ツイート シェア
  1. 彦根市議会 1997-05-01
    平成9年5月臨時会(第6号) 本文


    取得元: 彦根市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-28
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1           午前9時54分開会 ◯議長(藤田昌利君) ただいまから平成9年5月彦根市議会臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。 ────────────────── 日程第1 議席の指定 2 ◯議長(藤田昌利君) 日程第1、議席の指定を行います。  平成9年4月21日に当選の決定をみました正村嘉規君の本会議の議席は、会議規則第4条第2項の規定により、議長より指定いたします。  議席は、ただいま着席の14番を指定いたします。 ────────────────── 日程第2 会議録署名議員の指名 3 ◯議長(藤田昌利君) 日程第2、本日の会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員に、1番北村 收君および2番手原政良君を指名いたします。 ────────────────── 日程第3 会期の決定 4 ◯議長(藤田昌利君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 5 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。 ────────────────── 日程第4 環境対策特別委員会委員長中間報告
    6 ◯議長(藤田昌利君) 日程第4、環境対策特別委員会委員長から、中間報告の申し出がありますので、これを許します。  環境対策特別委員会委員長、野村郁雄君。 〔環境対策特別委員会委員長(野村郁雄君)登壇〕 7 ◯環境対策特別委員会委員長(野村郁雄君) 環境対策特別委員会が付託を受けて調査をいたしております案件につきまして、中間報告をいたします。  去る5月9日、本委員会を開き、(仮称)彦根市リサイクルセンターおよび彦根・犬上広域一般廃棄物最終処分場の取組の経過工事の進捗状況等について、理事者から説明を受け、調査研究を行いました。なお、会議に入る前に、リサイクルセンターの建設予定地の現地視察と最終処分場の工事現場における進捗状況を確認したことを申し添えておきます。  会議においては、まず、市長からあいさつがあり、続いて理事者から、リサイクルセンター建設計画および最終処分場の進捗状況について、次のような説明がありました。  野田山町地先で計画すべく、地元自治会に協力をお願い申し上げてきたところ、慎重に検討、協議を重ねていただき、その結果、本年1月19日の野田山町自治会通常総会において、当自治会規約による出席会員の過半数以上の賛同をいただき、施設受け入れの同意と対策委員会の設置を決議していただきました。したがって、今後は、この対策委員会と協議しながら進めていきたいと考えている。  一方、建設計画地に隣接する多賀町に対しては、本年1月以降、数回にわたり、市長、助役を初めとする理事者が出向き、多賀町長、助役に事業計画構想等の説明を行い、協力を求めたが、現時点では理解が得られていない。  なお、本年1月、厚生省が設置した「ごみ処理に係るダイオキシン削減対策検討会」より、「ダイオキシン類発生防止等ガイドライン」が示され、新たに建設される焼却施設は24時間の連続運転を行う全連続炉にしなければならないこととなった。この「ダイオキシン類発生防止等ガイドライン」の内容についても、若干の補足説明がなされました。  続いて、最終処分場建設事業については、現在の進捗率は約45%であるが、平成9年度末には完成できるよう、鋭意取り組みたいということでありました。  以上のような説明に対し、次のような質問や指摘、要望等がありました。  まず、リサイクルセンターについて、「大ざっぱなタイムスケジュールは、資料によると、事前調査、造成工事を含めて4年程度、さらに、施設建設に3年程度要するとなっており、計7年ということになるが、また、現地視察をしたあの用地で確定されるのであろうが、買収がどの辺に入ってくるのか。」という質問に対し、「他市の例を見ますと、順調にいって2年3カ月から6カ月、環境アセスメントにかかっている。造成工事は、4.2ヘクタールということから1年程度、さらに、建設工事に3年程度要するということで、6ないし7年位かかるのではという考え方をしている。用地買収の時期についても、地元との協議、話し合いの中で進めていきたい。」という回答がありました。  灰処理の問題について、「現在大阪に運んでいるが、費用も大変であり、技術的な検討もしてはどうか。溶融方式も試験的にやっているところもあるように聞いているが、その辺どのように考えているか。経済的な合理性のみでなく、減量化、環境に負荷を与えないという面からも、よく見きわめてほしい。」。これに対して、「灰処理については、無害化の方法として、セメント固化方式、薬剤処理方式、溶融方式があるが、ご指摘の面からも検討していきたい。」という回答がありました。  リサイクルプラザの計画について、「リサイクルというものをもっと本格的に行うためにも、その規模はどの程度に考えているのか。利用という観点から、この場所につくるのは中途半端ではないか。せっかくの施設であるから、もっと市街地の中心部にあってもよいのではないか。」。これに対して、「この施設の規模については、まだ定かになっていないが、県が他市と共同で策定したリサイクルプラザ整備計画も取り入れながら、施設整備計画の中で考えていきたい。したがって、建物面積は具体化していない。」という回答がありました。  また、24時間連続運転の全連続炉という方向性が示されたことに関連して、これまでの計画では、16時間運転の准連続炉ということであったが、将来のごみ量の予測とも関連して、炉の大きさの問題、管理運営コストの問題等についての指摘があり、討論がなされました。関連して、ダイオキシン対策等の観点から、24時間連続炉ということが義務づけられたこと、したがって、16時間准連続炉では国庫補助の対象外であることなどの補足説明がありました。  さらに、「16時間運転から24時間運転となった場合、熱利用計画においても多角的に見直しが必要ではないか。また、ふれあい広場については、1中学校区に1つというのが基本的な考え方ではないのか。」という質問については、「温水プールや浴場については、当初計画では、16時間では補助的に湯を沸かす必要があるということであったが、24時間だとその必要がなくなるわけであるが、もう一度施設整備基本計画の中で、その辺の位置づけもしていきたいし、熱量の計算もしっかりしていきたい。」。なお、ふれあい広場については、「考え方は公園である。」という答弁がありました。  要望として、「隣接の多賀町の理解を得ることが先決ではないかと思う。いろんな面で、先を見た中でのご理解をいただくよう、精力的に努力をしてほしい。」という発言がありました。  次に、最終処分場ついて、「9年度末完成ということは、10年度から供用開始できるのか。また、国道8号線から小学校前の通学路の拡幅については、土木課の考え方と若干ニュアンスの違いがあるように思うが、トラスト運動等との絡みも含めて見通しはどうか。」  答えは、「トラスト運動の土地については、何とか譲っていただけるよう、時間をかけながら進めていきたい。交通問題についても、住民にご迷惑をかけないようにということで、完全なルートの確保は難しいかもしれないが、ある程度支障のない範囲程度にまで整備できた段階で、地元と協議しながら供用開始をしていきたいと考えている。小学校前の道路については、現在、5.5メートルで、ダンプが対向待ちしなければならないという状況である。