9 │認定第1号   │議案委員会付託                       │ │   │〜       │                               │ │   │議案第58号  │                               │ └───┴────────┴───────────────────────────────┘                午前10時00分 開会 ○議長(鍔田明)  皆様、御苦労さまでございます。  ただいまの出席議員は全員であります。定足数に達しておりますので、令和元年米原市議会第3回定例会を開会いたします。  初めに、市長から招集の挨拶があります。  平尾市長。 ○市長(平尾道雄)  皆さん、おはようございます。  第3回定例会の開会に当たりまして、一言御挨拶申し上げます。  本日は、米原市議会定例会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましては御参集いただきました。まことにありがとうございます。  まずは、うれしい話題を報告させていただきます。  先般、8月の17日から19日にかけて、米原市で開催されました第49回全日本中学生ホッケー選手権大会において、男子は、伊吹山中学校が15年ぶりに9回目の優勝、女子は、伊吹山中学校と長浜市の虎姫中学校連合チームが準優勝を果たしました。  地元で開催された全国大会で、男女ともすばらしい結果を残してくれたことは、大変喜ばしく誇りに思う次第でございます。  市といたしましても、今回の見事な結果を弾みにいたしまして、来年の2020年開催される東京オリンピックに向けて、ホストタウン事業を通じてホッケーまち米原を全国に発信するなど、スポーツの機運をさらに高めてまいりたいと思います。  また、明後日、9月1日には、令和元年初めての夢高原かっとび伊吹を開催いたします。こうしたスポーツの力で米原市を盛り上げ、スポーツ推進計画に掲げます、希望と元気あふれるスポーツコミュニティ米原、これの実現に向けて、今後も取り組んでまいりたいと思います。  一方、今月15日のお盆の最中には、台風10号が日本を通過いたしました。幸い大きな災害には見舞われませんでしたが、いよいよこれから9月に入ると本格的な台風シーズンを迎えます。市といたしましても、気を引き締め、引き続き、市民の皆さんの生命と財産を守るため、万全の体制で対応してまいります。  さて、昨日は、議員の皆様にも御出席をいただいて、米原駅東口において、米原市統合庁舎建設工事安全祈願祭を終えることができました。  令和という新しい時代の幕あけに、統合庁舎の建設という大きな節目を迎えることができ、いよいよ米原新時代がスタートいたします。  近畿、中部、そして北陸を結びます交通の結節点であり、滋賀県唯一の新幹線停車駅である米原駅の東口に統合庁舎は隣接をします。米原駅が持つすぐれた立地特性を生かして、庁舎機能に加え、人や情報が行き交う交流エリアを配置することにより、滋賀の玄関口にふさわしい新たなにぎわいの創出につながることを大きく期待しているところです。  今月21日には、県知事、副知事に面談し、令和2年度の県予算等に対する要望を行う中で、米原駅周辺を滋賀の玄関口とするための支援についても、強く申し入れを行ってまいりました。  議員の皆さんにおかれましても、本市の懸案事項の解決に向けた取り組みが着実に推進できますよう、より一層の御支援と御協力を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。  さて、令和元年第3回定例会に提案させていただきます案件は、平成30年度各会計の歳入歳出決算認定を初め、令和元年度各会計の補正予算案及び米原市住民投票条例の制定についてなど、報告2件、諮問1件、認定5件、議案17件であります。  以上の案件につきまして、慎重なる御審議賜りますようお願いを申し上げ、まことに簡単ですが、開会に当たっての挨拶とさせていただきます。  どうぞ、よろしくお願いをいたします。 ○議長(鍔田明)  市長の招集の挨拶が終わりました。  直ちに、本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。  日程に入る前に、諸般の報告を行います。  今期定例会に市長から提出がありました案件は、報告2件、諮問1件、認定5件、議案17件の計25件であります。  いずれの案件につきましても、慎重な御審議をよろしくお願いいたします。  次に、議長の服務報告は、お手元に配付の議長服務報告書のとおりでありますので、説明を省略いたします。  次に、議員派遣の件について、会議規則第169条第1項ただし書きの規定により、議長において議員派遣を決定いたしました。お手元に配付のとおり報告いたしますので、御了承をお願いいたします。  次に、今期定例会会議事件説明のため出席を求めた者は、市長、副市長、教育長、各部長、会計管理者であります。  以上で諸般の報告を終わります。  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、16番 吉田周一郎議員と、17番 北村喜代隆議員の両名を指名いたします。  日程第2、会期決定の件を議題といたします。  お諮りいたします。  今期定例会の会期は、過日の議会運営委員会において協議の結果、本日から9月27日までの29日間としたいと思いますが、これに異議ありませんか。                (「異議なし」) ○議長(鍔田明)  異議なしと認めます。
