120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-03号

黒山東の開発も昨年に開発許可がおり、現在、文化財試掘に向けて取り組みが行われております。これら美原都市拠点の整備の経過と現状についてまずお伺いをいたします。  次に、美原都市拠点整備に関する交通問題でございます。美原都市拠点整備の進捗によりまして、国道309号線の渋滞や生活道路への通過交通の増大、また、このことについて美原区民の皆さんが心配をされております。

川崎市議会 2018-12-19 平成30年 第4回定例会-12月19日-09号

事前の試掘等、でき得る限りの精査をお願いしたいと思います。  続きまして、週末の公共工事について伺います。働き方改革が叫ばれる昨今、官民ともに完全週休2日制等の実施は必然なのかなと思うわけであります。ただし、業種によっては必ずしも土曜日、日曜日等の週末を固定の休日とできない業種も多々あります。そこで伺いますが、週末における公共工事の執行はどのようになっているのか上下水道事業管理者に伺います。

堺市議会 2018-11-28 平成30年第 4回定例会−11月28日-01号

また、軌道への影響がある構造物周辺におきまして、試掘により多数の地下埋設物等が確認され、これを撤去する必要が生じたことなどから、所要額の見直しを行い、協定金額を増額変更するものでございます。  協定金額につきましては、4億7,516万8,000円増額し、38億3,178万6,000円とする協定締結する予定でございます。以上でございます。

堺市議会 2018-11-07 平成30年11月 7日都市活力再生・創出調査特別委員会−11月07日-01号

◎穴見 公園緑地整備課参事  文化財調査でございますけど、原山公園の再整備工事に当たり、事前に試掘調査で樹林地ののり面に灰原が確認されたため、須恵器の窯跡の調査を行っているところでございます。以上でございます。 ◆城 委員  その窯跡の調査は、いつまでされて、今後どのようになるのかちょっとだけ教えてください。

川崎市議会 2018-10-09 平成30年 10月文教委員会-10月09日-01号

◎服部 文化財課長 橘樹官衙遺跡群の中につきましては、現在も確認調査、また試掘調査を進めてきておりまして、今後とも、その橘樹官衙遺跡群の内容をさらに解明していくためにはそうした調査を進めていかないといけないところでございますが、そうした調査を行った際には、調査の成果を市民の皆さん、または近隣の皆さんに知っていただくために、必ず発掘調査の現地見学会というものを開催しております。

相模原市議会 2018-09-28 平成30年  9月定例会議-09月28日−08号

491万5,080円を増額する必要が生じたこと、(2)といたしまして、橋梁構築のための土留めとして、鋼矢板を打設していたところ、土質がかたく、打撃による騒音について、米軍から対策を講じるよう要望を受けたことを踏まえ、工法を変更したことから、これらに係る費用として、338万3,640円を増額する必要が生じたこと、(3)といたしまして、橋梁のかけかえに伴う既設給水管の移設及び既設蒸気管の撤去をするため試掘

川崎市議会 2018-06-13 平成30年 第2回定例会-06月13日-02号

航空隊旧庁舎解体撤去工事費についての御質問でございますが、初めに、必要な工事費が当初見込めなかった理由についてでございますが、旧庁舎の基礎地盤につきましては、くい周辺の地盤を改良していることは把握しておりましたが、当該庁舎が使用中であり、事前の試掘調査等が困難であることから、改良された地盤部分については、当該庁舎新築時の図面からかたさを想定した結果、改良地盤は残し、くいのみを撤去するものとして土地所有者

相模原市議会 2018-03-09 平成30年  3月 市民文教委員会-03月09日−01号

◆松永千賀子委員 例えば試掘をして重要な文化財が発掘された場合、どういった流れになっていくのか、年度や費用負担も含めて伺う。 ◎佐藤文化財保護課長 車両基地建設平成31年以降と聞いているので、30年に試掘を行う。そこでもし埋蔵文化財が出てきた場合には、本調査ということで事業主、今回でいえばJR東海責任と負担を持って調査を行う形になる。

相模原市議会 2018-02-28 平成30年  3月定例会議-02月28日−02号

後続地区のまちづくりにつきましては、各地区の地権者組織と連携し、埋蔵文化財試掘調査の結果を踏まえた事業計画や民間活力を導入した事業手法の検討を行うとともに、事業化への意向を確認するなど、まちづくりに向けた取り組みを進めているところでございます。今後も引き続きインターチェンジ周辺の新たな拠点の形成に向け、地域の皆様とともに取り組んでまいりたいと考えております。  

川崎市議会 2017-12-07 平成29年 第4回定例会-12月07日-04号

また、今回、試掘調査で新たな水路が確認されたとのことですが、今後はさらなる水路等が見つかることはないと理解してよいのか伺います。今回、各種調査等で合計約2億5,000万円が計上されています。これらの調査の中には、本来は当初契約の段階で工事内容に含めるべき調査はなかったのか、また、契約変更に先立ち、既に実施されている調査はないのか伺います。

川崎市議会 2017-12-04 平成29年 12月まちづくり委員会-12月04日-01号

内訳でございますが、①廃棄物混じり土については処分費など約29億2,000万円、②地盤の軟弱部分については地盤改良費として約1億5,000万円、③杭支持層については杭長の変更費など約1億2,000万円、各種調査については試掘、土質・土壌調査など約2億5,000万円、合計としまして約34億4,000万円を増額変更するものでございます。  

川崎市議会 2017-11-27 平成29年 第4回定例会-11月27日-01号

初めに、当該地においては汚染土壌、軟弱地盤などが懸念された場所ですが、当初の契約時の試掘地層調査等でどのような判断をされたのか見解を伺います。これまでも、工事着工後に追加の対策工事が必要となったことが散見されます。事前調査のあり方について伺います。当初契約の事業総額約56億9,000万円には土壌汚染対策等に係る経費が含まれていると考えます。

川崎市議会 2017-10-06 平成29年 第3回定例会−10月06日-04号

動物愛護の普及啓発を行う場所の整備について、駐車場の確保について、ネーミングライツを導入する場合の検討箇所について、野良猫の不妊去勢手術室の整備について、不妊去勢手術の料金設定について、野良猫地域猫との区分けについて、猫の不妊去勢手術が行える月齢について、野良猫等のトラブル相談について、ペットショップ等の業者への指導について、当該施設建設に係るボーリング調査等の実施及び工期の延期の有無について、試掘

静岡市議会 2017-10-03 平成29年 都市建設委員会 本文 2017-10-03

試掘等もしているんですけども、結局ここを掘削して押していく工法になるもんですから、そういうものが出まして、これで先ほどもお話ししたように、工法的なものを再度検討いたしまして、仮設の工法を変えたりとかの変更を余儀なくされたものですから、28年度は思うどおりに進まなかったということでございます。