信号の設置についても、公安委員会が6メートル以上必要と言っている関係からも、6メートルプラス歩道ということで、土木課に指示をしている。」ということでありました。  以上のような会議の概要でありました。  これで、環境対策特別委員会の中間報告を終わります。以上です。 8 ◯議長(藤田昌利君) お諮りいたします。  ただいまの中間報告を承認することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 9 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、環境対策特別委員会委員長の中間報告は承認することに決しました。 ────────────────── 日程第5 諸般の報告 10 ◯議長(藤田昌利君) 日程第5、諸般の報告を行います。  市長より、地方自治法第180条第2項の規定に基づき、市営住宅の管理上必要な和解等についてが報告第6号として、議長あて提出されましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。  次に、琵琶湖総合開発特別委員会委員の青木辰男君から、次に、環境対策特別委員会委員の杉本君江さん、田島茂洋君、西川宗樹君、野村郁雄君、滝沢隆司君および田島 博君の6名から、次に、市立病院対策特別委員会委員の谷口典隆君、佐々哲三郎君、青木辰男君、柴田孫一君、岩崎国次君および矢田栄一君の6名から、それぞれ辞任願いが議長あて提出されましたので、委員会条例第14条の規定により許可いたしました。  以上、報告いたします。 ────────────────── 日程第6 議案第46号から議案第54号まで上程(市長提案説明) 11 ◯議長(藤田昌利君) 日程第6、議案第46号から議案第54号までを一括議題といたします。  職員に議案を朗読させます。   〔上田副主幹兼議事係長朗読〕 12 ◯議長(藤田昌利君) 提案者の説明を求めます。  市長。   〔市長(中島 一君)登壇〕 13 ◯市長(中島 一君) 本日提出いたしました議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。  最初に、議案第46号および議案第47号につきましては、いずれも平成8年度において歳入不足となり、赤字決算となる見込みであるため、地方自治法施行令第166条の2の規定により、翌年度歳入を繰り上げて歳入不足に充てるため、補正を行うものであります。  次に、議案第48号から議案第51号につきましては、緊急に処理を必要としたため、市長において専決処分を行ったものでありまして、その承認を求めるものであります。このうち議案第48号は、職員の死亡に伴い、退職手当の支給等の関係から、また、議案第49号は、起債の額等の決定に伴い、起債許可申請等の関係から、平成8年度の一般会計予算の補正を行ったもの、議案第50号および議案第51号につきましては、地方税法の一部改正に伴い、本市市税関係条例の一部を改正したものであります。その内容は、平成6年の税制改革に伴う市町村の減収を補てんするため、市民税およびたばこ税の税率の調整による県から市への税源移譲や、平成9年度の固定資産税の評価替えに伴い、土地に係る固定資産税および都市計画税について、負担水準に応じた負担調整措置を講ずることとするものなどであります。  また、議案第52号につきましては、議会選出監査委員の辞任に伴い、その後任委員に、増居伊之助氏を選任することにつき議会の同意を求めるものであります。  さらに、議案第53号および議案第54号につきましては、いずれも工事請負契約につき議会の議決を求めるものでありまして、議案第53号は、彦根市立旭森小学校体育館改築工事(建築工事)請負契約を淀建設工業株式会社滋賀支店と締結することについて、議案第54号は、彦根市消防署南分署(防災倉庫併設)改築工事(建築工事)請負契約を株式会社太田組と締結することについて、それぞれ議決を求めるものであります。  以上が本日提出いたしました議案の大要であります。何とぞ慎重にご審議くださいまして、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。  以上でございます。 14 ◯議長(藤田昌利君) ただいまから質疑を行います。  ただいまのところ質疑の通告はありません。質疑はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 15 ◯議長(藤田昌利君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております各議案のうち、議案第52号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 16 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第52号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより議案第52号に対する討論に入ります。  ただいまのところ討論の通告はありません。討論はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 17 ◯議長(藤田昌利君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。  これより採決を行います。  ただいま議題となっております議案第52号彦根市監査委員の選任につき同意を求めることについてを採決いたします。  地方自治法第117条の規定により、増居伊之助君の退席を求めます。   〔11番(増居伊之助君)退席〕 18 ◯議長(藤田昌利君) お諮りいたします。原案のとおり同意を与えることに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 19 ◯議長(藤田昌利君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、議案第52号は、原案のとおり同意を与えることに決しました。  増居伊之助君の入場を許します。   〔11番(増居伊之助君)入場〕 20 ◯議長(藤田昌利君) ただいま議題となっております議案第46号から議案第51号まで、および議案第53号、議案第54号の各議案については、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。  休憩中に常任委員会を開き、付託議案の審査をお願いいたします。  暫時休憩いたします。           午前10時14分休憩           午後1時16分再開 21 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────── 日程第7 議案第46号から議案第51号まで、および議案第53号、議案第54号(委員長報告) 22 ◯議長(藤田昌利君) 日程第7、委員長報告書が提出されましたので、議案第46号から議案第51号まで、および議案第53号、議案第54号の各議案を一括議題とし、各常任委員長に委員会審査の結果報告を求めます。  その順位は、総務常任委員長、民生文教常任委員長、建設常任委員長の順とし、順次ご登壇願います。  総務常任委員長、成宮祐二君。 〔総務常任委員長(成宮祐二君)登壇〕 23 ◯総務常任委員長(成宮祐二君) 総務常任委員会の報告を行います。  今期臨時会において、本委員会に付託されました議案審査のため、本会議休憩中に本委員会を開き、慎重に審査いたしました結果についてご報告いたします。  