運営者 Bitlet 姉妹サービス
137件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月26日−06号 家賃滞納や入居者の死亡後の遺品整理など、オーナー側の不安解消に努め、相談や情報提供、セーフティネット住宅の確保などが進められるよう、本市でも居住支援協議会を早期に設立すべきと考えます。前向きに検討中と承知していますが、整理すべき課題とスケジュールを伺います。また、居住支援協議会は、自立相談支援事業を行う生活困窮者自立支援制度の受託機関と連携を図ることでスムーズな支援につながると考えます。 もっと読む
2018-06-18 千葉市議会 2018.06.18 平成30年第2回定例会(第5日目) 本文 本事業は、市民の方の葬式やお墓、相続や遺品処理、医療や介護など多岐にわたる相談に対して、市内30カ所のあんしんケアセンターが受け皿となり、また、イオンライフのコールセンターでも24時間相談を受け付ける等、民間が行政と協働して課題解決を図るものとなっています。 もっと読む
2018-03-23 相模原市議会 平成30年  3月定例会議-03月23日−07号 また、ごみ収集業務経費に関連して、遺品整理の際に生じる廃棄物の取り扱いに対する市の見解が問われました。  塵芥処理施設建設費の北清掃工場設備等改良事業に関して、具体的な事業内容が、北清掃工場基幹的設備等改良事業継続費に関して、工事期間中における市民への影響が尋ねられました。   もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 環境経済委員会-03月06日−01号 残念ながら、市内の市営住宅を初めとして、民間住宅、アパート等でも孤独死、孤立死が実際にあって、なおかつ、非常に残念なことに数日後に発見されるような状況も年々ふえているのが実態だが、その際の特殊清掃や遺品整理等の処理の考え方について伺えればと思う。 もっと読む
2017-11-29 熊本市議会 平成29年第 4回定例会−11月29日-04号 まず、市社協の事業でございます住宅確保要配慮者支援事業の事業内容及びその実施状況についてでございますが、この事業は熊本地震の被災者を初め、高齢者や障がい者、ひとり親世帯などを対象に、民間賃貸住宅の契約時に求められる保証人となる方がいない場合に市社協が保証人となり、滞納家賃や退去時の原状回復を保証するほか、死亡時の家財の片づけや遺品の整理などを請け負うものでございます。   もっと読む
2017-10-11 札幌市議会 平成29年第二部決算特別委員会−10月11日-03号 少子高齢化、核家族化の進展などに伴って、ひとり暮らしの高齢者が増加していき、こうした独居のお年寄りが亡くなられた場合、身寄りがなく、葬儀や埋葬、遺品整理に困るケースがふえていると聞いています。また、民間のアパートなどの大家さんも、そういう方々に部屋を貸し渋るケースも出ているということも聞いているところでございます。   もっと読む
2017-06-23 広島市議会 平成29年第 2回 6月定例会−06月23日-02号 残された建物だけでなく廃墟となったものも含めた敷地全体が博物館となっていて,建物だけでなく遺品や写真なども修理をしながら保存し,公開されています。運営費用は,ポーランドだけでなく加害国のドイツ初めヨーロッパの国々が負担しています。広大な土地全体が墓石のない墓だとされ,ビルケナウ第二収容所の敷地の奥に追悼碑が設置されている以外は手を加えられていません。   もっと読む
2017-06-07 北九州市議会 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月07日−01号 侵略戦争による悲劇と罪科を再び繰り返すなという信条のもと、戦時遺構・遺跡の保存、戦時遺品、戦争下の生活用具などの収集を進めてきた北九州平和資料館をつくる会は、その代表的な団体ですが、私も参加する新日本婦人の会は、毎月6と9のつく日に69行動と称し、核兵器廃絶署名活動を1962年の創立以来欠かさず行っています。   もっと読む
2017-03-27 札幌市議会 平成29年第一部予算特別委員会−03月27日-09号 現実問題として、例えば、4LDKの部屋の遺品や家財を処分するのに出る量は10トンから16トンと言われ、処分費用は4トントラックで6万円から10万円、単純計算で、16トンであれば、多いところで40万円がかかってしまう計算になります。  先週、ひとり暮しの2DKの市営住宅に住む高齢者が亡くなりました。地方からご親族が来られ、一時多量ごみとして2トントラック2台、1トントラック1台分を搬出しました。 もっと読む
2017-03-13 広島市議会 平成29年度予算特別委員会−03月13日-12号 ◎末定 被爆体験継承担当課長  ヒロシマ・ナガサキ原爆展では,被爆資料や遺品などの現物資料,写真パネルの展示,被爆体験証言などを行っております。  このうち現物資料については,現地主催者の意向,あるいは資料の保存の観点等から毎回選定を行っております。写真パネルについては,使用する会場の規模等に合わせて枚数の調整を行っております。   もっと読む
