ツイート シェア
  1. 彦根市議会 2013-12-01
    平成25年12月定例会(第19号) 資料


    取得元: 彦根市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-01-06
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1            平成25年12月彦根市議会定例会請願文書表  ┌─┬──────────────┬─────────┬─────┬────┬─┐  │受│              │         │     │    │ │  │ │  請   願   者   │  請願の要旨  │紹介議員 │受  理│付│  │理│              │         │     │    │託│  │ ├────────┬─────┤         │     │    │委│  │番│住所または   │氏名または│  (件 名)  │氏   名│年月日 │員│  │ │        │     │         │     │    │会│  │号│団     体 │代表者名 │         │     │    │ │  ├─┼────────┼─────┼─────────┼─────┼────┼─┤  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │彦根市原町  │     │         │     │    │ │  │ │3751-7(市民体 │会長   │         │     │    │ │  │ │育センター内) │中村善一郎│         │     │    │ │  │ │彦根市体育協会 │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │彦根市尾末1-38 │     │         │     │    │ │  │ │(市民会館内) │会長   │         │徳永ひで子│    │ │  │ │彦根市スポーツ │伊藤 紀子│         │     │    │ │
     │ │推進委員協議会 │     │         │     │    │福│  │ │        │     │(仮称)彦根市総合│田中 滋康│    │ │  │ │彦根市金亀町  │     │         │     │    │祉│  │ │8-1(彦根市立西 │会長   │体育館の建設なら │     │    │ │  │ │中学校内)   │田附 弘和│         │馬場 和子│平成25年│病│  │8│彦根市中学校体 │     │びに屋外競技施設 │     │(2013年)│ │  │ │育連盟     │     │         │     │    │院│  │ │        │     │の充実を求める請 │安居 正倫│12月2日│ │  │ │彦根市原町  │     │         │     │    │教│  │ │3751-7(市民体 │本部長  │願書       │     │    │ │  │ │育センター内) │矢田 忠男│         │矢吹 安子│    │育│  │ │彦根市スポーツ │     │         │     │    │ │  │ │少年団     │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │北村 收 │    │ │  │ │彦根市高宮町  │     │         │     │    │ │  │ │2447(彦根市立 │支部長  │         │     │    │ │  │ │高宮小学校内) │小林 常浩│         │     │    │ │  │ │滋賀県小学校体 │     │         │     │    │ │  │ │育連盟彦根支部 │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │ │  ├─┼────────┼─────┼─────────┼─────┼────┼─┤  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │市│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │滋賀県近江八幡 │     │         │     │    │民│  │ │市安土町大中  │     │         │     │平成25年│ │  │ │241       │代表者  │TPP交渉からの │山内 善男│(2013年)│産│  │9│        │北村 富生│         │     │    │ │  │ │滋賀県農民組合 │     │撤退を求める請願 │山田多津子│12月5日│業│  │ │連合会     │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │建│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │設│  │ │        │     │         │     │    │ │  ├─┼────────┼─────┼─────────┼─────┼────┼─┤  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │特定秘密保護に │     │    │企│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │関する法律案が強 │     │    │画│  │ │彦根市栄町2丁 │     │         │山内 善男│    │ │  │ │目7-37     │     │行可決されたと  │     │平成25年│総│  │10│        │代表   │         │山田多津子│(2013年)│ │  │ │憲法改悪反対彦 │間塚 徹 │き、抗議の意見書 │     │    │務│  │ │根共同センター │     │         │田中 滋康│12月5日│ │  │ │        │     │の提出を求める請 │     │    │消│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │願        │     │    │防│  │ │        │     │         │     │    │ │  ├─┼────────┼─────┼─────────┼─────┼────┼─┤  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │特定秘密保護に │     │    │企│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │関する法律案につ │     │    │画│  │ │彦根市栄町2丁 │     │         │山内 善男│    │ │  │ │目7-37     │     │いて、国に対し、 │     │平成25年│総│  │11│        │代表   │         │山田多津子│(2013年)│ │  │ │憲法改悪反対彦 │間塚 徹 │慎重な審議と廃案 │     │    │務│  │ │根共同センター │     │         │田中 滋康│12月5日│ │  │ │        │     │について意見書の │     │    │消│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │提出を求める請願 │     │    │防│  │ │        │     │         │     │    │ │  │ │        │     │         │     │    │ │  └─┴────────┴─────┴─────────┴─────┴────┴─┘ 2 請願第8号     (仮称)彦根市総合体育館の建設ならびに屋外競技施設の充実を求める請願書                          紹介議員                             北 村   收                             矢 吹 安 子                             徳 永 ひで子                             田 中 滋 康                             馬 場 和 子                             安 居 正 倫 1 請願趣旨  第79回国民体育大会が平成36年に本県において開催されるよう表明され、昭和56年(1 981年)に第36回びわこ国体が行われて以来、二巡目となる大会です。第36回びわこ国体 は、本市では夏季総合開閉会式、水泳(競泳、飛込み)、テニス、ハンドボール、軟式野球(公 開競技)の競技が行われ大変盛り上がり、地域の活性化や発展に大きく貢献いたしました。  今回、こうした機会は大変意義ある事と捉え、本市開催競技種目の意思表明をし、開催できる よう要望するところですが、現在、本市のスポーツ施設は、近畿全国レベルの大会を開催するに 堪えうる施設を持ち合わせないため、全国規模の大会誘致ができなく残念ながら他市に譲ってい るのが実情です。小、中高生がハイレベルな試合を観戦する機会もなく、競技力の向上や生徒・ 選手の意欲、さらには、地域経済効果や活性化にも大きく影響しています。  そうした折に、二巡目国体誘致を機に、本市におけるスポーツ施設の大幅な見直しや施設整備 の充実も含め、大胆なてこ入れや財政投資も必要であると考えます。  国体の開催競技種目は、市町の開催希望競技会の開催実績、大会後の地域振興に向けた考え 方、実施競技団体の意向等を総合的に判断することとされています。県の各種競技団体は現在の 施設のままでは、どの種目も「彦根市開催」という意向は示さないと思われます。  先般、本市体育協会傘下の各競技団体に意向調査を行ったところ、大多数の競技団体が本市に おいて国体開催を希望いたしました。その意志が反映されますように請願いたします。 2 請願事項  ◎ 本市のスポーツ施設の拠点となる(仮称)総合体育館の建設    本市の競技スポーツ生涯スポーツの拠点、聖地となりうる(仮称)総合体育館の建設(バ   スケットボール競技なら正規のコート3~4面程度、観客収容数5,000人規模で、屋内競技の   どのような競技種目でも対応し、開催できる施設)をお願いします。  ◎ 屋外競技施設の整備充実