付託されました議案は、予算関係では、議案第48号専決処分につき承認を求めることについて(平成8年度彦根市一般会計補正予算(第8号))、第1条第2項第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入の部全部、歳出の部、第2款総務費、議案第49号専決処分につき承認を求めることについて(平成8年度彦根市一般会計補正予算(第9号))、第1条第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入の部中、当委員会が所管する部分、第2条第2表地方債補正の2件。  条例関係では、議案第50号専決処分につき承認を求めることについて(彦根市市税条例の一部を改正する条例)、議案第51号専決処分につき承認を求めることについて(彦根市都市計画税条例の一部を改正する条例)の2件。  その他の関係では、議案第54号彦根市消防署南分署(防災倉庫併設)改築工事(建築工事)請負契約につき議決を求めることについての1件、合計5件でありましたが、いずれも原案のとおり可決、承認すべきものと決しました。  以上、総務常任委員会の報告といたします。 24 ◯議長(藤田昌利君) 民生文教常任委員長、増居伊之助君。 〔民生文教常任委員長(増居伊之助君)登壇〕 25 ◯民生文教常任委員長(増居伊之助君) 民生文教常任委員会の報告を申し上げます。  今臨時会において、本委員会に付託されました議案の審査のため、休憩中に本委員会を開き、慎重に審査しました経過および結果について報告いたします。  付託されました議案は、予算関係では、議案第46号平成9年度彦根市葬祭事業特別会計補正予算(第1号)、議案第47号平成9年度彦根市住宅新築ならびに改修資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)、以上2件。  その他の関係では、議案第53号彦根市立旭森小学校体育館改築工事(建築工事)請負契約につき議決を求めることについて、以上1件、合計3件でありましたが、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。  なお、議案第46号、議案第47号については、赤字解消策、貸付金の回収策、あるいは基本的な考え方に対する質疑、続いて反対討論が行われ、起立、採決で決したことを申し添えます。  以上をもちまして民生文教常任委員会の報告を終わります。何とぞご賛同賜りますようお願い申し上げます。 26 ◯議長(藤田昌利君) 建設常任委員長、上田鉄兵君。 〔建設常任委員長(上田鉄兵君)登壇〕 27 ◯建設常任委員長(上田鉄兵君) 建設常任委員会の報告を申し上げます。
     今期臨時会において、本委員会に付託されました議案等の審査のため、休憩中に本委員会を開き、慎重に審査いたしました結果について報告をいたします。  付託されました議案は、議案第49号専決処分につき承認を求めることについて(平成8年度彦根市一般会計補正予算(第9号))、第1条第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入の部中、当委員会が所管する部分、歳出の部、第8款土木費の1件でありましたが、原案のとおり承認すべきものと決しました。  以上で建設常任委員会の報告を終わります。 28 ◯議長(藤田昌利君) 以上で各常任委員長の報告は終わりました。  暫時休憩いたします。           午後1時24分休憩           午後1時31分再開 29 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいまの各常任委員長の報告に対し、質疑はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 30 ◯議長(藤田昌利君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  これより討論に入ります。  討論の通告書が提出されておりますので、発言を許します。  2番手原政良君。   〔2番(手原政良君)登壇〕 31 ◯2番(手原政良君) 私は、委員長報告の議案第46号平成9年度彦根市葬祭事業特別会計補正予算(第1号)と議案第47号平成9年度彦根市住宅新築ならびに改修資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)の、いずれも平成8年度本会計において歳入不足となり、赤字決算となる見込みから繰上充用する2件と、議案第50号、第51号の専決処分案件について、反対の立場から討論を行います。  議案第46号および議案第47号は、いずれも赤字決算見込みによる繰上充用金を充て、会計を処理しようとするものですが、1つは、繰上充用金を充てなければならない理由とその原因、2つは、改善策が不明確であり、3つ目は、事業のあり方の根本が余りにもあいまいさを残しており、反対するものであります。  葬祭事業の赤字は、民間事業者5者による新商品の葬祭場などの開発による攻勢がかけられてきているにもかかわらず、前年度390件余りの、シェアでは55%から42%の309件に、事業量の減によって生じたものです。安価で安心と信頼を勝ち取ってきたこの事業を、民間事業者に気兼ねをして積極的に市民にアピールや宣伝を行わず、また、霊柩車の運行においても、夜9時から翌朝7時まで運行を行わないなど、こちらも民間業者に気兼ねして、市民の要望、ニーズにこたえる努力不足、括弧つきでありますけれども企業努力がされておりません。これではJA東びわこなどもてこ入れをしようとする民間経営の参入が予定されているとき、まさに成り行き任せで、近い将来にこの事業の存立が問われる重大な状況に追い込まれるのではないかと考えます。  また、議案第47号の住宅新築ならびに改修資金の貸付事業の赤字は、貸付金の滞納によるものでありますけれども、現在の貸付件数は787件、世帯数で約200件余りでありますけれども、平成5年から8年の貸付金の回収率は平均して80%と聞いておりますし、また、滞納額の回収率は平成2年の15%から平成8年度では4.8%へと減少をしてきております。現在の滞納総額は改修、持家、新築、宅地の合計で1億7,900万円もあり、長期滞納者の5年以上の、いわゆる60カ月以上は、改修資金で25件、2,382万7,244円、持家資金では15件で1,434万6,079円、新築資金では30件で8,451万7,400円、宅地取得資金で19件、1,340万2,584円、合計1億3,609万3,307円と、延滞の違約金、利子も含まずの金額でありますけれども、が現状であります。  そういうところから、滞納額の圧倒的位置を占めているのであります。20人から30人の方は、まともに返済する意思があるのか疑わしいと言わなければなりません。昨年も2,300万円の繰上充用が行われ、「悪質な者については裁判にも訴える。」との答弁がされておりますが、前年度の滞納額総額が1億6,200万円に対して、1年間で780万円、4.8%しか回収できないという、まさに回収の率が上がっておりません。  また、委員会審議の中でも明らかになったように、滞納の個々の件に関しても回収計画も示さない、不明朗なものであります。このようなことを続けていけば、単に財政のむだを増やすだけでなく、同和問題の正しい解決を引き延ばし、新たな差別意識を再生するものであると言わなければなりません。  そういう意味からも、このような現状での市の対応、また、予算措置の仕方というのは認めるわけにはいかないというのであります。  次に、議案第50号および第51号の専決処分につき承認を求めることについての件、彦根市市税条例の一部を改正することについてと、都市計画税条例の一部改正、この条例の中心部分は、消費税の5%への増税に伴う税源の移譲と特別減税の廃止であります。これらはともに、地方自治体にとっては、あたかも税収が増えることになりますが、3月議会でも議論し、明確になったように、全体としては自治体には大きな出費になるものであります。また、既に4月以降、消費税が5%になり、市民はその負担の大きさに戸惑っている事態がはっきりし、そして消費税の増額がいかに市民生活を直撃するものか、ますます明らかになっております。  