長浜市議会 > 2019-03-18 >
平成31年 3月18日 予算常任委員会

ツイート シェア
  1. 長浜市議会 2019-03-18
    平成31年 3月18日 予算常任委員会


    取得元: 長浜市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-24
    平成31年 3月18日 予算常任委員会              予算常任委員会 会議記録平成31年3月18日(月) 午後3時32分~午後4時31分 委員会室1・2出席委員   (委員長) 竹本 直隆  (副委員長) 浅見 信夫       (委 員) 伊藤 喜久雄  押谷 與茂嗣  鬼頭 明男  草野 豊            斉藤 佳伸  佐金 利幸  柴田 光男  千田 貞之            多賀 修平  高山 亨  轟 保幸  中川 勇            中川 リョウ  中嶌 康雄  西尾 孝之  西邑 定幸            丹生 隆明  藤井 登  鋒山 紀子  松本 長治            宮本 鉄也  山崎 正直  矢守 昭男  吉田 豊欠席委員   なし             事務局   局 長 改田 文洋                            副参事 木田 小百合                            主 幹 内藤 長人                            主 幹 山田 均委員外議員  なし             傍聴者   なし説明者    なし(出席者)経過     1.  開会       2.分科会審査報告         総務教育分科会長報告、質疑         健康福祉分科会長報告、質疑         産業建設分科会長報告、質疑       3.採決         議案第1号  平成31年度長浜市一般会計予算(修正案・原案)         議案第2号  平成31年度長浜市国民健康保険特別会計予算         議案第3号  平成31年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算         議案第4号  平成31年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算         議案第5号  平成31年度長浜市介護保険特別会計予算         議案第6号  平成31年度長浜市休日急患診療所特別会計予算         議案第7号  平成31年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算         議案第8号  平成31年度長浜市病院事業会計予算         議案第9号  平成31年度長浜市老人保健施設事業会計予算         議案第10号 平成31年度長浜市公共下水道事業会計予算         議案第11号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第11号)         議案第12号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)         議案第13号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)補正予算(第3号)         議案第14号 平成30年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)         議案第15号 平成30年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)         議案第16号 平成30年度長浜市病院事業会計補正予算(第3号)         議案第17号 平成30年度長浜市公共下水道事業会計補正予算(第4号)         議案第50号 平成31年度長浜市一般会計補正予算(第1号)         議案第51号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第12号)         議案第52号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第13号)       4.審査報告内容について       5.閉会 △開会 ○竹本委員長 それでは、ただ今から予算常任委員会を開催いたします。 本日、当委員会に付託を受けました議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算ほか19件について、各分科会からの審査結果報告を求め、採決を行いたいと思います。 △分科会審査報告 ○竹本委員長 まず、総務教育分科会について、総務教育分科会長、柴田光男委員、お願いします。 ◆柴田委員 予算常任委員会総務教育分科会から報告をさせていただきます。 総務教育分科会につきましては、今月13日に分科会を開催し、当局に説明を求め、慎重に審査をいたしました。当分科会担当分の審査結果を報告いたします。 