       本市には、屋外競技施設として荒神山公園運動施設、金亀公園運動施設等がありますが、   いずれも日本体育協会が示す国体設置基準には満たない施設です。    本市屋外競技施設を見直し、整備充実を図っていただくようお願いします。  今後、ポスト国体市民生涯スポーツや小・中・高校生、大学生の部活動の普及・強化を考 えるとき、先にも述べた(仮称)総合体育館の建設や屋外施設の整備充実をしていただけるなら ば、その施設を中心に近畿、全国、国際規模の競技大会の誘致が計画的にでき、市民競技する 児童生徒が、ハイレベル競技を身近に観戦する機会も増えます。そのことが、競技力の向上は もちろん、夢や希望意欲をもった青少年を育てることにもつながり、健全育成の観点からも重 要です。  また、本市体育協会が、競技種目誘致の意向調査を行ったところ、傘下の大方の競技団体から 本市での開催を熱望しています。  その主な開催理由は、   ○ポスト国体に全国大会規模の大会が誘致でき、来彦者が増える。   ○小・中・高校生の健全育成につながる。   ○県協会(連盟)とつながりが強く、バックアップが可能である。 等々です。  こうした二巡目国体開催の機会に、本市スポーツ施設を見直し、整備拡充を図っていただくこ とにより、県内はもちろん県外各地から多くの来彦者を招くことができ経済産業観光等の活 性化にも大きな効果をもたらすものであります。  以上のことから、貴議会においてもこの請願趣旨をご理解いただき、市長に対し働きかけてい ただきますよう、ここに請願いたしますのでよろしくお願いいたします。  平成25年11月14日             請願者             代表     彦根市原町3751-7(市民体育センター内)                    彦根市体育協会                       会 長      中 村 善一郎                    彦根市尾末1-38(市民会館内)                    彦根市スポーツ推進委員協議会                       会 長      伊 藤 紀 子                    彦根市金亀町8-1(彦根市立西中学校内)                    彦根市中学校体育連盟                       会 長      田 附 弘 和                    彦根市原町3751-7(市民体育センター内)                    彦根市スポーツ少年団                       本部長      矢 田 忠 男                    彦根市高宮町2447(彦根市立高宮小学校内)                    滋賀県小学校体育連盟彦根支部                       支部長      小 林 常 浩 彦根市議会議長 谷 口 典 隆 様 3 請願第9号               TPP交渉からの撤退を求める請願                          紹介議員                             山 内 善 男                             山 田 多津子 [請願趣旨]  政府は、今年7月にTPP協定参加し、いま年内合意を目指すとしています。  政府参加を決めたとき国民に2つの約束をしました。1つは「丁寧な情報提供、交渉参加 すれば情報を入手しやすくなる」、他の一つは「強い交渉力で守るべきものは守る」でした。し かし、加入時に署名した「守秘保持契約」を理由にこの間の交渉内容や情報の開示をしていませ ん。そればかりか自民党西川TPP対策委員長の「米など農産物の重要5項目についても関税撤 廃の検討に入る」との発言は断固許されません。先の参議院選挙で「聖域は断固守る、確保でき なければTPP交渉からの脱退も辞さない」との選挙公約に違反するものです。  私達は、国民交渉内容をひた隠し、米など農産物重要5項目の聖域すら守れないTPP交渉 からは直ちに撤退すべきことを強く要求します。  周知のとおりTPP参加が、日本の農林漁業食の安全を始め医療制度保険など国民生活全 般に深刻な影響を及ぼし、かつISD条項は国家主権を揺るがす重大問題であることは明白であ ります。この間、44道府県と8割余の市町村議会は反対ないし、慎重な対応を求める決議をし ています。また衆・参農水委員会では、農産品5品目は関税撤廃が除外できない場合は「脱退も 辞さず」との決議をしています。  以上の趣旨から、下記の請願事項についての意見書を政府関係機関に提出されるよう請願いた します。 [請願項目] 1.TPP交渉の内容を国民に公表すること。 1.政府はTPP交渉から撤退すること。  2013年12月5日             請願団体   滋賀県近江八幡市安土町大中241                    滋賀県農民組合連合会                       代表者      北 村 富 生 彦根市議会議長 谷 口 典 隆 殿 4 請願第10号   特定秘密の保護に関する法律案が強行可決されたとき、抗議の意見書の提出を求める請願                          紹介議員                             山 内 善 男                             山 田 多津子                             田 中 滋 康 1.請願内容  今臨時国会で審議中の「特定秘密の保護に関する法律案」(以下「法案」)では、特定秘密の 対象とされる情報の範囲が曖昧で不明確であるため、本来国民に公開されなくてはならない情報 まで、指定者の恣意的な都合で特定秘密とされ、主権者の目に触れなくなってしまうことが強く 懸念されます。  これについては、日本弁護士連合会などの法律団体日本科学者会議や刑事法研究者などの 学者団体日本新聞協会日本民間放送連盟などのジャーナリスト団体など数多くの団体が、憲 法に謳われている基本的人権を侵害する可能性があるとして、法案の制定に対して反対の立場を 明確にしています。また、法案に関するパブリックコメントでも9万件の意見の8割が法案に反 対するものでした。  去る11月23日、24日の「彦根ゑびす講」で行った街頭アンケートでも、秘密保護法案に 反対は222名、わからないは22名、賛成は7名となりました、11月9日に行ったキャッス ルロードでの街頭アンケート結果(反対53名、わからない20名賛成8名)と比べ反対が65% から88%へと大きく増加しているのが特徴です。街頭では、戦争を経験された市民から「これ はあかん。昔も国は勝った勝ったと言って、国民はだまされたんや。」と、今回の秘密保護法案 の動きを憂う声も寄せられています。  福島県議会は、放射性物質の拡散予測システムSPEEDIの情報が適切に公開されなかった ため、一部の浪江町民がより放射線量の高い地域避難したことが事後に明らかになったことを 挙げ、「このような国民生命財産を守る為に有益な情報が、公共安全秩序維持の目的