以上の立場から、本専決処分には反対であります。  以上、委員長報告に対する反対の討論といたします。 32 ◯議長(藤田昌利君) 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 33 ◯議長(藤田昌利君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。  これより採決を行います。  ただいま議題となっております各議案のうち、まず、議案第46号平成9年度彦根市葬祭事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。  本案に対する委員長報告は、可決であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議がありますので、起立により採決いたします。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 34 ◯議長(藤田昌利君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第47号平成9年度彦根市住宅新築ならびに改修資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。  本案に対する委員長報告は、可決であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議がありますので、起立により採決いたします。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 35 ◯議長(藤田昌利君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第48号専決処分につき承認を求めることについて(平成8年度彦根市一般会計補正予算(第8号))を採決いたします。  本案に対する委員長報告は、原案のとおり承認であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 36 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第49号専決処分につき承認を求めることについて(平成8年度彦根市一般会計補正予算(第9号))を採決いたします。  本案に対する各委員長報告は、原案のとおり承認であります。  お諮りいたします。本案を各委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 37 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本案は、各委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第50号専決処分につき承認を求めることについて(彦根市市税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。  本案に対する委員長報告は、原案のとおり承認であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議がありますので、起立により採決いたします。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 38 ◯議長(藤田昌利君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第51号専決処分につき承認を求めることについて(彦根市都市計画税条例の一部を改正する条例)を採決いたします。  本案に対する委員長報告は、原案のとおり承認であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議がありますので、起立により採決いたします。委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。   〔賛成者起立〕 39 ◯議長(藤田昌利君) ご着席願います。  起立多数であります。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第53号彦根市立旭森小学校体育館改築工事(建築工事)請負契約につき議決を求めることについてを採決いたします。  本案に対する委員長報告は、可決であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 40 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。  次に、議案第54号彦根市消防署南分署(防災倉庫併設)改築工事(建築工事)請負契約につき議決を求めることについてを採決いたします。  本案に対する委員長報告は、可決であります。  お諮りいたします。本案を委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 41 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり決しました。 ────────────────── 日程第8 彦根市議会委員会条例の一部を改正する条例案(議員提案説明) 42 ◯議長(藤田昌利君) 日程第8、本会期中に、田島一成君ほか4名の議員から、議長あてに会議案第1号彦根市議会委員会条例の一部を改正する条例案が提出されましたので、これを議題といたします。  提案者の説明を求めます。  30番矢田栄一君。   〔30番(矢田栄一君)登壇〕 43 ◯30番(矢田栄一君) それでは、会議案第1号提出に係る趣旨説明を行います。  今回提案いたしました会議案第1号は、彦根市議会議会運営委員会の委員の定数を定めております「彦根市議会委員会条例」の一部を改正し、議会運営委員会委員の定数を、現在の8人から1人増員し、9人とするものであります。  その理由は、平成3年10月19日付で、より効率かつ円滑な議会運営に資するため確認された同条例の運用面における申し合わせ事項をもとに、平成9年5月8日付で、新たに3名で構成する会派の結成届けが提出されたことに伴い、その趣旨にのっとり、条例適用の適正を期するため、今臨時会において提案しようとするものであります。何とぞ慎重審議を賜り、満場一致ご賛同くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 44 ◯議長(藤田昌利君) 趣旨説明は以上のとおりであります。  暫時休憩いたします。           午後1時46分休憩           午後1時47分再開 45 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいまから会議案第1号に対する質疑を行います。  ただいまのところ質疑の通告はありません。  質疑はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 46 ◯議長(藤田昌利君) 質疑なしと認めます。  これにて質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております会議案第1号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
