運営者 Bitlet 姉妹サービス
9283件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号 次に、議案第30号、川崎シンフォニーホールの指定管理の指定についてであります。   もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 │ │なお、災害時に避難所としても利用される体育館へのエアコン設置を急ぐよう求めておきます。 │ │ 次に、障害のロングショートステイについて、ここ3年の推移は2016年7月時点で18人│ │、2017年7月時点で21人、2018年7月時点で14人となっています。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月環境委員会−03月08日-01号 ふれあい広場につきましては、1つ目の黒丸にありますように、じゃぶじゃぶ池やあずまやを配置した親水施設等を整備するほか、2つ目の黒丸にありますように、災害時には一時避難場所や活動拠点として活用することとし、応急給水拠点やマンホールトイレ等を整備いたします。また、3つ目の黒丸にありますように、学習機能として、生田浄水場の沿革等についてのパネル展示等を整備いたします。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号 5項は、まず第1号に、特定行政庁が街区における避難上及び消火上必要な機能の確保を図るため必要と認めて前面道路の境界線から後退して壁面線を指定した場合における壁面線を越えない建築物について、許可の範囲内において限度を超えることができる。 もっと読む
2019-03-08 川崎市議会 平成31年  3月総務委員会−03月08日-01号 表の内容でございますが、区役所以外の各局(本部)室につきましては、災害対策本部及び同事務局を構成する要員である本部要員、本庁の各職場において業務継続計画(BCP)に基づく災害時優先業務を担う業務継続要員、各避難所において避難所運営会議とともに避難所運営に当たる避難所運営要員、及び、優先的な応急対策を実施する応急対策要員の4つの動員区分を設定しております。 もっと読む
2019-03-07 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月07日-04号 東扇島労働避難路という理由について伺います。臨港道路東扇島水江町線について、市長は、災害時の緊急物資の輸送路と東扇島の就業1万人の人命を守るための避難経路になると答弁しておりました。しかし、市の避難計画では島内における垂直避難を基本とし、車による避難は奨励しておりません。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 ◎高橋実 危機管理監 救助実施市の指定についての御質問でございますが、昨年6月の災害救助法の改正により救助実施市制度が創設され、指定都市につきましては、救助実施市として指定を受けることで、災害時に必要な物資の供給、避難所運営など被災のニーズを的確に把握し、災害救助の円滑かつ迅速な実施が可能となりましたことから、指定申請に向けて準備を進めてきたところでございます。 もっと読む
2019-03-05 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月05日-02号 また、県は国からのプッシュ型支援に対応するため、震度情報などから類似の地震を推定し、あらかじめ設定した資源配分割合の目安を確認した上で、市町村からの被害情報などから推定される避難数などをもとに資源供給計画を策定することとしております。 もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会−03月04日-目次 -目次平成31年 予算審査特別委員会 目  次                                       頁 第1日 3月4日(月)  正副委員長互選   橋本 勝委員長(挨拶)…………………………………………………………………4   春 孝明副委員長(挨拶)………………………………………………………………4  審  査                      〔 〕内は答弁もっと読む
2019-03-04 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月04日-01号 緑地を見に行き、カルテをつくり、その上、地権との交渉を粘り強く行うには余りにも体制がないと思います。この増員を強く求めておきたいと思います。  では最後に、避難所について危機管理監に伺います。避難所補完施設についてです。代表質問で指定避難所の拡大を求めたところ、避難所補完施設に誘導するという御答弁でした。そこで調べてみたところ、避難所補完施設というのは確かに地域防災計画の資料の中に載っています。 もっと読む
2019-02-26 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月26日-04号 避難所についてです。1月17日、本市主催の防災シンポジウムが避難所の環境改善をテーマに開催され、基調講演で講師の方は、避難所の衛生管理を考えれば、体育館は200名程度が限界と講演されました。これに照らすなら、本市の避難所は、川崎市地域防災計画に示す避難避難の想定数だけでも1,800カ所必要です。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 次に、二次避難所についての御質問でございますが、災害時の避難生活に何らかの特別な配慮が必要となる高齢及び障害等の二次避難所として社会福祉施設等と協定を締結しておりますが、より実効性のある二次避難所の運営に向けて、施設における受け入れ体制や一次避難所からの移送の選定方法を初め、運営に必要な介護専門職の確保や備蓄品のあり方等、関係団体や運営法人と協議を進めているところでございます。 もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 ◆34番(池尻秀樹君) 昨年の台風21号のときに、陵南中学校の木が倒れ、その横にある西百舌鳥小学校が避難所として、実際に使われませんでした。というのも、当然停電になっておりまして、避難されてきた2家族の方がおられたんですけれども、実際に夜になれば、電気真っ暗、それやったら、もう家にいてるほうがましやなということで、避難所として使われませんでした。 もっと読む
2019-02-19 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号 そこで小学校の体育館への避難、そこにおきましては、水の給水であったり、あるいはトイレの問題、さまざまな問題が実際に体験されたことと思います。  危機管理、まさしく業務継続計画ということでBCPという、委員、一昨年、私もさせていただきまして、堺市におきましても策定したところではありますけれども、その実例が生かされた部分あろうかと思います。   もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 石油コンビナート等特別防災区域以外の堺市域を対象としております堺市津波避難計画におきましては、地震発生後約100分と想定される津波の第一波が到達するまでに、JR阪和線を目標に標高の高いところへ避難すること、避難がおくれた避難は、緊急一時的に津波避難ビルなどへ避難することを津波避難の基本的な考え方としております。 もっと読む
2019-02-13 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会−02月13日-01号 ここで理事の交代をお願いいたします。                 ( 理事交代 )         ───────────────────────── ○片柳進 委員長 次に、教育委員会関係の議案の審査として、「議案第34号 小杉小学校の建物の取得について」を議題といたします。  なお、関係理事として、まちづくり局から竹村公共建築担当課長が出席しておりますので、御紹介いたします。   もっと読む
2019-02-12 川崎市議会 平成31年 第1回定例会-02月12日-01号 また、災害時における医療福祉拠点の機能強化に向けて、病院等の関係機関との情報連携、調整機能の整備を図るとともに、二次避難所の充実に向けた備蓄品の整備を行ってまいります。高齢福祉サービスにつきましては、介護人材の確保に向けて、外国人介護人材のインターンシップの受け入れ支援等により、海外の大学等と市内介護事業所のルートづくりに取り組んでまいります。 もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会-02月08日-01号 ここで理事の一部交代をお願いいたします。                ( 理事一部交代 )         ───────────────────────── ○山田益男 委員長 次に、総務企画局関係の所管事務の調査として、「地域防災計画風水害対策編(修正素案)に対するパブリックコメントの実施結果について」の報告を受けます。  それでは、理事の方、よろしくお願いいたします。 もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月文教委員会−02月08日-01号 なお、関係理事として、教育委員会事務局から、藤田学事課長、濱野指導課担当課長が出席しておりますので、よろしくお願いいたします。  次に、事務局から陳情文の朗読を願います。 ◎大原 書記 (陳情第136号、陳情第137号朗読) ○片柳進 委員長 次に、理事から説明をお願いいたします。 もっと読む
2019-02-06 川崎市議会 平成31年  2月まちづくり委員会-02月06日-01号 次に、請求の要旨でございますが、使用料滞納については、被告は市営住宅に居住するで、3カ月以上使用料を滞納し、本市の再三にわたる納付指導にもかかわらず、これに応じませんでした。不正入居については、被告は市営住宅を権原なく占有するに至り、本市の再三にわたる退去要求にもかかわらず、これに応じませんでした。 もっと読む