運営者 Bitlet 姉妹サービス
16747件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 まず、議第324号「市道の認定について」、認定される自転車専用道路の整備に当たっては、舗装の色を工夫するなど、景観への配慮を求めたい旨、要望が述べられました。  次に、議第493号「工事委託契約締結について」、道路照明灯の一括LED化事業を進める際は、電気代が従来型より安価となる新製品を用いて、経費削減に努めてもらいたい旨、要望が述べられました。   もっと読む
2018-12-25 熊本市議会 平成30年第 4回予算決算委員会−12月25日-02号 議第287号中、当分科会関係分については、このほか施設の維持管理等関連経費に係る債務負担行為補正について、公園や道路の維持管理に多額の費用が計上されているにもかかわらず、市民の要望に的確に対応できていない事例もあることから、公共施設マネジメント基本方針に基づき、適切な維持管理に努めてもらいたい。  旨、意見要望が述べられました。  これをもちまして、都市整備分科会長の報告を終わります。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民委員会−12月19日-01号 次に、同じページの一番下の方の計画の概要ですけれども、建物は鉄骨造一部鉄筋コンクリート造で、工事のときの仮設計画のあり方、建設地の土地の形状、それから周辺道路の西部の運用状況などについて検討を加えましたところ、地上3階建てというところで計画いたしました。  延床面積は、基本計画でお示ししました約1,700平米におさまっているところでございます。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回教育市民分科会−12月19日-01号 そこで、この改正理由及び改正内容でございますが、(2)の改正内容のイの現行というところに@というふうに書いておりますが、問題の作成や採点の業務だけではなくて、Aの調査書その他必要な書類による合否判定資料の作成も支給対象となっております。 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 調理部門の民間委託によって異物混入も後を絶たないなど、質においても問題が浮上しています。  さらに第3センターについては、アスミオ.株式会社からの不透明な土地の取得が大きな問題になってきました。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務委員会-12月19日-01号 これは、万日山トンネル側から、現在建設中の都市計画道路熊本西環状線への接続道路となる一般県道池上インター線の池上インター橋橋梁下部のP7橋脚からP9橋脚の躯体3基を築造するものでございます。  請負金額は、8億2,620万円、契約の相手方は、鴻池・田代建設工事共同企業体で、企業体の代表者、株式会社鴻池組九州支店、構成員、田代興業株式会社との2者による建設工事共同企業体でございます。 もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備委員会−12月19日-01号 次に、27ページの番号21から28ページの番号22までが地元要望による認定、29ページの番号23が自転車歩行者専用道路道路整備による認定、30ページの番号24から31ページの番号25までが道路整備による認定及び廃止、32ページの番号26が払下げによる1路線の廃止となっております。  続きまして、定例会議案の29ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回都市整備分科会−12月19日-01号 まず、道路関連といたしまして、道路路面清掃等維持保全経費といたしまして2億4,680万円を計上しております。次の段でございますが、駅エレベーター保守点検等道路施設維持管理経費といたしまして1,920万円をお願いしております。次の段でございます。舗装打換経費といたしまして4億6,900万円を計上しております。   もっと読む
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回総務分科会−12月19日-01号 例えば、道路に関してだと、都市建設局と連携をとりながら、道路を色分けするとか、そういうことも含めて、情報がここでしか管理できていないというようなことではちょっと困るんですけれども。誰でもわかる区割り、ここまでが北区です、ここまでが東区ですよということが明確に誰でもわかるような施策を講じる必要があるのではないですか。今現在それがなされていないから、ここしかできないということなんでしょう。 もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年12月18日公共施設マネジメント調査特別委員会−12月18日-01号 道路拡幅も含めました工事のスケジュール全般を載せております。現在は、外装仕上げの後半のところになっております。2018年12月の矢印があるかと思いますが、そのあたりでございまして、内装工事も並行して行っております。内装工事は来年5月まではかかる予定としております。竣工は、当初の予定どおり来年6月末の予定でございます。   もっと読む
2018-12-18 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-05号 本年度の中盤から徐々に熱を帯びてきたこの問題は、いまだ具体的な議論に向かうこともなく、私たち議会も間もなく改選の時期を迎えようといたしております。地震の対応を含め、市政にとって一番大切な時期を乗り越えてきた議員の一人として、この時期にこの問題に携わることに大変複雑な心境を抱いております。 もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 人権問題はとても難しいと思います。差別、偏見、無理解はあってはならないわけですけれども、この真ん中の偏見という問題に関しては人間の主観的なものですから、外から判断が全くできないわけです。  けさも、南青山でしたか、児童相談所ができることを地域で反対しているという報道があっておりましたけれども、あれもお金持ちがお金持ちでない方に対する明らかな差別、偏見ですね。 もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 市長への質問の前に、2025年問題、2040年問題について、御存じかと思いますが、ポイントを絞ってお知らせして、問題提起したいと思っています。  2025年問題、もう7年後になりますが、団塊の世代が75歳の後期高齢者となるということで、全人口の2割近く、18%が後期高齢者になります。 もっと読む
2018-12-13 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-12-13 このため、福岡空港方面への都市高速道路延伸について、平成26年5月に策定いたしました福岡市都市交通基本計画に広域道路ネットワークを形成するための検討課題として位置づけられております。   もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 今回、大西市長は真正面からこの問題に向き合い、誰も果たせなかった課題解決に踏み込んでいくとのことであり、私は驚くとともに、大いなる期待を抱いています。  そこで、この件に関して大西市長に2点お尋ねいたします。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 ウォーターフロント地区におきましては、現在でもイベント時などで交通渋滞が発生していること、また、これからウォーターフロントの再開発も含めていろいろな需要が高まってくる中で、交通需要にも対応していくために、道路を立体的に活用していく、こうした新たな交通システムが必要であるというふうに考えています。 もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 …………………………………………………………………( 65)   澤田昌作議員質問………………………………………………………………( 65)   ・飽託4町合併を振り返って…………………………………………………( 65)   大西市長答弁……………………………………………………………………( 66)   澤田昌作議員質問終了…………………………………………………………( 67)     有明海沿岸道路 もっと読む
2018-12-06 静岡市議会 平成30年 都市建設委員会 本文 2018-12-06 内訳は道路部の道路橋梁災害復旧費が5億1,000万円、土木部の河川災害復旧費が1億1,000万円でございます。これらは、災害発生後の応急対応や復旧工事、また、国の災害査定を経て行う復旧工事などに利用する経費です。  また、この予算が不足する場合は、予算の流用により予算を確保し、緊急対応に当たります。 もっと読む
2018-12-05 静岡市議会 平成30年 市民環境教育委員会 本文 2018-12-05 もう一度言いますが、これは教員の働き方改革ということではなく、子供の学ぶ権利を十分に保障できているかどうかの問題で、何をさておいても緊急に改善しなければならない問題です。  では、どうしてこのようなことが起こるのか。1つは、教職員の多忙です。教育委員会は、校務支援システムによって勤務時間を短縮できると言いますが、はっきり言って焼け石に水です。 もっと読む
2018-11-16 熊本市議会 平成30年11月16日人口減少社会に関する調査特別委員会−11月16日-01号 ここでは、本市の人口推移及び将来推計人口をお示ししておりますが、本年3月に社会保障・人口問題研究所、いわゆる社人研の方から平成27年の国勢調査に基づく人口推計がなされておりますので、前回作成した平成22年の国勢調査の結果との差を御説明いたします。   もっと読む