    47 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、会議案第1号は、委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。  ただいまのところ討論の通告はありません。  討論はありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 48 ◯議長(藤田昌利君) 討論なしと認めます。  これにて討論を終結いたします。  ただいまから採決を行います。  ただいま議題となっております会議案第1号彦根市議会委員会条例の一部を改正する条例案を採決いたします。  お諮りいたします。本案を原案のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 49 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり決しました。  暫時休憩いたします。           午後1時48分休憩           午後1時58分再開 50 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────── 日程第9 彦根市農業委員会委員の推薦 51 ◯議長(藤田昌利君) 日程第9、彦根市農業委員会委員の推薦の件を議題といたします。  議会推薦の農業委員会委員、田島茂洋君および森茂君の2名が辞任されましたので、市長から後任委員の推薦依頼がありました。よって、この際、農業委員会等に関する法律第12条の規定により、学識経験を有する者の推薦を行いたいと思います。  お諮りいたします。本推薦については、議長の指名により議会の同意を得て推薦いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 52 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、本推薦については、議長の指名により議会の同意を得て推薦することに決しました。  地方自治法第117条の規定により、西川宗樹君および矢田栄一君の退席を求めます。   〔西川宗樹君、矢田栄一君退席〕 53 ◯議長(藤田昌利君) お諮りいたします。議長は、彦根市農業委員会委員に、西川宗樹君および矢田栄一君を推薦いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 54 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、彦根市農業委員会委員に、西川宗樹君および矢田栄一君を推薦することに決しました。  西川宗樹君および矢田栄一君の入場を許します。   〔西川宗樹君、矢田栄一君入場〕 55 ◯議長(藤田昌利君) この際、念のため申し上げます。  ただいまの議会同意により、議会推薦の彦根市農業委員会委員は、西川宗樹君、矢田栄一君および疋田克美君の3名であります。 ────────────────── 日程第10 市議会常任委員会委員の選任 56 ◯議長(藤田昌利君) 日程第10、市議会常任委員会委員の選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。  各常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会委員に、佐々哲三郎君、増居伊之助君、正村嘉規君、小林 元君、川崎嘉兵衛君、森  茂君、野村郁雄君および田中滋康君の、以上8名を。  民生文教常任委員会委員に、北村 收君、谷口典隆君、西川宗樹君、成宮祐二君、山口大助君、岩崎国次君、上田鉄兵君および滝沢隆司君の、以上8名を。  建設常任委員会委員に、手原政良君、杉本君江さん、田島茂洋君、伊藤善規君、青木辰男君、田島 博君および矢田栄一君の、以上7名を。  産業常任委員会委員に、西村久子さん、田島一成君、疋田克美君、宇野たず子さん、辻 茂三君、柴田孫一君および藤田昌利の、以上7名をそれぞれ指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 57 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。 ────────────────── 日程第11 市議会運営委員会委員の選任 58 ◯議長(藤田昌利君) 日程第11、市議会運営委員会委員の選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。  議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、北村 收君、手原政良君、西村久子さん、伊藤善規君、川崎嘉兵衛君、辻 茂三君、山口大助君、上田鉄兵君および藤田昌利の、以上9名を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 59 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に選任することに決しました。  この際、ご報告申し上げます。議会報編集委員会委員に次の諸君が選出されましたので、報告いたします。西村久子さん、谷口典隆君、正村嘉規君、宇野たず子さん、森  茂君、野村郁雄君、田中滋康君、上田鉄兵君および滝沢隆司君の、以上9名であります。  次に、議会図書室主管山口大助君から辞任願いが提出されましたので、議長においてこれを許可いたしました。  後任の議会図書室主管に成宮祐二君を選任いたしました。  休憩中に各常任委員会、議会運営委員会および議会報編集委員会を開き、正・副委員長の互選をお願いいたします。  暫時休憩いたします。           午後2時03分休憩           午後2時43分再開 60 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  休憩中に開かれました、各常任委員会、議会運営委員会および議会報編集委員会の正・副委員長の互選の結果を報告いたします。  総務常任委員会委員長に佐々哲三郎君、副委員長に野村郁雄君、民生文教常任委員会委員長に岩崎国次君、副委員長に山口大助君、建設常任委員会委員長に田島 博君、副委員長に手原政良君、産業常任委員会委員長に柴田孫一君、副委員長に田島一成君、議会運営委員会委員長に川崎嘉兵衛君、副委員長に山口大助君、議会報編集委員会委員長に西村久子さん、副委員長に正村嘉規君が、それぞれ互選されました。 ────────────────── 日程第12 琵琶湖総合開発特別委員会委員の補充選任 61 ◯議長(藤田昌利君) 日程第12、琵琶湖総合開発特別委員会委員の補充選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。琵琶湖総合開発特別委員会委員の補充選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 62 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、琵琶湖総合開発特別委員会委員の補充選任については、議長において指名することに決しました。議長は、琵琶湖総合開発特別委員会委員に、矢田栄一君を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 63 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました矢田栄一君を、琵琶湖総合開発特別委員会委員に補充選任することに決しました。  ただいまの補充選任により、琵琶湖総合開発特別委員会委員は、田島茂洋君、谷口典隆君、佐々哲三郎君、伊藤善規君、小林 元君、森茂君、柴田孫一君、田中滋康君、岩崎国次君、滝沢隆司君、田島 博君および矢田栄一君の、以上12名の諸君によって構成されましたので、ご報告いたします。 ────────────────── 日程第13 環境対策特別委員会委員の補充選任 64 ◯議長(藤田昌利君) 日程第13、環境対策特別委員会委員の補充選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。