ツイート シェア
  1. 彦根市議会 2019-02-01
    平成31年2月定例会(第7号) 本文


    取得元: 彦根市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-28
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1            午前8時59分開議 ◯議長(安藤 博君) 皆さん、おはようございます。  ただいまから本日の会議を開きます。 ────────────────── 日程第1 会議録署名議員の指名 2 ◯議長(安藤 博君) 日程第1、本日の会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員に、21番安澤勝君、および22番安居正倫君を指名いたします。 ────────────────── 日程第2 諸般の報告 3 ◯議長(安藤 博君) 日程第2、諸般の報告を行います。  市長から、地方自治法第180条第2項の規定に基づき、和解をすることについてが報告第3号として、損害賠償の額の決定についてが報告第4号として議長宛てに提出されましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。  以上で諸般の報告を終わります。 ────────────────── 日程第3 議案第54号から議案第61号ま で上程(市長提案説明) 4 ◯議長(安藤 博君) 日程第3、市長から、議案第54号から議案第61号までの各議案が追加提出されましたので、これを議題といたします。  職員に議案を朗読させます。   〔山口議会事務局次長朗読〕 5 ◯議長(安藤 博君) 提案者の説明を求めます。  市長。
      〔市長(大久保 貴君)登壇〕 6 ◯市長(大久保 貴君) 皆様、おはようございます。本日、提出いたしました議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。  議案第54号から議案第61号までにつきましては、いずれも諸般の事情により予算の補正が必要となったものでございまして、まず、議案第54号は、市税の好調や地方交付税の増額等により歳入予算が大きく増加しますことから、財政調整基金への積み立てを行いますほか、病院事業会計負担金、退職手当等につきまして増額補正を行う一方、事業費の確定に伴いまして、本庁舎耐震化整備事業や都市公園等の社会資本整備総合交付金関連事業、長期借入金利子償還金等において減額補正するものが主なものでございます。  これらの補正予算額は12億2,866万2,000円でございまして、減額補正でございますが、先ほど申し上げましたとおりに、歳入で大幅増加が見込まれますことから、その増加分等を財政調整基金へ積み立てるため、繰越金等は生じてございません。  債務負担行為補正につきましては、本庁舎耐震補強・増築・改修工事の延長に伴いまして、本庁舎ネットワーク設備導入業務のほか2件の関連業務の債務負担行為の廃止を行うものでございます。  また、繰越明許費につきましては、諸般の事情により、事業の年度内完成が困難な災害見舞金等支給事業など、経費を翌年度に繰り越す補正を行うものでございます。  次に、議案第55号から議案第61号までは、特別会計および企業会計の補正予算でございます。  まず、議案第55号につきましては国民健康保険事業特別会計の補正予算で、財政調整基金への積み立て等を行うことにより増額補正を行うもの。  議案第56号につきましては下水道事業特別会計の補正予算でございまして、事業費の組み換え等により全体として減額補正を行うほか、繰越明許費につきましては、諸般の事情により、事業の年度内完成が困難な公共下水道事業等の経費を翌年度に繰り越すもの。  議案第57号につきましては休日急病診療所事業特別会計の補正予算でございまして、インフルエンザ患者の増加に伴いまして医薬材料費に不足が生ずる等のため、増額補正を行うもの。  議案第58号につきましては介護保険事業特別会計の補正予算でございまして、介護保険各サービス給付費等について、当初見込みと実績見込みとの間に増減が生ずることにより、全体としては増額補正を行うもの。  議案第59号につきましては後期高齢者医療事業特別会計の補正予算で、後期高齢者医療広域連合納付金の額の確定等に伴い増額補正を行うもの。  議案第60号につきましては病院事業会計の補正予算でございまして、高額な抗がん剤等の利用増に伴います薬品費や手術件数の増加に伴う診療材料費の補正を行うほか、人件費の確定に伴い給与費等について補正を行うものでございます。  議案第61号につきましては水道事業会計の補正予算でございまして、給与費等を補正するほか、拡張事業費について、事業費の確定に伴い減額するものでございます。  以上が本日提出いたしました議案の大要でございます。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。 7 ◯議長(安藤 博君) これより質疑に入ります。  ただいまのところ、質疑の通告はありません。  