まず、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち、当分科会担当分については、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第2号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計予算のうち人件費関係について及び議案第3号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算のうち人件費関係について、議案第5号 平成31年度長浜市介護保険特別会計予算のうち人件費関係について、議案第7号 平成31年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算のうち人件費関係について及び議案第11号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第11号)のうち当分科会担当分について、議案第51号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第12号)のうち当分科会担当分について及び議案第52号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第13号)については、いずれも全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、審査過程における意見等について申しあげます。 議案第1号 平成31年度長浜市一般会計当初予算の文化芸術活動振興事業費のうち、文化事業の委託先については、これまで議会に対して全く経緯の説明がされていないものです。この指摘を受け、当局から経緯の説明が遅れていることの謝罪と説明がありました。そのうえで、当局と議会は互いに相手が持ち合わせていない発想や知恵を出し合うことで事態が複雑化することを未然に防ぐことができる場合もあることから、タイムリーな情報提供によって、当局と議会が認識を共有することが肝要であることを当局へ申し述べました。 同じく、議案第1号において、曳山博物館の指定管理者から職員1名減との申し出を受けて、指定管理料を減額したとの説明があったことから、課が所管する他の施設において、同様に職員を減らして運営が可能な施設はないのか、調査するよう求めました。 議案第52号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第13号)に係る審査の過程において、木之本小学校プール整備の件については、地域の小中学生の水泳授業を継続するために必要不可欠な施設であり、市長をはじめ関係職員が上京するたびに文部科学省に出向き、当市の事情、地元の熱い思いを何度となく伝えたことが理解され年度末ぎりぎりの内示が得られた、大変な努力の成果です。 このように当局が市長を先頭に関係者が努力していることと、木之本地域の念願がやっと実現するには、こういう経緯があるということをしっかり説明されないと伝わらないため、今後とも、この案件に限らず、委員会を通して説明責任を果たされたい。なお、我々議員も市民の負託を受けて、市民のために仕事をしており、その議員活動の中で将来の長浜をしっかり考えて、前向きな議論をしていくべきであり、担当部署の職員がモチベーションを上げ職務に精励していただくよう、しっかり褒めるべきところは褒め、市民全体のために取り組んでいく姿勢でありたい。特に、先の議会において付言した、少子化が進む中、学校の適正規模、適正配置について、教育環境向上のため優先して取り組むべき地域、学校を精査し、早期に実現すること。何よりも子どもたちの教育環境を整えることが最重要であることから、地域の合意形成に向けて、議員と連携を密にし、ともに取り組みを推進されることをしっかり肝に銘じて推進されるよう、改めて付言することを全員一致で確認したことを報告いたします。 以上で、総務教育分科会の報告を終わらせていただきます。 ○竹本委員長 ただ今の報告に対し、質疑はありませんか。         ( 質疑なし ) ○竹本委員長 質疑なしと認めます。     次に、健康福祉分科会長、轟保幸委員、お願いします。 ◆轟委員 健康福祉分科会につきましては、去る3月12日に分科会を開催し、当局の説明を求め、慎重に審査をいたしました。当分科会担当分の審査結果を報告いたします。 まず、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち、当分科会担当分につきましては、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第2号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計予算(人件費を除く)につきましては、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第3号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算(人件費を除く)につきましては、全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第4号 平成31年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算及び議案第5号 平成31年度長浜市介護保険特別会計予算(人件費を除く)につきましては、それぞれ賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第6号 平成31年度長浜市休日急患診療所特別会計予算、議案第8号 平成31年度長浜市病院事業会計予算及び議案第9号 