ツイート シェア
  1. 米原市議会 2019-03-22
    平成31年予算常任委員会(第3号 3月22日)


    取得元: 米原市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-06
    平成31年予算常任委員会(第3号 3月22日)           平成31年米原市議会予算常任委員会記録(第3号)   1.日時 平成31年3月22日(金) 午前11時6分開会 2.場所 第1委員会室 3.出席委員 18名        委員長  堀江一三        副委員長 中川雅史        委員   礒谷晃、鹿取和幸、後藤英樹、田中眞示、鍔田明、             西堀幸、細野正行、矢野邦昭、山脇正孝、今中力松、             澤井明美、中川松雄、山本克巳、吉田周一郎             北村喜代隆、松宮信幸 4.欠席委員 − 5.職務出席 − 6.事務局職員
         事務局長 木村浩樹  事務局次長 雨森修  事務局書記 坂仁美 8.会議に付した事件  (1)付託案件の審査 議案第26号 平成30年度米原市一般会計補正予算(第10号) 議案第27号 平成31年度米原市一般会計補正予算(第1号)              午前11時6分 開会 ○委員長(堀江一三)  ただ今の出席委員は全員であります。定足数に達しておりますので、ただ今から米原市議会予算常任委員会を開会いたします。  直ちに、本日の会議を開きます。それでは、早速議事に入ります。  付託を受けました議案第26号平成30年度米原市一般会計補正予算(第10号)及び議案第27号平成31年度米原市一般会計補正予算(第1号)を一括議題といたします。  各分科会長から、分科会での審査経過と結果につきまして御報告をお願いします。  まず、総務教育分科会長から御報告をお願いします。  中川雅史分科会長。 ○総務教育分科会長(中川雅史)  委員長から指名を受けましたので、予算常任委員会総務教育分科会において審査を行いました議案の審査経過を報告いたします。着座にて失礼いたします。  案件審査のため当分科会は、本日、本会議休憩中に開催しました。出席委員は全員で、分科会外委員の出席はありませんでした。  定足数確認の後、直ちに開会を宣言し、続いて議案説明のため、教育長ほか関係職員の出席を求め、議案の審査を行いました。  当分科会が審査を行った議案は、お手元の一覧のとおり、議案第26号、議案第27号の2件でありました。  議案について執行部から詳細に説明を受けた後、各委員から議案に対する質疑を求めました。質疑終了後、賛否の確認を行い、総員賛成で原案のとおり可決すべきものと確認しました。  なお、質疑はございませんでした。  その他の答弁等につきましては、委員長に提出します分科会報告書をもって省略をさせていただきます。  以上、まことに簡略ではありますが、予算常任委員会総務教育分科会において慎重審査をしました案件に対する審査の経過についての御報告といたします。 ○委員長(堀江一三)  御苦労さまでした。  次に、健康福祉分科会長から御報告をお願いします。  中川松雄分科会長。 ○健康福祉分科会長(中川松雄)  委員長からの指名を受けましたので、予算常任委員会健康福祉分科会において審査を行いました議案の審査の経過を御報告いたします。  案件審査のため本日当分科会を開催いたしました。出席委員は全員で、分科会外委員は誰もおりませんでした。  定足数確認の後、直ちに開会を宣言し、続いて議案説明のため、教育長ほか関係職員の出席を求め、議案の審査を行いました。  当分科会が審査を行った議案は、お手元の一覧のとおり、議案第26号でありました。  執行部からの詳細説明を受けた後、各委員から議案に対する質疑を求めました。質疑終了後、賛否の確認を行い、総員賛成で原案のとおり可決すべきものと確認しました。  なお、主な審査経過、議論の争点等につきましては、次のとおりでした。  柏原交流センターブロック塀の中で、予算190万円市債を発行すると。なぜ発行するかという問いに対し、国の補助金で賄えない部分に50%の交付税措置があるなかで、市債を発行するという説明がありました。  市と民間業者への補助金があるとの説明で、なぜ民間に情報提供しなかったということに対し、答弁の方は、今後情報を提供し、協議してまいりますとの答弁でした。  なお、その他の質疑、答弁につきましては、委員長に提供します分科会報告書をもって省略をさせていただきます。  以上、まことに簡略ではありますが、予算常任委員会健康福祉分科会において慎重審査をしました案件に対する審査の経過についての御報告といたします。 ○委員長(堀江一三)  御苦労さまでした。  次に、産業建設分科会長から御報告をお願いします。  今中分科会長。 ○産業建設分科会長(今中力松)  委員長からの指名を受けましたので、予算常任委員会産業建設分科会において審査を行いました議案の審査の経過を御報告いたします。座らせていただきます。  案件審査のため本日当分科会を開催いたしました。出席委員は全員で、分科会外の委員は1人でした。  定足数確認の後、直ちに開会を宣言し、続いて議案説明のため、副市長ほか関係職員の出席を求め、付託された議案の審査を行いました。  当分科会が審査を行った議案は、議案第26号、議案第27号の2件でありました。  執行部から詳細に説明を受けた後、各委員から議案に対する質疑を求めました。  質疑終了後、各議案について賛否の確認を行い、全ての議案において総員賛成で原案のとおり可決すべきものと確認しました。  なお、主な審査経過、議論の争点等につきましては、次のとおりでした。  プレミアム商品券は2万5,000円と高額なため、市内で有効に使用されるような体制づくりをお願いしたいという意見が出されました。  その他の答弁につきましては、委員長に提出します分科会報告書をもって省略をさせていただきます。  以上、まことに簡略ではありますが、予算常任委員会産業建設分科会において審査をしました案件に対する審査の経過についての御報告といたします。 ○委員長(堀江一三)  御苦労さまでした。  以上で、各分科会長の報告が終わりました。  ただ今の報告に対し、質疑を求めます。  御質疑はございませんか。              (「質疑なし」) ○委員長(堀江一三)  質疑なしと認めます。  質疑を終結します。  これより順次、採決を行います。  まず、議案第26号 平成30年度米原市一般会計補正予算(第10号)を採決します。  当委員会は本案を原案のとおり可決すべきものと決したいと思いますが、これに賛成の委員は挙手願います。              (賛成者 挙手) ○委員長(堀江一三)  挙手全員です。  よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第27号 平成31年度米原市一般会計補正予算(第1号)を採決いたします。  当委員会は本案を原案のとおり可決すべきものと決したいと思いますが、これに賛成の委員は挙手願います。                (賛成者 挙手) ○委員長(堀江一三)  挙手全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで当委員会が付託を受けた議案の審査は全て終了いたしました。  委員会における審査結果については、会議規則第39条第1項の規定に基づき、委員長において本会議で報告します。  これをもって、米原市議会予算常任委員会を閉会します。  御苦労さまでした。               午前11時14分 閉会  本員会記録は、真正であることを認め、米原市議会委員会条例第32条第1項の規定により、ここに署名する。  平成31年3月22日           米原市議会予算常任委員長    堀 江 一 三...