草津市議会 > 2019-06-25 >
令和 元年 6月25日都市再生特別委員会−06月25日-01号
令和 元年 6月25日産業建設常任委員会−06月25日-01号

ツイート シェア
  1. 草津市議会 2019-06-25
    令和 元年 6月25日産業建設常任委員会−06月25日-01号


    取得元: 草津市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-19
    令和 元年 6月25日産業建設常任委員会−06月25日-01号令和 元年 6月25日産業建設常任委員会             産業建設常任委員会会議録 〇日時     令和元年6月25日(火)  午前9時30分 〇場所     第2委員会室 〇出席委員   委 員 長  横江 政則     副委員長  棚橋 幸男         委  員  山田 智子     委  員  中嶋 昭雄         委  員  安里 政嗣     委  員  西田  剛         委  員  宇野 房子     委  員  西村 隆行         議  長  奥村 次一 〇欠席委員   な  し 〇傍聴議員   な  し 〇出席説明員  副市長            山本 芳一         環境経済部長         藤田 雅也         環境経済部副部長(総括)   岡田 芳治
            商工観光労政課長       井上 博道         商工観光労政課課長補佐(総括)加藤 進一         商工観光労政課課長補佐    河原 健一 〇出席事務局  局長   千代 治之    次長   永池 孝志         主査   堀江加奈子 〇付議案件 1.議第37号 草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案 2.議第39号 草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案 3.所管事務調査結果報告書(案)について               開会 午前9時30分 ○横江政則 委員長  皆さん、おはようございます。ただいまから産業建設常任委員会を開会いたします。  開会に当たりまして、当局から一言御挨拶をお願いいたします。  山本副市長。 ◎山本 副市長  改めまして、皆さん、おはようございます。本日、産業建設常任委員会で御審査いただきます案件は、条例案が2件でございます。委員の皆様におかれましては、慎重なる御審査賜りますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、挨拶とさせていただきます。 ○横江政則 委員長  ありがとうございます。  それでは、ただいまから本委員会に付託されました議案の審査を行いますが、審査に入ります前に、議事運営上のお願いがございます。  まず、委員会での発言は、委員長の許可を得てからにしてください。他の委員等が発言している場合は、私語は謹んでください。答弁をする場合は、委員長の発言の許可後、所属と氏名を名乗ってください。  以上、よろしくお願いいたします。  それでは、審査に入ります。  本委員会に付託されました案件は、条例案2件であります。これらの案件を逐次議題といたします。  まず、議第37号、草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分を議題といたします。  議第37号議案について、提案者の説明を求めます。  藤田環境経済部長。 ◎藤田 環境経済部長  議第37号、草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案につきまして、環境経済部の藤田が御説明を申し上げます。  議案書の20ページ、新旧対照表は1ページをお開きをいただきたいと思います。  今回設置いたします草津市勤労者福祉基本方針策定委員会は、平成元年に策定し、平成14年度と平成22年度に一部改定いたしました。草津市勤労者福祉基本方針をより時代に沿った内容に改定するに伴い、新たに附属機関として設置するものでございまして、担任事務を草津市勤労者福祉基本方針の改定に関し必要な事項についての調査、審議に関する事務といたしまして、定数を8人以内とするものでございます。  この改正条例施行日につきましては、付則で公布の日からとするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、議第37号、草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案の説明とさせていただきます。何とぞ、よろしく御審査賜りますようお願い申し上げます。 ○横江政則 委員長  これより、議第37号議案に対する質疑を行います。  質疑はございますか。よろしいですか。  西村委員。 ◆西村隆行 委員  この勤労者福祉基本方針の改定ということですが、どのような感じに。あくまでも、この策定委員会で検討をされると思うんでございますけども、市としては、どのような改定方法をイメージというんですか、考えてらっしゃるか、簡単に御説明だけお願いいたします。 ○横江政則 委員長  答弁を求めます。 ◎井上 商工観光労政課長  今回、改定しようとしておりますのは、まず、平成22年度に二度目の改定をしておりますけれども、今の時代の内容に沿った形で改定することをイメージしておりまして、具体的には、ちょうど年末に国のほうでも労働施策基本方針というものが定められまして、いわゆる働き方改革であるとか、労働時間短縮の環境整備であるとか、そういった社会情勢の内容などが、今後新たにこの時代に沿った形のものを入れ込む必要がありますので、そういったものを入れ込む形で、審議会のほうで3回にわたって御審議いただきながら、決めていきたいなと思っているところでございます。 ○横江政則 委員長  ほかございますか。               (「なし」の声あり) ○横江政則 委員長  そしたら、ないようですので、質疑はこれにて終了させていただきます。  それでは、採決いたします。  議第37号、草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分ついて、原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。               (挙 手 全 員) ○横江政則 委員長  挙手全員でございます。  よって、議第37号、草津市附属機関設置条例の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  続きまして、議第39号草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分を議題といたします。  議第39号議案について提案者の説明を求めます。  藤田環境経済部長。 ◎藤田 環境経済部長  議第39号、草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案につきまして、環境経済部の藤田が御説明申し上げます。  議案書の34ページ、新旧対照表のほうは6ページをお開きをいただきたいと思います。  平成29年度に全庁的に使用手数料等の見直しを実施をいたしましたが、草津市市民交流プラザにつきましては、平成29年度から平成31年度までが、現指定管理者による指定管理期間となっておりますことから、指定管理の更新時期に合わせて、今回、維持管理経費から算定した使用料に改定しようとするものでございます。  それでは、新旧対照表の6ページ、7ページをごらんいただきたいと思います。  改正部分を下線で示しております。維持管理の経費実績から使用料を算定いたしましたところ、主にガス代の価格が下がったことによりまして、会議室等の使用料の一部が引き下げとなったものでございます。  以上の改正につきましては、令和2年4月1日に施行いたしますことを付則に定めてございます。  以上、まことに簡単ではございますが議第39号、草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案の説明を終わらせていただきます。よろしく御審査賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○横江政則 委員長  これより、議第39号議案に対する質疑を行います。  質疑はございますか。  西田委員。 ◆西田剛 委員  今の説明で、ちょっと教えてほしいんですけども、維持管理費にかかる価格、今のガスの話が出てました。あれに変動が出たら、これ一々また変えるんですか。 ○横江政則 委員長  答弁求めます。  井上商工観光労政課長。 ◎井上 商工観光労政課長  基本的には、指定管理期間までは改定はしないですけれども、余りに激変があるとか、指定管理者の中で飲める枠、市のほうでも飲める額というのがあると思いますので、それを超えるような事態は甲乙で協議して、改定することを考える必要があると思いますが、基本は指定管理期間は据え置くという形です。 ○横江政則 委員長  どうぞ。 ◆西田剛 委員  変動があっても、決めたことをそのまますると、よっぽどのことがない限りということですね。わかりました。 ○横江政則 委員長  よろしいですか。 ◆西田剛 委員  はい。いや、高どまりでそのまま置いといてもいいのになと思って、下がった下がったって下げる必要性がどこにあるのかなというふうには、ちょっと単純な疑問を持ったもんで。 ○横江政則 委員長  西村委員。 ◆西村隆行 委員  今、西田委員からも疑問あったんですけど、わかっていて聞くんですけど、ガスの金額が下がって、これがこっちも下がるというのをもっと詳しく、多分空調関係だと思うんですけど、説明していただけますか。ガスが下がったから値段下がるのやったかぴんとこないので、お願いいたします。 ○横江政則 委員長  井上課長。 ◎井上 商工観光労政課長  市民交流プラザは、高ゼネレーションシステムというシステムと使っておりまして、ガスの熱で電気等を賄って、熱を賄って、プールとかに使ってる、そういうちょっと特殊なシステムを使ってはいるんですけれども、そのときに燃料供給源となるガス代のほうが今回の指定管理用に算定したとき以前は高かったんですけれども、今回算定に使った時期が年間として、維持管理コストとして計算したときに、単価が下がっておりましたので、その単価で下がった額で算定し直すと使用料が下がったという、そういう形になってございます。 ○横江政則 委員長  ほかよろしいでしょうか。  安里委員。 ◆安里政嗣 委員  これここで聞いていいのかわかりませんけど、文教厚生常任委員会のほうでアミカホールとクレアホールのこと出ているんですが、向こうは値上げで、ここは値下げになっているんですけど、このことについて、市民の皆さんにはどうやって告知していくというか、周知していく考えなのか。