平成31年度長浜市老人保健施設事業会計予算につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第11号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第11号)のうち、当分科会担当分につきましては、全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第12号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第13号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)補正予算(第3号)、議案第14号 平成30年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)及び議案第16号 平成30年度長浜市病院事業会計補正予算(第3号)につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 最後に、議案第50号 平成31年度長浜市一般会計補正予算(第1号)につきましては、それぞれ全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案審査中、審査過程で出された意見の主なものにつきまして申しあげます。 議案第1号のうち、消費生活対策事業費について、消費生活相談員2名の予算が組まれているが、現在1名体制となっている。早急に2名体制にし、更に今後においては2名にとどまらず、増員する必要があるのではないかとの意見がありました。 次に、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち、しょうがい者地域生活支援事業の移動支援、日中一時支援等について、人工透析患者通院交通費の移動支援は、人工透析患者の実情に合わせた支援とすべきであるとの意見がありました。 最後に、議案第9号 平成31年度長浜市老人保健施設事業会計予算について、入所期間が通常より長くなった場合には、老健施設としてしっかりと対外的に説明できるようにしておくべきであるとの意見がありました。 なお、今回、審査過程において、委員からの意見や指摘、議論された事項の中で、特に付言すべきと考えた事項を申しあげます。 当分科会担当分の、平成30年度の補正予算においては、その中には平成31年度の当初予算に計上すべきと考えられるものがあります。ついては、補正予算としての計上は必要最小限とするように付言いたします。 以上、健康福祉分科会の報告を終わります。 ○竹本委員長 ただ今の報告に対し、質疑はありませんか。         ( 質疑なし ) ○竹本委員長 質疑なしと認めます。 次に、産業建設分科会長、中川リョウ委員、お願いします。 ◆中川[リョウ]委員 予算常任委員会産業建設分科会から報告をさせていただきます。 産業建設分科会につきましては、去る3月11日及び3月15日に分科会を開催し、当局に説明を求め、慎重に審査をいたしました。この当分科会担当分の審査結果を報告いたします。 まず、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち当分科会担当分につきましては、別紙のとおり、修正案を提案するべく決しました。提案理由につきましては、後ほど提案者にご説明をいただきます。 次に、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算の当分科会担当分のうち、修正部分を除く原案につきましては、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第7号 平成31年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算(人件費を除く)につきましては、全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第10号 平成31年度長浜市公共下水道事業会計予算及び議案第11号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第11号)のうち当分科会担当分につきましては、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 次に、議案第15号 平成30年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)及び議案第17号 平成30年度長浜市公共下水道事業会計補正予算(第4号)につきましては、全員一致で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 最後に、議案第51号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第12号)のうち、当分科会担当分につきましては、賛成多数で可決すべきものとして報告することを確認いたしました。 審査した議案は以上の7件です。 次に、議案審査中の審査経過の主なものにつきまして申しあげます。 議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち、6次産業化推進事業費について、企業が作成される事業計画への市の関わりに関する質疑に対し、インフラの整備、地元の交渉、水源の確保、法的整備等について進めているとの回答がありました。 