環境対策特別委員会委員の補充選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 65 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、環境対策特別委員会委員の補充選任については、議長において指名することに決しました。議長は、環境対策特別委員会委員に、西村久子さん、田島一成君、辻 茂三君、森  茂君、矢田栄一君および藤田昌利の6名の諸君を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 66 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を、環境対策特別委員会委員に補充選任することに決しました。  ただいまの補充選任により、環境対策特別委員会委員は、西村久子さん、田島一成君、成宮祐二君、疋田克美君、辻 茂三君、森  茂君、山口大助君、矢田栄一君および藤田昌利の、以上9名の諸君によって構成されましたので、ご報告いたします。 ────────────────── 日程第14 市立病院対策特別委員会委員の補充選任 67 ◯議長(藤田昌利君) 日程第14、市立病院対策特別委員会委員の補充選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。市立病院対策特別委員会委員の補充選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 68 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、市立病院対策特別委員会委員の補充選任については、議長において指名することに決しました。議長は、市立病院対策特別委員会委員に、北村 收君、田島茂洋君、西川宗樹君、正村嘉規君、野村郁雄君および滝沢隆司君の6名の諸君を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 69 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を、市立病院対策特別委員会委員に補充選任することに決しました。  ただいまの補充選任により、市立病院対策特別委員会委員は、北村 收君、手原政良君、田島茂洋君、西川宗樹君、正村嘉規君、宇野たず子さん、野村郁雄君、上田鉄兵君および滝沢隆司君、以上9名の諸君によって構成されましたので、ご報告いたします。  環境対策特別委員会および市立病院対策特別委員会の正・副委員長から辞任の申し出がありますので、休憩中に環境対策特別委員会および市立病院対策特別委員会を開き、それぞれ正・副委員長の互選をお願いいたします。  暫時休憩いたします。           午後2時48分休憩           午後3時04分再開 70 ◯議長(藤田昌利君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  休憩中に開かれました環境対策特別委員会および市立病院対策特別委員会の正・副委員長の互選の結果を報告いたします。  環境対策特別委員会委員長に私、藤田昌利、副委員長に成宮祐二君が、市立病院対策特別委員会委員長に上田鉄兵君、副委員長に北村 收君が、それぞれ互選されました。 ────────────────── 日程第15 彦根市犬上郡営林組合議会議員の補充選挙 71 ◯議長(藤田昌利君) 日程第15、彦根市犬上郡営林組合議会議員の手原政良君、杉本君江さん、谷口典隆君、佐々哲三郎君、田島一成君、青木辰男君、小林 元君、宇野たず子さん、森  茂君、野村郁雄君、山口大助君、上田鉄兵君、田島 博君および矢田栄一君、以上14名が辞職されましたので、補充選挙を行いたいと思います。  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。
      (「異議なし」と呼ぶ者あり) 72 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法については、指名推選によることに決しました。  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 73 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  議長は、彦根市犬上郡営林組合議会議員に、北村 收君、西村久子さん、田島茂洋君、西川宗樹君、伊藤善規君、増居伊之助君、疋田克美君、川崎嘉兵衛君、辻 茂三君、柴田孫一君、田中滋康君、岩崎国次君、滝沢隆司君および藤田昌利を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました14名の諸君を、彦根市犬上郡営林組合議会議員補充選挙の当選人と決めることにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 74 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました14名の諸君が、彦根市犬上郡営林組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました諸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。  なお、この際、念のため申し上げます。平成8年3月22日付にて選任され、彦根市犬上郡営林組合議会議員に就任されておられます成宮祐二君は、留任であります。 ────────────────── 日程第16 彦根・犬上広域廃棄物投棄場管理組合議会議員の選挙 75 ◯議長(藤田昌利君) 日程第16、彦根・犬上広域廃棄物投棄場管理組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 76 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法については、指名推選によることに決しました。  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 77 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  議長は、彦根・犬上広域廃棄物投棄場管理組合議会議員に、佐々哲三郎君、伊藤善規君、成宮祐二君、森  茂君、山口大助君および藤田昌利の、以上6名の諸君を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました6名の諸君を、彦根・犬上広域廃棄物投棄場管理組合議会議員の当選人と決めることにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 78 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君が、彦根・犬上広域廃棄物投棄場管理組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました諸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。 ────────────────── 日程第17 彦根犬上広域斎場管理組合議会議員の補充選挙 79 ◯議長(藤田昌利君) 日程第17、彦根犬上広域斎場管理組合議会議員西村久子さん、西川宗樹君、青木辰男君、疋田克美君、森  茂君、山口大助君の、以上6名が辞職されましたので、補充選挙を行いたいと思います。  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 80 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法については、指名推選によることに決しました。  