質疑はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 8 ◯議長(安藤 博君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第54号から議案第61号までについては、会議規則第37条第1項の規定に基づき、お手元に配付しております議案付託表のとおり予算常任委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。   (「議長、動議」と呼ぶ者あり) 9 ◯議長(安藤 博君) 辻議員、動議の内容をお伝えください。  ただいま辻真理子さんから動議の発言がありましたから、これを許可いたします。  1番辻真理子さん。辻さん。   〔1番(辻 真理子さん)登壇〕 10 ◯1番(辻 真理子さん) 2月定例会に配付されました配付資料13の事業見直し一覧に基づきまして、3月5日に私が質疑をいたしました。産業部長から、花火大会を中断するという答弁を得ました。これによって、当日、傍聴の市民、ネット中継をごらんになりました市民は、花火大会は中断するのだという認識をされました。しかしながら、3月8日以降の予算常任委員会におきましては、花火大会を中断するという文言が削除されました。さらに、3月13日付、資料13訂正資料が配付されまして、彦根大花火大会につきましては「本市補助金の交付を中断する」との訂正がされました。この間の動きによりますと、一体どれが正式なものであるか判断しかねます。このような状態では当初予算案について賛否の判断をすることができません。  したがって、20日の当初予算の採決前にただしておく必要がありますので、緊急性があると考え、緊急質問の提出をいたしました。 11 ◯議長(安藤 博君) この際、確認いたします。  ただいまの辻真理子さんからの動議の成立については、会議規則第16条の規定により、2名以上の賛成者が必要となります。  お諮りいたします。  本動議に賛成の方々の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 12 ◯議長(安藤 博君) ご着席願います。  賛成者が2名以上のため、本動議は成立いたしました。  暫時休憩いたします。            午前9時09分休憩            午前9時49分再開 13 ◯議長(安藤 博君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  辻真理子さんの緊急質問の件を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  辻真理子さんからの緊急質問に同意の上、これを日程に追加し、発言を許可することに賛成の方々の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 14 ◯議長(安藤 博君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、辻真理子さんからの緊急質問に同意の上、これを日程に追加し、発言を許可することに決しました。 ────────────────── 追加日程 辻真理子さんからの緊急質問 15 ◯議長(安藤 博君) 1番辻真理子さん。辻さん。   〔1番(辻 真理子さん)登壇〕 16 ◯1番(辻 真理子さん) 議員の皆様におかれましては、緊急質問にご同意いただきまして、まことにありがとうございました。大変重要な問題、かつ市民の方々の関心が高く、心配の向きが多い問題ですので、しばらく質問をお聞きいただきたいと思います。  まず、私たち議員には多くの会議資料が配付されていますが、その中に、資料13として、平成31年度(2019年度)事業見直し一覧がありました。この資料を前提として、本会議で私は質問をさせていただきました。  そこで、以下、質問いたします。  標題1、本会議での答弁では「中断する」という文言のままになっているが、その対応は。  2月定例会の配布資料13の事業見直し一覧に基づき、3月5日に私が質疑いたしました。産業部長から、花火大会を中断するという答弁がございました。これによって、当日、傍聴された市民、ネット中継をごらんになりました市民は、花火大会は中断するという認識をされています。本会議での答弁では、中断するという文言はそのまま残っているわけですが、そのままでよろしいのでしょうか。  標題2、予算常任委員会において「彦根大花火大会は中断する」という文言は削除したのか。  予算常任委員会におきまして、和田委員からの「それでは、事業見直し一覧でありますが、彦根花火大会についての中断というこの文言自体は削除していただけるということですか」という問いに対しまして、産業部長からは「そのとおりでございます」という答弁があったわけでございます。地方紙では、この発言に基づいて、「花火中断を再見直し」という記事を発信されています。  予算常任委員会では、花火大会の中断を削除したのですね。この時点では花火大会は開催されるということになったと解釈いたしますが、それでよろしいですね。  標題3、資料13の訂正文書(補助金の交付を中断する)は予算常任委員会で承認を得ているのか。  資料13、事業見直し一覧の訂正文書ですが、これには、補助金交付を中断すると変更されてあります。これによって、現在、中途半端なままで、当初資料のとおり本会議での「花火大会の中断」と、予算常任委員会での「花火大会の中断を削除する」、そして訂正資料の「補助金交付を中断する」、この3つが並存していて、どれが理事者側の正式な答弁・資料であるのかわかりません。  