     よって、今期定例会の会期は、29日間と決定しました。  なお、今期定例会会議予定につきましては、お手元に配付しました日程表のとおりでありますので、御了承をお願いいたします。  日程第3、報告7号 平成30年度健全化判断比率について、及び日程第4、報告第8号 平成30年度資金不足比率についての2件について、一括して報告を求めます。  山田総務部長。 ○総務部長山田英喜)  それでは、健全化判断比率及び資金不足比率につきまして御報告申し上げます。  まず、報告第7号 平成30年度健全化判断比率については、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、平成30年度決算に基づく健全化判断比率につきまして、監査委員の意見をつけて議会に御報告申し上げます。  まず、実質赤字比率は、一般会計などにおける標準財政規模に対する赤字の比率で、地方公共団体一般会計などの赤字の程度を指標化したものです。本市の30年度決算における実質収支合計金額は黒字であったため、指標の数値は算出されませんでした。  次に、連結実質赤字比率は、特別会計及び企業会計を含めた市の全ての会計の赤字を合算し、標準財政規模に対する赤字の程度を指標化したものです。この比率につきましても、本市の全ての会計の30年度決算における実質収支及び剰余金合計金額は黒字であったため、指標の数値は算出されませんでした。  続きまして、実質公債費比率です。この比率は、一般会計公債費に加え、公営企業会計借入金償還財源に充当する繰出金や、公債費に準ずる債務負担行為など、地方公共団体が負担する実質的な公債費を算出し、その負担の程度を指標化したもので、過去3カ年の平均で算出するものです。  本市の実質公債費比率は6.1%で、昨年度の5.0%に比べ1.1%上昇しました。  次に、将来負担比率です。この比率は、一般会計の借入金や債務負担行為に基づく支出予定額のほか、特別会計企業会計借入金償還における一般会計からの繰入見込み額など、将来、本市が負担すべき実質的な負債について指標化したものです。平成30年度は、充当可能な財源が将来負担額を上回ったため、指標の数値は算出されませんでした。  以上、健全化判断比率はいずれも、各比率の下に括弧書きで記載いたしました、国の定める早期健全化基準を下回っている状況となっております。  次に、報告第8号 平成30年度資金不足比率についてですが、こちらも地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、平成30年度決算に基づく地方公営企業資金不足比率につきまして、監査委員の意見をつけて議会に御報告申し上げるものです。  対象となる会計は2つの公営企業会計ですが、本市の場合、いずれの会計とも資金不足はなく、資金不足比率は算出されませんでした。  健全化判断比率及び資金不足比率の報告は、以上です。 ○議長(鍔田明)  日程第5、市長から提出の諮問第1号から議案第58号までの23件を一括上程し、市長から提案理由の説明を求めます。  平尾市長。 ○市長(平尾道雄)  それでは、第3回定例会に提出をいたしました議案の提案理由の説明を申し上げます。  諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については、現在、委員である馬渕新三郎氏の任期が令和元年12月31日で満了となりますが、その後任として新たに米原市堂谷〇〇〇〇〇の佐野昌子氏をお願いいたしたく、議会の意見を求めるものです。  佐野氏は、長年にわたり小学校教諭として奉職され、人権尊重の視点を大切にしながら、いじめのない明るく健やかな児童の育成に尽力されてきました。また、現在は、小学校における学校司書及び学びっ子の講師としても活躍されており、地域住民の人望も厚く、これまでに学び得た豊富な知識と経験から、広く社会の実情に精通され、人格、見識ともに高く、積極的な人権擁護活動が期待できる適任者です。  なお、任期は令和2年1月1日からの3年間となります。  認定第1号から認定第5号までの、平成30年度米原一般会計ほか4つの特別会計の各会計歳入歳出決算認定については、地方自治法の規定により、監査委員の審査に付した決算を、監査委員の意見及び同法に定める書類等を添えて、議会の認定に付するものです。  議案第42号 平成30年度米原水道事業会計剰余金の処分および決算認定については、地方公営企業法の規定に基づき、未処分利益剰余金1億166万8,062円を減債積立金に積み立て、1億4,000万円を資本金に組み入れようとするものです。  あわせて、平成30年度決算を調製し、監査委員の審査に付し、その意見及び同法に定める書類を添えて、議会の認定に付するものです。  議案第43号 平成30年度米原下水道事業会計剰余金の処分および決算認定については、地方公営企業法の規定に基づき、未処分利益剰余金1億4,480万3,369円を減債基金に積み立てようとするものです。  あわせて、平成30年度決算を調製し、監査委員の審査に付し、その意見及び同法に定める書類を添えて、議会の認定に付するものです。  