    ために「特定秘密」の対象に指定される可能性は極めて高い」と、懸念する意見書を発表してい ます。  彦根市も、福井県にある多くの原子力発電所に近い距離にあり、重大事故が発生すれば、放射 性物質の拡散影響下に入ることは確実な地域となります。緊急避難のための適確な情報が「特定 秘密」になれば、住民の命を守ることに大きな支障を及ぼすことが懸念されます。  今、重要なのは徹底した情報公開を推進することであり、刑罰による秘密保護情報統制では ありません。法案は「特定秘密」の範囲があいまいであるため、特に取材者に萎縮効果をもたら すことか懸念され、その結果として、主権者である国民知る権利担保する内部告発や取材活 動を萎縮させる危険性を内包しています。  よって、特定秘密保護法案に対して、参議院で廃案にすること、少なくとも拙速な審議はやめ、 世論を踏まえて慎重な対応を国に対して求めるものですが、12月6目の会期末をひかえ、政府 は圧倒的な世論を無視し強行採決に走ることも伝えられています。流動的な情勢を踏まえて、強 行採決で可決された際には下記のとおり彦根市議会として関係機関抗議の意見書の提出を求め るものです。 2.請願項目 ・特定秘密保護法案参議院での強行採決に対して、抗議の意見書の提出を求めます。  2013年12月5日             請願者    彦根市栄町2丁目7-37                    憲法改悪反対彦根共同センター                       請願代表    間 塚   徹 彦根市議会議長 谷 口 典 隆 殿 5 請願第11号           特定秘密の保護に関する法律案について、国に対し、           慎重な審議と廃案について意見書の提出を求める請願                          紹介議員                             山 内 善 男                             山 田 多津子                             田 中 滋 康 1.請願内容  今臨時国会で審議中の「特定秘密の保護に関する法律案」(以下「法案」)では、特定秘密の 対象とされる情報の範囲が曖昧で不明確であるため、本来国民に公開されなくてはならない情報 まで、指定者の恣意的な都合で特定秘密とされ、主権者の目に触れなくなってしまうことが強く 懸念されます。  これについては、日本弁護士連合会などの法律団体日本科学者会議や刑事法研究者などの 学者団体日本新聞協会日本民間放送連盟などのジャーナリスト団体など数多くの団体が、憲 法に謳われている基本的人権を侵害する可能性があるとして、法案の制定に対して反対の立場を 明確にしています。また、法案に関するパブリックコメントでも9万件の意見の8割が法案に反 対するものでした。  去る11月23日、24日の「彦根ゑびす講」で行った街頭アンケートでも、秘密保護法案に 反対は222名、わからないは22名、賛成は7名となりました、11月9日に行ったキャッス ルロードでの街頭アンケート結果(反対53名、わからない20名賛成8名)と比べ反対が65% から88%へと大きく増加しているのが特徴です。街頭では、戦争を経験された市民から「これ はあかん。昔も国は勝った勝ったと言って、国民はだまされたんや。」と、今回の秘密保護法案 の動きを憂う声も寄せられています。  福島県議会は、放射性物質の拡散予測システムSPEEDIの情報が適切に公開されなかった ため、一部の浪江町民がより放射線量の高い地域避難したことが事後に明らかになったことを 挙げ、「このような国民生命財産を守る為に有益な情報が、公共安全秩序維持の目的の ために「特定秘密」の対象に指定される可能性は極めて高い」と、懸念する意見書を発表してい ます。  彦根市も、福井県にある多くの原子力発電所に近い距離にあり、重大事故が発生すれば、放射 性物質の拡散影響下に入ることは確実な地域となります。緊急避難のための適確な情報が「特定 秘密」になれば、住民の命を守ることに大きな支障を及ぼすことが懸念されます。  今、重要なのは徹底した情報公開を推進することであり、刑罰による秘密保護情報統制では ありません。法案は「特定秘密」の範囲があいまいであるため、特に取材者に萎縮効果をもたら すことか懸念され、その結果として、主権者である国民知る権利担保する内部告発や取材活 動を萎縮させる危険性を内包しています。  よって、特定秘密保護法案に対して、参議院で廃案にすること、少なくとも拙速な審議はやめ、 世論を踏まえて慎重な対応を国に対して求めます。  よって下記のとおり彦根市議会として関係機関に意見書の提出を求めるものです。 2.請願項目 ・特定秘密保護法案に対して、参議院で廃案にすることを強く国に求める意見書の提出を求めま す。  2013年12月5日             請願者    彦根市栄町2丁目7-37                    憲法改悪反対彦根共同センター                       請願代表    間 塚   徹 彦根市議会議長 谷 口 典 隆 殿 Copyright © Hikone City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...