また、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算のうち、長浜中央公園整備事業費については、長浜新川の本線が確定した際に工事が手戻りすることがないのかとの質疑に対し、公園整備に関しては一部新川の本線が掛かるところはあり得るため、長浜新川整備に伴う再整備を想定し事業を進める予定であり、無駄のない整備を進めていきたいとの回答がありました。 最後に、審査過程において、委員からの意見や指摘、議論された事項の中で、特に付言すべきと考えられた事項はありませんでした。 以上、産業建設分科会の報告を終わります。 ○竹本委員長 ただ今の報告に対し、質疑はありませんか。         ( 質疑なし ) ○竹本委員長 質疑なしと認めます。     今回、お手元に配布いたしておりますとおり、産業建設分科会長から議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算に対する修正案が提出されました。修正案の提出者の説明を求めます。 ◆西尾委員 修正案の提出の理由を、これから述べさせていただきます。 それでは、えきまち長浜株式会社への市の支援については、平成29年度第2回定例会補正予算で、資金不足のため2億円の貸付け。この2億円は、15年間据え置きの貸付けでございます。平成30年第1回定例会当初予算で、支出金増額や基金の積立て、えきまちテラスリニューアルのための1億2,100万円の負担金を実施してきました。 そのため、平成30年第1回定例会では、えきまち長浜株式会社への市の支援について、経営責任の明確化、経営改善化のための不断の努力、二度と同様の追加支援等はないとの認識のもと、経営改善計画の進捗と経営状況について、議会への報告を付言する状況に至ったわけであります。 しかしながら、先日、産建常任委員会へのえきまちテラス、えきまち長浜株式会社の経営状況報告では、1年後にはキャッシュアウトとの報告があり、経営改善策を提示されたが、具体性がなく、今後、経営改善の可能性について極めて低い印象を受けた。これまで長浜市が支援し続けてきた経営の末に、改善の見通しが立っていない状況を考えると、市民の理解が得られないと考える。 また、今回、平成31年度当初予算では、5,067万3,000円のえきまち長浜株式会社の関連予算が計上されているが、金額算出の根拠に疑問や、具体性が欠ける部分が多々ある。 そのため、具体性のあるしっかりとした経営改善改革、金額算出の根拠の提示がない限り、市からの支援については最小限にすべきと判断した。 えきまち長浜株式会社の立て直しは、自身の経営努力が基本であり、もう一度立ち止まり、失敗の分析や現状の把握をお願いしたい。 よって、市民生活の影響について最大限の配慮をし、予算案の修正を提出するものであります。 以上であります。 ○竹本委員長 提案者の説明が終わりましたので、修正案に対する質疑に入ります。 質疑、ありませんか。 ◆山崎委員 今、ご説明いただいたんですけども、まず最初に私の立場として、私は修正案でなくて、当初の案で、付帯決議を入れてしっかり、今、ご心配なところはよく分かりましたので、そうしたほうがいいかなと思うのが私の意見でございます。 そこで質問させていただきたいんですけども。もう一つの資料の減額される額、これについてもう少し詳しく教えていただきたいんです。 どういうことかと言うと、歳出の款7商工費、項1商工費、目、商工業振興費が3,060万円マイナス。それが商業振興対策事業費だと思うんですけども、その節19負担金、補助及び交付金の中の長浜駅周辺エリア官民連携にぎわいのまちづくり推進業務負担金を2,260万円減らすというのが修正案だと。もう一つは、出資法人経営改善支援事業費補助金が800万円マイナスということなんですが、その辺のもうちょっと詳しい内容と理由を教えていただきたいと思います。 以上です。 ○竹本委員長 今ほど、山崎議員の質問につきまして、西尾議員、お願いできますか。 ◆西尾委員 1,900万円と360万円、それと800万円ですよね。 この1,900万円は、駐車場1時間無料化のやつでございまして。皆さんもご存じのように、平和堂に止めると、平和堂に入るのは1時間無料でございます。別に1時間無料にせんでも、平和堂に停めれば行けるんであって。そして、1時間無料、無料と言ってるけども、結局税金から負担していると、結局間接的に払っていることになるんで、それはまず無駄だということで、そういう意見が出てまいりました。 360万円については事務経費。800万円は、今度社長を迎える、そういう800万円の関連のやつです。山崎さん、いいですか、それで。分かりますか。 ◆山崎委員 駐車場の件に関しましてですけども、今までさんざんこちらの中心市街地活性化特別委員会等で、駐車場がないのであそこにお客さんが入らないという意味で、駐車場を何とかしてほしいということの経緯でなったもので。これをもう一度なくすとなると、今、ちょっと西尾議員説明された中で、平和堂に行けばそのままするということですけど、平和堂で以前は平日なら500円、土日であれば、休日であれば1,000円以上買い物をしたレシートがないとあそこはただにならないということが以前からありました。そういった状態に戻すと、また車で行く人が大変行きにくくなるんではないかなという懸念がございます。 もう一点は、360万円の事務経費ですが、この算出根拠が、事業に対する15%が事務経費だと私は聞いているんですけども。そうすると、1,900万円以外のもの、このまちづくり推進業務の負担金の以外のものの事務経費も減らされてしまうということなんで、これ整合性合わないと思うんですけども、いかがですか。