向こうは値上げになっている、こちらは値下げになっている点について、ちょっと市民の皆さんにはどう説明していくのかなというのを少し気になるんですが。 ○横江政則 委員長  井上課長。 ◎井上 商工観光労政課長  それぞれの施設で値段がどうしても維持管理経費上、上がったり、下がったりすることにはなるんですけど、利用者を初め、定期的な利用者もいらっしゃいますし、また、広報等で各施設ごとに周知を図っていくべきものかなと考えております。 ○横江政則 委員長  安里委員。 ◆安里政嗣 委員  この議案については、それぞれの委員会で付託されてる部分がありますけども、アミカホールとクレアホールについては値上げという点がありますので、賛成することはできないということを、意見は申し述べておきたいと思います。以上です。 ◆棚橋幸男 委員  今の特殊な装置というのは、どういうシステムですか。簡単に言えば、ガス使うことによって、電気に換算されるとか、そういうものの説明。 ○横江政則 委員長  藤田部長。 ◎藤田 環境経済部長  高ジェネレーションシステムといいまして、供給はガスなんです。ガスで燃やして、その燃やしたときの熱をプールのほうの湯沸かし器というのか、そちらに使うと。そこで発電もしますので、電気が生まれるというふうなシステムでございまして、エネファームとか、そういう大きなシステムがございまして、それのシステムでございますので。 ◆棚橋幸男 委員  それでガス代をコントロールできるということですね。 ◎藤田 環境経済部長  そうですね。 ◆棚橋幸男 委員  けど、それは還元が例えばひと月おくれとか、二月おくれかわかりませんけど、この時差があるわけでしょう。 ◎藤田 環境経済部長  値段のですか。 ◆棚橋幸男 委員  いやいや、そのガスの請求に対して電気が上がるとしたら、そこの誤差があるわけでしょう。そうイコール精算されるわけじゃないでしょう。 ○横江政則 委員長  藤田部長。 ◎藤田 環境経済部長  電気につきましては、その館内のいろんな施設に他の商業施設等に回しておりますので、そこから入ってくるというふうな仕組みでございます。足らなければ、関電から買っているというふうな形になるかと思います。 ○横江政則 委員長  よろしいですか。  なければ質疑はこれにて終了いたします。  それでは、採決いたします。  議第39号、草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分について、原案のとおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。               (挙 手 多 数) ○横江政則 委員長  挙手多数でございます。  よって、議第39号、草津市立草津アミカホール条例等の一部を改正する条例案のうち当委員会が所管する部分は、原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で、本委員会に付託されました案件、条例案2件の審査は終了いたしました。  ここで、今回の審査に係る閉会日の委員長報告について委員間にて協議いたしたいと思います。  委員長報告に加えるべき主要な論点等がございましたら、各委員から御提案いただきたいと思いますが、いかがでしょうか。  追加はないということでよろしいですか。               (「なし」の声あり)
    ○横江政則 委員長  それでは、委員長報告へのなければ、論点等の追加は行わないということですので、よろしくお願いいたします。  以上で委員長報告に対する協議を終わります。  ここで説明員の皆様に御退場いただきたいと思います。  本日はありがとうございました。  次に、所管事務調査結果報告書(案)についてを議題といたします。  これまでの調査結果を正副委員長でまとめさせていただきました報告書(案)をあらかじめ皆様にお配りさせていただいております。本日はそのことにつきまして、内容の確認を行ってまいりたいと思います。  あらかじめごらんいただいておりますので、今タブレットの中で資料はお持ちでしょうか。よろしいでしょうか。               (「はい」の声あり) ○横江政則 委員長  あらかじめごらんいただいていると思いますので、ここで説明は割愛させていただきますが、事前に変更または追加すべき箇所等がないか意見聴取をさせていただきましたところ、2ページ目の赤字部分を削除してはどうかということで御意見をいただいております。  その部分といたしましては、下から5行目ぐらいのところに「行政視察を行った町田市では、平成29年度に組織改編をされ、年間約8,500件ある道路に関する通報件数について、道路管理課が担当窓口となることになった。その際、」という、「その際、」を消したらどうかという御意見でございます。その御意見に対しまして、それを削除させていただいてよろしいでしょうか。               (「はい」の声あり) ○横江政則 委員長  では、この内容で報告書を議長に提出させていただきたいと思います。  また、当該報告書につきましては、6月定例会閉会日に当職から報告をさせていただきますのでよろしくお願いします。  これまで、約6カ月間にわたる所管事務調査にご協力いただきまして、まことにありがとうございます。  以上をもちまして、本日の議事は全て終了させていただきました。  これにて委員会閉会いたします。               閉会 午前9時50分 草津市議会委員会条例第30条の規定により下記に署名する。   令和  年  月  日  草津市議会産業建設常任委員会 委員長...