議案第44号 令和元年度米原市一般会計補正予算(第3号)は、歳入歳出予算に4億3,670万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を205億928万9,000円とするものです。また、あわせて第2条で繰越明許費を新たに設けるほか、債務負担行為地方債は変更を行うものです。  議案第45号 令和元年度米原市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算に2,932万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を32億3,992万3,000円とするものです。  議案第46号 令和元年度米原市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)は、歳入歳出予算に1,659万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を40億6,277万8,000円とするものです。  議案第47号 令和元年度米原市水道事業会計補正予算(第2号)は、第5条に定めた債務負担行為に、3つの業務の期間及び限度額を追加するものです。  議案第48号 米原市住民投票条例の制定については、米原市自治基本条例第17条の規定に基づく住民投票の実施に関し必要な事項を定め、市民の市政参加を推進し、市民が主体となるまちづくりを進めるため、新たに条例を制定するものです。  議案第49号 米原市会計年度任用職員の給与および費用弁償に関する条例の制定については、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、会計年度任用職員の給与および費用弁償に関し必要な事項を定めるため、新たに条例を制定するものです。  議案第50号 会計年度任用職員制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、会計年度任用職員制度の導入に関係する米原市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例を初め12の条例の一部改正を行うものです。  議案第51号 米原市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例については、成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の公布に伴い、同法の中で地方公務員法が一部改正されたことから、米原市職員の給与に関する条例を初め3つの条例の一部改正を行うものです。  議案第52号 米原市印鑑条例の一部を改正する条例については、住民基本台帳法施行令等の一部を改正する政令の公布に伴い、印鑑の登録および証明に旧氏を加えるため、条例の一部を改正するものです。  議案第53号 米原市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例については、放課後児童クラブ年間利用の場合に限定をしている夕方の延長利用を、長期休業期間利用の場合にも適用するため、条例の一部を改正するものです。  議案第54号 米原市特定教育保育施設および特定地域型保育事業保育料等に関する条例の一部を改正する条例については、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律の施行に伴い、子育てのための施設等利用給付が新たに加えられたことから、条例の一部を改正するものです。  議案第55号 米原市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例の一部を改正する条例については、人口減少少子高齢化による集落機能地域活力の低下への対策を実現するに当たり、都市計画法に基づく予定建築物の用途ならびに同法施行令に基づく開発行為の規模を定めるため、条例の一部を改正するものです。  続いて、議案第56号から議案第58号は、滋賀県市町村交通災害共済組合を、令和2年3月31日をもって解散することについて、関係地方公共団体と協議したいので、地方自治法第290条の規定により提案するものです。  議案第56号 滋賀県市町村交通災害共済組合規約の変更については、同組合の規約に、解散に伴う事務の承継に関する条文を加えるため、地方自治法の規定によりこの案を提出するものです。  議案第57号 滋賀県市町村交通災害共済組合の解散に関する協議については、令和2年3月31日をもって同組合を解散することについて協議をしたいので、地方自治法の規定によりこの案を提出するものです。  議案第58号 滋賀県市町村交通災害共済組合の解散に伴う財産処分に関する協議については、令和2年3月31日をもって同組合を解散することに伴い、関係地方公共団体財産処分に関し協議の上定めるため、地方自治法の規定によりこの案を提出するものです。  以上、まことに簡略ではございますが、議案の提案説明とさせていただき、御審議の上、適切な御決定を賜りますよう、よろしくお願いをいたします。 ○議長(鍔田明)  市長の説明が終わりました。  これにて提案理由の説明を終結いたします。  次の日程に入る前にお諮りいたします。  