    ○竹本委員長 西尾議員、よろしいですか。 ◆西尾委員 簡単に言うと、えきまちテラスの中でかなり無駄遣いされているんで、その事務経費の中でもはっきりと、きちっとえきまちテラスから説明があるんだったらいいですけども、一企業やと言ってほとんど表には出てこない。800万円でもしかりです。今、駐車場のことを言われましたけども。店舗の人らの要求をほんとしてたのは、駐車場に停めるんで無料化にするんであれば、私どもの店に来ていただいたときには、印鑑を押して無料化をしてくれれば、店に行ったら、あそこに行くと駐車場の印鑑を押してもらって無料になる、お互いに店舗の人も喜ばれるから、そういう無料化をしてほしいというのが要望だったんです。 でも、今のえきまちテラスに対しては、あそこ、年間1,900万円の車が停まってると言ったら、ほとんどあそこには1,900万円分の車の無料化の駐車場、えきまちには停まっておりません。 例えば、極端な話を言うと、平和堂のカード、えきまちに行くカードもおんなじなんです。ということは、10台しかえきまちに行ってなくても、年間1,900万円のお金が支払われてるんです。山崎さん。ほんとなら、もうちょっときちっと透明化にするんであれば、平和堂に停める人の停める車がえきまちに行くやつは色分けをきちっとすれば、台数がえきまちにどんだけ行ってるかというのははっきり分かりますよね。その頭数の中で1時間無料化の予算を組めば、ほんとはいいことだと思うんです。全部1,900万円が全部あるところに流れていく。これは、私は整合性は絶対取れないと思います。山崎さん。その山崎さんもこの間一緒に駐車場停めたから、よくご存じだと思いますけども。そういうことをきちっとしてもらえれば、私らやぶさかじゃないですよ。予算、きちっとそういうのを付けていきます。 でも、今までえきまちテラスのやり方はどうですか。あのテープも聞いたように、金は出しても議員は口を出すな。時には一般企業だから口を出すな。そういうなんで透明化になってますか。だから、私たちは、例えば、今、山崎さんが付言を付けてやったらええというのはよく分かりますけども、私は1期目のときから随分こういうことを経験しております。いくら付言を付けても、最初の間、最初だけ。付言を付けるから、ちゃんとやります言って。 ○竹本委員長 西尾委員、説明だけにお願いします。 ◆西尾委員 ごめん、申し訳ない。 ◆山崎委員 ちょっと分からなかったのは、事業に対して15%の事務経費が付くということなんで、1,900万円を削るというんであれば、それだけ分の事業費を削らなければ、この修正案に対して。 この間、私、産業建設常任委員会の2回目だけ見に行かせてもらって、その時の資料を見たんですけど。例えばイルミネーションでありますとか、効果測定、それに対して、全ての事業に対して15%が事務経費で、それを合計すると360万円になるという説明を私も聞いてるんですけども。それであれば、この360万円を削ってしまうのが非常に整合性が合わないということを言っているんで。ちょっと、もしあれなら休憩いただいて、そこの辺を調べていただいたらどうかと思います。ですから、この修正案はおかしいと思います。 以上です。 ○竹本委員長 どうですか。休憩しますか。 ◆中川[勇]委員 私は産業建設のほうの委員ではないんですけども、発言させてもらっていいでしょうか。 ○竹本委員長 はい。 ◆中川[勇]委員 ただ今の関係で。私は健康福祉のほうの委員会には居てるんですけども。この1,900万円、一番大きな金額ということで、ほかのもいろいろあるんですけども。これについては、私はもっと厳しい見方といいますか、もともとなぜこれが必要なんかということまで私は思っておりました。そこをちょっと説明させていただきますと。 ◆押谷委員 今、この360万円の話をせな。これ、話が違うとあかん。 ◆山崎委員 僕が言ってる質問と全然違う。 ◆押谷委員 今、山崎議員が言ってる話と。 ◆中川[勇]委員 先ほど、1,900万円の話もされましたので。 ◆押谷委員 これは、あかんで。山崎議員が言ってることに対して答えるんならええ。 ◆中川[勇]委員 いや。元はそこの。 ◆押谷委員 それは、もう、話、後でしたら良いんや。するなと言うんでない。整理していかんと、ごっちゃになってしまうんや。言うのは良いで。 ○竹本委員長 中川委員、今は360万円についての話。 ◆押谷委員 360万円についての話していかなんだら。 ◆山崎委員 もしあれなら休憩取ってもらって、ちょっと。どうですか。 ◆押谷委員 今、持論であって、そんなもの360万円の話と違うんや。 ◆山崎委員 会長はどういう理解なのかな。 ◆押谷委員 会長がしゃべらんとあかんと思うで。 ○竹本委員長 分科会長、自分の見解を、ちょっとお願いします。 ◆押谷委員 休憩したら良い、休憩。委員長。 ○竹本委員長 ちょっと待ってください。分科会長のほうが説明するということです。 ◆中川[リョウ]委員 360万円についてのいろいろと山崎議員のご意見頂いたんですけども。 私どもが受けている説明の中で言いますと、360万円を何に使うんかというところで。例えば、駅前にどれだけのにぎわいができているのか、それについての効果測定等をすると、私らは委員会の中で聞かせていただきました。その中での事務経費、人件費がそれだけほんとにかかるのかどうか、ちょっと不透明なところがございましたので、360万円につきましても、委員からの提案で削除をさせていただきました。 以上です。 ○竹本委員長 分科会長、もう少し具体的に、その中身について具体的にちょっと答えてくれないと、削減しましたって。360万円の内訳。