196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-09-26 令和 元年 9月26日文教委員会-09月26日-01号

知覧特攻平和会館につきましては、この地がさきの大戦で旧日本陸軍の特別攻撃隊の出撃基地であったことから、特攻戦死された隊員の当時の真の姿、遺品、記録を後世に残し、このような悲劇を生み出す戦争を二度と起こしてはならないという思いと、恒久平和を祈念して建設された施設の趣旨から、平和教育を行うことができる施設の1つではないかというふうに考えております。以上でございます。

川崎市議会 2019-09-11 令和 1年 第4回定例会-09月11日-03号

本議案は、遺品整理や引っ越し等に伴い一時的に多量に排出される家庭系廃棄物、いわゆる一時多量ごみへの対応に伴う条例改正となっています。高齢化社会の進展により、一時多量ごみへの対応が重要となってくる中での取り組みではありますが、同時に市民の不利益につながるような仕組みとならないよう議論を重ねていく必要があります。

広島市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会−06月20日-04号

確かに被爆者の遺品などへの劣化防止という配慮は理解できます。しかし,JAS基準博物館美術館の照度は100ルクスです。このたびのリニューアルした資料館の照度は50ルクスです。せめて足元を照らさないと安全ではなく,いわゆるバリアフリーにはなっていません。さらに,展示品を囲むプラスチックは透明です。透明であるがゆえに,角が見えにくく,鋭利な角となっています。近づくと危険です。

川崎市議会 2019-06-20 令和 1年 第3回定例会−06月20日-03号

高齢者遺品整理についてです。ひとり暮らし高齢者が亡くなった際の遺品整理は社会問題となっています。市営住宅では入居者の死後、遺品が放置されたままの住戸が20戸もあり、そのうち2戸については10年以上が経過している実態があります。市営住宅の募集方法など改善を進めている中、看過しがたい状況です。見解と対応を伺います。  

仙台市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 2019-06-18

そこで、故人の書類などの遺品を軽々に廃棄せず、まずは歴民にお持ちいただくよう周知してはいかがでしょうか。市政だより、市議会だよりなどに毎号、日記やノートなどの記録類、古写真などは歴史のすき間を埋める貴重な財産です。こうした古い文書類などの遺品は、捨てずに歴民へお寄せください。

広島市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回 6月定例会-06月18日-02号

この会場にあわせて,動員学徒の遺品などの被爆資料や,被爆直後の惨状をあらわす原爆の絵を多く展示するほか,被爆体験証言被爆体験記朗読会の開催,記録映像コーナーの設置など,被爆の実相に係る内容を拡充するとともに,被爆からの復興核兵器廃絶に向けた市民社会からの訴え平和首長会議の取り組みなど平和への取り組みに係る内容を拡充し,これまでにない規模のものとするよう考えています。  

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月環境委員会-03月11日-01号

◎大澤 環境局長 本市では、遺品整理や引っ越し等に伴い臨時かつ多量に発生する家庭系ごみ、いわゆる一時多量ごみにつきまして、超高齢社会への対応など社会状況の変化も踏まえまして対応策の検討を進めてきたところでございます。  このたび、一時多量ごみへの新たな対応について(案)を取りまとめましたので、広く市民、事業者の皆様の御意見を募集することといたしました。  

福岡市議会 2019-03-01 平成31年条例予算特別委員会第4分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-01

125 [質疑・意見]  民間住宅に居住する父親が死亡し、その息子に遺品整理が依頼されたが、自身も生活保護受給者で具合も悪く、他人への依頼もできない場合について、大家から相談があったが、何か方策はあるか。 [答弁]  生活保護受給者の場合は所管部署で相談を受け対応していると思うが、厳しい状況だと思う。

千葉市議会 2019-02-25 平成31年予算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2019-02-25

今までも戦災遺品の資料とか展示もされていたと思うんですけれども、我が会派で毎回求めていましたけれども、常設展示の見解について、オリンピックというものが控えている中、ぜひとも、こういうのを活用して平和の取り組みを広めていく必要があるんじゃないかと、今、契機なんじゃないかと思うんですけれども、そちらについて見解を伺いたいと思います。

広島市議会 2019-01-21 平成31年 1月21日総務委員会-01月21日-01号

新しい平和記念資料館の展示は、東館の「導入展示」と本館の「被爆の実相」において、パノラマ写真コンピューターグラフィック、被爆者の遺品や被災写真等の実物資料により被爆を自らのことのように肌で感じていただくとともに、東館の「核兵器危険性」と「広島の歩み」において、解説パネルなどにより核兵器開発の歴史核兵器廃絶に向けた動き、広島の復興への取組などを知識として習得していただけるようにしておりまして、これらの

川崎市議会 2018-12-19 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号

◆57番(大島明) こうしたアパートやマンションで孤独死を迎え、引き取り手のないような場合の遺品はどのように処分するのか伺います。また、今後、高齢者人口の増加とともに、ひとり暮らしの高齢者数も増加傾向にある中で、身寄りのない孤独死だけではなく、遺品の処分については需要の高まりとともに、さまざまなケースも考えられますので、行政としても対策を考えていくべきと思いますが、環境局長に伺います。

川崎市議会 2018-09-12 平成30年 第3回定例会-09月12日-03号

次に、廃棄物収集に係る許可についての御質問でございますが、近年、高齢単身者世帯が増加傾向にあるなど社会状況の変化から、市民ニーズがますます多様化していくことが考えられ、遺品整理や引っ越し等で一時的に大量に発生するごみにつきまして、新たな対応方策を講じていくことが必要と考えております。

新潟市議会 2018-06-21 平成30年 6月定例会本会議−06月21日-04号

ひとり暮らしの市民意識障がいや亡くなったときには,縁者捜しや住宅遺品の整理などの課題があります。亡くなった本人の遺志を死後に反映させることが困難な事態も発生しています。単身者や高齢者のみ世帯の増加に対応した仕組みや仕掛けが必要です。そこで,横須賀市が開始したサポート事業について提案し,見解を伺うものです。