16012件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-05-24 令和 元年第 3回定例会−05月24日-03号

───────────┼────────┤   │市民人権 │(1)区行政について           │令和元年    │   │委員会  │(2)住民基本台帳・戸籍事務・旅券事務に │5月25日から │   │     │   ついて               │        │   │     │(3)生涯学習について          │令和2年    │   │     │(4)人権問題

横浜市議会 2019-05-20 令和 1年 政策・総務・財政委員会

◆佐藤[祐]委員 今いろいろな御指摘が出ましたけれども、それとともに考えておかなければいけないのは、例えば今の問題にしても、職員の体制がどうなっているのか、機構図が出ていますけれども、集中し過ぎて一人が処理するボリュームが多過ぎるのではないかということも一方で考えなければいけない。

川崎市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会-03月15日-05号

その一方で、不要不急な大規模事業への予算は大幅にふえてもおり、市民にとって必要のない臨港道路東扇島水江町線整備に約29億3,000万円、東扇島堀込部土地造成事業に約62億1,000万円など、国際コンテナ戦略港湾関連で約117億5,000万円、羽田連絡道路整備事業に約61億円など、臨海部の戦略的な産業集積と基盤整備で約71億5,000万円など、臨海部の活性化には189億円以上の予算が計上されています。

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

次に、負担金として約215万円が計上されている下関北九州道路について述べます。  4期目の政策大綱で市長は、関門トンネル開通60年、関門橋45年の現状を踏まえ、災害時の代替機能の確保、観光、経済、物流の活性化等の観点から、下関北九州道路の整備促進について国への要望活動を続けるとしています。これまでの調査検討を踏まえ、2県2市でいよいよ国に計画段階評価の実施を求めようとしています。

堺市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

同計画案では、阪神│ │高速道路大和川線と高規格堤防事業によってその上部に敷地ができることにより、その敷地を生か│ │して広域サイクルルートである泉州サイクルルートと南河内サイクルラインをつなげ、関西圏にお│ │ける一大サイクルルートを形成しようとするもので、自転車のまちを掲げる本市にふさわしい計画│ │です。                                         

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日)  資料 開催日:2019-03-13

教育委員会の主管に属する事項  (3) 経済振興委員会 12人   ア 経済観光文化局の主管に属する事項   イ 農林水産局の主管に属する事項   ウ 港湾空港局の主管に属する事項   エ 農業委員会の主管に属する事項  (4) 福祉都市委員会 13人   ア 保健福祉局の主管に属する事項   イ 住宅都市局の主管に属する事項  (5) 生活環境委員会 12人   ア 環境局の主管に属する事項   イ 道路下水道局

福岡市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第6日) 名簿 開催日:2019-03-13

について 第22 議案第110号 政治倫理審査会委員の選任について 第23 議案第111号 政治倫理審査会委員の選任について 第24 議案第112号 政治倫理審査会委員の選任について 第25 議案第113号 人権擁護委員候補者の推薦について 第26 議案第114号 人権擁護委員候補者の推薦について 第27 意見書案第1号 株式等の譲渡所得等への課税強化を求める意見書案 第28 意見書案第2号 統計不正問題

横浜市議会 2019-03-13 平成31年 政策・総務・財政委員会

◆望月[高]委員 物理的な問題がありますので、大変申しわけないところではありますが、現在のところでは、旧来どおりモニター傍聴ということでお願いしたいと思います。 ◆荒木委員 お一人ですから入れないスペースではないですし、臨場感というのはモニターでは伝わらないので、ぜひ傍聴者を入れていただきたいと思います。

福岡市議会 2019-03-12 平成31年条例予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-12

再整備に当たり予想される課題の一つに、交通アクセスの問題が存在している。例えば、集客施設におけるイベント時を中心として、自家用車、臨時バス、タクシーなどがウォーターフロント地区に集中することにより生じる交通混雑や、イベント、物流等を目的とした交通による東西方向の道路断面における交通容量の不足、都心部の他の拠点とを結ぶ公共交通アクセスの不足への対応は、再整備を進める上で重要なことであると考えている。