この訂正資料の内容について予算常任委員会での承認は行われたのか、明確な答弁を求めます。  標題4、結局、補助金を出すのか出さないのか。  結局のところ、彦根市としては、実行委員会に対して補助金を交付するのか、交付しないのか、明らかにしてください。  標題5、実行委員会の関係団体には「中断する」のか「中断を削除する」のか明確に伝えているのか。  中断あるいは削除については、今ほど申しましたとおり、今日まで正式な訂正もなく進んできております。実行委員会の構成団体には、中断するのか、中断を削除するのか、どのように伝えているのかを伺います。  標題6、実行委員会に対して早急に会議開催の要請をするのか。  彦根市としては、補助金の有無を含めて、実行委員会に早急に開催を要求するのか、伺います。  標題7、実行委員会が開催を決定した場合、構成団体として彦根市は具体的にどのような協力をするのか。  実行団体におきまして、彦根市からの補助金がなくとも実行するという結論が出た場合、彦根市とはどのような協力をするお考えかを伺います。  以上、よろしくお願いいたします。 17 ◯議長(安藤 博君) 暫時休憩いたします。            午前9時55分休憩            午前10時09分再開 18 ◯議長(安藤 博君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  執行部、答弁をお願いします。  産業部長。 19 ◯産業部長(辻 宏育君) それでは、ただいまの辻議員からのご質問にご答弁してまいりたいと思います。  まず、1点目でございます、本会議の答弁では中断するという文言のままになっているがということのご質問でございますが、この件に関しましては、去る3月11日開催の予算常任委員会におきまして、和田委員から彦根大花火大会の開催については実行委員会で行っており、同委員会に諮らずして中断決定するプロセスに誤りがあるのではないかとのご指摘と、事業見直し一覧表の「中断」の文字の削除の求めをいただきました。  このことに対しましては、本市といたしまして、同実行委員会の一員とはいえ、同委員会とは協議しておらず、プロセスが間違っていたことを認めた上で、本市のみの判断で花火大会を中断するとした見直し内容および見直し理由の記載が不適正であったことをおわび申し上げ、事業見直し一覧の「中断」の文言を削除することにつきましては委員のご質問のとおりとお答えしたところでございます。  このことを受けまして、平成31年度(2019年度)当初予算(案)発表資料集内の資料13の事業見直し一覧表の中事業名、ゆかたまつり開催事業(旧彦根夏の陣開催事業)の見直し内容および見直し理由の一部の表記の訂正を3月13日にお願いしたところでございます。  本市といたしましては、この見直し内容および見直し理由につきまして、花火大会については「中断する」を「本市補助金の交付を中断する」と訂正することが本市の立場からの正しい表記であると判断いたしまして、訂正をお願いしたところでございます。  このことに関して、今定例会の中で矢吹議員の代表質問の「観光事業における見直しと今後について」のうち「観光関係予算の見直し理由について」、辻議員の個人質問でございます「平成31年度一般会計当初予算について」のうち「花火大会を開催できないとする理由は」、それから、谷口議員からの個人質問の「議案第3号、新年度一般会計予算について」のうち「旧彦根夏の陣の開催事業について」の中での花火大会の見直し理由の中で、開催を中断するということでご答弁いたしましたが、この場をおかりして大変申しわけございませんが、本市補助金の交付を中断するというのが正しい表記であったということでございまして、深くおわびを申し上げ、訂正をお願いするものでございます。大変申しわけございませんでした。  それから、二つ目のご質問でございますけれども、花火大会は開催されるということになったと解釈するが、それでよいかというご質問でございましたが、花火大会を開催するということで「中断する」ということを削除したものではございませんでして、正しくは補助金の交付を中断するというような内容でございますので、よろしくお願いしたいと思いますし、本件の実施・開催の有無につきましては花火大会の実行委員会で決定されることと理解しておりますので、よろしくお願いいたします。  3点目の、資料13の訂正文書について承認を得たのかということでございますけれども、今回の訂正につきましては、議長のご承認もいただいた上で、資料等の訂正を3月13日に行ったものでございますので、そういった意味でご理解をお願いしたいと思っております。  4点目、結局、補助金を出すのか出さないのかということでございますけれども、こちらにつきましても、平成31年度の予算案におきましては補助金を出さないというものでございます。  それから、実行委員会の関係団体には、中断するのか中断を削除するのか、明確にされているのかというところでございますけれども、ここの分につきましては、実行委員会の構成団体につきましてはまだ正式にお伝えしておりませんけれども、一部、構成団体の中には中断をするということで協議している団体もございます。