1953件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-12-23 令和 元年12月定例会本会議−12月23日-06号

初めに,財務部長の総括説明について,  これまでの事業見直しにより,市民痛みを押しつけたのが市長や副市長の責任とするのであれば,俸給の減額にとどまらず,事業の見直しや復活を求める。  集中改革プラン(素案)について,  市民への説明会を行い,市民の意見を積極的に聞くことを求める。 との意見,要望がありました。  

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日市民厚生常任委員会−12月18日-01号

市民痛みの伴う改革を実行し,かつ市長及び副市長の報酬を減じてでも財政健全化を図ろうというこの時期に2億9,000万円もの職員給与を増額改定することは市民の納得を得ることが難しいと判断します。この間一般質問総務常任委員会を初めとする各常任委員会並びに我が会派において議論を重ねてきましたが,いまだ市民から納得していただけるだけの答えを導き出すことができていません。

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日文教経済常任委員会−12月18日-01号

市民痛みの伴う改革を実行し,かつ市長及び副市長の報酬を減じてでも財政健全化を図ろうというこの時期に約2億9,000万円もの職員給与を増額改定することは市民の納得を得ることが難しいと判断します。この間一般質問総務常任委員会を初めとした各常任委員会並びに我が会派において議論を重ねてきましたが,いまだ市民から納得していただけるだけの答えを導き出すことができていません。

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日環境建設常任委員会−12月18日-01号

市民痛みの伴う改革を実行し,かつ市長及び副市長の報酬を減じてでも財政健全化を図ろうというこの時期に,2億9,000万円もの職員給与を増額改定することは,市民の納得を得ることが難しいと判断します。この間,一般質問総務常任委員会を初め各常任委員会並びに我が会派において議論を重ねてきましたが,いまだ市民から納得いただける答えを導き出すことはできていません。

新潟市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日総務常任委員会−12月18日-01号

市民痛みの伴う改革を実行し,かつ市長及び副市長の給与を減じてでも財政健全化を図ろうというこの時期に約2億9,000万円もの職員給与を増額改定することは,市民の納得を得ることが難しいと判断します。この間,一般質問総務常任委員会を初めとした各常任委員会並びに我が会派において議論を重ねてきましたが,いまだ市民から納得していただけるだけの答えを導き出すことができていません。

新潟市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

しかし,今まで新潟市が行財政改革だの,集中改革を行っている中において,はっきり言って市民に対して痛みを与えているわけです。それを切り離して考えることでなくて,一緒に考えなければならないとの考えです。 ◆小柳聡 委員  私は佐藤耕一委員と同じ意見で,切り分けて考えるべきだと思います。

新潟市議会 2019-12-10 令和 元年12月定例会本会議−12月10日-03号

これから市民の皆さんに痛みの伴う改革を行っていく上で,市長,副市長みずからが給与を減らして,覚悟を知っていただくというのはまことに理解できるのですが,同時期にそれとは桁違いの額の給与改定が行われるのは,到底市民の理解,特に今回の集中改革で削減される事業の当事者となる皆さんには,納得が難しいと考えています。  

新潟市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会本会議−12月03日-01号

収支均衡の達成は,少雪による除排雪経費の大幅減など,不確定要素によるところも大きく,全事務事業点検を実施し,市民生活に大きな影響と痛みを与えた中で達成したことを忘れてはならない。  市民に対して反省やおわびの一言もなく,今後,市民に寄り添って財政運営を行っていく意思があるのか疑問である。  また,収支均衡に過度にとらわれることによる,デフレマインドに陥ることへの影響にも十分留意すべき。  

新潟市議会 2019-10-21 令和 元年決算特別委員会−10月21日-04号

平成30年度決算の状況として,政令市移行後初めて収支均衡を達成したとはいえ,市民生活に直結する多くの予算が削減されたことにより,市民痛みを伴うものでした。行財政改革は喫緊の課題との共通認識はあるものの,選択と集中の視点を行政の目線ではなく,市民生活に合わせた取り組みとなるよう意見します。  

新潟市議会 2019-10-10 令和 元年決算特別委員会第2分科会−10月10日-02号

今は商工会議所は,特に痛みはない状況です。 ◆土田真清 委員  それでは,各区と同じ質疑をします。  今後秋葉区の特色ある区づくりを進めていく上で,組織とか予算とかいろいろな絡みがあると思うのですが,日々感じている感想なり,課題なりをお聞かせください。 ◎長崎忍 秋葉区産業振興課長  北区江南区課長の言うとおりで,特に区づくり事業を含めて自由度はあります。

仙台市議会 2019-10-01 令和元年第3回定例会(第5日目) 本文 2019-10-01

また、水中での運動は、体力に自信のない方や腰や膝などに痛みのある方、肥満の方などでも比較的楽に体を動かすことができ、子供から高齢者まで幅広い年齢の方の体力レベルに応じたトレーニングに役立つものと考えております。  以上でございます。 40: ◯環境局長(遠藤守也)私からは、松森工場の総括についてお答えいたします。  

川崎市議会 2019-09-27 令和 1年 決算審査特別委員会(健康福祉分科会 第2日)-09月27日-07号

聴覚障害をお持ちの方も安心して医療を受けられるように、病院では自分の痛みが正しく伝わり、正しく診断され、薬局では服薬の説明が受けられるように市立病院での手話通訳者の配置を求めて質問を終わります。 ◆かわの忠正 委員 私からは病院事業会計の中で患者総合サポートセンターについて伺ってまいりたいと思います。

堺市議会 2019-09-02 令和 元年第 5回定例会−09月02日-02号

痛みや弱さを共有して、気づき、学びながら練習を重ね、試合を経験する。こういった繰り返しや積み重ねの中で、子どもたちは自分を知ることと相手を知ることの重要性に気づきます。練習のつらさや試合に負けたときの悔しさ、みずからの心と向き合い、人の気持ちを理解することにつながります。  大切なのは、これを机の上ではなく体を使って学ぶことができるということでございます。

川崎市議会 2019-07-03 令和 1年 第3回定例会−07月03日-08号

病名もわからないまま、痛みも引かず、精神障害2級の診断が下され、痛みどめの薬の処方をされていました。原因不明とはいえ、日に日に歩行困難となり、つえや車椅子が必需品となってしまいました。先日のNHKの番組でも取り上げられておりましたが、悪化して寝たきり生活を余儀なくされている様子が報道されておりました。患者数は全国で30万人とも言われております。