運営者 Bitlet 姉妹サービス
1908件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 熊本市議会 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号 だから、確かに経費の面から計算をしていけば今村次長がおっしゃったような形になっていくかもしれないけれども、自治体病院として本当になるべく患者の側に立った病院としての運営のあり方というものを考えるならば、200円でやっているところもあるから病院も新しくなるし、これだけ経費もかかるから、では、200円と倍にしてしまうというのは、それは病院の経営側に傾いた発想だと思うので、私個人的には、やはり患者の痛みもっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 熊本市は大地震を経験しておりますので、ことし全国で起きた災害の痛みが身にしみてわかります。大西市長の2期目が災害の少ない4年間となりますことをお祈りいたします。  大西市長を初め執行部におかれましては、最後まで真摯な態度で丁寧な答弁をしていただきありがとうございました。   もっと読む
2018-12-07 堺市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号 このピロリ菌を、私自身ですよ、20年ほど前、ピロリ菌をたまたま医者に行ってなくなりまして、そこから今まで胃の痛みというのは1回も経験していない。これぜひ皆さんに御紹介させていただきたいと思っております。  ただ、詳しくは、余り年をいってると完璧にはいかないというような状況でございますが、医療費削減、今回のこの論点なんですが、やはりこれも中学生ぐらいにどんどん勧めていけばいいんじゃないか。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 がんは早期に発見すれば,内視鏡や腹腔鏡を使う治療で体を切り開かなくてもよく,痛みもないと言われています。あと本庶先生の免疫のお薬でありましたり,だからこそ早期発見・早期治療ができるよう検診の励行を呼びかけていただきたいと思います。   もっと読む
2018-10-02 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-10-02 未受診の原因としては、塾や習い事などで受診する時間がない、痛みがないので受診の必要がないと思ったなどの例があると聞いております。 もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2018-09-20 このほかに、先ほど申し上げた国民健康保険の繰り入れ見直しが27億6,000万円、それから家庭ごみ有料化が51億円、合わせますと220億8,000万円、これだけ市民の犠牲の上に財政再建ということが行われてきたんだと、そういう市民の痛みをしっかりと捉えて、今後の財政運営をしなければいけないだろうということを申し上げておきたいと思います。   もっと読む
2018-09-10 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-05号 虐待で亡くなる前に5歳の女の子がけなげに書いた反省文を知ったときには、強い衝撃を受け、胸を締めつけられるような心の痛みを感じました。二度と子供の命がなくなるような痛ましい事件を起こさないために、本市でも児童虐待防止対策に向けた取り組みを一層強化すべきだと改めて強く思ったのは私だけではないと思います。   もっと読む
2018-06-22 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月22日-03号 国の狙いは,医療費を削減するため,ストレートに加入者の痛みとして保険料にはね返るようにすることです。そのため,市町がこれまで独自の保険料軽減のために行ってきた一般会計からの赤字補填の法定外繰り入れを解消するように自治体に迫り,本市もこれに従い,繰り入れをなくす計画を作成しました。 もっと読む
2018-06-08 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号 教職員が子供の心の痛みに気づき、人権が尊重されているかを判断できる確かな人権感覚を身につけることが重要であり、研修の充実を図ってまいります。          〔22番 田中敦朗議員 登壇〕 ◆田中敦朗 議員  先行事例を研究していただけるということで、その研究については早急に行っていただきたいと思います。  今もなお誰にも言えない孤独を抱え、不安のさなかにいる児童・生徒が必ずいます。 もっと読む
2018-06-03 静岡市議会 平成30年6月定例会(第3日目) 本文 このことを正しく私は言ってほしかったけれども、答弁が出ていないから残念ですけれども、ただ、私はそこにやはり痛みがあったと思うんですね。  ですので、現実には、調査委員会が中止になった後にちゃんと文書をもって自主的に被害児・保護者に提供しているんですね。だからそこに私はなぜ提供したのかという点を自分たちの反省も含めてきちんと述べていただきたいと思います。   もっと読む