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

第七款土木費及び第十一款災害復旧費ほかにおいては、根上がり対策について、点字ブロックについて、都市計画道路の整備について、貨物ターミナル駅移転事業について、南小泉茂庭線の宮沢橋かけかえについて、無電柱化について、街路灯の電気料金について、私道の街路灯への補助制度について、宮沢根白石線について、国道四号仙台バイパス拡幅事業について、都市計画道路網の見直しについて、公共交通活性化について、道路新設改良費等

堺市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日議員総会−03月12日-01号

◆吉川敏文 議員  この道路の制限速度は40キロでしたということを知らずに50キロで走ってても罰せられるんですよ、ですよね。知らなかったでは済まないんです。法律ってそうじゃないんですか。法治国家に生まれて、その法のもとに我々は生活をしているわけです。知らなかったでは済まされない、そこの御認識はないんでしょうか、市長には。私はそこが一番問われているんです。  

横浜市議会 2019-03-12 平成31年 水道・交通委員会

◆加納委員 もう一つ、この実人数29人中の、個人情報の問題だから詳しいことは別にして、よく言われる精神的な問題とかの中身について、どういう状況の中で毎回ここにかかってきているのかということだけ、もしわかれば教えてください。 ◎山隈水道局長 先ほどの29人の内訳でございますが、身体による方が6名で、精神が原因の方が23名という内訳になっております。

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月総務委員会−03月11日-01号

地理的な問題も非常にございまして、できれば駅前につくってほしいと。願わくば、きたテラスのような駅をおりたらすぐというのが一番必要なんですが、きたテラスの場合はがちがちで難しいでしょうから、駅前で、例えば、アゼリアの空きスペースとかが出たら、そういう場所も含めて、国際交流センターが1つのメーンだとすれば、それのブランチ的なものでも結構ですから、そういうのを駅前の近くにつくって、これは要望です。  

川崎市議会 2019-03-11 平成31年  3月まちづくり委員会−03月11日-01号

委員会記録 平成31年3月11日(月)  午前10時00分開会                午前10時43分開会 場所:603会議室 出席委員:堀添 健委員長、宗田裕之副委員長、浅野文直、原 典之、老沼 純、      かわの忠正、春 孝明、織田勝久、石川建二、渡辺あつ子、重冨達也各委員 欠席委員:なし 出席説明員:(建設緑政局)奥澤建設緑政局長、綱島総務部長、磯田緑政部長、        小林道路管理部長

堺市議会 2019-03-08 平成31年度予算審査特別委員会-03月08日-03号

そして、その当時は、あの中の通路、通路いうて、道路ですけどね、道路は敷地内道路やから駐車禁止にならなかって、もう昼行っても、夜行っても、両サイドにざっと車がとまって、その横に駐車場が1台も車とまってない、そういう現象が長くあって、今それは市道にしたから、もう全部駐車禁止の対象になりますから、昼も夜も。

仙台市議会 2019-03-08 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08

いじめは、いつでもどこでも、そしていずれの子供にも起こり得るものであることから、学校や教育委員会のみならず、保護者や地域の皆様を含めて、全ての大人がみずからの問題として役割を認識して、主体的にいじめ対策に取り組む必要があると考えております。いじめ問題への理解を広めて、いじめを決して許さないのだという意識の共有を図りながら、社会全体でいじめの防止に取り組む環境を実現してまいりたいと存じます。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

そういうことで、いろいろとよく見てみると企業の遊休地の問題もあります。ですから、3年、5年という単位で見ると難しいかもしれないんですが、この建物自体もいずれ何十年かすれば建てかえの時期が来るわけであります。少し中長期的な視点に立って、スポーツによる町のにぎわいづくりが非常に重要であると。

川崎市議会 2019-03-08 平成31年  3月まちづくり委員会-03月08日-01号

◆織田勝久 委員 ただ、素人が考えても、木を切ってしまって、そこの保水力がなくなれば、ある程度こういう問題になることはわかるので、そういうことも予見せずにこういうふうになっちゃったということなんですか。皆さんが、もとの所有者と今の所有者、いろんなところをヒアリングしていただいた経過ではそういうことなのでしょうか。