そういった意味では、まだ全体としてはできていないというところでございます。  実行委員会に対して早急に会議開催の要請をするのかということいでございますけれども、本定例会終了後、実行委員会の構成団体につきましては早急にお声かけをして集まっていただく考えでおります。  最後の、実行委員会が開催を決定した場合、構成団体として彦根市は具体的にどのような協力をするのかというご質問でございますけれども、この部分につきましては、仮定の話にはなりますけれども、対応可能な協力をさせていただきたいとは考えておりまして、具体的ということでございますが、例えば開催地の町内の見回りであるとか清掃といった、今日まで行ってきた人的な協力であるとか事務的な支援が考えられるものと考えているところでございます。  以上でございます。 20 ◯議長(安藤 博君) 辻さん。 21 ◯1番(辻 真理子さん) それでは、再質問させていただきます。  標題1のことについて答弁されましたが、大変早口だったので、ちょっと私、要領を得ないところがございますので、もう一度お聞きいたします。  この場をおかりしましておわびして訂正させていただきたいと発言の途中でおっしゃいましたけれども、本会議の答弁では中断するという文言がそのまま残って生きているわけです。それに対して、この場をおかりして訂正させていただきますということに対して、私ども議会が「いや、それは認めません」と言った場合はどうなさるのか、お聞きしたいと思います。  4番については、もう出さないとはっきりおっしゃったので、そういうふうに市民にはお伝えさせていただきます。  7番でございますが、実行委員会において、彦根市からの補助金がなくとも実施するという結果が出た場合、彦根市としてはどのような協力をするとお考えかと伺いましたところ、可能な限り、見回り、清掃など、そういう人的協力、事務的な協力もさせていただくというような答弁がございましたが、例えば協力をするとお答えになった中で、そのときは何らかの費用が発生してくると思います。例えば見回りとか清掃とか、職員さんが協力的に働いていただくことになりますと人的な費用は発生すると思いますが、そのような人的費用はお支払いになるということをお認めになりますでしょうかという再質問をさせていただきます。 22 ◯議長(安藤 博君) 暫時休憩いたします。            午前10時17分休憩
               午前10時24分再開 23 ◯議長(安藤 博君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  ただいま辻さんの方から本会議の答弁を訂正するのかという再質問がございましたが、議長といたしましては、今回の訂正は字句の訂正というものではなく、本質的なものになっておりますので、発言の訂正は認めません。つきましては、それの再質問に対してはお答えはされませんのでご了解いただきたいと思います。  産業部長。 24 ◯産業部長(辻 宏育君) 最後の、仮定として、協力して経費が発生した場合は出すのかという再質問を頂戴いたしました。  この分につきましては、仮定の話にはなりますけれども、人的な動員といいますか、そういった形になるかと思いますので、人件費等が関係してくるかと思っておりますけれども、その分につきましては、今ご提案をさせていただいております予算案の既存予算の中で回させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。 25 ◯議長(安藤 博君) 辻さん。 26 ◯1番(辻 真理子さん) ただいまの産業部長の、やっぱり早口なので最終的な一番最後の部分、一番大事なところがちょっと聞こえなかったんですけれども、その人件費はどこで承認するのかということをもう一遍お答えいただきたいと思います。 27 ◯議長(安藤 博君) 産業部長。 28 ◯産業部長(辻 宏育君) 大変申しわけございません。ちょっと早口で申しわけございませんでした。  当初予算で上程しております各職員の人件費がございますので、例えば夜間に派遣する、あるいは早朝に派遣するという、例えばごみ拾いするとか町内の見回りをするといったときには、開催されております時間帯で執務をお願いすることになりますので、そうした場合の、要は超過勤務とかそういった分については、今お願いしております人件費の中で対応させていただきたいというご答弁をさせていただきました。 29 ◯議長(安藤 博君) 以上で緊急質問を終了いたします。  お諮りいたします。  明19日は議事の都合により休会したいと思います。これにご異議ございませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 30 ◯議長(安藤 博君) ご異議なしと認めます。よって、明19日は休会することに決しました。  来る20日は定刻から本会議を開き、各委員長に委員会審査の結果報告を求め、質疑、討論ならびに採決を行います。  以上で本日の日程は全て終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  お疲れさまでございました。            午前10時27分散会 Copyright © Hikone City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...