2018-05-08 京都市議会 平成30年  5月 文化環境委員会(第3回)-05月08日−03号 差別された者でないと痛みは分からないということで差別発言,あるいは差別落書きというのが色々取り上げられて,それを口実にした糾弾闘争が行政に対しても,あるいは市民個人に対しても行われたということで,そのことが結局,同和問題,部落問題には関わらない方がいいという形で部落差別の解消,同和問題の解消を阻害する要因になったと。 もっと読む
2018-04-24 京都市議会 平成30年  4月 教育福祉委員会(第2回)-04月24日−02号 いじめにつきましては,児童生徒にそういうことを学習の中で,教科の中で学んで理解をしていただくと同時に,実際に様々な現象をキャッチをしていく,発見をしていくということが大変重要で,SNSなどでは,余計に,どういう友達間でやり取りがなされて,どういう心の痛みと言うか,受けているかというのはなかなか気が付きにくいという風に思います。  ある方は,こういう気付きというのが,対策への当然入口ですね。 もっと読む
2018-03-26 熊本市議会 平成30年第 1回定例会−03月26日-08号 医療費の減免打ち切り、さらには国保料の引き上げということで、健康面、経済面から二重に痛みを強いる予算については、組み替えを行って、医療費減免の再開、さらにはこれ以上の国保料値上げを行わないよう、繰入額の増額を求めるものです。   もっと読む
2018-03-16 さいたま市議会 さいたま市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-03月16日−08号 東日本大震災の震災の痛みと原発事故の本当の意味での収束が一日でも早く訪れることを願い、本請願の採択を主張します。  平成29年請願第52号、平成30年請願第3号、第5号、第6号、第7号、第8号、第10号、第11号はいずれも内容が妥当であり、採択を主張します。  一方、請願第9号は執行部の説明を了として、不採択を主張させていただきます。  以上です。 もっと読む
2018-03-13 堺市議会 平成30年 3月13日文教委員会-03月13日-01号 これはどういうことかというと、誤解していただきたくないのは、何もけんかが強いとか、そんなことではなくて、人の痛みがわかるとか、小さいころに悪いことは悪いと、物の善悪をはっきりと教える、あるいはイエス、ノーをしっかりと言えるような、そんな子ども、これが自立する個人につながっていくと私は思ってます。  これしかないんですけど、これをやるのはやっぱり家庭教育だと思うんですよ。 もっと読む
2018-03-12 札幌市議会 平成30年第一部予算特別委員会−03月12日-04号 しかし、この機能の運用開始により、症状の時間経過や痛みの変化など情報が得られやすくなり、適切な医療機関の選定や診療科目を選べるという効果を得ております。また、傷病者を引き継ぐ医師に対しましても、外国人傷病者の症状を適切に伝達できるという効果も得られたところでございます。   もっと読む
2018-03-09 札幌市議会 平成30年第二部予算特別委員会−03月09日-03号 それでなくても子どもは注射なんかが嫌だというのに、今は注射針もいろいろと開発されて痛みを余り感じない注射針もあるというのに、これを見た子どもに恐怖心を与えて、これは何だろうなと。  それから、もう一つは、下水道の処理について、微生物が下水の汚れを食べて水をきれいにしてこうするよという流れのものはどこにも出てこないのです。 もっと読む
2018-03-09 川崎市議会 平成30年  3月健康福祉委員会-03月09日-01号 私は、このことを通じて思ったことは、やはり人の痛みがわかる、そして地域で支え合う地域共生社会の実現が絶対必要だと思っております。これは大きく国の動きでございますが、川崎市はそれに先んじて今、地域包括ケアシステムの取り組みを進めております。来年度はいよいよ第2段階というふうになります。 もっと読む
2018-03-06 相模原市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月06日−01号 本当に必要があれば別だが、それを言うことで、子供の心にどういう痛みや摩擦を起こしてしまうのかなど、いろいろなことを考えると、Jアラートの訓練がある、サイレンが鳴るということに対して、とても嫌な思いをしたと聞いた。必要なことはいいと思うが、必要以上のことはする必要はないということだけは改めて言っておきたい。 もっと読む
2018-03-05 堺市議会 平成30年第 1回定例会−03月05日-03号 痛みを共有しながら厳しい修行をしていくものです。修行していくうちに、強い人とは挨拶がきちんとできる人なんだとわかってきます。  三つ子の魂百までとはよく言ったもので、人間としての土台づくりには、できるだけ早い時期での武道教育をと確信いたしております。本市におきましては、国へ要望するよう御尽力いただきますようお願いを申し上げまして、私の大綱質疑を終わらせていただきます。ありがとうございます。 もっと読む