内訳、知っててくれはると思うで。 ◆中川[リョウ]委員 だから、今ほど申しあげましたように、効果測定等の事務経費及び人件費というふうに私どもはお聞きしております。 以上です。 ◆山崎委員 私が聞いているのは違います。事業に対しての15%の事務経費、それの全部の事務経費として360万円と。 ◆西尾委員 いや、それ違う。 ◆山崎委員 いや、そうなんです。 ○竹本委員長 今、ちょっと見解が違うみたいやで。15%という話が出てきましたので。分科会長、それで15%についてはよくご存じやと思いますので、ちょっとそれについて。 ◆中川[リョウ]委員 ちょっと休憩してもいいですか。 ○竹本委員長 じゃあ、休憩。         ( 休憩 16:03~16:13 ) ○竹本委員長 再開いたします。 ◆中川[リョウ]委員 先ほど山崎議員のご指摘を受けまして、今ほど事務経費15%、これにつきましては修正をさせていただきたいというふうに思います。 今の360万円を減らすと申しあげたんですけども、そのうち75万円の経費については執行ということでお願いをしたいというふうに思います。 いかがでしょうか。 ○竹本委員長 よろしいですか。 ◆山崎委員 これ、正式には出ないですか、それで、修正案は。 ○竹本委員長 修正案としてこの中に組み込んでいただきます。全額ではなしに。よろしいですか。 ◆山崎委員 すいません。せっかく修正いただいたんですけども、私は一番最初に言ったように、私は修正案には反対で。やっぱり付帯決議を付けて、今の駐車場のことに関しましても、私は今までどおりして。結果は少しずつ出てるようなことを聞いております。停めてる台数が少しずつ増えてるということも聞いておりますので。やっぱり駅前のえきまちテラスだけでなく、駅前のにぎわい創出のために、私は当初の案でいって、付帯決議を出すべきだと思います。     以上です。もう言いません。 ◆中川[リョウ]委員 先ほどの、もう一度言わせてもらいますけども。先ほどの山崎委員のご指摘を受けたその360万円のうち75万円については認めるということで、修正案の訂正をお願いしたいというふうに思います。それを合意したうえで、賛否をお願いしたいというふうに思います。 ○竹本委員長 今ほど75万円は認めるということで、その合意のうえで修正案を認めるということの産業建設分科会長の意見がございました。 △採決 ○竹本委員長 それでは、これより採決いたします。 まず、議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算に対する産業建設分科会長から提出された修正案を採決いたしますが、起立による表決といたしますので、よろしくお願いします。 では、修正案のとおり、可決すべきものに賛成の方は起立願います。         ( 賛成者起立 ) ○竹本委員長 起立多数であります。よって、修正案は賛成多数で可決すべきものと決しました。 今ほど、可決すべきものに決した修正案につきましては、本会議において委員会から修正案を提出させていただきますので、ご了承ください。 それでは、可決すべきものとして採決された修正案の部分を除く議案第1号 平成31年度長浜市一般会計予算の原案について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、多数であります。よって、可決すべきものとして採決された修正案の部分を除く議案第1号は、賛成多数で可決すべきものと決しました。 また、修正案の可決により、当初歳入歳出予算の減額となっておりますので、本議会に追加提案させていただきます。 議案第50号 平成31年度長浜市一般会計補正予算(第1号)との整合を取るため、当該補正予算の既定予算額及び変更後の総額に所要の計数整理を行い、修正を行いたいと思います。内容は配布の資料のとおりですので、ご確認お願いします。 休憩します。         ( 休憩 16:19~16:20 ) ○竹本委員長 再開します。 次に、議案第2号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、多数であります。よって、議案第2号は、賛成多数で可決すべきものと決しました。 次に、議案第3号 平成31年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第3号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第4号 平成31年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、多数であります。よって、議案第4号は賛成多数で可決すべきものと決しました。     次に、議案第5号 平成31年度長浜市介護保険特別会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、多数であります。よって、議案第5号は賛成多数で可決すべきものと決しました。 