諮問第1号の議案1件につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに異議ありませんか。                (「異議なし」) ○議長(鍔田明)  異議なしと認めます。  よって、ただいまの議案1件については、委員会の付託を省略することに決定しました。  日程第6、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。  これより、諮問第1号に対し質疑を求めます。  質疑はありませんか。                (「質疑なし」) ○議長(鍔田明)  質疑なしと認めます。  これをもって、質疑を終結いたします。  これより、討論を行います。  討論の通告がありませんので、討論を終結いたします。  これより、諮問第1号を採決いたします。  本案は、原案のとおり適任と認めることに賛成の議員の起立を求めます。                 (賛成者起立) ○議長(鍔田明)  お直りください。  起立全員です。  よって、諮問第1号 人権擁護委員候補者佐野昌子氏を推薦する議案は、原案のとおり適任と認めることに決定しました。  日程第7、総括質疑を行います。  通告がありませんので、総括質疑を終結いたします。  日程第8、決算特別委員会の設置及び委員の選任についてを議題といたします。  お諮りいたします。  平成30年度各会計決算認定を審査するため、8名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置したいと思いますが、これに異議ありませんか。                (「異議なし」) ○議長(鍔田明)  異議なしと認めます。  よって、8名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置することに決定しました。  お諮りいたします。  決算特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において1番 礒谷晃議員、4番 田中眞示議員、6番 西堀幸議員、8番 矢野邦昭議員、11番 澤井明美議員、14番 堀江一三議員、16番 吉田周一郎議員、18番 松宮信幸議員、以上8名を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。                (「異議なし」) ○議長(鍔田明)  異議なしと認めます。  ただいま指名しました議員におかれましては、就任方よろしくお願いいたします。  それでは、休憩中に決算特別委員会を開き、正副委員長を互選の上結果を御報告願います。  暫時休憩をいたします。               午前10時27分 休憩               午前10時40分 再開 ○議長(鍔田明)  休憩前に引き続き会議を開きます。  決算特別委員会から正副委員長の報告がありましたので、事務局から報告させます。  事務局長。 ○議会事務局長木村浩樹)  先ほどの休憩中に決算特別委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、御報告いたします。  決算特別委員会委員長吉田周一郎議員、同副委員長矢野邦昭議員であります。  以上、報告を終わります。 ○議長(鍔田明
     ただいま、事務局から報告があったとおり、就任方よろしくお願いをいたします。  日程第9、議案の委員会付託を議題といたします。  お諮りいたします。  認定第1号から認定第5号まで、議案第42号及び議案第43号は、会議規則第37条第1項の規定により、決算特別委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ありませんか。                (「異議なし」) ○議長(鍔田明)  異議なしと認めます。  よって、ただいまの議案7件は、決算特別委員会に付託することに決定しました。  次に、議案第44号から議案第58号までの議案15件は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付の議案付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。  審査方、よろしくお願いいたします。  これまでの日程で付託しました各議案につきましては、委員会での審査経過と結果につきまして、9月27日の本会議において、各常任委員長及び決算特別委員長から報告をお願いいたします。  以上で、本日の日程は全て終了いたしました。  来る9月4日の会議は、午前9時30分から本会議を開き、一般質問を行いますので、定刻までに御出席くださるようお願いいたします。  本日は、これにて散会いたします。  御苦労さまでございました。               午前10時43分 散会  本会議録は、真正であることを認め、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。    令和元年8月30日               米原市議会議長     鍔 田   明               米原市議会署名議員   吉 田 周一郎               米原市議会署名議員   北 村 喜代隆...