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 81 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  議長は、彦根犬上広域斎場管理組合議会議員に、北村 收君、谷口典隆君、田島一成君、宇野たず子さん、辻 茂三君および田島 博君の、以上6名を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました6名の諸君を、彦根犬上広域斎場管理組合議会議員補充選挙の当選人と決めることにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 82 ◯議長(藤田昌利君) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました6名の諸君が、彦根犬上広域斎場管理組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました諸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。  なお、ただいまの補充選挙によりまして、本市の彦根犬上広域斎場管理組合議会議員は、北村 收君、谷口典隆君、田島一成君、宇野たず子さん、辻 茂三君、田中滋康君および田島 博君の、以上7名でありますので報告いたします。  暫時休憩いたします。           午後3時09分休憩           午後3時28分再開 83 ◯副議長(辻 茂三君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議長藤田昌利君から議長の辞職願いが提出されました。  お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 84 ◯副議長(辻 茂三君) ご異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。  まず、辞職願いを職員に朗読させます。   〔上田副主幹兼議事係長朗読〕   〔29番(藤田昌利君)退席〕 85 ◯副議長(辻 茂三君) お諮りいたします。藤田昌利君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 86 ◯副議長(辻 茂三君) ご異議なしと認めます。よって、藤田昌利君の議長の辞職を許可することに決しました。   〔29番(藤田昌利君)入場〕 87 ◯副議長(辻 茂三君) 藤田昌利君に申し上げます。  さきに提出されました議長の辞職願いの件につきましては、ただいま議会の許可が得られましたのでお伝えいたします。  藤田昌利君から議長退任のごあいさつがございます。   〔29番(藤田昌利君)登壇〕 88 ◯29番(藤田昌利君) お許しをいただきまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。  一昨年5月の臨時会におきまして議長にご推挙いただきまして、もとより浅学非才の身ではありますけれども、自分なりに彦根市議会の代表といたしまして、全力でその責務全うのため頑張ってまいりました。その間、議員の皆様を初め、理事者の方々、また、報道関係の皆様方には、何かと温かいご指導、ご鞭撻、また、ご協力を賜りまして、大過なく過ごさせていただきましたことに、心より感謝を申し上げますとともに、厚く御礼を申し上げます。  2年にわたり、議会の改革、活性化、また、権能強化を申し上げてまいりましたが、議員各位のご理解のもと、一定の成果を見ておりますが、まだまだ進めていかねばならないと考えております。  どうか、議員の皆様方には、今後とも議会の改革、議会の活性化、議会の権能強化に向け、一層のご理解とご協力を賜り、また、これらを力強く推進していただけます議長を選出いただけますようお願いを申し上げ、はなはだ簡単、粗辞ではございますが、退任のごあいさつ、お礼の言葉にかえさせていただきます。どうもいろいろとありがとうございました。(拍手) 89 ◯副議長(辻 茂三君) ただいま議長が欠員になりました。  お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 90 ◯副議長(辻 茂三君) ご異議なしと認めます。よって、この際、議長選挙を日程に追加し、選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。(議場閉鎖)  ただいまの出席議員数は30名であります。  投票用紙を配付させます。(投票用紙配付)  投票用紙の配付漏れはありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 91 ◯副議長(辻 茂三君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。(投票箱点検)  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、白票は、無効投票といたします。  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に1番から順次投票を願います。  投票漏れはありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 92 ◯副議長(辻 茂三君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。(議場開鎖)  開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、3番西村久子さん、4番杉本君江さんを指名いたします。よって、両者の立ち会いを求めます。(開 票)  それでは選挙の結果を報告いたします。    投票総数     30票  これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  このうち、    有効投票     30票    白  票     0票  有効投票中、    矢田栄一君    16票    青木辰男君    14票  以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は、地方自治法第118条第1項の規定により8票であります。よって、矢田栄一君が議長に当選されました。  ただいま議長に当選されました矢田栄一君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から議長当選の告知をいたします。  議長に当選されました矢田栄一君のごあいさつがあります。   〔「暫時休憩。」と呼ぶ者あり〕 〔「休憩の必要ない。」と呼ぶ者あり〕   〔30番(矢田栄一君)登壇〕 93 ◯30番(矢田栄一君) ただいま皆様方のご推挙によりまして、議長という大役を仰せつかりました矢田でございます。