次に、議案第6号 平成31年度長浜市休日急患診療所特別会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第6号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第7号 平成31年度長浜市農業集落排水事業特別会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第7号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第8号 平成31年度長浜市病院事業会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第8号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第9号 平成31年度長浜市老人保健施設事業会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第9号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第10号 平成31年度長浜市公共下水道事業会計予算について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第10号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第11号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第11号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第11号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第12号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第12号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第13号 平成30年度長浜市国民健康保険特別会計(直診勘定)補正予算(第3号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第13号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第14号 平成30年度長浜市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第14号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第15号 平成30年度長浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第15号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第16号 平成30年度長浜市病院事業会計補正予算(第3号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第16号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第17号 平成30年度長浜市公共下水道事業会計補正予算(第4号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第17号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第50号 平成31年度長浜市一般会計補正予算(第1号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第50号は全員一致で可決すべきものと決しました。 次に、議案第51号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第12号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第51号は全員一致で可決すべきものと決しました。 最後に、議案第52号 平成30年度長浜市一般会計補正予算(第13号)について、原案のとおり可決すべきものに賛成の方は挙手願います。         ( 賛成者挙手 ) ○竹本委員長 挙手、全員であります。よって、議案第52号は全員一致で可決すべきものと決しました。 以上で、採決は終了いたしました。 ただ今の結果を本会議において報告いたします。 △審査報告内容について ○竹本委員長 そこで、本日の委員会における皆さんからの質疑を踏まえて、報告すべき審査経過があれば、ご意見をお願いします。 ◆山崎委員 先ほどの修正案に関して、今ほど修正案に反対という方も何人かおられましたので、私だけではなかったと思いますので、こういう意見もあったということは審査過程のほうで報告願いたいと思います。 以上です。 ○竹本委員長 はい。 そのほか、ございませんか。 ◆中川[リョウ]委員 今の修正案が採決、可決されたということで、この修正案の理由についても、この理由書を参考にしていただきまして言っていただけるとありがたいなと思いますけど。 ○竹本委員長 はい。 それでは、最後に、当委員会として意見等を付するかどうか、確認したいと思います。 今ほどの意見につきましては、付することにさせていただきますけれども、そのほかにはございませんか。         ( なし ) ○竹本委員長 ないようですので、それでは字句等の詳細につきましては、正副委員長に一任の確認を、お願いをいたします。 休憩します。         ( 休憩 16:29~16:30 ) △閉会 ○竹本委員長 再開します。 先ほどの資料の訂正については、後ほど配布させていただきますので、今回はここで閉じさせていただきたいと思います。 それでは、以上で予算常任委員会を終了します。 ご苦労様でした。         ( 閉会 16:31 )...