2017-03-06 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成29年  3月 予算委員会-03月06日−10号 そこで、私も幾つかの自治体を回って、大変この評価が高かったのが命のメッセージ展ということでありまして、もう皆さん御存じと思いますけれども、犯罪の被害に遭われた方の等身大のパネルに遺品を置いて、それを何人もの遺品を展示するという催しでございますけれども、大変全国各地でこの命のメッセージ展というものが開催されています。つい最近は、川口市でも開催されたということでございます。 もっと読む
2017-01-20 広島市議会 平成29年 1月20日総務委員会−01月20日-01号 今でも被爆者、被爆して亡くなった方の遺品であるとか、そういったものが寄贈されるということが続いております。こういった収蔵しておる資料の扱いでございます。今、再整備中ということで企画展は休止をしておりますけども、両館リニューアルオープン後は、東館1階に企画展示室というものを新たに設定いたします。 もっと読む
2016-12-12 千葉市議会 2016.12.12 平成28年第4回定例会(第8日目) 本文 住居の明け渡しや遺品整理、処分などにつきましても、一括した対応が可能な民間葬儀会社もあることを把握しておりますが、遺産相続の法的整理などの課題を調査研究した上で、本市として民間葬儀会社に対し、死後事務委任契約の内容の充実に向けてどのような働きかけができるか、検討してまいります。 もっと読む
2016-12-09 千葉市議会 2016.12.09 平成28年第4回定例会(第7日目) 本文 千葉市において、昨年は年間8,029人の方がお亡くなりになり、引き取り手のない遺体、遺骨は34人、この中には親族がいる場合であっても、住居や遺品の整理についても費用がかかり、遺骨を引き取ってもらえず、生活保護受給者のように市が保管し、対処せざるを得ないケースが急増していると聞いております。 もっと読む
2016-10-19 広島市議会 平成28年度決算特別委員会(第1分科会)−10月19日-02号 ◎中川 被爆体験継承担当課長  核超大国である米国の市民約1,200人に対して,ふだん目にすることができない原爆犠牲者の遺品の展示や被爆体験証言の聴講等により,被爆の実相に直接触れる機会を提供できたことは意義深いと考えております。 もっと読む
2016-10-11 広島市議会 平成28年度決算特別委員会−10月11日-02号 その後もう一回,畑口さんが,原爆で亡くなったお父さんの遺品の懐中時計を見せると,また2回目のハグをしてくれたというのを彼,語っていましたけれども,広島を訪れたとき,ゲバラというのは,核戦争の脅威を本当に現場の視点で捉えていたという印象を持っています。広島,長崎というのは歴史上唯一の被爆地です。しかし,キューバは,歴史上ただ一度だけ核兵器によって国家と国民が消滅する危機に陥った国といえます。   もっと読む
2016-09-27 千葉市議会 2016.09.27 平成28年第3回定例会(第7日目) 本文 千葉空襲の戦災遺品は、戦争の記憶を後世に伝えるために募集して、市民から寄贈されています。遺品110点が土気市民センターに保管され、また、貸出実績については、今年度、教育委員会からの依頼の3件となっています。昨年9月議会で我が会派の吉田議員が行った質問も踏まえ、今回、平和行政について質問をいたします。  そこで伺います。   もっと読む
2016-06-17 千葉市議会 2016.06.17 平成28年第2回定例会(第4日目) 本文 また、市民の方から空襲で焼けた貨幣など、さまざまな戦災遺品を御寄贈いただいており、その一部は郷土博物館の戦前、戦中、戦後のコーナーで常設展示しているほか、千葉空襲写真パネル展の一部の会場でも展示しています。  今後とも、これらの貴重な資料を大切に保存し、千葉公園などに残る戦跡も含め、平和啓発の効果が高まるような活用方法を検討してまいります。 ◯議長(向後保雄君) 亀井琢磨議員。 もっと読む
2016-03-03 熊本市議会 平成28年第 1回定例会−03月03日-04号 また、そのほかにも戦没者慰霊祭、戦時写真・遺品展示、作文朗読、戦時映画上映、座談会、憲法講話など、戦争を風化させず平和を守っていこうとさまざまな催しが84団体により行われております。ちなみに、各事業には最高5万円の助成金が交付されているわけであります。   もっと読む
2015-12-10 横浜市議会 平成27年 市民・文化観光・消防委員会 指定候補者の選定に当たりましては、表の下に記載してございますように、著作権承継者である遺族との関係が非常に重要であり、これまでの信頼関係を維持しつつ施設運営を行っていく必要があること、大佛次郎の遺品の大部分は公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が寄贈を受け、開館以来37年間にわたり資料の調査・研究などを行っており、極めて高度な専門性を承継していく必要があることなどの理由から、提案者として公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 もっと読む