彦根市議会 > 2019-12-23 >
令和元年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-12-23
令和元年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-12-23

ツイート シェア
  1. 彦根市議会 2019-12-23
    令和元年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-12-23


    取得元: 彦根市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-04-06
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1                                 午後4時59分開議 ◯委員長(谷口典隆君)   ただいまより企画総務消防常任委員会を開きます。  今期定例会において、本日、本委員会に付託されました案件は、各位に配付いたしております委員会審査事項のとおりでありますので、審査をお願いいたします。  議案第129号工事請負契約締結につき議決を求めることについての件を議題といたします。  提出者の説明を求めます。  公有財産管理課庁舎耐震化推進室長。 2 ◯公有財産管理課庁舎耐震化推進室長(近藤弘明君)〔議案第129号について提案説明〕 3 ◯委員長(谷口典隆君)   ありがとうございます。  では、これより議案第129号に対する質疑を行います。  質疑はございますか。    (「なし」と呼ぶ者あり) 4 ◯委員長(谷口典隆君)   なければ、本議案に対する質疑はこれにて終了いたします。  これより議案第129号に対する討論を行います。  討論はございますか。  北川委員。 5 ◯委員(北川元気君)   議案第129号に対して反対の立場で討論します。  内容は、議案第128号、先ほど予算委員会で述べた内容と同様で反対です。  以上です。 6 ◯委員長(谷口典隆君)   委員会なので、発言内容を正確にお願いします。  北川委員。
    7 ◯委員(北川元気君)   それでは改めて、議案第128号に反対討論した内容と同じですけれども、再度、申し上げます。  当初は本庁舎耐震化整備事業、31億円程度だった総工費ですけれども、裏合意問題を初め、市の失政のおかげで今や51.5億円にもなり、約20億円もの差額が出ております。ちなみに総事業費ですと68億円という答弁もありました。そして、工事中断した期間については582日、1年7カ月もの長期間になってしまい、市民の皆さんを初め職員の皆さんにもご不便、ご迷惑をおかけしましたし、観光客の皆さんにまで恥ずかしい姿をさらし続けていました。これだけでも大問題でありますが、さらに、市民に与えた損害額についての質問をしましたところ、金額が確定すれば説明すると過去に答弁をしておきながら、今になって「いやいや、正当な行為でありました。必要な経費でありました」と言って、「損害とは考えていない」とごまかし、これまでの答弁がなかったかのようなでたらめな答弁をされました。これは完全に市議会市民をばかにしているのだと私は思います。  それから、副市長と岐建株式会社の面会記録の公文書では、岐建側が本工事について、「赤字になる工事で民間企業としては手は出せない。前回工事風評被害がかなりあったため、イメージダウンにつながるようでは民間企業としては死活問題である」という考えを示していたにもかかわらず、これらの問題が解決していないのに、どうして岐建株式会社は「赤字になる」あるいは「死活問題となる」この工事を落札し、工事請負契約ができるとなるのか、これが疑問なんです。しかし、この質問に対する答弁は全く理解できるものではありませんでした。  さらに、今回の裏合意問題で責任をとられたのは川嶋前副市長のみで、それ以外の方は軽微なものとなっております。これだけ大きな損害、迷惑をかけたのであれば、やはり市長として、こういう議案を出されるのであれば、辞職する意思とともに出されるべきであると考えまして、反対の討論とします。  以上です。 8 ◯委員長(谷口典隆君)   ほかにありませんか。  獅山委員。 9 ◯委員(獅山向洋君)   私も反対の討論をいたします。  この問題は長い間かかったわけですが、結局、岐建に始まって岐建に終わったと、こういうことですね。その間にさまざまな問題があって、岐建そのもののコンプライアンスの問題があるわけですけれども、それについて市の方が全く知らん顔をしていると。むしろ岐建の方に随意契約でやってくださいと意向を尋ねに行っているということが、全く市の方のコンプライアンスもどうなっているのかと。簡単に言ったら、岐建と市が地方自治法施行令違反の違法行為をやっていながら、しかも彦根市なり彦根市民に大変な損害を与えながら、まるで誠心誠意やってきたら損害は発生していないみたいな、言うならば、ころころ話が変わってきているわけですね。普通、裁判で言えば、余りにも供述の変遷があるので彦根市の言うことは全然信用できないと、こういう判決になるはずなんですけど、残念ながら、ここは市議会なのでそういうふうにはいきませんけれども、そういう意味では、私は一体この彦根市というのはどうなっているのだろうと思うわけです。  その上で、本日、北川委員も私も、特に山田副市長が岐建を訪問されたときのことに関して質問をしたわけですが、私は、あの答弁を聞いている限りでは、とにかく今回のこの請負契約については違法性の可能性が非常に高いものであると考えています。皆さんは、何とか請負先が決まったからやれやれと考えておられるかもしれませんが、その問題と、違法であるかどうかという問題とは全く別問題です。そういう意味で、私自身はそんな簡単に「ああ、そうですか。よかったですね」ということで賛成するわけにはまいりません。  それともう1点は、やっぱり大久保市長の問題です。これだけ新市民体育センターも、また、この市庁舎の問題も、本当に大変な、巨額な、簡単に言えば増額になっているのに、市民に対して何ら説明責任を果たして、こういうことですから理解してくださいということで、そして、一遍きちっと、選挙で洗礼を受けるという気持ちが全くないわけですね。むしろこれをやり遂げるのが自分の仕事だということばかり繰り返しているわけです。やり遂げた結果は、きちっと取り組みをしなければ、令和5年には、まさに80億円を超える累積赤字になるわけなんですよ。これがやり遂げることになるのですか。これをやり遂げようとしていること自体が彦根市にとってとんでもない問題であると私は思っております。ほかはまた本会議でも申し上げますけれども、とりあえずここでの反対討論としておきたいと思います。  以上です。 10 ◯委員長(谷口典隆君)   ほかにございますか。    (「なし」と呼ぶ者あり) 11 ◯委員長(谷口典隆君)   なければ、本議案に対する討論はこれにて終了いたします。  ただいまから採決を行います。  議案第129号工事請負契約締結につき議決を求めることについては、原案のとおり可決すべきものと決することにご異議がありますので、起立により採決いたします。  議案第129号は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方々の起立を求めます。    (賛成者起立) 12 ◯委員長(谷口典隆君)   ご着席願います。  起立多数であります。よって、議案第129号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  これにて、本委員会に付託されました案件の審査を終了いたします。  なお、本委員会の審査結果報告書等の案文につきましては委員長にご一任願いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり) 13 ◯委員長(谷口典隆君)   ご異議なしと認め、そのように取り計らいます。  以上で企画総務消防常任委員会を閉じます。お疲れさまでございました。                                 午後5時09分散会 Copyright © Hikone City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...