     彦根市は、今現在、大変重要な時期でもございますし、私としましては、今突然のことでございましたので、ごあいさつの言葉も考えないままに、ここへ出てまいりました。彦根市は、2001年に向けて大きなプロジェクトを多く抱えておる中でありますし、私としましては、前議長の意志を継いで、議会の改革あるいは行政の改革、そしてまたプロジェクト完成等につきまして、ぜひ、微力ではございます、また、浅学非才でございますので、一生懸命頑張っていきたいと思っております。報道関係の皆様方、また、議会の議員の各位、また、理事者方の絶大なるご協力によりまして、これを職務を全うさせていただきたいというふうに考えておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。簡単でございますけれども、ごあいさつとさせていただきます。(拍手) 94 ◯副議長(辻 茂三君) これをもちまして、議長と交代いたします。  暫時休憩いたします。           午後3時47分休憩           午後4時41分再開 95 ◯議長(矢田栄一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  会議時間は、議事の都合によりあらかじめこれを延長いたします。  暫時休憩いたします。           午後4時42分休憩           午後6時47分再開 96 ◯議長(矢田栄一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  副議長辻 茂三君から副議長の辞職願いが提出されました。  お諮りいたします。副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 97 ◯議長(矢田栄一君) ご異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。  まず、辞職願いを職員に朗読させます。   〔上田副主幹兼議事係長朗読〕   〔19番(辻 茂三君)退席〕 98 ◯議長(矢田栄一君) お諮りいたします。辻 茂三君の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 99 ◯議長(矢田栄一君) ご異議なしと認めます。よって、辻 茂三君の副議長の辞職を許可することに決しました。   〔19番(辻 茂三君)入場〕 〔「議長の辞職はどうなったんや。」と呼ぶ者あり〕 100 ◯議長(矢田栄一君) 辻 茂三君に申し上げます。  さきに提出されました副議長の辞職願いの件につきましては、ただいま議会の許可が得られましたのでお伝えいたします。  辻 茂三君から副議長退任のごあいさつがあります。   〔19番(辻 茂三君)登壇〕 101 ◯19番(辻 茂三君) お許しをいただきまして、一言退任のごあいさつをさせていただきます。  昨年の5月の臨時会におきまして、名誉ある彦根市議会の副議長にご推挙いただきました。もとより浅学非才の私ではございますが、議長を補佐し、微力ではございますが、市政の発展、それから市民福祉の向上に努めてまいりましたが、至らぬ私でございますので、皆様にご迷惑をおかけしたことと存じます。議員各位、理事者の皆さん、そして報道機関の皆様の温かいご支援をいただきまして、どうにか任務を果たすことができました。まことにありがとうございます。  これからは一議員として、市民の負託にこたえ、市政の発展のために頑張る所存でございます。皆様の変わらぬご支援、ご鞭撻をお願いを申し上げ、はなはだ簡単ではございますけれども、退任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手) 102 ◯議長(矢田栄一君) ただいま副議長が欠員になりました。  お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 103 ◯議長(矢田栄一君) ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長選挙を日程に追加し、選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。(議場閉鎖)  ただいまの出席議員数は30名であります。  投票用紙を配付させます。(投票用紙配付)  投票用紙の配付漏れはありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 104 ◯議長(矢田栄一君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。(投票箱点検)  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、白票は、無効投票といたします。  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順に1番から順次投票を願います。  投票漏れはありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) 105 ◯議長(矢田栄一君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。(議場開鎖)  開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、5番田島茂洋君、6番谷口典隆君を指名いたします。よって、両君の立ち会いを求めます。(開 票)  それでは選挙の結果を報告いたします。    投票総数     30票  これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  そのうち、    有効投票     29票    白  票     1票  有効投票中、    杉本君江さん   16票    宇野たず子さん  13票  以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は、地方自治法第118条第1項の規定により8票であります。よって、杉本君江さんが副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました杉本君江さんが議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から副議長当選の告知をいたします。  副議長に当選されました杉本君江さんのごあいさつがあります。   〔4番(杉本君江さん)登壇〕 106 ◯4番(杉本君江さん) お許しをいただきましたので、高いところからではございますが、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいまは、議員の皆様方の温かいご理解とご支援を賜りまして、伝統ある彦根市議会の副議長の座を賜りましたこと、衷心より感謝申し上げるところでございます。  もとより、私は、浅学非才な者でございますけれども、厳しい情勢の中におきましても、力不足ではございますが、責務に精励させていただく所存でございますので、議員の皆様、また、理事者の皆様、報道機関の皆様の温かいご指導とご鞭撻を心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。  ありがとうございました。(拍手) 107 ◯議長(矢田栄一君) この際、お諮りいたします。  議会運営委員会委員長から、閉会中もなお継続して審査する必要があると認め、会議規則第103条の規定により、その旨の申し出がありました。  お諮りいたします。議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) 108 ◯議長(矢田栄一君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。  以上をもって今期臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。  これにて平成9年5月彦根市議会臨時会を閉会いたします。  ご苦労さまでした。           午後7時03分閉会 会議録署名議員  議 長  藤 田 昌 利 君  副議長  辻   茂 三 君  議 長  矢 田 栄 一 君  議 員  北 村   收 君  議 員  手 原 政 良 君 Copyright © Hikone City, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...